さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

「宇宙船地球号」読書中

最初の頃は読んでいてなかなか話がまっすぐ進まない感じがあるような、特に地測線(ジオデシックライン)のお話とか、??となる部分が出てくるのですが、地球(もっと普遍化すれば、それを包含する宇宙)に存在するエネルギーは有限で、人間の活動はそのエネルギーをあっちこっちに持って行ったりしているに過ぎない、的な壮大な発想は面白いですね。
哲学や思想というよりは、エンジニア的に観点で読めてしまいます。

「富というのは、物質的に規定されたある時間と空間の解放レベルを維持するために、私たちがある数の人間のために具体的に準備された未来の日数のこと」

富や何が幸福か、という考えについては、壮大な発想すぎますし、多くの身近にあることはある程度説明できます。
自由であること=富んでいるならば、金銭もしくは時間が多い方が自由も多い(はず)なので、不可逆な時間を持てない老人が金銭に執着するのも確かと言うべきなんでしょう。
もっとも、若くても自由のない環境にいる人たちから観れば、理想論すぎです。
僕からみてもそう見えますけどもね(笑)

おきてがみ

▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://sakurasakurasakura3.blog53.fc2.com/tb.php/869-45377e80

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。