さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

戦争のことを思い出したように考えてみる

この休みの間に「日本空母完全ガイド」なる本を買って読んでいました。
今はちょうど映画の影響なんかもあって「大和」関連本が多いし、普通、日本海軍といえば戦艦を想像するものですが、私めは特に兵器マニアとかではないのですが、昔から空母大好き人間だったりします。
別に戦争好き・・というわけではないのですが、自分の国を取り巻く環境なんかを考えたときに、戦争のことというのは時折考えます。そんなので、ついつい読んじゃうんですよね。自衛隊の本とか(笑)


ご存知の方にはどうでもいいですが、まず、空母というのは日本人が世界で最初に建造したものだったりします。
正確にはイギリス海軍が商船を改造した軽空母を竣工させているのですが、設計段階から空母を目指して建造されたのは、日本海軍の空母「鳳翔」が世界初ということになっています。

それと、日本海軍と空母といえば、大東亜戦争でのエポックメイクな二つの戦いに尽きますね。
1つは「真珠湾攻撃」。
やれ相手への宣戦布告が遅れたから卑怯だ!とか、そんな歴史的な薀蓄は抜きにして、純粋に戦争を勝ち負けの数字ゲームとして捉えた場合、航空戦力の集中運用による敵拠点攻撃というのを考えだした戦略眼ってのはすごいなーと思いますね。
今みたいに、戦争=航空戦力の多寡が常識になってしまえば、当たり前な発想ですけれど、昔の海戦と言えば、大昔の決闘よろしく、戦艦の大砲を打ちまくって、相手を沈める、どつきあいみたいなのが普通だったわけですから。
もっとも日本海軍(というか山本司令長官)がこんな戦術を取ったのは、短期決戦で戦争を終わらせたいという、工夫の上に考え出されたもので、物量に乏しい日本人の知恵だと、私は思いますね。もし日本が中国みたいに資源が無尽蔵?に採取でき、アメリカの物量にひけをとらなかったならば、こんな効率的な作戦は立案されなかったんじゃないかなーと思います。艦隊決戦に拘ったのでは?と、思います。

2つめは「ミッドウェーの戦い」
こちらは日本が大敗北を決する戦いですね。日米戦争で決定的に敗北が決まった戦いと言ってもいいでしょうね。この戦いでは、日本は、真珠湾攻撃に参加した6隻の正規空母のうち4隻を失うことになりますが、この戦いでの一番の敗因は「情報」にあるといわれてます。
アメリカ軍は、暗号解読などで、ミッドウェーに現れる日本軍の行動が筒抜けで、兵力を整えて迎撃態勢を整えていたのに対し、日本軍はアメリカ軍の動きを読むことができなかった、これが決定的な差だったと思われます。
ここで大きく敗北した日本は、以後防戦一方になって行きます。

・・てなことをつらつら書いてみましたが、ここで書いた二つの戦いというのは、今の現代戦でも生かされていたりしますよね。
すなわち、航空戦力の重要性と、情報の重要性。特に今は後者の重要性の方が重視されている気がします。飛行機がステルス性能を持っているもの、いかに隠密行動できるか?(相手に情報を与えないか)という思想の現れでしょう。
(それでも、最後の最後に必要なのは、歩兵による拠点制圧能力だったり)

あと考えるのは、航空戦力は今でも重要で、当然空母というものは普通に今でも現役ですが、空母にとって意外に強敵なのは潜水艦だったりしますね。まぁ空母に限らず海上船舶にとって潜水艦は最大の脅威だったりするわけですね。旧日本海軍の空母も、たびたびアメリカの潜水艦に沈められたりしています(「信濃」とか・・)

これからの戦争というと、やはり潜水艦が主力になるのかな?
どこかの国の国会議員の人が「潜水艦なんて無用の長物」なんて言ってたけれど、ステルス性を考えると、潜水艦ってかなり重要ですよね。自衛隊でも活躍しているし。
未来に行われる戦争というのは、どんな風になっていくのかなー、と、時々夢想したりしてしまいます。

戦争っつっても、悲惨だの繰り返さないだのというキーワードしか思い浮かばないのでは、発想が貧困な気もしますね。時折こうやって、クールに分析してみるのも、一つの思考実験としてはどうだろう・・と思い書いてみました。でも単に自分の浅薄な知識をさらけ出しただけの気もするなぁ。


おきてがみ

▽コメント

 

『空母というのは日本人が世界で最初に建造したものだったりします』←これ、恥ずかしながら知りませんでした。真珠湾攻撃の時の宣戦布告ですが、宣戦布告のない戦争開始なんて近代・現代でもいくらでも、あります。有名なところでは、ベトナム戦争も、ついに宣戦布告はありませんでした。真珠湾では日本人が、律儀に宣戦布告をしようと、したのを米国にうまく逆宣伝されてしまったのです。ミケ

 

遅れましたが、明けましておめでとうございます(^-^;
空母は日本人が世界で最初に建造したものなんて知りませんでした。ホント我々日本人の技術は凄いですね。
今足りないのは、やはり情報力でしょうね。

 

そういえば「水尾機動部隊」の編制(=プラモデルの組み立て)は遅々として進んでおりません ^^;
昨年、呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)が刊行した『日本海軍艦艇写真集』を揃えました。
「戦艦・巡洋戦艦」
「戦艦大和・武蔵」
「航空母艦・水上機母艦」
「巡洋艦」
「駆逐艦」
「潜水艦・潜水母艦」
合計3万円超のお買い物と相成りました ^^;
とても充実した写真集だと思います。
主な艦艇は、竣工後の旧式の姿と改装後の姿(現在一般に知られている姿)が載っていて、徐々に装備が充実していく過程がよく解かります。
赤城や加賀の「二段式飛行甲板」も見ることができます。
この写真集を見ていると、戦前の技術力に改めて頭が下がります。
ゼロから空母や大和を建造した意気込みはすごいと思います(戦争の是非は別問題として)。

 

>屋根の上のミケさま
>ふみこさま
コメントありがとうございます。
本文にも書きましたが、イギリス海軍が商船を改造して作った軽空母「アーガス」あたりが世界最初の空母で、日本の「鳳翔」は設計段階から空母として作られたものでは世界最初のもので、大正11年に竣工しています。
日本海軍の空母は全部で29隻竣工・配備されているのですがそのどれもが試行錯誤の賜物で、面白いんですよね。
ワシントン軍縮条約を受けて戦艦から改造された「赤城」「加賀」やら、「赤城」と共に世界に2隻しかない、艦橋が左側にある「飛龍」やら、大和の船体を使って作られた割に、竣工後10日で沈んだ謎の空母「信濃」などなど。空母ではないけど、戦艦から半分だけ改造されてできた航空戦艦「伊勢」「日向」など、ネタにはつきませんです。

 

 コーエーのPCゲームに「提督の決断」というのがありますが、拙者は、開戦の前段階で戦艦、重巡洋艦を全部、スクラップにして空母、軽巡洋艦、駆逐艦、潜水艦だけでプレイしています。
 お気に入りの空母は、翔鶴、瑞鶴ですな。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://sakurasakurasakura3.blog53.fc2.com/tb.php/166-9a924e0d

 「男たちの大和」ロケ地めぐり~IN 広島

今年の正月は前述の通り広島で過ごしましたが、特に映画「男たちの大和/YAMATO」に関する場所の観光が中心になってしまいました(^-^;しつこいネタですが、最後にいくつか画像をアップします。この尾道の実物大映画ロケセットは、日立造船向島西工場の敷....

 アメリカ視点の日米戦史に学ぶ(1)

この記事は、12月8日の記事の続きのようなものです。先日、都内某所で「アメリカから見た太平洋戦争(あくまでアメリカ視点だから太平洋戦争で正解)史に学ぶ」と題した勉強会に行ってきました。講師はこのブログでもたびたび取り上げているセラピストの服部雄一氏。氏の話は賛

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。