さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

ぶれてませんよ

■民主が海賊対策に海自容認、外交で現実路線 (読売新聞 - 07月23日 03:03)


まー普通なら、この転換は、自民党がやったら「ぶれた!ぶれた!」って騒ぐところだわな。実際にマスコミはそう言うやろ!って指摘しているもたくさんあるし。

これを読んでて思ったのは、民主党がぶれたのが問題というより、読売が「外交で現実路線」って書いちゃったこと。
ここから導き出せる論題は二つ

1.今回のマニュフェストが現実路線というのなら、今までの民主党の外交の案は、絵空事だったということを読売は暗に指摘しているのか?
もし違うというのなら、何を持って今回のマニュフェストを「現実路線」とまとめをしているのか非常に知りたい。

2.このたび「現実的な外交」を紹介するまでの過去の民主党の外交施策について、絵空事と言わないまでも、少なくとも「現実路線ではなかった」時の報道はどのようの行われていたのか知りたい。

どっちかと言えば、ぶれた民主党(これもイメージ操作かもしれないが)よりも「イメージ転換した民主党」を演出しようとしているマスコミのやり方の方が鼻につく。

民主党は政権をどういう形で取るかわかりませんが、楽な舵取りにはなりますまい。リーマンショック後を麻生が辛うじて今の被害にとどめているわけで、ここから政権を取っても、株価を一つ戻すだけでも大変なんじゃないかなぁ。それ以外もいろいろ。

そして、やっぱりいろいろところに敵はいるんだなぁ。
そのうちの一つは、2のような疑問を作り出すマスコミなのはどうやら間違いはなさそうである。


おきてがみ

▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://sakurasakurasakura3.blog53.fc2.com/tb.php/680-f2b7563e

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。