さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

さだまさしさんのコンサートでした

11/14 フェスティバルホールにさだまさしさんのコンサートに行ってきました。
今回のコンサートは、新作アルバムからとって「美しき日本の面影」というタイトルでした。
というわけではありませんが、おもむろに宣伝(笑)





さださんの名誉の為に申し上げますが、このタイトルは、今年の6月くらいに、小泉八雲の論文集「知られざる日本の面影」にインスパイアされたタイトルでして、どこかの国の総理大臣の著書とは無関係です、と言っておりました。

まぁその中で一番印象に残ったのは「ふるさと」の話かなぁ。

なんでもロサンゼルスで、戦前から暮らしている日系のお年寄りの前で歌う機会があったそうなんですが、向こうでさださんの歌をいくら披露しても、反応が薄い。
そりゃそうですよね。戦前からアメリカに住んでいるのだから、さだまさしなんて知らないですもの。
で、どうにかして喜んで貰おうと思って、唱歌「ふるさと」を歌ったら、それまで黙っていたお年寄りが、歌い始め大合唱になったというお話でした。

志を果たして いつの日にか帰らん
山は青きふるさと 水は清きふるさと


日本を離れたところで頑張っている人たちに、この歌詞はかなり心に染みるものがあるでしょうね。その思いで、戦後だけでも60年、戦中・戦前からもっと長い期間を頑張っている、または頑張ってきた皆様には、頭を垂れる思いです。

他には、最近の子供の自殺やいじめの事についても語っていました。
「命棄てるな、学校を棄てろ」というセリフも前々から話している言葉ですが、今はやっぱり、子供がどうとかではなくって、大人がダメなんだろうなぁ。大人がダメだから、ダメな大人を見た子供もダメになる。
PDCAのサイクルで言えば、PDCまで分かっているのに、最後のAが起こせない。そんなもどかしさ、いらだち。そういうものを感じますね。

そんなわけで、今回のコンサートは純粋にも楽しめたし、いろいろ考えさせられるという意味では楽しめました。

でも、持ち上げるだけじゃなくって、最後に批判だけしておこうかな(笑)
中国にいる子供達について、小泉さんの時代はいじめられていて、安倍さんの時代に今はいじめられなくなって良かった、って言っていたけれど、それはどうかな。
政治的なことに左右されて、子供をいじめたりいじめなかったりする中国人の民度の低さを、批判するべきじゃなかろうか、と私は思いました。

おきてがみ

▽コメント

 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 よかったですよね

今回のコンサートもとても良かったですよね。
最後の遙かなるクリスマスで涙出てきちゃいました。。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://sakurasakurasakura3.blog53.fc2.com/tb.php/245-eac26a79

 さだまさし

さだまさし| Blood = A型| School_background = 國學院大學法学部中退| Died =| Origin = ・長崎県長崎市| Instrument = フォークギターヴァイオリン| Genre = フォークソングニューミュージック| Occupation = シンガーソングライターラジオパーソナリテ

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。