さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

お前が言うな、と思うこともある。

米特使“原爆で命を救った”

今このタイミングでこういう発言が出てくるのはなんというか、なんだか皮肉なというか、8月が近くなるとこういうことっていつも言うよなーと思ったりもします。

久間氏の発言にしても、そんなに大騒ぎすることなのか?という気は個人的にするのですが、なんといいましょうか、立場が人に物を言わせる、もしくは、立場は発言権を制約するというか、そんなのを感じますね。
たとえば、歴史学者や戦史家や軍人の立場なら、原爆が被害を総合的に見て小さくした論というのは、ある一つの論理として正しいと思います(単なる結果論ですけどね)そろばん勘定で物を考えるのならば、という意味で。倫理的にどうとか、人道的にどうとか意見もありますが、戦争ってぇのは結局のところ(殺人という手段も含めて)自国の為にいかに効率よくローリスク・ハイリターンをとるか、というゲームだと思うので、その理屈から言えば、少数の犠牲が多数を救うことによる是非という意味では、原爆投下は一つの見解としては「正しい」のでしょう。

でも世の中には「お前が言うな」とか「それを言っちゃぁおしまいよ」ってのがあるんでしょう。日本や米国の政治家が原爆を肯定する、ってぇのもきっとその一つで、北朝鮮が国際問題で戦時中の強制連行(と呼ばれるもの)を拉致問題だ!というくらい笑止なことなのかも知れません。

中国人や朝鮮人が「原爆はわれわれを植民地支配から救った」的な肯定発言をした場合、広島や長崎の人たちはどういう反応をするのかなぁ。
あと、反戦団体も。

個人的に感じていることですが、アメリカは原爆は失敗だったことを暗に認めているんではないですかねー。
日本で2度使った以降、朝鮮戦争でもベトナムでもイラクでも、以後一度も使っていないのが、それを示しているのだと思うんです。

おきてがみ

▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://sakurasakurasakura3.blog53.fc2.com/tb.php/308-85e52034

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。