さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

消費の拡大=無駄遣い推進

景気回復、実感の年に=消費も拡大へ-企業トップ景気見通し

昔のいざなぎ景気ってのは、パイを大きくすることで全体が大きくなる、すなわち社員も企業も取り分が増えてきた景気拡大だったはず。

だけれど今回の景気ってのは、元々のパイをでかくすることなく、同じ大きさのパイの中から社員に配る分を小さくし、企業の取り分を大きくしただけで「景気回復」と称していると思うのですよ。
だから「働けど楽にならざる」ワーキングプアが増えているのでは?と思うのだけど。

別にバブル再び!なんて寝言は言わないけれど(そもそも就職氷河期に就職したおいらはそんなもの縁がないし)今の景気ってどういう風に作られたか、分析できないとね。何か大事なミスを犯しているような気がしてならぬ。

ちなみに

企業部門の好調さが家計に波及するかどうかが回復持続のカギだが、新日本製鉄の三村明夫社長は「今年後半から個人消費の拡大に向かう」と予想。その結果、「今年は景気回復が実感できるのでは」(小野寺正KDDI社長)と期待する。



なんてすごく楽観的というか希望的観測が述べられているわけですが「個人消費の拡大」ってのは別の言葉で置き換えると「無駄遣いの拡大」「浪費の拡大」って意味なんですな。
(そもそも生活に必須な最低限の支出は固定費的になるのが当たり前で、景気が拡大することによる個人消費っては無駄遣いに当たるのだと思う)

そこで考えるのが「個人消費の拡大(=無駄遣いの拡大)」を大きくするためにはどうするのがいいか?ですが、一つ考えられるのは「無駄遣いをしても安全な土壌」ではないかと思うのですよ。

たとえば、何かの拍子に、老後の年金が、黙っていても月30万くらいは保証します!って言われてそれが実現するとしてごらん。
そしたら、貯金なんてせずに毎月毎月の給料を「個人消費(=無駄遣い)」つぎ込もう!って考えないかい?
少なくとも、そう考える奴は人口の数%くらい増えて、個人消費の拡大に貢献すると思うのですよ。

でも今のおいらくらいの世代(=30歳前後)だとそんなこと考えないでしょ?年金なんて払っても貰える保証なんてないし、それどころか定年までの生活すら保証が無いのに。
普通だったら「貰えるうちに貰っておいて、何が起きるかわからない老後に備えよう」って思うぜ。

そこで経済の素人なりの考えだけれど、今みたいに福祉に弱い状況で個人消費の拡大なんて、妄言もいいところだと思うな。
少なくとも、短期的に消費の拡大はあるかも知れないけれど、長期的には立ち直るかは不明だなぁ。

ただ、消費が拡大に向かう一つの要因があるとしたら、団塊世代が定年になって退職金を貰って、それを浪費に回す時かな。
せめてそれで景気が上向くのなら、そういう浪費なら大いにして欲しいけれど。

でも、長期的にプラスになる方向は見えないなぁ。

おきてがみ

▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://sakurasakurasakura3.blog53.fc2.com/tb.php/262-a801882a

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。