さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

雪の事故を見て思うこと

大雪の死者、北海道などで新たに3人 計76人に

本当に今年の大雪は大変ですね。
私自身は大阪の北の端に住んでいるのですが、その程度でははっきり言えば雪害など無縁なので、簡単に「大変ですねぇ」などとは言えないのですが、私の両親は岡山と鳥取の県境に近い雪のところで生まれ、私も小さい頃は帰省した折に雪かきなどしていたことがあるので、少しくらいはわかる程度です。でも、岡山北部程度では、家が潰れるような積雪は経験したことはありませんが。

さて、そんなほぼ都会育ちの私なども、ニュースでこのような報道を耳目に入れることができるのは、ひとえにマスコミの方々のご苦労の賜物だと思うのですが、毎日毎日ニュースで豪雪地帯の映像を見るたびに、我が家で嫁さんと二人で思うことがあります。
それは「取材に出かけたマスコミの人は、ちゃんと雪かき手伝ってる?」ということです。

よく「雪かき中に屋根から落下で老人怪我」とかそういう記事を見ると、そういう地域には若手が少ないから老年の方が多く雪かきをしていて、そういう事故に遭うのだろうなぁ、と想像するのです。

ですから、例えば、テレビのレポーターが、そういう地域で「雪が積もって大変ですね」なんて取材しているのを見ると「そう思うならお前も手伝えよ」と心の中で思ってしまうのです。取材して歩き回る体力があれば、雪かきなんて誰でもできますからね。

で、何ゆえこんなことを言うかといえば、それは自分が阪神大震災の時のことを覚えているからです。

あのときは、主に東京から、多くの取材陣がやってきました。そして、神戸の町がぐちゃぐちゃになっている中を、物見遊山で取材し、帰京したりしていったものです。
幸い私は大阪に住んでいて、大して被害がなかったのですが、東京発のあくまでワイドショー的な放送をする番組と、地元のまさに死活問題で物事を報じる番組(特に神戸にあるサンテレビの放送)を見ていて、あまりの扱いの差異に驚いたりもしました。
あの時は食事もままならない地区もありましたが、そういう中を弁当持参で取材したりした人もいたと聞きます。
あと、ライフラインが使えない中、例えば乾電池なんてのは重要なエネルギーだったのですが、取材に訪れた人達が、自分たちの機材を動かすのに必要な為に、現地の乾電池を買い占めたなんて話も聞きました。
東京から来たマスコミの人達が、被災者の支援をしたという話はあまり聞きませんでした。なんでもレポーターの東海林のり子さんが、被災地に残って支援活動をしたとか、救助活動の手伝いをした・・という話を聞いた程度です。

そういうことを思い出すと、やはり、今年のような豪雪地帯を取材している方々は、決して物見遊山の気分で、そういう地域に行くのはやめて欲しいですし、その程度の「野次馬根性」でしかないのなら、そんなニュースは無くても結構です。


おきてがみ

▽コメント

 

こんばんは。
今でも鮮明に覚えています、震災は。
私の友人が阪神一帯に多かったので、かなり手助けに行きました。論文の締め切りもそっちのけでやっていたことを思い出しますね。確かに東京からあのマスコミは、ゴミを出すだけ出して帰っていったという記憶はあります。
ホント雪でえらいことになっている地域の方々は大丈夫でしょうか。
こんな時、無防備地域ならどうするのでしょうかねえ。

 

ルポライターと阪神大震災で、忘れられないのは、ヘリコプターで被災地上空を飛んだ筑紫哲也が、あちこちから立ち上る火災の煙を評して「まるで、温泉のようですね」と物見遊山のようなのんきな事を、言ったことです。私は、テレビで筑紫哲也のしゃべるのを見て聞いていました。許せない気持ちです。ミケ

 

こんにちは。
私も、ニュースを見ながら、同じことを思っていました。何か援助物資でも、持ってってるのでしょうか?
でも雪国のお年寄りって、ものすごくたくましいですね。

 

宮城県の地震で、TBSのアナウンサーが被災地にハイヒールを履いて取材をしにきていて、「遊びに行く格好で来るな!」と投書したら、次の日からTBSの被災地中継は、足が映らないようにしていました。
彼らにとって、被災地へ行く事は物見遊山の一環であることが、よ~く分かりました。

 

阪神大震災の事はよく覚えております。
私がマスコミ及び筑紫嫌いになった出来事でした。
当時芦屋に住んでいた友人は、近所の家が震災で倒れ、その下に居る知人を救助する作業をしていたところ、その現場の前にTVクルーがやってきて撮影を始めたんだそうです。
如何にも深刻そうに現場を実況するアナウンサーの声を聞きながら木ぎれ投げてやろうかと思ったそうです。
私は震災一週間後、知人の家に救援物資を届けに行く最中目撃しました、…記念写真取ってる若い3人連れ。
バスに乗っていなかったら走っていってカメラ取り上げたかったです。
今回の雪報道に関してもパラパラヘリコプターを飛ばす事するなら救援物資だけでも届けなさいよ!と悪態つきつつ見ておりました。
…雪が多いのを伝えたいのは解るけど、新雪降り積もった場所にノーマルタイヤで乗り込むのはあまりに愚かだろうに。

 

初めて感想を書きます。このブログ時々読ませてもらっています。
豪雪や震災後などの手伝える事故現場等に取材している連中は手土産ももたず雪かきや後後片付けの手伝いもせず取材してあげているのだぞという傲慢な態度が画像の後ろから見て取れます。
まったくこのマスコミの連中の態度は、筑紫哲也ばかりでないことでどこの局にしても全く同じだと見て差し支えありません。
高級を食みながら威張り散らかしているマスコミは何れ消えてブログガーやホームページの個人記者がニュースソースに変ることになることでしょう。
埼玉県新座市 佐々木恭治

 

温泉地発言は被災者だったので、随分後になって知りました。
ただ判りやすい喩えでそう表現しただけじゃないのかと思っていましたが…
ようやく当時のニュース画像を見つけました。
TBさせていただきます。

 

このエントリですが、最近はボランティアの人が集まっているのはいいけれど、素人の人が手伝うとかえって危ないという話も見聞きしました。
マスコミの人に簡単に「手伝えよ!」なんてエントリの中で、書いてますが、かえって危ない場合もあるのですね。
ただ、物見遊山というか野次馬根性という気分で取材はやめて欲しいという気持ちに変わりはありません。
取材をして得た結果をどう解決に生かすか。そこはやっぱり考えて欲しいところです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://sakurasakurasakura3.blog53.fc2.com/tb.php/168-515179eb

 思考放棄と無責任と傲慢(マスゴミ)

http://www.tokyo-np.co.jp/00/sha/20060113/col_____sha_____002.shtml >これが国の最高責任者の発すべき言葉だろうか。 一部サヨクマスゴミのために世論が少なからず割れているのなら、国の最高責任者は在り方を世論に問うのは当たり前ではないのか?それともマスゴミは端

 雪降ろしの度重なる事故について

今年、この雪降ろしの問題をニュースで見たり聞いたりする機会が多く、それを聞く度に何か解決策はないか?と、考えてみたりした。兄やんのこの案が100%いいのか、外側の人間から見た意見なので、なんとも言えないのだが、さほど悪くはない案ではないかな?と思う。....

 皇室典範の改正と革命

今、皇室典範改正論議、三笠宮寛仁殿下の談話並びに羽毛田信吾宮内庁長官の記者会見発言と喧々諤々である。その内容については皆さんのブログにお任せするとして、ここではそれらの??

 1月17日…あの温泉地発言

とうとう見つけました。震災時はTVでニュースを見ることも新聞も見ることも出来ず後に被災地を温泉地と言った不謹慎なキャスターがいたことを知る証拠を。証拠映像は→ こち??

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。