さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

外交なんてヤクザの抗争と同じ

靖国参拝 総裁候補は考えを語れ

 首相の靖国神社参拝に対する視線が変わってきた。

 朝日新聞の世論調査では、小泉首相が任期中に参拝することに反対する人は57%で、賛成の29%を大きく上回った。次の首相の参拝についても反対が60%を占め、賛成と答えた人のちょうど3倍である。

 ほかのメディアの調査でも、似たような結果が出ている。

 これまでの世論調査では、賛否が拮抗(きっこう)するか、賛成が反対を上回ることが多かった。いまの世論は明確に参拝反対に傾いている。

 その理由はさまざまだろうが、昭和天皇がA級戦犯の靖国神社合祀(ごうし)に不快感を抱いていたことを示す側近のメモが明らかになったことが大きい。

 今回の朝日新聞の調査は、これが報じられた後に行われた。参拝の是非をめぐる判断でメモを重視したかどうかを尋ねると、63%が重視したと答えた。

 A級戦犯が合祀された1978年以降、昭和天皇は靖国神社への参拝を取りやめた。その理由について、メモは合祀が問題だったことをはっきりさせた。それで民意がこれだけ変化したのだから、この発見の衝撃度が分かる。

 判断にどのような影響があったのかは、人によって違うだろう。ただ、これによって多くの人にA級戦犯や合祀について考えるきっかけを与えたことは間違いあるまい。

 A級戦犯がまつられた神社に、国民統合の象徴である天皇が参拝すれば、戦後日本が再出発の土台としたけじめがあやふやになってしまう。明らかになった天皇の発言からは、そんな憂慮と怒りが読み取れる。

 そこに日本の国を代表する立場の首相が参拝するのはふさわしいことなのかどうか。中国や韓国の反発に屈するのかといった、ナショナリズムをあおられる観点とは違うところから問題を考える契機になったとすれば、その意義は深い。

 自民党総裁選の有力候補と見られた福田康夫元官房長官が、靖国問題で国論が二分されている印象を与えたくないと、立候補を断念した。

 だが、福田氏の思いはどうあれ、首相が参拝を繰り返したことで「靖国」が日本政治の重要な論点となってしまったのは動かせない。

 総裁選がそこを避けて通るわけにはいかないのだ。参拝を是とするにせよ、否とするにせよ、候補者たちは明確に考えを語るべきだ。

 谷垣禎一財務相は、首相になれば「当面、参拝を見合わせる」と言い切った。安倍晋三官房長官は小泉首相の参拝を評価しつつも、自らのことには明言を避けている。麻生太郎外相は5年前の総裁選では参拝の意欲を語っていた。今の考えはどうなのか。

 行くか行かないかの踏み絵ではない。なぜそう考えるのか、この先、この問題をどう処理するのか、世論が次の首相候補から聞きたいのはそこである。


う~ん、今の時期に聞いたら、そりゃ反対派が多いだろうねぇ、と思うしかないのだが、みんな昭和天皇が大好きだねぇ・・・。

それは別にして、朝日はやたら靖国問題とやらを争点にしたがっているが、なんでだろうね。
私も少し考えてみたけれど、靖国反対派が多いとアンケート結果で出ているらしいけれど、だけど次期首相として期待されているのは、靖国神社には行かないと明言している谷垣さんよりも、曖昧な態度の安倍さんの方が支持率が高いということをマスコミの人たちはどう分析しているのだろう?
政治の専門家じゃなく、あくまでエンジニアの感覚でこの結果を判断するとすれば、靖国神社に参るか参らないか、は、首相を選ぶ要素としては重要なファクターではない、ということではないだろうか。
むしろ戦略的に考えるなら、安倍さんの立場になった時、今みたいな状況なら、あえて明言をしない方が利口だろう。誰だってわかると思うよ、そんなの。
余談ながら「正論」8月号に趙甲済氏の文章で面白い一文があった。内容は97年に韓国の右翼/保守のハンナラ党が敗れ、左翼の金大中政権が誕生した時のことについて書いた内容で、こういうことを書いている。

 李氏はいまもそのとき自分を批判した保守層に対して残念に考えている。
「若い票を得るために戦術的左旋回をしたのをなぜ分かってくれないのか」という趣旨だ。一見理由ある抗弁だが、ここに今のハンナラ党も陥っている恐ろしい罠が隠れている。右派候補があ左派票を得ようとすれば左右票をみな失ってしまうということは、韓国の世界の選挙史上で一度も否定されたことのない不変の公式だ。その理由は簡単だ。右派候補が左派にたいして秋波を送った瞬間、多数の右派がその候補の背信を感じ取り、離脱したり支持度が弱まったりする。右派候補が確実な右派の立場を明らかにして選挙運動を始めれば、その所信に感動した保守有権者が一種の選挙運動員になり中道の有権者を説得しはじめる。自発的大規模選挙運動が起きるのだ。
 右派候補の戦術的左旋回は簡単に見抜かれる。逆に左派の偽装された右旋回は金大中候補の場合のように成功しやすい。右派は正直を生命にする集団であり、左派は偽装をもっとも重要な政策手段としてとらえているからだ。右派の偽装は不自然で、左派の偽装は自然である。右派の偽装術ではアマチュアであり、左派はプロだ。正直を失った右派は右派ではない。右派は機会主義路線に傾いた瞬間、右派では無くなってしまう。


これは日本の政治家にも当てはまりそうだ。ネットで多くのことを見抜きつつある層には、今は「左翼の偽装術」は通用しなくなりつつあるとは思うが・・。


盧大統領「米国の失敗語るのはダメか」李統一相を庇う

盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は25日、統一部・李鍾ソク(イ・ジョンソク)長官の発言をめぐる議論について「韓国の閣僚が『その政策は米国が成功したものではない、と考える』と語ったらダメなのか」と述べた。


これは↓の
イ統一相「米国がすることは国際社会がすることか」
を受けての発言だと思うのですが、こういうところがさすがは酋長やね(笑)
そもそも批判するべきは、北朝鮮がミサイルを撃ち込んできたという状況に及んで国際社会の流れが見えず、北朝鮮を庇う発言に終始したことにあると思うのですが・・。

ところで、中央日報と言えば↓のコラムが秀逸でした。
<コラム>身の程をわきまえない国

自分の置かれた状況を判断できずに振る舞う人のことを、身の程をわきまえない人、という。身の程をわきまえず行動したら、いじめられ、笑われたりする。国も同様だ。処した状況をきちんと認識できず、ふさわしくないことを試みたり、とんでもないことをやろうとしたら、身の程をわきまえない国になる。

小さな国が身の程をわきまえることができなければ、命脈を維持しがたい。小さな国であるほど、賢く行動しなければならない理由だ。ミサイル事態以降展開されている一連のことを見ながら、この国がそんな国だと言うならば言い過ぎだろうか。自分の置かれた状況も分からないくせに、他人のことを心配する人をバカという。

ミサイルの射程に入る国は大韓民国だけなのに、韓国は平和で、むしろ米国・日本に、そこへ向かって打ち上げたものではないから心配するな、と代わりに弁解までしている。周囲が認めないのに、自らを過大評価するのも、身の程をわきまえない行動だ。現政府はあたかも自分達が戦争を防ぐことに努めているような振る舞い方をする。

韓半島は国際政治の力学関係を離れては考えられない。韓半島内の力関係で、韓国はその一部だけを反映できるだけだ。戦争を防げるかどうかも国際社会の情勢次第だ。だから国際関係に常に注意を払わなければならない。味方になってくれる周辺国の機嫌を悪くしておいて、国際社会に連携を叫んでいるのだから、身の程をわきまえないバカも同然だ。

人を助けるのは良いことだが度を越した厚意は、むしろバカにされ、疑われる。悪い行いには罰を良い行いには賞を与えるのが正常だ。北朝鮮がミサイルを打ち上げたなら、それに対し厳しい措置を取るべきだ。国際社会は制裁に乗り出したのに、開城(ケソン)工業団地、金剛山(クムガンサン)事業は例外だとし、現金を渡すことに必至だ。周囲は、身の程をわきまえない人とは一緒に遊んでくれない。

韓国はすでにのけ者にされている。米日中が国連決議案を提出する際、韓国はすっかり疎外された。ミサイル発射の当時、米日と韓国の間に、どれくらいのレベルの情報が共有されていたかも疑問だ。北朝鮮さえ韓国をのけ者にしている。北朝鮮は韓国に向かって大声を出している。離散家族再会行事を取り消し、金剛山の労働者を追い出し…丁寧に要請すべき側が大口をたたくのだから、世の中がおかしくなっている。

のけ者にされつつあるなか頼る所は中国だけ、と考えたのか大統領は中国に電話をかけた。米国からのけ者にされた韓国を中国が尊重するわけがない。韓国の後ろに米国があってこそ、それなりの待遇を受けられたのであり、いまや韓国のことを百年前の朝鮮(チョソン、1392~1910)くらいにしか思っていないだろう。

身の程をわきまえなければならない。韓国は小さな国であり、国際社会を離れては生きられない国だ。正直なところ米国と日本を離れたら、韓国経済が何日間くらい耐えられるだろうか。韓国の軍事力と情報力はどうか。日本に勝てるほどの実力が韓国にあるか。日本は米国の次に国防費を使う国だ。独島(ドクト、日本名・竹島)で海戦がぼっ発すれば、韓国の海軍力では数時間ももたない。

無駄な「反日感情」だけをそそのかし、国民をだましたりするな。日本の小泉首相を見るように。同首相も国内政治での目立ち度から考えれば、韓国大統領に劣らない。そうした同氏が何故、米国には優しい態度を取るのか。力で動かす国際政治を認知しているからだ。卑屈になれ、との話ではない。置かれた状況を認識し正しく対応せよ、とのことだ。

常識によって原則を守れば済むことだ。韓日米連携が常識である。いくら計算機を叩いたって、そうだ。武力の脅威に対しては、どんなことがあっても退かないのが外交の原則だ。武力脅威への妥協は従属を意味する。第2次大戦の直前、英首相はヒトラーの脅威に妥協した。平和を得たと思ったが、結果を見てみるように。大きな錯覚だった。

戦争で脅迫すれば、戦争を覚悟してこそ戦争が防げる。北方の武力脅威に屈服するならば、独裁の力に屈服し暮らしている北朝鮮住民と変わらない。国際社会のルールに従うのが原則を守ることだ。「民族同士」という名のもと国連の決定まで避けようとするな。原則と常識を守る国、と認められればいくら厳しい状況でも助けようとする国がたくさん出てくる。

いまこの国は間違っている。垣根を守るべき人々がそれを壊す、といったとんでもないことが行われている。この国を守ることが誰にできるだろうか。愛国歌のように「神様の恩恵」だけを待つばかりだ。


特に
戦争で脅迫すれば、戦争を覚悟してこそ戦争が防げる。北方の武力脅威に屈服するならば、独裁の力に屈服し暮らしている北朝鮮住民と変わらない。国際社会のルールに従うのが原則を守ることだ。「民族同士」という名のもと国連の決定まで避けようとするな。原則と常識を守る国、と認められればいくら厳しい状況でも助けようとする国がたくさん出てくる。

という文章は素晴らしい。日本のサヨクや反戦活動家にも言ってやれ言ってやれ(笑)
戦争はするかしないかの問題以前に、戦争をする覚悟があるか。これが大事だと思います。結局は政治家の外交なんてのは、チキンレース。もっと言えばヤクザの喧嘩と紙一重。参ったと腹の底を見せた方が負け。殴るんだったら殴ってみろ、倍返しにしたるぞ、くらいのハッタリを見せないと勝てるモノも勝てないと思います。


おきてがみ

▽コメント

 

こちらでは始めまして。
ちょっと前になりますが、山口もえがTVでこんなことを言ってました
「なんちゃって核武装をすればいいと思います」
 彼女曰く、「本当は持ってないんだけど、持ってるんだぞっていうフリをすればいいじゃないですか」だそうです。普段ボケボケのくせに、これ聞いてからもえちゃんを見る目が変わってしまいました。
 何気にこれ、いいと思うんですよね。この際、持っててもいいんです。持ってなくてもいいんです。
 「持ってるんじゃねーの?」
と思わせるのはとてもいいかと。もちろん、日本国民に対しても騙すことになるので、世論はえらいことになるでしょうが、そこら辺はノラリクラリがお上手な政治家の方々がたくさんいらっしゃるので大丈夫かと。だめかな?w

 

北朝鮮制裁決議に向けて懸命の駆け引きをしている際、落としどころを持ちかけてきた害務官僚に対し、麻生大臣が 「君達は優秀かも知れないが喧嘩の仕方を知らない」 と怒鳴りつけたそうですが、このタイトルと同じで、まさに名言ですね。

 

中央日報のコラム
身の程をわきまえない国
これって日本語版にしか乗ってないって指摘が
中央日報のコメント欄にいっぱいありましたが
どう?

 

「戦争をすることができないと、戦争をしないこともできない」
という言葉があったような気がします。
世界を征服することができるような軍事力を持っている国が、
「侵略は道義に反する」と言って、
軍事力を行使しないからこそ意味があるので、
金持ってない奴が「オレは無駄遣いしないぜ」と言って胸を張っても、
馬鹿にされるだけです。
日本には、古来からこんな格言があるじゃないですか。
「堪忍袋の緒が切れるまで、ドスを抜かない高倉健」
ドスは持っていなければならないし、
いざというときには抜かなければならんのです。

 

靖国については、
行く日程はおろか、行く・行かないについても一切応える必要はないと思います。
マスコミが毎度毎度質問する事ことによって、靖国問題をややこしくしているのですから。
韓国の右翼・左翼の話は、確かに日本にもピッタリ当てはまると思います。
「身の程をわきまえない国」という中央日報のコラムも素晴らしいです。
最近、韓国マスコミが凄くまともに思えます。

 

どこのサイトだったかわからなくなたのですが、「日本は、平和憲法を武器に戦え」と書いてあったのでビックリです。
「絶対に武力を行使しません」と宣言している国など誰も一目置きません。
「人を殺してはいけない。もし殺したら、全国民に非難されるであろう。でも、死刑にしたりはしません。」という刑法を作っているようなものですよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://sakurasakurasakura3.blog53.fc2.com/tb.php/41-7cdfbb94

 小泉首相がギャグを言う

ソースは毎日新聞のこの記事。http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/afro-ocea/news/20060724k0000e030022000c.html

 中央日報も正論!

 せっかくパソコンの電源を落として、読書に励もうとしている最中に、中央日報Japanese JoongAngIlboが素晴らしいコラムを書いているものだから、思わずエントリーする羽目になっちゃった。

 「お母さん」と呼んで死んでいった兵士らと靖国神社

<html><font size="5"> 「お母さん」と呼んで死んでいった兵士らと                      靖国神社</b></font><font size="3">昭和天皇のA級戦犯に関するご発言を記した富田朝彦元宮内庁長官のメ

 古賀誠等は議員を辞すべし!

 昭和天皇陛下が靖国のA級戦犯合祀に不快感を語られたとする「メモ」が公表された。折りしも“靖国問題”では日本に歯が立たないとみた中共が戦術を変え、古賀誠・元自民党幹事長らの「A級戦犯分祀論」に中共がつけ込み、その遠隔情報操作によって“マスコミ”が騒ぎ出し

 消えよ、加藤紘一!

 意図的としか考えられない状況において、昭和天皇陛下の“メモ”と称する“スクープ”を報じたマスコミの分不相応の不謹慎さもさることながら、それをテレビ討論の場で持ち出し、「これで分祀論が高まる」と吐露した加藤紘一氏。この間抜けな一言が、図らずも中共と媚中議

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。