さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

「お笑い芸人の面白い・面白くないの基準」を提唱してみる

ちょっと間があいたので、mixiで書いた日記を間つなぎに書いてみる。

----

備忘録代わりにちょっこっと書いてみる。

ふとこの前、昔のお笑い番組というか、youtubeで「パペポ」の動画をちょっと見てたんです。

で、こういうモノをリアルタイムで見ていた世代としては、やっぱり最近のお笑い番組って面白くないなぁと思ってしまうんですよ。
まぁ「パペポ」なんてあんなのは今だと放送できないような、正直キチガイじみた番組でしたわな。

そこでうつらうつら半分寝ながら考えてみたのですが、お笑い番組の「面白い」の基準ってのが、実は昔と今では違うんじゃないかなぁと。
面白いの基準というよりは、芸人が笑わせようとしていた手法が、今と昔では違うというのかなぁ・・。

と言うのは、昔の、というより、自分が考えている面白いと思うのはどういうモノなんだろう?と考えていて、ふと思ったのが「音声だけで笑えるかどうか?」という事だったんです。

「パペポ」もそうなんだけど、昔の芸人ってのは話芸ができたという気がするんですよ。だから、そのトークだけでも面白かったんじゃないか?と。
対して今の芸人っての、テレビに映ることを計算していというか、むしろ「テレビに映らないと笑いが取れない」んじゃないか?という気がするんですね。奇抜な格好だったり奇抜な行動だったり。。。

つまり「話芸」じゃないと。

仮に、M-1みたいな漫才の腕を競う場なんてのを、本来はラジオのように、音声のみの媒体でやってみると面白いと思うんです。
うちには一本だけですが、ダウンタウンの漫才をラジオでやっていたのを、録音したのがありますが(ネタは「クイズさてなんでしょう」でした)やっぱり音だけでも面白いんです。

その辺を細かく専門的に分析をすると、テレビは受動的で、ラジオや本なんかは能動的な媒体だから・・とかそんな小難しい話になるのかも知れないのですが。。。あるいは、テレビのような視覚メディアだと、奇抜が許されても、ラジオのような聴覚メディアだと、そういう奇抜なのが通用しないとか。。。
たとえば、小島よしおは、テレビで見れば、ブリーフで「そんなの関係ねー!」のビジュアルは面白いかも知れないけれど、ラジオでは面白くないだろうなぁ・・・とか。

というわけで、話がgdgdなまま突っ走って見ましたが、一つ「お笑い芸人の面白い・面白くないの基準」の提唱としては「芸人の真の実力は、ラジオなどの音のみの媒体で判断できる」という事じゃないかなぁと。

ただ電撃ネットワークみたいな、ビジュアルだけで勝負できる、図抜けた例外もあるのでなんとも怪しい部分もありますが(笑)

たとえば、江頭2:50なんて、テレビで見るとただの変態だけど、ラジオで聞くとがらっと印象変わる芸人の1人ですね。


おきてがみ

▽コメント

 

>つもろんさん
コメントありがとうございます。
自身の年齢増加以前の問題として、やっぱり、対象という相手の精神年齢が下がってきているのは事実だと思いますね。
考え方というか見方を変えれば、テレビというものが腐る直前くらい成熟しきってしまっているという事の裏返しかも知れません。
あと、すぐにくだらない金太郎アメ番組に、芸人が投入されているというのは当たっていると思います。
僕が好きな話芸に属するもの(落語や漫才の類)は、一朝一夕にできるモノじゃないですものね。
何十年と長い年月をかけて熟成するものだと思うので、そういうのが育たない土壌という事かも知れません。芸人自身に取っても不幸だと思いますね。それは。

 

ごめんなさい、文章が長すぎて途中で切れちゃったみたい ^^;
結果的に、金太郎飴みたいな番組ばかりになっちゃった、ということでまとめたかったんです(笑)。
内容も出演者の顔ぶれも。
『はねるのトびら』なんてどこが面白いのかサッパリ解かりません。
昔やってた『とぶくすり』は大好きだったけれど。

 

僕はお笑いというかテレビそのものに興味を失いかけています ^^;
年を取ったせいもあるだろうけど…。
純粋に腹を抱えて笑える番組が確実に減りました。
もちろん、単発的に面白い番組に出会うこともあるし、
僕がすっかりハマッてしまった『水曜どうでしょう』なんて、
北海道での本放送から10年も経った再放送で大笑いしちゃってます。
ただ、いわゆるお笑い系のバラエティー番組は全体的につまらなくなったのは確かだと思います。
はじめはみんな何らかのネタで登場するんだけど(漫才なりコントなり)、
ちょっとでも人気が出るとすぐにバラエティー要員に駆り出されて、
テレビで持ちネタを披露するチャンスがなくなっちゃうんですよね。
一発屋みたいに使い潰されちゃう人もいたりして。
結果的

 

>じんごろさん
コメントありがとうございます。
パペポは今思っても奇跡の番組でした。
あの手の番組というのは、もう出ないのでしょうか。
最近のお笑いは、頭を使わないお笑いが多い気がします。落語とか、そういうじっくり聴けるものがもっと評価されてもいいと思うんですけどね・・。

 

同感ですね。
自分が年をとって今の笑いについていけないのも事実でしょうが、やはり「面白い」の基本は変わってないはずですよね。
笑福亭鶴瓶氏が今でもラジオを好むのもその基本がしっかりしているからでしょうね。
しかし、パペポTV、確かに今では放送できないかも。
でも、涙流して笑ってました。懐かしいですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://sakurasakurasakura3.blog53.fc2.com/tb.php/448-b556c45b

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。