さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

売国でもいいから、ビジョンを見せて欲しい

Absenteの酔いどれblogさんで見つけたネタ。

(大爆笑!)フランスで見た韓流熱風 www

開催直前、韓国も参加するから「アジア EXPO」か「韓日 EXPO」に名称を変更するよう韓国人が要求する事件があったが、フランス側が「韓国やアジアでは客が誰も来ない」という理由で拒否する一幕があった。


なんか数年前のサッカーのW杯でも似たような話があったような。ともかくフランス人GJ!
これが日韓W杯前に起きていたら、日本国内では「なんでせっかく韓国が一緒に共催を申し出ているのに受けないの?」と普通に思っていた日本人は多いでしょうね。そう思うと隔世の感があります。昔少し書きましたが、基本的に私は幼少の頃からチョン公は信じておりません。

そして、欧州で、ことフランスやドイツにおいては、日本の文化に人気があるのですね。私のように欧州に出る機会の少ない普通の日本人としては、今でもサムライ・ニンジャが人気あるのかと思ったら、最近は「萌え」に「メイド喫茶」が流行ですか(笑)
これはこれで喜ぶべきなのか悲しむべきなのかイマイチ評価が難しいところですが、日本の独自?の文化に対して好意的な目を向けてくれていることは、嫌な気がしませんね。萌えは韓国が起源だ!とは言わせんぞ、って争うのもレベルの低い争いの気がしますが。
これから時間差をおいて「ツンデレ」や「素直クール」の時代が欧州にも来るのでしょうか?そもそも「ツンデレ」や「素直クール」は欧州人に理解されるのか?という気がしないでもないのですが「萌え」という概念自体も、理解できんだろーと言われながらあっさりクリアしてしまった欧州のオタク共ですから、わかったものじゃありませんね。



自民・山崎氏、北朝鮮との対話の必要性を強調

訪米中の自民党の山崎拓前副総裁は26日、ワシントンで記者会見し、北朝鮮のミサイル発射に関連して、制裁を追求すると「米朝戦争になる」と語り、当面は対話を優先すべきだとの考えを示した。同時に「軍事的制裁までやって北朝鮮を完全に崩壊に導くことは考えにくい。最大の被害国は日本になる」と警告した。

 山崎氏は「米朝戦争はひいては米中戦争にまで発展する、そういうシミュレーションができる」とも指摘。「現実には起こらないと思う」としながら、日米は米朝対話を含め、あくまで硬軟両様の姿勢で北朝鮮に核・ミサイル開発の放棄を迫るべきだと強調した。

 日本で敵基地攻撃能力の保有問題に関する発言が相次いだことには「自民党全体が、専守防衛に徹するという基本的な安全保障政策の原理原則を忘れたような感じがある」と改めて批判した。自らの発言の真意については「総裁選とは直接関係ない。総裁選で争点を作るために発言しているのではない」と説明した。(ワシントン=加藤秀央) (12:51)


もう散々対話・対話・対話・対話で来たところへもって来てミサイルを撃たれた以上、どうしたいのか?全くもってわかりません。
私も別に、ミサイルを撃たれた→即爆撃しろ!なんていう好戦家ではありません。話して分かる相手なら話ししたいです。
その上で、この期に及んで対話という人に聞きたいのは、対話をするのはいいとして、どういう落とし所を考えているのか、その戦略を聞きたいのです。
たとえば、6者協議復帰で核廃棄を達成する、という目標なら、それでもいいのです。核は脇において、拉致家族の全員帰国/解決、という目標でもいいのです。そして、それが成功した時、失敗した時、どういう手を考えているのか明示して欲しいのです。そういう戦略・シナリオを示して貰わないことには、支持のしようも評価のしようもありません。

戦略やシナリオを示さずに、ただただ対話、だけでは、ビジョンを持たずに戦争に突入し、原爆を落とされるまでに至った第二次大戦とどこがどう違うのだろうか?と考えてしまいます。
(もっとも小泉首相も安倍さんもその他の人にしても、明確なビジョンがはっきりしている人は少ない気もしますが・・・山崎拓よりはマシな気がします)

もっと言い切ってしまえば、単にビジョンもなく対話だけで良いのなら、子供のお使いと同じで、山崎さんは必要ありません。山崎さんである必要はありません。意味もなく対話だけしておればいいのでしたら、私でもできるでしょう。私である必要もありません。そんなもの田んぼの案山子で十分です。否、案山子の方がセクハラ問題など起こすような邪心がなく、いらんことをしないだけ山崎拓よりは100倍マシです。


小泉首相の靖国参拝を批判=中韓との関係「異常」-谷垣財務相が出馬会見

谷垣禎一財務相は27日午後、自民党本部で記者会見し、総裁選出馬に向けた自らの政権公約を発表した。(1)アジア外交立て直し(2)都市と地方の格差是正(3)消費税引き上げ-の3点が柱。谷垣氏は「近隣諸国との首脳会談が容易でないのは異常な関係だ」と述べ、小泉純一郎首相の靖国神社参拝を厳しく批判した。
 また、谷垣氏は中国、韓国との関係について「トップリーダーがひざ詰めで話せない原因の一つが靖国問題であるのは否定できない」と指摘。「(参拝が)内心の問題というのは、首相の立場だと海外から理解されない」と述べ、小泉首相の外交姿勢に疑問を呈した。さらに自身が首相になった場合は靖国参拝を控える考えを改めて示した。
 一方、消費税に関しては「社会保障財源」と明確に位置付け、2010年代半ばまでのできるだけ早い時期に「少なくとも10%」の税率を目指す方針を表明した。


今ちょうど崔基鎬という人の「韓国 堕落の2000年史」↓

という本を読んでいるのですが、この本の冒頭では「ニニギノミコトは朝鮮人だ!」みたいな怪しげな歴史観が少し出てくるのですが、朝鮮半島自体の歴史について、ガイドラインくらいを学ぶには役立ちそうです。たとえば、吉川英治の三国志を歴史的資料と称するようなレベルかも知れないので、100%これを鵜呑みにするのは危険な気がしますが・・・。
個人的に、中国の歴史は三皇五帝の時代から知っていますが、朝鮮の歴史をじっくり知る機会がなかったので。そういう意味で、ああ、こんな歴史を辿ってきたのか・・くらいには役立ちそうです。

それはともかく、その中の一節に
日本では、善意から日韓親善や日朝友好を願っている人々もいるが、それらの人にしても隣国の歴史について無知であるから、善意は衝動的なものであって、それを支える深みがまったくなく、自分を満足させるものでしかない。これはむしろ、韓国民にとっても日本国民にとっても危険である。
これは日本国憲法の精神に似ているかもしれない。日本国民の多くが善意を持って世界を眺めているつもりでも、世界の現実を理解しようとする努力を怠れば、そのいうところは机上の空論にすぎなくなる。そのために、日本の周辺地域の安定や、日本国民の安全をも、きわめて脆いものにしている事実を認識すべきである。

とあるのですが、この文章に関してはなかなか鋭い指摘だと思います。
(この人の語る歴史観の是々非々はともかく)

今、小泉政権のおかげでズタズタになっている日中・日韓外交を立て直す・・・これは、政治家にとっては非常に魅力的に見える施策でしょうね。しかし、崔氏が指摘しているように、善意で政治をすることも危険ですし、自分自身の自己満足の為に政治をされてももっと困ります。

ぜひ、日本国民の為のビジョンを持って、行動して欲しいものです。


おきてがみ

▽コメント

 

 初めまして。谷垣が「消費税率アップ」を公言していますが、勿論増税分はODAと言う名のシナチスへの「上納金」の財源に充てるつもりなんでしょうね。

 

谷垣さんは支那のハニートラップに引っ掛かりましたと広言してるみたいですね。

 

拙ブログへのコメントばかりかトラックバック、
参照有り難うございますm(__)m
>萌えは韓国が起源だ!とは言わせんぞ
>って争うのもレベルの低い争いの気がしますが。
というよりは「かわいい」が韓国起源でない事が
欧州中に認識されている様で、然もファッションの
メッカであるフランスでも認められるのは
日本人として誇るべきものがあります。
しかし、ヲタクな奴って我が日本の他は米国や
支那ばかりなりと思いきや欧州にも居たのですね。
ここまで「萌え」が浸透するとはオソロシス。
山崎拓についてはもう論外であり、自民党追放は
無論、日本列島から追放したいですな凸(`、´メ)
もう、売国奴も良いところであり、万死に値します。
勿論、落選運動はやりますよ(ー_ーメ)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://sakurasakurasakura3.blog53.fc2.com/tb.php/43-1fe1cc57

 【ネタ】フランスでの日本EXPO

いやあ、フランスのジャポニズム人気は健在の様で(^o^)フランスの日本文化好きは100年以上も昔からあり、100年前に製造されたオルゴールの商品名に「ミカド」「将軍」などと名付けられた程です。勿論、日本画も出回っており、その背景で画家の藤田嗣治も或る意味恩恵を

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。