さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

日本の夏、戦争の夏

ずっと日本で生きていて、そして、この年齢になって政治のことなんかを語り出すと思うのは、つくづく、日本の8月は戦争の月なんだなぁと思います。
そりゃぁまぁ当たり前と言えば当たり前ですね。広島・長崎と2発の原爆、そして15日の終戦。否が応でも戦争のことを考えないといけないよう宿命づけられている気がします。

私は小さい頃からアマノジャクでしたので、この時期になって散々語られる、戦争のお話が嫌いでした。陰鬱とした気分にしかならないのですよ。対馬丸火垂るの墓・・・。

小さい頃、そういう映画を繰り返し見せられる自分が嫌で嫌でしょうがありませんでした。
この疑問が解けるようになるのは大人になってからです。以前、防人の詩のライナーノート紹介をしたのですが、その中でさださんが語っている台詞に答えがある気がします。
つまり「戦争はいけません」ではなく「なぜ戦争がだめなのか?」

本能的に、小さい頃の自分はそういう疑問を持っていたのではなかったかなぁ。今はそう思っています。

そして、自分が小さい頃、その問いに真正面から答えてくれる大人がいなかった。そのモヤモヤ感が、ずっと今まできたのでしょうね。

この年になって、大人になって、周りの大人のことが見えるようになって、朧気ながら「戦争はダメだよ」と言う大人はたくさんいるけれど「なぜ戦争がダメなのか」をちゃんと答えられる大人がいないのではないか?という事に気づいてしまいました。

なぜ戦争はダメなのか。
悲惨だからだめなのか。
悲惨だからダメというのが人類普遍の真理だとしたら、戦争なんて誰だってダメだと思うはず。
でも実際に、世界で戦争がなくなることはない。
じゃぁなぜ戦争はなくならないのか。

こう考えると、戦争はダメだ、という前提条件の決め打ちに問題があるのでは?と思うしかありません。

でも、実際日本でこの議論をしようとすると、前に進まないこと進まないこと。
戦争はダメだ悲惨だよくないことだ教え子を戦場に送るな二度と過ちは繰り返さない・・・・の繰り返し繰り返し。だから戦後61年経っても、同じような戦争教育しかできないのでしょうね。

私も、個人の思いで言えば、戦争はやらないにこしたことはないと思います。戦場になぞ行きたくありません。
でも、だから絶対戦争はダメだ、と断言はできません。
したくないからやらない、というのもまた、大人の態度とも言えません。
したくないけどやらざるを得ない時、というのを頭に入れた上で、覚悟しないといけないのも、大人の態度だと思うからです。



「靖国、自主解散し特殊法人に」 麻生外相私見

麻生外相の発言はこちらで読むことができますが・・・。
私の中にはいろいろな思いが去来します。
例えば政治から靖国の問題を遠ざけたいという思いは読み取れます。
でもそれが為に宗教法人を取り消す・・というのも、本末転倒というか、劇薬というか、痛し痒しというか、そんな気がしたりもしています。

私としては、日本人がこのネタで騒ぐのが間違い、と思ったりしています。かくいう私も何度もエントリにしていますが、自分の言いたいことを端的に言えば「分祀は無理。以上」しか感想はなく、後は同じ事のリピートライトをしているに過ぎなかったりします。



【主張】広島平和宣言 「北の核」への警告がない

カウンターとまでは言いませんが、正論です。
今の日本にとって大事なのは、過去の被爆体験以上に、現在進行形で進む北朝鮮による核開発の方が切実な問題です。
(ここだけの話、先日のさださんのコンサートで、北朝鮮ネタにふれてくれなかったのは、不満でした)
やはり、片手落ちと言われても仕方ないでしょうね。



靖国8・15参拝で首相「公約は守るべき」明言

さて、民主党は、どういう反対論を展開してきますかね。
先の安倍長官の4月の参拝については、「(参拝が)自分の信念なり考え方であるなら、何も隠れて行くことはない。堂々と公にして行動すべきだ」と言っていたのですから、今度の小泉首相の参拝には、堂々としていて立派だ、というコメントが欲しいところです。




おきてがみ

▽コメント

 

こんばんは、はじめまして。
毎日拝見しております^^;
私も昔、佐倉さんと同じ感情を抱き、モヤモヤしていました。
でも今日この文章を読み、納得。
ちゃんとした説明が伴わないと、子供にとっては
「うっとうしい話」でしかないんですよね…
追伸:新しい壁紙ステキですね!こーゆーのスキです^^

 

「麻生案」は没になると私は見ています。
案の定、福島瑞穂にも突っ込まれていますし、
で、公明党が果たして賛成するのかと。
そもそも、靖国神社側の同意が得られるのかと。
靖国神社とて政府を無条件に信用している訳では
ありませんしね。
これで麻生さんの印象はダウンして安倍さん
独走態勢に入った感じですね。まあ、麻生さん
には首相以上の肩書きがありますので、
サポート役に徹されるって事で宜しいかと。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://sakurasakurasakura3.blog53.fc2.com/tb.php/9-7a869b9c

 今の国に靖国神社を任せてもいいのか?

麻生外相、靖国神社の非宗教法人化を(Sankei Web)≪最終的に特殊法人に移行へ≫  麻生太郎外相は8日午前の閣議後の記者会見で、靖国神社問題に関する見解「靖国に弥栄(いやさか)あれ」を公表した。

 天皇の政治利用を目論む朝日・松本健一枢軸

 靖国神社を解体し、もって近代日本の戦争を凡て「侵略戦争」として日本国民の意識に未来永劫にわたり烙印を押すことは、左翼勢力の究極の目標であり、その情報戦は現在進行形である。 その前段階として主要閣僚の靖国神社参拝の阻止、それがかなわない場合、靖国が国民...

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。