さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

デヴィ夫人という人

【ソウルからヨボセヨ】 デビ夫人の健闘(07/22)

インドネシアの元スカルノ大統領夫人で日本人のデビ夫人が先ごろ韓国の大韓赤十字社から赤十字会員有功章を贈られた。デビ夫人は近年、国際的な難民や飢餓、災害救援などボランティア活動に熱心で、昨年は北朝鮮に対する食糧の人道支援もしている。そんなこともあって大韓赤十字社から感謝となったのだが、韓完相総裁との会見の際、こんな場面があった。

 居合わせた知人から後で聞いたのだが席上、デビ夫人が「ひとつお願いがあります」と言って靖国神社問題で日本に対する理解を求めたというのだ。彼女の話は「韓国人の気持ちは分かるが、靖国神社は日本人の文化、歴史、心の問題です。合祀(ごうし)されているA級戦犯は死刑を宣告され処刑されており、罪があったとしても処刑によって罪は終わっているのです。日本人の多くはそう思っています」というものだった。

 進歩派で親・北朝鮮的な学者出身の韓総裁はいわゆる「A級戦犯分祀」論で反論したがタジタジだったという。彼女は「ヨーロッパでは60年以上もたって戦争などのうらみを言ってる国はありません」などとも言ったそうだが、立派なものだ。ついでに故スカルノ大統領などインドネシア独立運動家の親日的な日本観も紹介してあげればよかった。(黒田勝弘)


私の周りではインドネシアへの戦後賠償の一環だの所詮は妾などと指し示し、私もテレビでバラエティで見るデヴィ夫人ってのは正直、品格というものから見て好きじゃないのだけれど、こういう意見を持っているとは意外だなぁ。

公式ホームページでもデヴィ スカルノの独り言というので、なかなか面白いことを書いている。この人は日本人なんだなぁ、と思いつつなんで北朝鮮に援助をするのだろうか?北朝鮮の国民を直接援助しているのですよね?政府に援助しているわけではないのですよね。それならまだわかるのだけど。

何年か前に、テレビで視聴者の人がデヴィ夫人に向かって「バラエティに出ずに、政治番組に出たらどうですか?」と言っていた。
それを聞いて当の本人は「オファーが無いから出られない!」と怒っていたのをみて、なんて品がないだと思ったもんだけど、案外、こういう右と見られる発言をする場所ってのは、当時少なかったのかなぁ。そういう意味での発言だとしたら、なかなか深い発言だなぁ、と思ったり。
ぜひ、今なら言えることもあると思うので「たかじんのそこまで言って委員会」あたり出て欲しいな。印象ががらっと変わるかも知れないなぁ。

う~ん、しかし、つくづく謎な人だなぁ(苦笑)


おきてがみ

▽コメント

 

こないだOFF会でもお見せしましたけど、東スポのコラムでもマトモなこと言ってましたからね。
靖国については、かなり真っ当な見識を持っているようですね。

 

 デヴィ婦人の書籍を立ち読みした事がありますが(買う気はしませんでした)、国旗国家に対する見解は立派なものでした。叶姉妹に対して「化け狐は山へお帰りあそばせ。」と言っていたのも激しく同感(www

 

はじめましてコメントしますw
大統領の関係でものすごい、親北でそのあたりの発言みたら呆然としますよw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://sakurasakurasakura3.blog53.fc2.com/tb.php/37-c5054e2e

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。