さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

鬱はつらいよ

心の病、30代に集中…年々、深刻化 「働き過ぎ」危険、企業の対応急務

ご存じの方は多いでしょうけれど、私もこの対象に入ってます。わはは。

最近の話ですけれど、通院しているところから貰っている薬を変えようとしたのですよ。
確かに鬱の負担は軽くなって生活は楽になったけど、仕事をしようという気分にならない。
薬の種類にもよるみたいですが、よく効く薬というのは、よく効くんですけど、効き過ぎるというか。私の場合は、プレッシャーに対する精神的な負担が軽減されてはいるんですけど、感情の起伏も押さえられるという感じ。だから、イライラも少ないけれど、やる気も出ない、という感じ。

んなもんで、薬を少し軽くしようとしたんですね。
具体的には、パキシル10mg/dayからトレドミン25mg/dayにしたのですが、トレドミンにした途端、吐き気・目眩・耳鳴りが起きている間ずっと止まらず、という状態が続いていました。
ああ、なんだろうこの症状。車酔いかブランコ酔いしたらこんな感じ。
もしくはジェットコースター酔い。永遠に治らない二日酔い、でもいい。

パキシル時代は、まだやる気が起きないだけで、それ以外は日常弊害が無かったのですが、トレドミンになってから、まっすぐ歩いたり、自転車に乗ったりもできず、資料用の読書をしようにも、活字を見ると周りの風景がぐるぐる回り出す状態。
ネットで資料集め&ブログ執筆なんて言わずもがな。
月曜の日本のスイッチは辛うじてまともですが、「斧声燭影、千古の疑」なんて、自分で読んでも少し微妙です(^^;

そんな日が続いていましたが、昨日の夜に、その気持ち悪さからくるイライラが昂じて、かなり「困った人」になってました(^^;ごめんなさい家族の皆様、特に嫁さんm(__)m

実際に言えば、本当は薬に頼りたくないのですが、頼ってしまう現実。
否、頼らないと、起きて飯食って寝るという赤ん坊並のことすらままならない生活。ああ、これじゃ麻薬中患患者と同じやん!というジレンマがあるのですが、果たして難しいものです。

最近はさすがに、鬱は誰でもなる病気、という認識があるので、少しは理解されているのかなぁ。(過度にそれを主張する気もないけれど)
ただ、最後の最後は気合いの問題だとしても、気合いだけで治る、なんて言われると、反発したくなります。
寝ても起きても朝から晩まで二日酔い、っていう状況は、経験しないとわかりませんよ、こればっかりは。
気合いで治すにしても、限度っちゅうもんがあります。

(今日のエントリも微妙に変ですね。ごめんなさい。明日以降頑張ります)

注意:人によっては、パキシル→トレドミンに移っても、そういう症状が出ない人があるようです。結局個人差があるのですね。私の場合は、どっちかがあわない、というのが実情でしょうが。。。



おきてがみ

▽コメント

 

はじめまして。
私も前の医者ではパキシルその他でしたが、現在の医者からは、シンプルにトレドミンもらってます。
一度、薬を断ったのもいけなかったですが、今は大丈夫なときとダメなときの波の繰り返しです。
薬を頼らざるを得ない・・すごく厭ですが、薬によっていくらかマシになってるんだ、、となんとか言い聞かせてます(苦笑)

 私の場合は。

はじめまして。私もうつ病で通院中ですが、薬はパキシル->セディール->いまはほとんどなし、です。ただ、眠れないので睡眠薬は手放せませんが。直ってはきてるのかな。。ずっと症状は変わりません。ただ私の場合は「うつ状態」ぐらいな感じで、会社には一応行けてはいます。一年ぐらい休職してから、徐々に復帰したので、5年ぐらいの期間で考えても問題ないと思ったりもしてます。

 

紆余曲折を経て現在は夕食後にパキシル、就寝前にレンドルミンです。
発症当初に比べるとかなり状態が安定してきたという自覚はあります。
が、いつまでも低空飛行でなかなか上昇気流に乗れませんねえ ^^;

私も「船酔い」と頭の中「シャンシャンシャン!」を経験したことがあります。
ヤケになって病院に行くのをやめちゃったことがあって。
お薬を飲まなくなった途端に体調を崩してしまいました。
あんまり気持ち悪くて1週間でギブアップ。
ヤケになったことさえ忘れてすごすごと病院に駆け込んでしまいました。

…それからは(波はありつつ)病院とお薬だけはなんとか続けています。
あんな気持ち悪さは二度と御免ですから ^^;

オフ会までに体調が戻られるといいですね。
あんまりツラい時は主治医の先生に即相談!ということで。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://sakurasakurasakura3.blog53.fc2.com/tb.php/210-b1880f22

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。