さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

核密約とかいう以前に、正直に言っても納得しなかったろーに

たまには思い出したように政治ネタやっとこ。

日米密約:非核の虚構 崩壊 歴代外相、弁明に終始

自民党は嘘つきだった!という指摘をする民主党の「ドヤ顔」が実に爽快ですな(笑)というか、「ドヤ顔」という言葉を初めて主体的に使いました。

私自身は、そんな今更みんな薄々知ってたようなことを、と思いますし「だがしかし~」的な反論はいくらでも思いつくのですが、それよりもへんてこ論さんのブログで見かけた

もちろん国民に嘘をつくより、つかない方が良い。しかし、嘘をつかないためには国民がそれだけ国際政治のリアリティに耐える知性がもとめられるのだ。三原則など掲げずに、アメリカの言うように「持ち込んだか持ち込まないかどちらとも言わない。それは高度な軍事機密に属する」と言っておけば良かったのだ。もっとも愚民ども大衆を納得させるのは至難の業だが。



という意見に惹かれました。いや確かにそうだし。
国論も感情論も政治論もごちゃ混ぜにしか議論できない人相手に、正論を吐いたところで受け入れられまいて。
(それは日本人だけじゃないのかも知れないが)

最近政治ネタをブログやmixiでやったりしなくなったのは、なんというか、こと国政に関しては、一国民のレベルでは思考できないところに来ているんじゃないか?と思ったりします。国政・国益という観点で議論や思考を行い、それによって得られた結論で意志決定を行う。本来の国政はその観点があって(マクロ的視点)一方では自分たちの身近なレベルの生活の問題についての観点(ミクロ的視点)もあって、そのバランスで考えないといけないはずですが、どうにも(自分自身も含めて)ミクロ的な視点しか持たない人が多すぎる、そんなことを思っています。

その処方箋としては、マクロ・ミクロ両視点からのバランスを持つ国民を育てること、これが理想論なんでしょうけれど、現実を鑑みると・・・。
そう考えると、今直近のそういう事案については「既に諦めの境地」に近いのかも知れませんね。
もっとそんなことよりも、僕自身の身体を直すのが先決だったりします。

もっとも、人間は最終的には「感情の生き物」だと思うので、感情的に納得できるのかどうか、最終的にはそこに行き着きますね。
「国が自分に何をしてくれるかではなく、自分が国に何をできるかを考えろ」ってアメリカの言葉でしたっけ?忘れましたが、国家に対してあーだこーだ文句を垂れる前に、何ができるか?という、自分が主体になって考える。その視点が生まれない限り、この国はダメだろうなぁ、と思います。

おきてがみ

▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://sakurasakurasakura3.blog53.fc2.com/tb.php/762-a32ffbb2

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。