さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

政治家に「批評家」はいらない。

対北制裁国連決議 中国包囲網駆け引き 政府、非常任理説得へ工作

テポドンの騒ぎからこちら、北朝鮮制裁関連ニュースを見ていますが、これはどういう風に落ち着くのでしょうか。
中国が反対するのは見えていましたが、ロシアまで反対するとはね。

6日の朝日の社説で、

ミサイルの脅威を肌で感ずるのは日本と韓国だ。緊張の高まりには中国も安閑としてはいられまい。なのにこの3カ国の協調が何とも心もとない。

 ミサイル発射と時を同じくして、韓国の海洋調査船が竹島周辺の、日本が主張する排他的経済水域(EEZ)に入った。日本の抗議は無視された。この問題では双方が突っ張り合い、感情的なもつれを増幅させるばかりだ。

 底流には、盧武鉉大統領の民族感情をあおる強硬姿勢とともに、小泉首相の靖国神社参拝も大きく響いている。靖国問題は、日中でも首脳の相互訪問をもう5年も閉ざしている。

 だが、平穏な環境をつくることこそが3カ国の利益が共通する最重要の課題ではないのか。日中韓の政治指導者は優先順位を間違ってきたとしか思えない。


なんて、日本と中国との連携ができないのは靖国神社のせいだ!なんていう全国紙とは思えないトンデモぶりでしたが、だとしたら、ロシアが反対しているのはどういう理由なのか説明してもらいたいね。まさか靖国のせい、なんて言い出すんじゃないだろうな。
更に、最近はアメリカも参拝に反対しているんではなかったでしたっけ?でもアメリカは、今回の日本の制裁案には諸手をあげて賛成していますが・・?

結局どこの国もそうだけど、自らの国益に従って、自分の意見を述べているだけ。
中国もロシアも、今の北朝鮮が崩壊したら困るから積極的支援、消極的支援するだけであって、日本との関係のこじれなど、些細な問題として重視されてはないと考えます。

現状のままだと、ロシアもさすがに抗しきれず、棄権という可能性が高いですね。
問題は中国ですが「今のままでは中国も危険視され、2008年のオリンピック運営に不安が持たれている」という搦め手から攻める手が面白そうです。


あと私が見ていて不快なのは、この人の発言。

北朝鮮ミサイル:小沢民主代表が、経済制裁に慎重姿勢

【天津・衛藤達生】中国訪問中の民主党の小沢一郎代表は5日、天津市で記者団に対し、北朝鮮のミサイル発射を受けた経済制裁発動について「そんな簡単にできるものではない」と慎重な姿勢を示し、「圧力より対話」の姿勢を強調した。

 小沢氏は「経済制裁は強制力、軍事力を使うところまで行ってしまう。国民は冷静に考えないといけない」と指摘。政府の制裁方針について「本気で言っているのかと問いたい。6カ国協議もあるのだから、話し合いのなかで解決させていくのが良いと、現時点では思っている」と語った。

 小沢氏は同日、中国共産党の李軍対外連絡部局長と急きょ会談。「極東の平和に対する挑戦的な行為。中国からも北朝鮮に、挑戦的な行動をやめて6カ国協議で解決するよう指導してほしい」と要請した。6日にも予定になかった王家瑞・中国共産党中央対外連絡部長との会談を行い、「対話路線」を訴える予定だ。

 小沢氏は、経済制裁で「兵糧攻め」にすれば、追い込まれた北朝鮮が、逆に日本に危険な状況を作り出す展開を懸念しているとみられる。

 ただ、同党内にも制裁論は少なくない。同日の党対策本部の初会合では「政府はもっと厳しい対応策をとるべきだ」との声が出た。他の野党も「経済制裁を含む適切な措置を取ることはありうる」(志位和夫共産党委員長)「一定の制裁もやむを得ない」(福島瑞穂社民党党首)など制裁容認論に傾いている。


と、経済制裁すべきでなし、と言いながら、国内で社民党ですら「やむ無し」と言っている状況を見てか、朝令暮改。

【北朝鮮ミサイル】「経済制裁、単なるパフォーマンスではだめだ」 民主・小沢代表「対話と圧力」の姿勢強調(リンク先消滅)

中国を訪れている民主党の小沢代表は、同行の記者団に対し、北朝鮮のミサイル
発射を受けて政府が北朝鮮の貨客船マンギョンボン号の入港禁止を決めたことに
理解を示す一方、北朝鮮への送金の停止などさらなる経済制裁の実施には
慎重な考えを示しました。
 この中で、小沢代表は、北朝鮮のミサイル発射を受けた政府の対応について
「日本に来る北朝鮮の船を止めるなど、できるかぎりの措置を取るというそのこと
自体はよい」と述べ、政府が経済制裁として北朝鮮の貨客船マンギョンボン号の
入港禁止を決めたことに理解を示しました。
 その一方で、小沢氏は「金融であれ何であれ、より強力な措置は日本1国では
できない。北朝鮮は、生き残りをかけて瀬戸際作戦をとっているとしか思えない。
さらなる経済制裁によって、北朝鮮からどのような反作用が出てくるのか、
政府・与党には心構えや準備が必要であり、単なるパフォーマンスではだめだ」と述べ、
北朝鮮への送金の停止などさらなる経済制裁の実施には慎重な考えを示しました。


そして挙げ句に、この期に及んで小泉批判。

政府の対北政策を批判=民主・小沢氏

政府の対北政策を批判=民主・小沢氏

【天津6日時事】民主党の小沢一郎代表は6日、滞在先の天津市内で同行記者団と懇談した。2002年の日朝首脳会談で合意した日朝平壌宣言に盛り込まれた「ミサイル発射のモラトリアム(凍結)の延長」に反し、北朝鮮がミサイルを発射したことに関連し「小泉純一郎首相は(平壌宣言の合意に)得意になっていたが、向こうは何とも思っていない。あんなばかげた宣言は見たことがない。政府は安易な考え方だ」と述べ、政府のこれまでの対北朝鮮政策を厳しく批判した。 


私から見て、今回のミサイル問題とは別に、それまで関心が薄かった拉致問題を取り上げ、5人+αの拉致被害者を取り戻したのは誰なんだ?と言いたい。それを見て失敗というのなら、何をもって成功と言うのか、またその成功に導くプロセスを描くことができたのか、小一時間問い詰めたい。

もし今日のミサイル発射が予測できていたのなら、平壌宣言は意味がないというのはわかるが、ミサイル発射がされた後でそんな発言をしたところで、単に未来に生きる人間が過去を批判しているだけであって、そんなもの何も意味がない。
たとえば、大東亜戦争をはじめた日本人を、戦後の現代に生きる我々は、何も負ける戦をやらんでも・・・と批判するのは簡単だが、それは、歴史の答を見てカンニングをしているだけの行為にすぎず、歴史を理解する姿勢とはいいがたい。当時、なぜ戦争をやらざるを得なかったか、というところまで考えなくては、歴史を教訓に未来を創造するという行為には何の役にも立たないだろう。
逆に、明治維新の時に、勝海舟・坂本龍馬ら日本の基礎を作った人たちの視点というのは、後世の我々からみて、その見識の高さに驚かされるが、当時の人たちからは絵空事に見られることもあったはずだ。

もし平壌宣言の締結が間違っている、どうせ破られるということが予測できていたのなら、締結した時期の前後に指摘できてこそ、先見の明を発揮できるというものだ。
今後必要なのは、制裁を決議したとして、以後どういう舵取りを行うか、を指摘するべきであって、過去を非難することなど、少なくとも、今やらねばならないことではない。

小沢一郎が中国とパイプが太くて一枚岩で言うことを説得できるくらい力を持っているのなら「靖国だの反日デモだの問題はありますが、当面は北朝鮮の問題です」くらい言ってみろ。政治家の仕事が国民の安全と財産を護ることにあるのなら、それくらいできるはずだ。野党は野党で国民の安全の為にできることはいくらでもあるはずである。
もし民主党が動いて、中国に制裁賛成を飲ませ、国連決議をまとめることができたら、民主党の株は上がるのになぁ・・・と私なんかは思ってしまうのだ。
(そういう意味では、社民党が北朝鮮に乗り込んで、金正日とサシで話し合いをし、これ以上無茶するなという説得をする、という手法もあるはず。ここら辺りで、政権を取るのが目的か、国民を護るのが目的か、見極めになると思う)

国民の安全と財産を護り、国政を担う政治家に求められるのはその「先見の明」と、それを決断・実行に移す「実行力」であって、過去を批判・批評する評論家風情の政治家など、コップの中の論争をやっている鎖国のような時代ならともかく、少なくとも、今のような国難の時期にはまったく必要がない。むしろ害でしかない。

少なくとも、私の目から見て、少し怒り口調で「対話の余地がないとはどういうことですか?」」と語る小泉首相は、先見の明があるのかどうか不明だが、小沢一郎以上には、国民を護り、そのための責任を負うことと、決断と実行する為の腹は据わっているようにみえるのだが。


おきてがみ

▽コメント

 

 先見の明、っていうなら、ミサイル着弾時、日本いなかった(そして未だに帰国してない)小沢氏は、失格ですね(笑)安全圏で話し合いを提案ですか…もう帰ってこなくていいよ。
 橋龍亡き後の、売国戦隊クニウリセブンの座席は、小沢氏で決定ですね。

 

>奈菜氏さま
ある意味、このままミサイルが東京辺りに落ちて首都壊滅、となった時に中国に逃げて命長らえたりしたら、別の意味で先見の明があるのかも知れないですw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://sakurasakurasakura3.blog53.fc2.com/tb.php/21-6255e0ed

 <北朝鮮ミサイル>

北朝鮮のミサイル発射を受け、日本海側などの道や県は5日、連絡会議や情報収集に追われた。福井県の西川一誠知事は午前5時11分、県国民保護計画に基づく国民保護対策連絡室を設置。県内15基の原子力発電所に午前6時から1時間ごとに安全を確認、島根県は県漁連に日本

 NHKへようこそ

いや、この漫画読んだことないんだけどね。NHKが、8月15日放送予定の番組のために、HPでご意見を収集し始めているとmumurさまのところで知る。さっそく飛んでみる。もう一度話そう アジアの中の日本(仮) 日本の、これからど??

 民主党よ、どこへ行く。

小沢氏の北朝鮮ミサイル問題に対する発言を集めてみました。【7/19追記】あまりに民主党ネタが多いので別カテゴリに分けました。あと、桜日和様の小沢氏発言を追加しました。北朝鮮ミサイル:小沢民主代表が、経済制裁に慎重姿勢(7/5)小沢氏は「経済制裁は強制力、軍事力を使

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。