さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

パイレーツ・オブ・マラッカ

東南アジアでの安全航行を、海保に「海賊対策室」発足

海上保安庁に今月から「海賊対策室」が設置され、4日、室長以下5人に辞令が交付された。

 マラッカ海峡など東南アジアでの海賊被害が後を絶たないことを受けた措置で、関係国の海上保安機関と連携して海賊情報を収集、調査し、日本関係船舶の安全に役立てるのが目的。また、実際に日本関係船舶が海賊被害にあった際には、関係国の捜査当局などと連携して捜査に乗り出す。

 海保によると、一昨年に世界で起きた海賊事件は276件あり、うち122件が東南アジアで発生している。海保では「東南アジアは日本関係の船舶が多く航行しており、各国と連携して海賊の封じ込めに取り組みたい」としている。



この現代社会において

「 海 賊 」

という単語を耳にするとワクワクする私は「大航海時代」というゲームで味方であるポルトガル船を撃沈したりした悪行と何か因果関係があるのでしょうか?

「パイレーツ・オブ・カリビアン」なんていう作り物映画を見ているよりは、リアル世界に住む「パイレーツ・オブ・マラッカ」に興味を持てよ、みんな。生活に関わるぞ、冗談抜きで。

海賊研究家を自称するおいらとしては(え?そうだったの?)冗談半分で、たとえば。。。

マラッカ海峡に住む海賊は、いにしえの大航海時代よろしく、敵対する国家がバックアップしている可能性がある(たとえば、スペインの無敵艦隊を葬った、イギリスのサー・フランシス・ドレイクのおっさんなんて、元々海賊だし、地中海で暴れ回って欧州諸国を敵に回した赤髭バルバロッサも、イスラムのパシャの称号持ってたくらいだし)とすると、マラッカ海峡で暴れ回って日本はじめインドネシアやらマレーシアやらフィリピンやらが被害を被っている・・・と考えると、実は中国がバックアップしているんじゃないの?

・・なんて仮説を立てると、アンチ特亜な人は飛びつきそうなネタだよな、これ(笑)

でも、中国が海賊被害にあったなんて話もあんまり聞かないし、都市伝説としては面白くないかな、これ(笑)
ただ中国政府が関与してなくても、中国人マフィアや地方官僚が絡んでる可能性はあるよね。
根城を中国に持って、役人に賄賂を支払って、その代わり根城を見逃してもらうっていう構図は、中国の歴史を少し囓った人間なら、容易に想像つくもの。

もし本当にそれが正しかったら大変だよねぇ。石油はじめ資源が欲しい中国が、マラッカを通過してアラブからタンカーで石油を輸入する日本の船をねらうなんて、出来すぎなストーリーだもの。

そして日本のタンカーを狙うために、台湾を併合して、台湾を海賊の拠点にしてみたりね。水滸伝に出てくる梁山泊化したりなんかして(笑)

おきてがみ

▽コメント

 あけましておめでとうございます

遅くなりましたが本年もよろしくお願いいたします。

>「海賊」という単語を耳にするとワクワク

「海賊」は「海」を活動拠点にしているので行動半径が広く、おっしゃった「大航海時代」や「キャプテンハーロック(ちょっと違うかも)」みたいにヒロイズムを感じるストーリーが生まれたりするみたいです。
これが「山賊」だと同じことをやっているはずなのに、端役に扱われるんですなこれが(苦笑)。ひとえに行動半径の差なんでしょうか?山賊に愛の手を(笑)。
本論からの脱線、失礼いたしました。

 

海賊といえばワンピースなんかもそうですね(笑)
ソノハナシハ\(^^\) (/^^)/コッチニオイトイテ

そう言えば支那の船が襲われたってのは聞いたことが
ありませんし、中華マフィアが絡んでいる可能性は大ですな。
支那人と言えば金、金、金。お宝を船から狙う本物の「海賊行為」
と言う悪事を働いたとしてもちっとも不思議じゃありやせんぜ。
そもそもプロジェクトAも海賊を退治するといったストーリですし(w

 

>カミュさん
あけましておめでとうございます。今年もよろしく。
今年もまたお会いできるといいですねぇ(^^)

そういえば山賊といえば地味ですね。山賊が注目されるのは水滸伝くらいでしょうか。海賊の方が、確かに冒険譚としては、海の方がワクワクするのは当たり前ですよね(笑)
私は、あと微妙に馬賊とかも好きです。

>abusanさん
私はワンピースはよくわかりません。手が伸びるくらいしか。
それはともかく、本当に中国が海賊に手を焼いていたら、もっと本気で乗り出してきそうな気がするんですけれどもね。海賊退治に東亜共同体を作って・・・!みたいな話の進め方だったら、乗ってしまうアホな政治家も、日本にはいそうなので。
そういうことしない以上、少なくとも、マラッカの海賊については、中国は「見て見ぬふり」くらいは普通にしていると思うんですよ。
むしろ韋駄天号事件
http://www.nippon-foundation.or.jp/org/moyo/2006754/20067541.html
みたいな、むしろクロじゃない?的な事も起きていますし。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://sakurasakurasakura3.blog53.fc2.com/tb.php/261-c01f8739

 大航海時代

大航海時代#大航海時代とは、歴史上において、ヨーロッパの商人・探検家が世界中を航海した時代のこと。本稿において詳述。#大航海時代とは、コーエーおよびソー

 『      』海上保安庁について

海上保安庁海上保安庁(かいじょうほあんちょう、英語表記:Japan Coast Guard)は、海上の安全及び治安の確保を図ることを任務とする行政機関であり、国土交通省の外局となっている。主に、海難救助・交通安全・防災及び環境保全・治安維持が任務の内訳となるが、現実には

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。