さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

世襲がダメなんじゃない。ダメな世襲がダメなんだ。

mixiの日記から転載。

毎日新聞世論調査:議員世襲、48%が「反対」 「問題ない」も44%

よく聞く意見だけれど「なんで避けるべきか?」ってのが言わないんだよねぇ。それを考えていくと、結局既得権益にしがみついている奴が嫌いだとか、そんな低次元に話が落ちてしまうと言うか。。。

議員世襲っていうけれど、世襲する側の議員だって、実力がないとどんどん蹴落とされて行くわけで。
否、その為に選挙制度ってのがあるんだから、世襲議員がだめだ、なんて言う前に、だめだと思うような奴を選ぶなよ、と。
何の為の民主主義だよ。ヤン・ウェンリーが泣くぞ。

ただ、日本って、なんだかんだ言っても「血筋」の民族だと思うんですよ。
たとえば「家系図」でぐぐってもわかるように しがない一市民でもそんなものを調べて、うちの先祖は何がしの末裔だと、とかやるのが好きだったりしますね。
家康・信長はもちろん、百姓だった秀吉ですらも、源平藤橘の末裔を名乗っている(正確には貴族から買い取って名乗っていた)くらいですから、やはり正直なところ、一種のブランド信仰みたいなもんでしょう。

皇室はまぁ別格にしても、どこの馬の骨ともわからない奴よりも、親父が大臣だったとか、どっかのお殿様だった細川護煕とか、そんなのの方がまぁなんとなく信用できるわなぁ。
それに多分そんな家柄で生まれたんだから、政治もきっと詳しいよねぇ、という感覚が潜在的にあるんじゃないか?という気がするんですよね。

そしてそれは裏返せば、成り上がりに厳しいという言い方もできますよ。
麻生も堀江も故・三浦和義も「元社長」ですが、この3人で首相を選べって言われたら、そりゃぁおじいさんが教科書にも載ってる名宰相・吉田茂の孫でしょうよ、ってことになるというか。

ただ、世襲ってだけで、能力のない人が議員やってるのはどうかと思うけれどね。たとえば記念真紀子とか。そういうのを完全に淘汰できるようになってからだと思うんですけどね。

だから、世襲=悪とは思わないなぁ。

現実として、リーマンである我々を除いて、世襲の体裁を取っているのは、政治家に限った話じゃないんですし、むしろ、リーマン以外の個人事業主なんかだと世襲の方が多いんじゃないかと思いますね。

もっと言えば、たとえば政治家の家に生まれた子供は、必然的に政治に詳しくなるだろう、とか、政治家としては有利な環境に育っているのでは?という考え方をしてしまいます。

盲目的に、世襲はいかん、なんて言うより、親父やおかんから英才教育を受けたにも関わらず、だめな政治家を非難するべきじゃないかと思うんですけどね。そしてそれを淘汰するのが先なんじゃないか、と。



おきてがみ

▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://sakurasakurasakura3.blog53.fc2.com/tb.php/592-fe23b6e1

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。