さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

【不定期連載】さくらさんの鬱にまつわるエトセトラ

日記シリーズは自分の手元ではやっているんですけれど、ブログやmixiまでとなるとちょっと大変・・・というわけで、適当にまとめをしたりしてごまかすことにします(笑)

以前は「鬱にまつわるエトセトラ」なんてタイトルで日記のようなよくわからない文章を書いていましたが、一言に鬱と言っても、ひとりひとりの状態によったりして異なるわけで、なんか単純に「鬱にまつわる~」なんて書いてもなーと思うこともあったり。

正確には「(僕自身の)鬱にまつわるエトセトラ」だよなぁ。
という感じで書いてみます。

そうそう、僕自身は、たとえば文章にせよ誰かと語る時に「僕は鬱ですから・・・」なんてのは、特に話の必要上が無い限り、なるべく避けようとしてます。言霊信仰とまで言いませんし、メンタルトレーニングとかでもなく、島本和彦風に言うところの「鬱って言うな、本当に鬱になる気がしてくる」と同じかも知れません。
そもそも、どこからが鬱やねん、ってのは正直未だにわかりません。
(こういうネタを話す時に、自分は鬱だから、というポジションをはっきりさせているのは、ポジショントークだからだと思ってください)

僕の場合は、今行っている復職センターで、カウンセラーさんと話をしたり、他の同じ理由で通っている人と話をしているうちに、自分の中で病と言われている物?の正体を探っているいると、どうやらアダルトチルドレン(最近だとアダルトサバイバーと言うらしい)とか言う物になるのかなぁと思っています。
僕の場合は、そういうモノだった、というだけで、他の人は、躁鬱だったり適応障害だったり色々あるわけですが、まぁその辺りは置いておいて。

先の話にもなりますが、自分自身で必要が無い限り鬱だとは言わない、というのは、自分から「私は鬱だから」みたいなことを言う人は、僕は苦手です。それはこの病気になる以前・なってから以後も変わりません。

なぜそれが苦手なのか。

そこには一つ、違和感があったんですよね。
昔から「鬱は甘えだ」という人もいます。
僕自身の正直な意見は「当てはまる人もいる」という意見です。自分自身が鬱ながら、同業者?には結構厳しめの採点だと思います(笑)

さてこの辺りの表現がデリケートな表現が必要になるところだと思いますが、僕自身は「鬱である」という状態をどうとらえるか?と考えたことがあります。
鬱は病気だ、という主張は正しいと思いますが、不治の病とか、そういうわけじゃありません。たとえば、生まれつき盲目の人が、目を見えるようになる、というのは、なかなか並大抵の努力ではないと思いますが、鬱病を筆頭とする心の病の大半は、状態を把握し「鬱である」という状態を脱出することができるのでは?と考えています。(統合失調症など重度のモノは別だと思いますが・・)

いわゆる鬱と区分けされているのは、そういう風に仮に定義すれば、対策が立てやすい、というだけの事に過ぎない、というのが僕の考えです。

で、その際に大事になるのは、定義と対策なら、圧倒的に対策だと思います。
自分はこういう傾向の考え方をする、だから、いわゆる正常?な人と比べてこういう差があったり、ストレスの感じ方が大きく違うのだ、という風に考えていくことの「補助線」として、自分は鬱気質である、という定義をする、この考え方が自分としては重要だと思います。

ところが、この「自分は鬱だ」ということで、自分の行動の全てを、その病気のせいにして正当化をしようとする人もいます。


こういう人を、鬱になったことが無い人に説明するにはどうしたらいいか?と考えて見たら、こんな喩えになってしまいました。

鬱とか僕みたいなACってのは、人間の「仕様上の不具合」とか「バグ」の類なんですよ。異論は認めない(笑)

で、そこを「いやそれはバグじゃない、仕様だ」って言い切ってしまうタイプの人が、鬱を言い訳にダラダラしている人です。
多くの真面目に鬱と取り組んでいる人は「そのバグをバグと認めて仕様から見直してデバッグをしている」という人です。

そう考えると、ああ、プログラマやっている自分としては、割合落としどころとして最適かな、と思ってしまいました(笑)

鬱経験のない人は、これでわかるのかなぁ。
っていうか、いいのか、こんなオチで(笑)


おきてがみ

▽コメント

 

お早う御座います。突然失礼します。
佐倉様の竹島プロジェクトに乗っかってます政と申します。
来る2月22日に皆で一斉記事UPする企画
『ブログで竹島祭り』の参加者を募集しております。
もし、当日近辺に竹島関係の記事をUPされるようでしたら、
『ブログで竹島祭り会場』に記事リンクをさせて頂きたいのですが如何でしょう?
御検討宜しくお願い致します。

詳細
http://mblg.tv/mayuryou1025/freepage/2

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://sakurasakurasakura3.blog53.fc2.com/tb.php/758-e43a4ccc

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。