さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

毒舌と悪口

周りがセリフ教えた?倖田來未、涙の謝罪

 ラジオ番組で「35歳になると羊水が腐る」と失言したことがインターネット上などで猛批判を浴びた歌手の倖田來未(25)が、7日夕方のフジテレビ系「FNNスーパーニュース」で涙ながらに謝罪をした。昨年9月の舞台あいさつでの不機嫌な態度が問題となった女優、沢尻エリカ(21、写真左)に続いての“テレビ式謝罪”を辛口の識者は、どう見たか。

 上下黒のスーツに白いシャツ姿で、化粧は薄く、自慢のマニキュアもしない地味な格好で登場した倖田は涙ながらに、「軽はずみだった」「軽率だった」と繰り返し、謝罪。失言した経緯については「知識がなかった」などと釈明した。

 作家の麻生千晶氏は「言動に対して、ネットで罵詈雑言が飛び交い、“炎上”するのはタレントやプロダクションにとって最大の恐怖。それが身にしみて、反省しているのは見ていてよくわかった」と語る。

 インタビューは放送前日の6日に収録された。生出演ではなく、公開の場での記者会見ではなかった事情について、麻生氏は「今の若い人は予想外の質問に対処できない。間違った対応をすれば、火に油を注ぐ結果になる」と指摘する。

 「テレビでは顔とマッチしない『言動』といった言葉を繰り返していましたが、おそらく彼女自身の言葉ではなく、周りから教え込まれたもの。こういう単独インタビューは当分流行るのではないでしょうか」

 発言が問題となった1月29日深夜のニッポン放送「倖田來未のオールナイトニッポン」では、倖田は生出演ではなく、収録で1日限りの特別パーソナリティーを務めた。局側も編集段階で失言に気づけば、削除もできたことから、麻生氏は「ラジオ局も日本語に鈍感になっている。非常に情けない」と嘆く。

 芸能評論家の肥留間正明氏はテレビの謝罪を見て、「うまく反省のポーズを演出したな、と思った。沢尻のような女優じゃなくても、タレントなら涙は簡単に流せますしね」と冷ややかに語った。単独の録画インタビューという形にも首をかしげる。

 「沢尻だって悪いイメージを払拭できず、今も表舞台と距離を置いたままでいる。昔は、スキャンダルが出た際に1日かけてでもマスコミの個別取材に真摯に応じた俳優もいた。面倒くさがらずにきちんと対応するのが大事なんです」

 倖田の失言そのものについて、肥留間氏は「影響力を自覚しないといけないのに、浅はかだった」としたうえで、過剰なバッシングへの違和感を隠さない。

 「倖田はいわば、元気のいい“世間知らずのお姉ちゃん”だし、オールナイトニッポンは本来、やりたい放題が人気を集めた番組。かつてはビートたけしの毒舌などがウケた。なのに、今は文化人でもない倖田がここまで叩かれる。自由な発言ができなくなる“言論統制”のこわさも感じますね」

----

この記事自体は別にどうってことないっていうか、倖田來未の羊水云々だって全くといっていいほど興味無かったんですよ。
だからなんで騒いでるんかなぁという感じでしたですし。
35歳云々についても、堀江しのぶみたいに若死にせんかったら倖田來未もいずれ35歳になる時が来るんやし、35歳の誕生日まで無事芸能活動やっていて、たまたま妊娠してたら、その時にでもレポーターが「ところで羊水腐り始めましたか?」とか尋ねてみればいいのになぁと思ってみていました。

まぁそれはともかく、この記事

----

倖田の失言そのものについて、肥留間氏は「影響力を自覚しないといけないのに、浅はかだった」としたうえで、過剰なバッシングへの違和感を隠さない。

 「倖田はいわば、元気のいい“世間知らずのお姉ちゃん”だし、オールナイトニッポンは本来、やりたい放題が人気を集めた番組。かつてはビートたけしの毒舌などがウケた。なのに、今は文化人でもない倖田がここまで叩かれる。自由な発言ができなくなる“言論統制”のこわさも感じますね」

----

って、たかだかこの程度のバッシングで言論統制ってのも笑える(笑)
いやぁむしろ逆でしょうよ、と。
今まで視聴者である受け手側は、たとえ芸能人がアホな発言をしても、従来のメディアは片方向側だったので、それを公然と非難できる場所が無かった。
ですが、今はネットだブログだSNSだで、誰でも言論を口に出すことができるようになった。双方向型のメディアになってむしろ言論が自由になったというべきでしょう。

双方向型のメディアになった事によって、従来受け手であった視聴者も発信できる側になったわけです。
発信できるということは叩かれる事もあるということは覚悟しなければならないわけですが、mixiや一般人のブログでも炎上することを見れば、この辺のことがよくわかってないアホってのは、別段、この「言論統制」みたいなピントのずれたコメントをしている比留間氏に限らず、まだまだ多い気がします。

まぁそういうメディアのパラダイムシフトの話とは別に。

あと、倖田來未とビートたけしを同列にならべているようですが、全然違うでしょうよ。
こういう機会があると述べておきたくなることですが


「毒舌と罵詈雑言を混同しないでください」


毒舌ってのは正直なところ「芸」なんですよ。生半可ではできるものではありません。私が知っている限りではたけしさんの他には上岡龍太郎がずば抜けていますが、あれは素人が真似できるものではありません。

極端に言えば、毒舌というのは
「言う人の人格や人徳などなどを全てを含めて物事を断定する、と同時に、聞き手もそのレベルが求められる、話芸の中の究極」

だと思うんですよ。

倖田來未がなぜ叩かれたか?と言われるといろいろ要素はありそうですが「それを言っても許されるキャラじゃなかった」もしくは「話の落とし方が下手だった」という事でしょうね。

同じ事を綾小路きみまろならもっとうまく落としたでしょうよ、と。
毒蝮三太夫なら笑いを取れただろう、と。

少なくとも毒舌ではない。せめて比留間氏とやらが芸能評論家を名乗っているのなら「あんなのただの悪口ですよ」くらい言わないと、芸能評論家などと称するのは恥でしかないと思います。

ちなみに私は毒舌家ではないつもりですし毒舌を吐いても許されるキャラかどうかは微妙ですが(「毒を吐く」ではないので注意!)正直倖田來未って、汚物にしか見えないんですよ。関西の生き恥ですよ!生き恥!
世紀末のモヒカンに消毒されてもらいたいところです。

おきてがみ

▽コメント

 

こんばんわ!
ネットで叩く、炎上はイジメだなんて言う真性バカが時々湧いてでますけど。
そうしないと、TVやラジオで製作者側が好き放題に捏造情報や非常識な
言動を垂れ流しますから。
「マスコミ」という歪んだ、しかし絶大な権力をのさばらせないために必要な
措置ですよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://sakurasakurasakura3.blog53.fc2.com/tb.php/353-22cab48f

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。