さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

理想とする慰霊の仕方

麻生外相:靖国神社は非宗教法人化の上、政府が関与すべき

麻生太郎外相は22日、自民党の丹羽・古賀、谷垣、河野3派の有志らによる外交勉強会「アジア戦略研究会」で講演し、靖国神社問題について「国がきちんとやるべきまつりごとを一宗教法人に渡していたのが問題だ。靖国神社も真剣に考えなければならない」と述べ、同神社を「非宗教法人化」した上でA級戦犯合祀(ごうし)問題を解決し、政府が維持・管理に関与すべきだとの考えを改めて表明した。

 また麻生氏は小泉純一郎首相の靖国参拝で冷え込んでいる対中関係に関して、「急に明日から(改善する)とはいかないが、中長期的にはこれ以上緊張感が出てくるわけではない」と強調した。

 同会は旧宮沢派の流れをくむ3派結集による「大宏池会」を目指して発足した。「対中韓強硬派」とされる麻生氏は河野派に所属しており、自民党総裁選に向け柔軟路線をアピールすることで、他の2派からの支持拡大を図る狙いがあるとみられる。【中田卓二】


わたしゃどちらかと言えば安部氏よりも麻生氏のほうが次の総理には向いていると思っている人間だけど、この発言はどうだろう?

私は上の考えに断固反対するね。

確かに国が慰霊を行うという姿は理想かも知れない。
しかしこの方法をとって国が慰霊を行った場合、たとえば将来何かの折に政権交代が起きた場合(可能性は低いけれどたとえば公明党が政権を取るとか)その時の政権によって、英霊の慰霊の仕方が左右されたりしないだろうか。
公明党辺りが本当に政権を取ってしまったら、公明党即ち創価学会が慰霊を神道のやり方に従ってやるだろうか?
もっとも、麻生氏の立場から考えたら、自民党以外が政権を取る、なんてことは想定外なのかも知れないが、一国民の立場で考えたら、やっぱりそれは危険だと思う。

私個人が思う理想の慰霊の仕方は「現状」。

即ち、

・国は靖国神社に「頼んだよ」とお任せする。
・靖国神社は「預かりました」と自分たちの流儀で慰霊をする。
・政治家や総理が「お参りしたい」というのを拒まない。
・靖国神社から政治家に「お参りにこい!」などと強要しない。
(下2つが、いわゆる「政教分離」だと解釈しています)

この形がベストだと思います。

政権が、たとえば民主党が政権を取ろうが、封建主義になろうが、王政復古が起ころうが、共産主義になってしまおうが、中国・朝鮮共からイチャモンつけられようが、アメリカが支持しようがしまいが慰霊の仕方が周囲の環境に左右されない姿、これが、私が考える、理想的な「慰霊」の姿であると考えます。


おきてがみ

▽コメント

 

こんにちは
靖国参拝については私も同感です。
国が管理している国も多いんだろうし、予算などのことを考えると良い点もあるでしょう。
でも現時点での英霊を弔うって当たり前のことで問題化している現在、問題化している政治家がゴロゴロいる国に任せるのは不安と思ってしまいます。
誰もが国を守った英霊に自然に弔いが出来るようになったら、国の管理化にするのが良いと思います。

 

至極ご尤もですね。
この麻生氏の発言は私も?でした。
ヘタに政治が宗教に介入したらまたややこしいことになるのが目に見えてるんだし、独立した宗教法人として存続するのが一番いいと思ってます。
そこに文句いう輩は無視の方向で。

 

麻生氏は個人的に昔から靖国神社に参拝していますが、クリスチャンでかねてからこのような発現をしていたようです
私は仮に無宗教化しても靖国の本質が変わらなければ問題はないと思っていますが(英霊という死者をまつること自体宗教的なものですし、本当に無宗教ならこのような施設はいりませんが、そんなことはおいておいて)、合祀に関しては変更してはなりません。
何か言われれば、内政干渉・アメリカのアーリントンでは奴隷制撤廃に反対していた南軍の兵士もいる・日本人だけでなく朝鮮人なども靖国に入る・そもそもA級戦犯は犯罪者ではない、の意見で一蹴できるでしょう。

 

・政治家や総理が「お参りしたい」というのを拒まない。
・靖国神社から政治家に「お参りにこい!」などと強要しない。
この二点、大事ですね。首相も靖国神社も、何人にも参拝を強要してないんだから、そもそも信教の自由が侵害されたの何だのと騒ぐ方がおかしいです。ちょうど今日、最高裁で真っ当な判決も出ましたしね。
次期首相にしても、中韓に媚びて参拝を取り止めるのか、何を言われようと断固参拝するのかは
自由だぁーーーーー!
靖国 is freedom 参拝 is freedom♪
靖国 is freedom 参拝 is freedom♪
でも、参拝を止めた場合はこれからも中韓の内政干渉に屈することになるで。
ってな感じですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://sakurasakurasakura3.blog53.fc2.com/tb.php/59-8b9c9913

 麻生外相の靖国神社非宗教法人化提案への疑問

「政教分離を排して、国家神道を再建しよう。」について 結局、今回の麻生外相の靖国神社非宗教法人化提案にしても、その前提というより、むしろ足かせとなっているのが、政教分離原則なんだな。政教分離原則を当然の前提として妥協策をさぐれば、あの提案のような内容にな

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。