FC2ブログ


さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

哲学の先にあるもの

鬱と関連があるのかどうか、自分は最近は(というか10年以上は)哲学書だったり、そういうものに惹かれて読んでいるところがありました。
でも、もうそろそろいいかな(笑)

と言っても、いろんな本を読んだ末に、ここに自分の求めるものはない!というような悟りのような境地に至ったわけではありません。
必要があったり、興味がわけば、また手を伸ばすことになるでしょうし、もう哲学というものが終わった、ということになるわけではないですし。人の営みが続く限り、哲学や宗教というメタ学問は続くことでしょう。
ただ、自分はついていくのに疲れてきた、というところかも(笑)
自分はそれで飯を食っているわけではないので、いつでも止められる、いつでも始められるというのはありがたいですね。

どうも色々読んでいくうちに、自分の中で抽象化されてきた中で(自分の感覚だけでいうならば)
・歴史的に、①ある体系をビルドする時期、②①でつくったものを脱して再構築のためにバラす時期
というのがあるような気がしています。それらは、どの理論が今そのフェーズなのか?となるとうまく掴みきれていないですし。

ただ、面白いことに、文章というのは、解釈にゆらぎのようなものがあって、そういう「遊び」があるがために発展できる余地があるわけですよね。数学だと1+1はどうやっても2ですけれど(もっとも数学も発展した先には色々議論する場所があったりするんですが、それはそれとして)

哲学の書物を読み続けて、一つ、自分の中の考えの踏み台として、一つ固まったのは「考えるのを止めるな」ということでしょうか。
哲学の真髄、悟りのような、一つの答えはそこにたどり着いたように感じます。ただ、そこにたどり着くまでが長かったかなぁ(苦笑)


▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://sakurasakurasakura3.blog53.fc2.com/tb.php/953-785d0ca1

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなプログラマ。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
時々子供のネタなんかも。

ぜひゆっくりご覧ください。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリー



リンク



ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード