さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

山本七平「空気の研究」読了です。

やっと読了。読むこと自体はそんなに難しくない本なのだが、感想を書くとなると途端に難しくなる。
ここでいう空気は「空気を読め」の空気。山本七平の時代よりも「空気」という謎の存在の強さは影響力を増しているのもあり、興味を持って読みました。

内容はそんなに難しくなく、西欧、特に山本氏自身がキリスト教徒でもあったことから、ユダヤ教文化と日本の汎神論を背景とした文化の違いから読み解き、西欧にもそういう「空気」的なものはあることを挙げながら、同時にそれと真正面から対峙し、それの影響力を受けないように徹底して文化を築いてきた。それが科学であり契約社会的な真実を間に受けることを選択したのに対し、日本は臨在的感覚こそを、第一義とするところにある。では臨在的感覚とはなにか・・という形で話は進んでいきます。

話の合間に時代背景を扱った物、本書の中ではイタイイタイ病とカドミウムの関係で、カドミウムそのものはタダの金属なので手で触れても大丈夫という「科学的正論」と、カドミウムと聞くだけで発狂しそうな「空気的存在」。この辺りの対比は今まさに原発の賛成派(含む漸減派)と即時廃止派の図式を現代だと想定して読めば非常に楽しめることと思います。

他に個人的に面白かったことは、若干イデオロギーに関することですが、自由の問題についてですね。
戦後アメリカから輸入された民主主義や自由について山本氏の指摘がするどく「自由なんて物がもし本当の意味で日本に定着していれば、日本人は再び皇室を中心とした家父長制度によるを自らの意志で作り上げるだろう。それを戦前続けていた日本人を自由にしたら、そういうシステムを作るのは自明の理」とまで書いていて、確かにそうだわなーと思い至ったこと。
そして「革新は急進だと保守主義を否定して社会主義や共産主義を進めようとする連中がいるが、その「やり方」はこの国の空気の醸成のシステムを考えると、極めて保守的な手法で主張するしかない」とも指摘しています。

こういう形で、世俗レベルで、政治的な問題のレベルで、宗教的なレベルで、手を変え品を変え「空気」の問題に螺旋状に回転しながら切り込んでいくところは、読みづらくもあり、またダイナミックでもあり、はっと気づかされることもあり。最後に落ち着くところで謎が解けるところも含めて、最初は難しい部分もありますが、楽しんで読むことができました。

「空気」の研究 (文春文庫 (306‐3))「空気」の研究 (文春文庫 (306‐3))
(1983/10)
山本 七平

商品詳細を見る


おきてがみ

▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://sakurasakurasakura3.blog53.fc2.com/tb.php/906-442866ef

 まとめ【山本七平「空気の研究】

やっと読了。読むこと自体はそんなに難しくない本なのだが、感想を書くとなると途端に難しくなる。ここで

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。