さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

言論の自由はどこにいったの

JR高槻駅の近くにある「北摂朝鮮会館」↓
CA260082.jpg


というものですが、一体何をしている場所なのだろう?
あくまで「北摂の朝鮮会館」でして「摂津にある北朝鮮会館」ではないと思うのですが、なんなんでしょうね?
ここへのアプローチを試みてみたのですが、入り口が入り組んでいてどこらへんにあるのかわからなかったので諦めました。近くによって写真撮っていてそのまま拉致とかされても困るし。

この建物の向かいにはSEANとかいう怪しげなNPOもあります。

----

今日はぶらぶら散歩がてらに書店に行ってきました。
「論座」を立ち読みしたのですが、姜尚中が「「何を言ったか」ではなく「誰が言ったか」で叩かれる」というタイトルの論文を書いていましたが、タイトルだけで「?」と思いました。(中身までは読んでません)

もしタイトル通りに、誰が言ったか、で叩かれるとしたら、匿名ブログで痛いブログが炎上するのは何でだろう?ということです。
自分も(一応)匿名でブログを書いている身分から言えば、自分の発言で微妙だったり釣りっぽい文章を書くと批判をされる経験というのはあるので実感があるのですが、もし「誰が言ったか」で叩かれるとしたら、匿名ブログは炎上するはずがないはずですが、それでも痛いブログはどこからか標的にされます。(ただ著名人のブログの方が炎上しやすいというのは傾向としてあるでしょうね。標的にもしやすいし)

姜教授は、自分は正論を言っているのに自分が言っているから叩かれるのだ!と主張したいのでしたら、一度匿名で自分のブログを持つか、匿名で議論をする場に立ってみることをお勧めします。だとしたら、自分の意見が正論かそうでないか、は、サイレント・マジョリティの声に切磋琢磨されてブラッシュアップされていくのではないか?と個人的には考えています。

匿名で言論を行うのは、実にサイレント・マジョリティの声を、変なバイアスを介さずに受け取る行為ではないか?と思ったりもします。
もちろんそれが実名で言論活動をすることに比べて高尚かどうか?というような比較がしたいわけではないです。
匿名・実名、どちらにも是非があると思うのです。私は匿名の場合だと、姜教授のような東大教授であろうが、私みたいな休職中の三流リーマンであろうが、ガチで議論できるところが魅力だと思いますし、その方がブラッシュアップされた意見が出る場としては、ふさわしいと考えています。

まぁそんなことはともかく。

最近は核武装論が楽しくて楽しくて。mixiでも日記を書いたのですが、私自身は「議論大いにすべし」だと思います。
ただ、核兵器を持つべきか?と言われると、それは現状では疑問です。明らかにマイナスの方が大きいのでは?と考えていますし、核を持つことよりも核を無力化する方策を考える方が、日本の国益にもかなうでしょうし、異論も出にくいと思いますね。
もっと突き詰めれば、戦略兵器としての核兵器というものについての実力が「?」です。実際に使われた広島・長崎の例を見ればその威力はわかりますが、その反動はあまりにリスキーな気もしますね。
これが、例えばイラク戦争で使われたりした場合、占領施策なんてまともにできるのか?とか、私も門外漢なところがあるので、いろいろ疑問があります。

ただ、今までみたいに「自分は核と隣り合わせにいる」という現実を、わざと忘れてしまったかのような、あえてそれには触れないで置こう、的な議論は、いくらなんでも絵空事だろうという風には思いますね。
戦わなきゃ現実となんですよ。実際。


中川氏の「核保有論」、民主・鳩山氏「あるまじき発言」

 民主党の小沢代表と菅直人代表代行、鳩山由紀夫幹事長は17日、党本部で協議し、北朝鮮の核実験について「周辺事態法に基づく周辺事態とは言えない」と結論づけた。中国やロシアも核実験をしていることを念頭に核実験のみでの認定は困難との見方で一致した。

 政府・与党は周辺事態と認定するかどうかの検討を進めているが、小沢氏は「核実験を行う意図を持っていることは大変けしからん話だが、それをもって周辺事態と認定するのは極めて無理がある」と述べた。

 また、鳩山氏は同日の党の「次の内閣」の会合で、核保有の議論をめぐる中川昭一自民党政調会長の発言について「断じて日本の国民の発言としてあるまじき発言。唯一の被爆国だからこそ、核廃絶の方向で世界をリードしていく日本でなければならない。『あいつが持ったらおれたちも持つんだ』という議論は決して日本から発出してはならない。封印しなくてはならない議論だ」と強く批判した。



華麗にスルーに言論封鎖という民主主義の根幹をいきなり揺さぶる発言。素敵だわ鳩ポッポ。

ちなみに、いつも言論の自由をふりかざす某新聞社ですが

 批判に対し、麻生氏は「言論を封殺するという考え方にはくみしない」などと答えた。話をすり替えてはいけない。外相や自民党政調会長といった、政府与党の重い立場にある人の発言として不適切だと、その内容を問うているのだ。「言論の自由」を振りかざす問題ではない。



っておひおひ、政府与党の重い立場にある人には言論の自由はないってか?いつも振り回している言論の自由ってのは大した言論の自由だなぁまったく。

おきてがみ

▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://sakurasakurasakura3.blog53.fc2.com/tb.php/238-860249a6

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。