さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

「信じてる」で済んだら法律いらんわ!

痛いニュース(ノ∀`):自民「送付された児童ポルノでも1回開いたら有罪。写真など年齢が分からない場合は全て破棄すべき」

児童ポルノ法の議論は正直無茶苦茶だわな。
なんか本来どういう目的で最初スタートしたのか、よく分かってないんじゃないのかなぁ。

児童に限らないですが、ポルノの定義ってかなり難しいと思いますよ。
それはチャタレイ夫人の時代から変わっていないというか。

児童ポルノってことで18歳未満の児童(?)の上半身でも裸が見えるとアウト、なら、映画の「ウォーターボーイズ」はアウトなのか?
それとも芸術だと言い張るのか?

性行為があるからアウトってことなら、水着姿の最近のチャイドルはセーフどころが、宮沢りえの「サンタフェ」はおろか、下半身の局部まで出してもOK?ってことになりますし。それも芸術だと主張すれば現状でもOKなのか?とか。
(男の子でも女の子でも、幼児の場合はモザイクとかつきませんよね、現在)

個人的に児童ポルノ?と言えば、昔々にナブコフの「ロリータ」を読んだことがあるんですが、あれは児童ポルノってほどエロくはないしなぁとか思ったり(幼女に恋をして連れ回す話ではありますが、いわゆる性交シーンとかの描写があるわけではないし)

----

個人的に突っ込みたかったのはここ。

>「昔のホコリをかぶってる雑誌を持ち出してきて『性的好奇心満たす目的だ』と自白を強要する捜査官なんていないと信じてる。」

「信じてる」ってなんやねん、と。立法府の人間がそんなこと言ったらいかんやろー。

法律ってものがなんで必要かって考えると、国民の多くにとっての「常識(ルール・決まり)」を決めておかないと、そこから逸脱する奴が跋扈すれば、社会を円滑に運営するために支障をきたすからだと思うんですよ。
そういう「なぜ法律が必要か」を考えずに「信じてる」って言葉で片付けられたら、極論すれば「殺人なんて行為をする人間なんていないと信じている」と主張すれば、殺人罪なんていらないのか、って話ですよ。
自白を強要する捜査官がいないと信じられるのなら、性的好奇心目的で児童ポルノを持つ国民なんていないとなぜ信じられないのか?って(屁理屈ですが)反論したくなります。

世の中はそういう意味では「信じられない事」をする奴がいるから、法律が必要なんじゃないのか?と。
最近の痴漢犯罪も、むしろ痴漢冤罪が問題視される中で、冤罪なんて起きないと「信じてる」なんて、お人好しも度が過ぎるんじゃないかと。

おきてがみ

▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://sakurasakurasakura3.blog53.fc2.com/tb.php/673-a65895c8

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。