さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

2/6-8の日記のようなもの

2/6
土曜日なんで休みでした。休みの日と言っても何をやるか、というわけでなく、朝から惰眠をむさぼる感じ。
疲れているんでしょうか。
気がついたら昼過ぎまで寝ていました(泣)

その後は朝から嫁さんが実家に所用で帰っていたので、その迎えに行くことに。車を出して小一時間というところです。

嫁さんの実家では、自分自身の病気のことも含めて、いろいろ話をしました。

僕はこれで休復職が4回目になるんですが、今までの復職がいかに甘かったというか、後先考えずに戻っていたということ。
いつもなら、主治医の判断で、OKとなると、何の準備もなく、診断でOKの当日からいきなるフルタイム出社とかしていたのですが、復職センターに行くとそういう感じではありません。
ただ休むと言っても、本当に家でただ休んでいるだけから復職に比べても、復職センターに行くだけで、毎日出勤に近い形で、起きて、電車に乗って、センターでほぼ1日過ごす。ここだけ取っても差があります。
加えて復職センターだと、そこで相談するカウンセラーやら、スタッフやらと、具体的な復職に向けての試行錯誤が日々あったり、いわゆる、鬱病についての気づきがあったりと、大きく違う物があります。
その辺のことを話してきました。

他には特に義父殿と話をした分には参考になります。
特に僕の中で指摘されたのは、自分の頭や心の中で、知識と身体が結びついていないのではないか?というお話。これは正月にお会いした時にも聞かされていたことで、ずっと自分の頭の中で考えていたことでもありましたが、とても参考になる部分もありました。
いわゆる「頭でっかち」と言ってもいいのかも知れませんが、たとえば頭の中で「こうすべし」と知っていることでも、その通り身体が動くか?という話です。いくら知識で知っていても、いざという時にその通り振る舞うことができなければ、それは「理解している」ことにはなりませんよね。では、どうすれば「いざというときに動くことができるか?」が課題になります。

次にテーマになったのは「年を経ると心が広くならないといけない」というお話でした。
年を取ると社会的な地位もあがるのが多くなり、会社などの組織だと、自分の下のはいろんな部下がつくようになる。
それに対して、自分の心が狭かったら、特定の性格の部下しか使えないが、心が広ければ、それだけいろんなタイプに合わせて意見が言えるようになり、そうなると大きな仕事もできるようになるでしょう、というようなお話でした。
この辺は今の自分に直接は関係はないのかも知れませんが「年を経る毎に心を広く」それは心がけていかないといけないかなと思います。

2/7
日曜日です。今日もまた、一度は8時頃起きたのですが、二度寝。
こんなんばっかりです。休みの日は。

午後から嫁さんが起きてきたので、2時半頃から出かけました。もう休みも半分以上終わっているんですが。。。という感じ(笑)
高槻の西武百貨店になり紀伊国屋書店でぶらぶらと小一時間漫画やら本探し。fate/stay nightの3巻を探したんですが、売ってなかったので「とある魔法の禁書目録(漫画版)」1~2巻と買ってみました。帰ってから読みましたが、うーん、自分としては「超電磁砲」のストーリーの方が面白いんですが。。。これを読み続けるべきかどうか悩む。
その後は、高槻センター街のステラという喫茶店でケーキ+珈琲のセットを食しました。

高槻の中心部って、なんていうか、おいしい喫茶店っていうか、そういうのがないのが気になります。
僕としては、センター街の中にある雅園という喫茶店の珈琲が好きです。あっさりして苦みのないイタリアンブレンドは、飲んで気にいったので、その場で珈琲豆をもらってきたことがありました。

で、肝心のステラですが、ここでは、クラシックガトーショコラを食べました。密度がすごいですね。ひとことで「ぎっしり」という感じで、よい味でした。

夜は晩ご飯を食べがてら出かけ、鳥飼にある天然温泉に。天然温泉と温泉って違いがイマイチわからないですが、はて?という感じで入っている時には気にはならなかったのですが、ここの温泉は外に出てから、すごく暖かかくて、その辺りがとてもいい感じの温泉でした。

2/8
本当は朝一から復職センターに行かないといけなかったんですが、目が覚めず。
体調がイマイチ優れなかったので、寝てしまってました。
それでも復職センターを休むなら休むで、電話をしないといけない、というので、10時頃電話。

「しんどいので休みます~」と電話をすると
「それは身体がしんどいんですか?精神的に?」と聞かれたので
「両方です~」と返したら
「無理にとは言いませんが、落ち着いて来れたら来てください」というようなやりとりでした。

で再び起きたのが、14時前。うげぇぇ、って感じ。
さて、ここで起きて目が覚めたところで、センターに行くべきか、休むべきか迷ったんですが
ここでたとえ一時間でも顔を出せれば、センターに行ったことになる!
と鼓舞して、14時に出立。15時着で復職センターに行きました。

もう正直全てのプログラムは終わっているんですけれど、それでも顔を出せばカウンセラーさんやらスタッフの方やらと話をしたり、他の休職者の方々といろいろ話をしたり、よく来てくれましたねぇ、というようなやりとりがあるので、僕としては無理をして顔を出して正解だったかなぁというのが、正直な気持ちです。いやぁ、こういう日もありますわね。

それにしても、根本の原因を言えば、この日、寝たのがAM3時だったので、そこをなんとかしろよ!って話に尽きます。
生活リズムの維持というか、そういうのはとても大事です。まずは生活リズムの維持、そしてモチベーションですね。

おきてがみ

▽コメント

 僕も参考になります

> 特に僕の中で指摘されたのは、自分の頭や心の中で、知識と身体が結びついていないのではないか?というお話。これは正月にお会いした時にも聞かされていたことで、ずっと自分の頭の中で考えていたことでもありましたが、とても参考になる部分もありました。
> いわゆる「頭でっかち」と言ってもいいのかも知れませんが、たとえば頭の中で「こうすべし」と知っていることでも、その通り身体が動くか?という話です。いくら知識で知っていても、いざという時にその通り振る舞うことができなければ、それは「理解している」ことにはなりませんよね。では、どうすれば「いざというときに動くことができるか?」が課題になります。

 今やってる武道にも、生活態度一般にも通じるお話です。詳しいことは今週末に。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://sakurasakurasakura3.blog53.fc2.com/tb.php/755-db8564c4

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。