FC2ブログ


さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

はじめて学ぶ 中国思想 読みました

毎日5行でもいいので、なにか書こうと思っているんです。継続してみるのが大切かなぁと思いまして。
ネタがないときは苦労もするでしょうけど(苦笑)

で、今日は書評など



正直、タイトルに「はじめて学ぶ」なんて書いてあるんですけれど、初めて学ぶにしてはガチすぎませんか、これ(笑)
それとも、私の中国の思想史の知識なんて、初めて学ぶ以下だったということなんでしょう。

思想史と考えると、正直なところめちゃくちゃお得な本だと思います。割合、西洋の思想書、哲学書の類ですと、ソクラテス・プラトン辺りから始まって、転換期となるデカルト、そしてカント辺りから始まる近代哲学と、一貫して読む書物は結構出回っていると思います。
一方で、中国の思想史となると、たしかに単発ものだと多いんですよ。論語辺りから始まって老荘・諸子百家の時代、それから宋代になっての朱子学・陽明学と。
でも、それを一貫して学ぶとなると、なかなか難しかったりしますね。
例えば、朱子学が論語(儒学)からどう影響を受けて後継者として成り立っているのか、陽明学の位置付けは?とか。
そもそも論語が現れる春秋時代から、朱子学の宋代まで、1000年ほどの時間差がありますが、その間の中国の思想史ってどうなってんの?という問題があります。

論語や老荘といった、一つ一つの書籍を縦糸とするなら、これはまさに横糸に存在する書籍。これ一冊でもちろん中国思想史を全部語るのは難しいですが、手引書としては、かなりお得と言えます。
正直、初めて学ぶ、と言いながら、かなりマニアックです。章立てされている人名でも、初見の人も多いですし、その合間にコラムとして紹介される人も、殆どと言ってもいいくらいわかりません(泣)

そういう人物の奥深さは別にして、中国の思想史の面白さみたいなのは、自分が読んだ感想としては、意外なところにありました。
それは、漢字の表現の奥深さです。
西洋の思想や、もっといえば特にキリスト教などでも、例えば聖書の一節をどう解釈するか?というので、時代時代で都合よく解釈したりすることがありますが、表意文字である漢字文化の中国では、それが顕著にみられる気がします。

たとえば、中国史のなかで「理」というのをどう解釈するか、というのは、一つのテーマになっているのですが(自分の中途半端な解釈で申し訳ないですが、理と気は別にわかているとするのが朱子学で、んなわけないやろ、と言ってるのが陽明学、というような)こういうのが随所に出てくるんですね。
まぁ、だから「白馬非馬」の公孫龍みたいなが出てきたりもするのですが、こういう、ある意味、漢字をその場面、時代に応じて解釈を変えることによって、その時代のトレンドを作るというのは、良くも悪くも頭いいなぁという印象もしました。

いや、これ、日本人も時々やりますよね。「自衛隊は隊だから、軍じゃない」みたいな(ちょっとこれは無理がありますな)

あとびっくりなのは、中国の思想史って、結構古くから、特に西洋とくらべて、早い時期からメタ学問、形而上学に取り組んでいるんですよね(なんとなくですが、老荘ってそんな印象ですよね。上善如水だとか、<道>の考え方だとか)

ほんと、自分の全然知らない歴史が身近な国にあって、特に朱子学・陽明学は、日本の武家社会・明治維新にも影響を残していたりもしますので、立ち読みでもいいので、とてもおすすめの一冊です。


▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://sakurasakurasakura3.blog53.fc2.com/tb.php/950-f9bafe3a

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなプログラマ。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
時々子供のネタなんかも。

ぜひゆっくりご覧ください。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリー



リンク



ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード