さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

1/3~5の日記のようなもの

さて遅れている日記の追加です。とりあえず1/5まで。

1/3。嫁さんの実家に新年の挨拶に行きました。一張羅の大島を羽織って挨拶に行ってきました。気合いを入れた一年にしたい、というのもありましたが、せっかくいい大島を持っているのに、普段着物を着る機会がないので、こういうときくらいは身につけないと、という気持ちもありました。
でも、というか、義姉夫妻と甥っ子(8歳・4歳)が同時に嫁さんの実家に挨拶に来ていて、こっちが一張羅を身につけていようが何しようが、ケーキをつまんで生クリームのついた手で近寄ってくるので恐怖です(笑)
もっとも甥っ子たちが来るのがわかっていて着物を着ていったんですから、僕には弁解の余地はないんですが、いやぁ、子供ってのはいい意味でも悪い意味でも、邪心がないですね。まぁ基本的に、親ばかではなく叔父ばかなんでしょうけれど。
子供を見ていて思ったのは、少し見ない間に、大人になっていくなぁ、ということです。8歳の甥っ子は、少し見ない間に、会話のキャッチボールのレベルがあがってましたし、4歳の方もよくしゃべったり、こちらの言うことをかなり理解するようになってました。子供は成長が早いというのは、よく話では聞きますが、実感を改めてする次第です。

1/4。この日は今行っている復職支援センターの始業日でした。こちらもまた、お役所ですね。
復職支援センターの話は、ブログでこんな風に日記を書いている以上、どこかできちんとしないと書かないといけないかなぁと思っていたりします。うーむ、時間が必要なので週末に改めてきちんと書きますかねぇ。。。
年明けには新しく入ってくる人なんかもいて、結構迎え入れる側の人間としても緊張するところがあったんですが、まだ正直わからないというか。野村監督の言葉じゃないですが「先入観は悪。固定観念は罪」という言葉を肝に銘じて行きたいところです。
当日は担当のカウンセラーさんと特にテーマを決めずにお話。手元のメモでは「自分の気持ちを言語化しよう」「苦手な人とのつきあい方を考える」「復職したときの過ごし方を確認する」てなことを話したみたいです。2番目のテーマは、いわゆる鬱の人に限らず、みんなのテーマでもありますよね。いわゆる鈍感力が強い方がいいのだろうか?と思ったりもしますが、敏感なセンサーが働くのが本能のような鬱の人たちから見れば、苦手と感じる人がいる、が、それをどうしたらよいか?を考えないといけないんだろう、と思っています。いや、実際そうなんですよね。
あえてハイレベルにゴールを設けるなら、こういう人をどう無意識に操るか、なんて考えてみたりして(笑)

1/5。午後からメンタルトレーニングという、自己暗示の講習がありました。講習としては前半にα波がどうのとか副交感神経やセロトニンの分泌と能力の関係についての説明がありました。最近の研究で出てきている話ですが、いわゆる腹式呼吸や集中のさせ方で、セロトニンが分泌されて、副交感神経が活発になり、集中力がアップするというようなお話です。詳しくは専門書などがありますので・・そちらで。

そのあと、講師の先生から「じゃぁ、実践してみますか」とのお言葉。
え?何?と思っているうちに、僕を含めた5人を指定し、
「このうちの一人を、指2本を使って4人で持ち上げるということをあげてみましょう!」との説明が。
え?そんなのできるの?とか、何かの眉唾ものの超能力か?みたいな感じで、内心疑いつつ、僕は持ち上げる側の方に選ばれたので、指をカンチョーのポーズに組んで待ってました。
「じゃぁまず、笑いましょうか!」という講師の女の先生の声が。で、笑うんですよ、無理にでも(笑)笑い女じゃないですが「わーっはははははは」てな感じで笑い声をあげてました。大の大人がですよ。

で、気分がほぐれたところで
「私はできる!持ち上げられる!」
と叫んでイメージトレーニングをします。ここで確かに恥が顔を出す部分もないではないんですが、そこをこらえるのがこの講習の醍醐味!と割り切って、それこそ神にでも祈る気分で声を出してみます。
そして、構え。大人4人で、指先だけで大人を持ち上げる!というのをやります。座っている人一人に対して、二人が後ろから脇の下に、二人が前から膝の下に指をいれて「せーの!」

結果から言えば、少しあがった!という程度だったんですがw
それでも、そういうイメージトレーニングをやった後にやるのと、やらずにやるのとでは、体感する重さが違う、というのは、正直ありました。
でも完全に持ち上がらないのは、僕の「信仰心」の足りなさに由来するのかもしれませんねぇ。まだまだ修行が足りん!と思った次第です。

これを非科学的とか宗教的と考えるよりも、そういうこともあるんだなぁ。。。と肯定して考える方が、これはおもしろいですね。言うなれば「心頭滅却すれば火もまた涼し」。むしろ、自分が考えて、見て、識っている世界がすべて、と思う方が、よほどか思い上がりというものです。

おきてがみ

▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://sakurasakurasakura3.blog53.fc2.com/tb.php/730-bdc59fb3

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。