さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

12/23の日記みたいなもの

年賀状刷りでほとんど今日一日終わりました。と言っても数時間の作業だったんですが。
時間がないので、超間に合わせですが、ご勘弁ください。

飽きるかもしれないけれど、新聞の引用とか抜きにして、文字通り日記的に「今日思ったこと」を書いてみようと思います。これが日課になればいいなぁ。

・今日考えたこと。
「2012年になって人類全滅するとしたら、どうしますか?」みたいなことをやってたんですが、そういう死に方をするとしたら従容と死の道に付くというか、そんな気がします。

「もし運命があなたを苦しめるのなら、その苦しみを引き受けることに、二つとない何かを成し遂げる、たった一度の可能性がある。人間が生きることには、常に、どんな状況にも意味がある。苦しむことにも意味があるのだ。だから人生に期待するのはやめて、人生から自分が何を期待されているかを考えよう」
ヴィクトール・フランクルという小説家のお言葉だそうです。フランクル氏はユダヤ人で、ナチスによって収容所に入れられ、後に生還を果たしますが、収容所にいる頃に、そういうことを口にして、生きる意味、すなわち「希望」を持ち続けたようです。絶望はやはり「死に至る病」なんですね。

8月頃から、思いついたことをとっさにノートのとるという、歳時記ならぬ「瞬時記」をやっていて、最近2冊目に入りました。
これがためになるのかどうかわかりませんが、ここからたまに思い出して、ここに書くという形で、ブログのネタにしてみようかなぁ(笑)希望があれば・・というか、定期的な読者がどれくらいおられるのでしょうか?(汗)

おきてがみ

▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://sakurasakurasakura3.blog53.fc2.com/tb.php/721-a2f492ae

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。