さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

栄村大震災

さて天の邪鬼の僕のすることで恐縮なのですが。

エンジニアの言葉で、こと音声処理の世界での話ですがマスキング効果というのがあります。大きな音が起きると、同時に起きた小さな音は聞こえなくなるという音響工学の言葉で、これはよくMP3などの音声圧縮の技術で使われますね。

要するに「大きい音に紛れた小さい音なら、聞こえないんだし記録しなくてもいいじゃん」という理屈で、原音からデータサイズを圧縮するのに使われる技法の一つです。

というわけで、マスキング効果の説明をした上で、栄村大震災のお話でも書いておきます。

引用元がアンサイクロペディアなのが恐縮ですが、なにせアンサイクロペディアの人たち曰く

震度6強のゆれを観測したにも関わらず、激甚災害に指定されたにも関わらず、そして東北地方太平洋沖地震とは分けて考えたほうがいいレベルであるにも関わらず、日本の誇る知の結晶ウィキペディアでは、この悲劇をガン無視。3月15日現在、ウィキニュースに掲載された事象であるにも関わらず記事作成は行われていない。ちなみに、東北地方太平洋沖地震の記事が作成されたのは、発生から7分後である。そして、栄村大震災でも、地震発生直後に人命に関わる事件・事故に関するテンプレートが栄村の記事に貼られるも、その後、まったく音沙汰が無くなる。ちなみに、実際に大きく揺れた件については、東北地方太平洋沖地震の記事において確認はできる。これは、遠く離れているはずの栄村大震災も、東北の地震と関連した余震の一部として取り扱われているためである。

そのくせ、栄村の被害について、一っ言足りとも言及しないのがさすがのウィキペディアクオリティ。

さすがすぎて涙が出てくる。

アンサイクロペディアでは、そんな彼らの欺瞞をここに告発すると同時に、どーせこの記事を見て栄村の記事に加筆するか、もしくは地震の年表に加筆するかは知らんが右往左往するのが手に取るように分かるため、心優しいアンサイクロペディアンとしては両記事の年表を見守るものである。



とのこと。東北地方の大震災にマスキングされているので、ほとんど取り上げられない有様です。

アンサイクロペディアの記述に従えば、マグニチュード6.7、震源の深さ8キロ、最大震度6強らしいので、これ単独でおきていたら結構大きなニュースになったはずです。

実際、現地の映像を見ても結構な被害が出ており、復旧にいろいろな物資・人手がいると思うのですが、手が回っていない様子です。

どのお方に話を聞いても、
「東北の地震・津波があまりにも莫大過ぎて、栄村の地震は全国的に忘れれられているんじゃないか」と、ものすごく危惧を抱いています。

実際インターネットのニュースで検索すると、東北関連の地震・津波、原発の1000分の1以下です。



とのこと。

もちろん東北で被災された方のことも大切ですし、言い方は非常に悪いですが東北への支援が「シンボル化」しているのも事実でしょう。
まぁせめてアンサイクロペディアほどではありませんし、ユーモアも毒意もありませんけれど、東北のことはみんな知ってるんだったら、せめて自分はこっちもとりあげておこう、と思うわけです。単にひねくれているだけなんですけどね。

追記:仮称として長野県北部地震と呼ばれてもいるようです。一応追記。

おきてがみ

▽コメント

 栄村も被害大きいです(T_T)

はじめまして。
実家が栄村にある者です。
不幸中の幸い…死者は0でした。しかし、小さな村に与えられたダメージはとても大きいです。村民も「東北の人に比べたら…」と不便な避難所生活に耐えながら頑張っています。

日本有数の豪雪地帯。これから雪解けの季節です。土砂災害など、これから先も被害拡大の可能性は高いです。

どうか、栄村で地震があった事を忘れないでくださいm(_ _)m記事にしてくれてありがとうございました。

 

>ショコラさん

コメントありがとうございます。

東北のそれに比べて、亡くなられた方が少なく、その点は不幸中の幸いだと思いますが、山村で復旧活動もままならず、復旧には多くの困難を伴う土地だとご想像いたします。

拙ブログ程度で取り上げることでお役に立てるかどうかわかりませんが、普段ネットを無駄遣い(しかも普段は冗談ばっかり書いているようなブログですので)している身としては、こういう形で少しでもお役に立てれば幸いかと思います。

東北の件に隠れてしまっているとは言っても、忘れずに活動をされている方もたくさんおられるので、ぜひとも希望をなくすことなく無事栄村が復旧されることをお祈りいたします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://sakurasakurasakura3.blog53.fc2.com/tb.php/872-fb497be1

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。