さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

はいはい日本のせい日本のせい

いろいろと解釈はつけません。
ただ読んで笑ってください。

mumuriさま:黄教授の「成果」にマスコミが暴走したのは日本のせい


おきてがみ

▽コメント

 

"この町がかつて 燃え尽きた季節に
私達は誓った 繰りかえすまじと
生命を心を 奪い去ってゆく
ちからも言い訳も総て許せない"
というのもあって、やっぱりさだまさしは反戦。
"ちからも言い訳も総て許せない"だから、どんな理由があるにせよ、戦争はやらないということだろう。
私はそこまで平和主義にはなれないが。

 

Lexer様
「祈り」ですね。
ここで書いた「反戦」ってのは「何があっても戦争反対!」なのですが、さだまさしさんの曲の中には、そうでないものも随所に見受けられます。
「防人の詩」もその一つですが。
「総て許せない」とは言うものの、その「許せない」ものが自分の守るべきものに向けられた場合、自己矛盾を抱えつつも、戦う道を選ぶ、そう思いますけれどもね。
「人が人を殺すことは、いかなる贖罪をもってもあがなうことはできない」という人に死刑制度の是非を問うようなものかも知れません。

 

さだまさしは多分、戦わない。
体制に命じられるまま、はいはいと素直に戦争には行く ― なんてことはなかろう。
代わりに闘うだろう。誰かに命じられて戦争に加担するのではなく、自分と愛するものの領分を守るために。
私は戦うかもしれないし、戦わないかもしれない。
もしも日本が私の命をかけて守るに値するものになっていれば、戦うだろう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://sakurasakurasakura3.blog53.fc2.com/tb.php/170-c670d971

 なんでも日本のせいにする幼稚なとある下朝鮮人

mumur氏がまた、ネタを引っ張ってきました(w(これは「あんた何様?日記」、「桜日和」でも取り上げられてます)というわけで毎度の後追いネタmumurプルログ(mumurプログ)黄教授の「成果」にマスコミが暴走したのは日本のせいhttp://blog.livedoor.jp/mum

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。