さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

「合憲ではない」≠「違憲」

今日の朝日の社説はこれしかないだろう、と思ってました。
よっ、待ってました。

靖国参拝 肩すかしの最高裁判決

靖国神社に小泉首相が参拝したことは、憲法が定める政教分離の原則に違反するのかどうか。この問いに、最高裁は合憲か違憲かを判断しないまま原告の請求を退けた。

 身内を靖国神社にまつられた日本と韓国の遺族らが、「01年の首相の参拝によって精神的な苦痛を受けた」として、損害賠償を求めていた。憲法違反の首相の参拝は身内をどのようにまつるかを決める遺族の権利を侵す、というのだ。

 最高裁が示したのは、他人が特定の神社に参拝することで不快の念を抱いたとしても、ただちに損害賠償の対象にはならない。そんな理屈である。首相の靖国参拝に対する司法判断を求めて提訴した原告には、肩すかしの判決となった。

 一連の靖国参拝訴訟では、地裁や高裁で、「首相の参拝は違憲」という判決と、憲法判断をしない判決に二分されている。だからこそ、初めての最高裁の判断が注目されていた。政教分離という憲法の大原則について最高裁が判断を避け続ければ、「憲法の番人」としての役割を果たせないのではないか。

 憲法は「国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない」と定めている。首相の行動が、過去の歴史を踏まえて導き出されたこの規定に反していないかどうかを厳格に判断する。それが裁判所の頂点に立つ最高裁の使命ではなかったか。

 でなければ、首相らが政教分離に反する行いをしたと国民が考えたとき、どこに訴えたらいいのだろう。

 小泉首相は「判決は妥当だ」「哀悼の念をもって靖国神社に参拝するのは憲法違反だとは思っていない」と述べたが、誤解しないでほしい。最高裁は「参拝は合憲」とお墨付きを与えたのではない。

 私たちは、首相に靖国神社の参拝をやめるよう求めてきた。

 靖国神社は終戦まで国家神道の中心にあり、軍国主義のシンボルだった。今の首相が戦没者を弔う場所として、ふさわしいとは思えない。

 A級戦犯がまつられていることには、中国や韓国が激しく反発している。侵略戦争や植民地支配の被害者という立場からすれば、当然のことだろう。

 対外的な問題だけでなく、首相の靖国参拝には政教分離に反するのでないかという憲法問題がつきまとっている。自民、公明、民主3党の有志議員による国立追悼施設の提言も、首相の靖国参拝に関して「憲法違反の疑いがある」との見解を示している。

 最高裁は97年、愛媛県が靖国神社に納めた玉串料などの公費支出について「宗教的活動にあたる」として、違憲判決を出した。政府と自治体、参拝と玉串料という違いはあるが、政教分離原則を厳格に考えれば、靖国参拝についても違憲判断が出てもおかしくない。

 いずれにせよ、最高裁は首相の靖国参拝を認めたわけではない。首相には、それを忘れないでもらいたい。


まず一つめ。

「首相の参拝は違憲」という判決

と書いているが、いつどの判決で「違法」という判決が出たのだ?
去年の9月の大阪高裁の判決は「判断」であって「判決」ではないぞ。

あと、

最高裁は「参拝は合憲」とお墨付きを与えたのではない。


という部分を持って「だから違憲だ!」と朝日新聞は主張しているが、合憲と判断が為されていないから違憲だ!と主張するのは無理があるというもんだろう。違憲とも合憲とも判断されていない、ってのが普通の解釈じゃないか。

しかしこの手の「精神的苦痛をうける原告団」って一体なんだろうね。
私みたいな人間からみたら、こんなヤクザや当たり屋みたいな言いがかりをつけて裁判所の手を煩わせている連中を見るにつけ、精神的苦痛を受けるよ。


おきてがみ

▽コメント

 

ご同慶の至りですね。本当は、主文は同一で、かつ、傍論で合憲判決を願っていたのですが、法論理的には「判断せず」が正論と言うか大人の議論だと思います。今後ともよろしくお願いいたしまます。

 

>最高裁は97年、愛媛県が靖国神社に納めた玉串料などの公費支出について「宗教的活動にあたる」として、違憲判決を出した。政府と自治体、参拝と玉串料という違いはあるが、政教分離原則を厳格に考えれば、靖国参拝についても違憲判断が出てもおかしくない。
この論理すごいよね。私から見れば参拝と玉串料は相当大きな違いがあるが、これを一緒と言い切る論理。
だいたい今までの最高裁判例は政教分離は緩やかに考えるべきとしているのだから、これが違憲となったら相当大きな判例変更ですよ。厳格に考えて違憲判断が出たら相当おかしいですよ!!

 

>最高裁は97年、愛媛県が靖国神社に納めた玉串料などの公費支出について「宗教的活動にあたる」として、違憲判決を出した。政府と自治体、参拝と玉串料という違いはあるが、政教分離原則を厳格に考えれば、靖国参拝についても違憲判断が出てもおかしくない。
この論理すごいよね。私から見れば参拝と玉串料は相当大きな違いがあるが、これを一緒と言い切る論理。
だいたい今までの最高裁判例は政教分離は緩やかに考えるべきとしているのだから、これが違憲となったら相当大きな判例変更ですよ。厳格に考えて違憲判断が出たら相当おかしいですよ!!

 

こんにちは、お久しぶりです。
朝日、またやってくれましたね。
しかし、負け犬の遠吠えにしか見えない所が、痛々しいです。
この調子で、これからも私たち朝日ウォッチャーの期待を裏切らず、突っ走ってほしいですね。

 

政教分離に反するという点で違憲だの合憲だのと騒いでいますが、民主の岡田も初詣に行っている伊勢神宮がなぜ不問にされるのか甚だ疑問ですね。
この疑問を向こうにぶつけると、「伊勢神宮にはA級戦犯が祀られてないからだ」という回答が返ってきますが、憲法には「戦犯を祀っている神社に行ってはダメ」なんて文言はないはずです。靖国が政教分離に反するのならば、全国津々浦々の神社に寺社、教会、モスク全てを首相の出入り禁止にしてほしいですね。
だいたい、原告団に僧侶やら牧師やらといった宗教家が多いのがおかしいです。あんたらは、自分の寺や教会に首相が来たら、もちろん追い返すんですよねと問い詰めたいですね。たかが参拝が政教分離に反するということは、そういうことですから。クリスマスパーティとかに参加していても批判しなければなりませんね。(実際、アメリカの政界じゃクリスマス自粛の動きがあるそうですが)。

 

はじめまして、トラバ貼らせていただきました。
>違憲とも合憲とも判断されていない、ってのが普通の解釈
ですよね。でも、違憲とも合憲とも判断されていないものは、合憲と看做すのが極めて当たり前でもあります。だってそうしないと合憲かどうか裁判所の判断を仰ぐまでは、トイレで用をたすのも違憲とも合憲ともつかないっていう状態になっちゃいますもの。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://sakurasakurasakura3.blog53.fc2.com/tb.php/60-efa7727d

 首相の靖国参拝最高裁判決を「肩すかし」と詰る朝日新聞を嗤う

<font size=3>・首相の靖国神社参拝に関する最高裁判決(平成18年6月23日) http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20060...

 (#@Д@) 最高裁め 許さん!!!

いつコレ来るかなー、と思ってましたが。キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!!!【主張】靖国最高裁判決 首相は堂々と昇殿参拝を小泉首相はモーニング姿で「内閣総理大臣」と記帳し、昇殿参拝した。このように堂々と参拝してほしい。どうみても勝利宣言です。本当に(

 訴訟そのものが時間の無駄

「私が信じていない宗教の施設を、他人と言えども訪問するのは、私の宗教的自由を侵害する」なんて主張をすること自体、「頭おかしいんじゃないの?」と言う話。「侵略者の宗教であるキリスト教を布教する施設を訪問する人間がいることは、私の宗教的人格を否定するもの...

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。