さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

「いただきます」と言っていますか?

名塚さんのあんた何様?日記でみつけました。

考:「いただきます」って言ってますか? 「給食や外食では不要」ラジオで大論争

 TBSラジオ「永六輔その新世界」(土曜朝8時半~、放送エリア・関東1都6県)で昨秋、「いただきます」を巡る話題が沸騰した。きっかけは「給食費を払っているから、子どもにいただきますと言わせないで、と学校に申し入れた母親がいた」という手紙だ。番組でのやり取りを参考に、改めて「いただきます」を考える。【文・遠藤和行、写真・米田堅持】

 ◇「私の場合」を募集

 手紙は東京都内の男性から寄せられ、永六輔さん(72)が「びっくりする手紙です」と、次のように紹介した。

 《ある小学校で母親が申し入れをしました。「給食の時間に、うちの子には『いただきます』と言わせないでほしい。給食費をちゃんと払っているんだから、言わなくていいではないか」と》

 番組には数十通の反響があり、多くは申し入れに否定的だった。あるリスナーは「私は店で料理を持ってきてもらった時『いただきます』と言うし、支払いの時は『ごちそうさま』と言います。立ち食いそばなど作り手の顔が見える時は気持ちよく、よりおいしくなります」と寄せた。

 一方、母親のような考え方は必ずしも珍しくないことを示す経験談もあった。「食堂で『いただきます』『ごちそうさま』と言ったら、隣のおばさんに『何で』と言われた。『作っている人に感謝している』と答えたら『お金を払っているのだから、店がお客に感謝すべきだ』と言われた」との内容だ。
 また、申し入れを支持する手紙も数通あった。学校で「いただきます」を言う際、手を合わせることに「宗教的行為だ」、と疑問を投げかける人もいるという。

 永さんは、中華料理店を営む友人の話を紹介した。その友人は「いただきます」と聞くとうれしいから、お客さんの「いただきます」の声が聞こえたら、デザートを無料で出すサービスをした。後日、永さんがサービスを後悔していないかと尋ねたところ「大丈夫です。そんなにいませんから」と言われたという。


しかしなんというか。。。呆れる内容ですね。

何が常識か?という話になってしまいますが、私も食事をいただくときには「いただきます」食事を終えたときには「ごちそうさま」という事は気持ちの中ではいつも思います。それは別に宗教的行事とかではなくて、普通に、食物を供するために犠牲となってくださった(食材となった)生命に対する感謝の気持ちで、自然と出てしまいます。

更には、その食事を作るのに携わった人達の労働に対する感謝もありますね。

だから、お店で食事をしたとしても「金を払ったんだから店が感謝するべき」というのとは明らかに違いますね。御礼を言うべき観点が違います。

ここに見受けられるのは、金を払う奴が一番偉いという拝金思想。はっきり言って傲慢でしかないですね。
どこぞの社長が「人の心は金で買える」などと言っていましたが、それと同じでしかないように感じます。


おきてがみ

▽コメント

 

こんばんわ。
たまに読ませていただいている者ですが、
はっきり言って「そんなところまで日本は腐ってきているのか?」と驚きました。
ご馳走様やいただきますは、ありがとうや挨拶と同じく躾の基本。それを金を払っているからとは・・・。
そういう国にはなってほしく無いですね。

 

なかなか口に出しては言いにくいですよね
多分大多数の人が、心で言っていると信じたい!
しかしこの手の人間が出てきていることに、将来中国みたいな拝金が蔓延するのだろうか?と思うと心底不安になります

 

>普通に、食物を供するために犠牲となってくださった(食材となった)生命に対する感謝の気持ちで、自然と出てしまいます。
そうなんですよね。
こんなこという母親は一体何を学んできたのかと・・・・。

 

私も見ました。
なんて非常識なんだと!!(ー_ーメ)
拝金主義もここまで極まれりって事で
傲慢さを感じざるをえません。
誰が食いもん作っているのだ、生き物をどう思って
いるのだと言う意識が全然ない!!
こういう人には「ご馳走様」の意味が全然判らない
のでしょうなあ。こういう人間には成りたくない。

 

私自身はどこかでも書きましたが、製造業でエンジニアとして、回路やプログラムの設計という仕事をしているわけですが、例えばいかにいいものを設計したところで、モノを作ってくれる人がいないとどんなアイデアも立ち行かないわけで、それを考えるとモノを作ってくれる人というのが一番尊敬されてしかるべきだと思いますね。
これが今の日本の風潮なら、あまりに悲しすぎますね。

 

 
日本国内に潜む売国奴などの情報が詳しく書かれているサイトを見つけました。
保守系の皆様、一度読んでみてください。
 

 
http://www.tamanegiya.com/ura.html
 

 

私は、食事を食べれることをいろいろな見えない人に感謝しますので「いただきます」・「ご馳走様」は言いますし、言うのが当たり前だと思いますよ。金を払っているのが偉いという考えは大嫌いですね。
手を合わせる行為も宗教的といってはその通りでしょうが、別に手を合わせることを共用されるわけではないでしょう。自分の信仰に反するから手を合わせないというならばそれは立派な理由だと思いますが、学校でちょとでも宗教的な行為が行われるのが許せないだけではないでしょうか?大体、いちゃもんつけられる行為ののほとんどが慣習だと思うんですけどね。

 

私もこれびっくりしました。
いやはや、
「いただきますも言えんのなら何もいただくなっ!!」
と言うてやりたいですね。
拝金主義を子供の頃から植えつける親、そんな親に育てられる子供、日本の将来はどないなってしまうんでしょうか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://sakurasakurasakura3.blog53.fc2.com/tb.php/176-75bfd99d

 猫が居たんだよあ!!

聞いてください!!ねこはっけんしますた!!

 頂かせて頂きます(回りくどい

☆ネタ人生フル展開中!神鳴第二のブログ「萌えない日々。」☆日本ブログ大賞2006の「ニュース部門」に参加中。できれば投票お願いします。○本日の挨拶(「TSUNAMI」より)思い出は いつのひも・・・・。夢・・・・(泣)今日の夢に徳川が登場。もはやケーブル

 「いただきます」を言えない「母親」

考:「いただきます」って言ってますか? 「給食や外食では不要」ラジオで大論争

 いただきます、ごちそうさま

はっきり申し上げます。食事の際に手を合わせて「いただきます」「ごちそうさま」と言

 「いただきます」は作り手にだけでなく

TBSラジオ「永六輔その新世界」(土曜朝8時半??、放送エリア・関東1都6県)で昨秋、「いただきます」を巡る話題が沸騰した。きっかけは「給食費を払っているから、子どもにいただきますと言わせないで、と学校に申し入れた母親がいた」という手紙だ。番組でのやり取り

 正直者が馬鹿を見る。

こいつらの親の顔が見てみたい。指導力不足、問題教員の給与 19道府県「一律優遇」 文科省調査

 思いを形に。

「いただきます」って言ってますか? 「給食や外食では不要」ラジオで大論争

 世の中に感謝する事を知らぬ非常識なオバハン

あんた何様?日記考:「いただきます」って言ってますか?「給食や外食では不要」ラジオで大論争http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/katei/news/20060121ddm013100126000c.html桜日和でも取り上げられておりました。http://sakurasakurasakura.seesaa.net/article/120841

 給食で「いただきます」の是非を語る馬鹿らしさ

バカげたことをいう人間に対して、学校とか周りの父兄などの大人が、即座に「バカ」と一蹴できるだけの力を失っていることが、結局のところ不幸の根源だと思う。

 「いただきます」が論争になっているらしい

「いただきます」を言うか言わないかを巡る話題でちょっとした論争が起きています。きっかけはラジオ番組に、ある母親が「給食費を払っているから、子供にいただきますと言わせないで」と学校へ申し入れたというの投書があり、その反響によるものでした。

 ■牛と海とlivedoorと頂き

 ・農相、国務副長官に再発防止徹底求める BSE危険部位混入 中川ちゃんすばらしい。以前の経済産業相の時よりも、良い啖呵を切ってますね。 ゼーリック国務副長官も、大きな事言って一ヶ月だった訳で、暫くは用心する事でしょう。 吉牛を楽しみにしていた人....

 「いただきます」論争

ラジオからネットを巻き込み大論争が勃発。 きっかけはフジテレビではなく、TBSラ...

 いたたきま~す!!

昨日、某巨大掲示板で見かけたニュース。ずっーとスレが続いている。また色々なブログでも取り上げられて話題となっています。『給食費を払っているから、子どもにいただきますと??

 「いただきます」と言う必要はありや、なしや・・・・

あなたは、食事をする際に「いただきます」と言いますか?

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。