さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

事業仕分け

事業仕分け、なんていう一大イベントをつらつらと眺めていると、ああ、自分に興味のない分野だと、簡単に「無駄!」って言い切れるよねぇ、ってこと。こう言っちゃなんだけど、闇金ウシジマくんの方が、まだ心があるように見えてくることもあるなぁ。

twitterでぼんやり意見を眺めていると、あえて自分がアンチ民主の立場で詭弁を弄する策士の立場で考えるなら、賛成の立場の人に、ぜひ今回のことに効力があるのなら、予算が組まれている全事業にあまねくやってください!議員に支払われている給料なども仕分け作業で議論してください!と言いたくなります。今回の作業が予算捻出の為ならば、遍く行われるべきではないですか?と言いたいです。

いや、正直そんなことできっこないから言っているんですけどね(笑)

「銀河英雄伝説」の中の台詞で、
「民衆は負担の重さに不平を言うのではない。負担の不公平さに文句を言う」
という名台詞があります。これが正しいかどうかは小説の中のただの台詞なので鵜呑みにするのは正直どうかと自分でも思いますが、あながち否定はできません。「格差社会」なんて言葉はニーチェ先生に言わせれば、貧乏人による奴隷道徳・ルサンチマンとでも言えるでしょう。
そんなことはともかく、
「負担の不公平さに文句を言う」
これは税や社会福祉などの負担に限定せず、もっと普遍的に
「社会はおしなべて「不公平さ」に文句をいう」
というのは真理かも知れません。そりゃー税金のかけ方にしても、所得税は多く稼いだ人間が多く取られる、としても、誰も文句をいいますまい。それが平等なら。(もちろん社会はそんな単純じゃないでしょうけれど)

今回の仕分け事業についても、COZYさんが指摘しておられる通り「事業の仕分け対象の判断基準が不明確」これが最大にして致命的な欠陥です。要するに「不公平」なんですよ。
・仕分け事業に選ばれた理由の明確化
・仕分け事業で可否の基準はいずこ?
ここを明確にしないといけません。
この基準を明確にしないと、事業仕分けで「不要」とされた人から見れば「そんなこというなら他の事業も俺から言わせればあるわい!」と、不毛な論争に陥るでしょうが、言いたくなる部分もあります。
完全に神の視点から無責任に言えば、今回無くなった事業による影響というか「あああの仕分けの時に廃止されなければねぇ。。。」という事業がいくらか出るでしょう。その時になって、今回に「大仕事」の意味がわかってくるんじゃないでしょうか?

自分が自民党の策士?の立場なら、先に主張した通り、そんなに効果的ななら遍くやるべきだね、として追い込む策を考えます。
民主党の選択肢としてはどんなのがあるのでしょうか?
正面から受ける「仰る通りやりますよ」か、
鳩ポッポみたいに「あんたらには言われたくないわ」か

はてさて。

おきてがみ

▽コメント

 夢も希望も無い民主党

次世代スーパーコンピューターなどの科学技術関連予算が事業仕分けで見送られるようでは、民主党政権には夢も希望もない。
ノーベル賞受賞者が怒るのも無理は無い。
民主党の蓮舫のような科学技術に無知で、日本の将来に無関心な人物が仕分け人では、致し方ないこと。
毎年2.5兆円の税金を使う高速道路無料化は、無駄な予算であるから、事業仕分けによって廃止してもらいたい。

 他によっぽどムダが…

こちらでは初めまして。

財政的に厳しい状況だから、たしかに
スパコンや科学未来館やSPring-8への予算を削るのも一つの方策かもしれない。
ただそれなら、高速道路無料化や子供手当やアフガン支援はどうなんだ、と言いたくなります。
もっと言えば、民主党の「拍手やヤジを飛ばすしか能のない新人議員」こそ
大いなる無駄なわけで、株主総会の議決方式のように、
小沢か誰かに100票くらいあげて、無駄な議員はポイした方が
…なんて夢想してしまいます。

予算のムダをチェックする機能が存在することには反対しないですけど、
チェックする側の人選、チェックする時間、廃止基準に問題がありすぎです。
それこそ基準だけ明確にしておけば、省庁ごとに内部でやらせて、
「全事業のチェック」も可能になるかもしれません。
民主の言う「脱官僚化」には反しますけど、「使いこなす」ってそういうことでしょう。

 

>馬鹿まるこ姫さん
コメントありがとうございます。仕分け事業に関しては、誰がやろうがどこかで不満は出てくるものだと思います。
これについては今日のエントリでも書いたのですが、仕分けされた事業による影響というか、再検証は今後していただきたいものです。

>COZYさん
コメントありがとうございます&こちらではお初ですね。

実際、やっぱり「どういう基準で」というのが明確でないのが不公平感を助長しているように感じますね。
ただ一つ評価できるとしたら「兵は拙速に尊ぶ」という意味で、だらだら続けているだけで意味のない事業に終止符を打つことができたのなら、そこだけは評価できるのかも知れません。もっともその反動がどういう形でくるのか、これからその「功罪」ともにきちんと検証してもらいたいものです。そこまで含めて、初めて「政権担当能力」云々を主張できるのだと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://sakurasakurasakura3.blog53.fc2.com/tb.php/711-6e66f06a

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。