さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

偉そうな人達

最近の朝日の社説はなんなんでしょうか?
ドーピングでも打っているのか?と思いたくなるような正月からスタートダッシュかけてます(笑)

首相年頭会見 私たちこそ理解できぬ

まぁ中身は推して知るべしという感じです。

理解できない言論人、知識人とは、新聞の社説も念頭に置いてのことだろう。全国の新聞のほとんどが参拝をやめるよう求めている。「理解できない」と口をとがらせるよりも、少しは「言論人」らの意見にも耳を傾けてはどうか。


それは「私たちこそ理解できぬ」というタイトルをつけた、この社説に対しても思うことです。
(私には、小泉首相の言い分も詭弁だなーと思うところがありますが)

結局のところ、靖国神社にまつわる話というのは、日本の文化に対しての理解度の問題だと思うのですけれどもね。
批判をするのなら、正しく理解し、正しく批判せよ。それは、朝日だけに限らず、中国・韓国に対しても思うことなんですけれども。



そうそう、あと、正月休みの間に「太田光の私が総理大臣になったら・・・秘書田中」ってのをやってたんですな。
私も以前深夜にやっていたのを見た記憶が。太田氏のあまりの電波ぶりに眩暈がした記憶があるのですが、今回もなかなか素敵だったみたいですね。

今回のマニフェストでは「全国の自衛隊基地を田んぼにします」ってのがあったみたいですね。
まぁ多分太田氏のことですから、目ん玉ひん剥いて滔々と自説の無防備都市宣言を展開していたのでしょうね。

テツさん曰く

そこで戦争経験者の宍戸錠が登場して、「目の前で身内の人がレイプされておれば、あなた(太田)は暴力をふるわずに、やめてくださいとお願いするだけですか。それと同じことではないでしょうか。自国を守る人もいなくなれば、他国からの侵略や第二次世界大戦ではそういうことが目の前で横行していた.....。」と述べると、太田はそれでも反論していたが、話題がすり替わっていた。


とのこと。なんだかな。この程度の台詞が反論できないで国を語るのはどうかと思うなぁ。

そしてついでのたまった台詞が「政治家は理想を語れ」ですか。

確かに理想を語らない政治家も困ったもんだと思いますけれど、理想だけの政治家はもっと困りますし迷惑です。

参考:困ったちゃんの実例です↓
「大阪に百万本のバラを」(共同通信)

某毛生え薬のCMの台詞ではありませんが「戦わなきゃ現実と」だと思うのですよね。


朝日の社説の件といい、太田光の件といい、読んでいて思ったのは、どっちも偉そうだなぁという感じ。
雪斎さんのブログに飾ってあるユゴーの言葉じゃないけれど「強く辛辣な言辞は論拠の弱さを示唆する」ってのは、こういう時身に染みますなぁ。
誰に同意を求めるわけではないけれど、ハンカチ落としみたく、自分の意見を置いて置くのが、きっと理想なんだろうと思う。いい意見なら、きっと大声上げなくても、誰ぞが拾ってくれるだろう。


おきてがみ

▽コメント

 

安藤忠雄氏が提唱して、大阪には桜の木を植える市民運動があったはずなのですがどうなったのかな?
なんで薔薇? 日本の都市なんだから桜を植えるべし。

 

明けましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願い致します
さらに、当ブログからの引用、誠にありがとうございます、光栄の至りです。m(_ _)m
実は録画から書き出そうかなあと思っていましたが、嫁に消されて訳のわからない、子供のアニメ祭りに変身されてしまってました....トホホ。
アサピーは初年度からスピード違反でしたので、もう読むに至らずでホットイテ状態です。さらに、コイズミンも少々ズレが見え始めてまして、何かに動揺しているような目の動きがやたら気になるのですが....。
気のせいかもしれませんが....。
年末~正月巡りで活きのいい情報がどっさりあるのですが、どれもぶっ飛びそうで怖くて怖くて...唯一ETCだけ書けましたが、例のやつは書けません(笑)。
では~また伺います。

 

昨日の朝日社説は日刊ゲンダイのトップ記事も
真っ青の怪電波全開!な社説でしたね。
お陰で私めは突っ込みを途中でカットを余儀
なくされた程ですwww
もう、多く突っ込むのが野暮って位
新聞社失格な記事でしたな。
朝日新聞倒産を予感させられました(w

 

あけましておめでとうございます。
時々拝見させていただいております。
「強く辛辣な言辞は論拠の弱さを示唆する」
と言う言葉、
「なーるーほーどー」でした。
その後言葉が出ませんでした。
雪斎氏という方のこともはじめて知りました。
どうもありがとうございました。

 

初めまして。いろいろ流れてたらここへたどり着きました。
私も「太田光の~」観て
( ゚д゚)ポカーンとなりました。
今の今まで太田光という人物がここまで
電波なヒトだったとは知りませんでしたよ。
でも田嶋のおばちゃんが反対側についてたのは
ちょっと意外でした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://sakurasakurasakura3.blog53.fc2.com/tb.php/163-6da4f292

 単純におもしろかった。

GJなエントリーから書き始めようと思っていましたが、どうでもいい感想作文から書くことになりました。というのも唯一の録画していた番組、『太田光の私が総理大臣にな

 朝日社説、理解なんぞしたくもねーよ

首相年頭会見 私たちこそ理解できぬ(朝日新聞社説:2006/1/5) だめだこり

 年初から、小泉首相GJ!至極ごもっとも!みんなで平和を祈念しよう!

livedoor ニュース小泉首相は、年頭記者会見で、ポスト小泉も靖国参拝は、継続するべしと述べた!靖国神社参拝について「精神の自由、心の問題は誰も侵すことのできない憲法に保障されたものだ」と説明。「一国の首相が一国民として戦没者に哀悼の念を持って参拝すること...

 今年、最初の「朝日社説をいじってみましたシリーズ」

こんにちわ、super_xです。想定したとはいえ…朝からひ~じょうに、気分が悪い。あるいは、予想通りの展開に、ニヤニヤしている人もいたりして…このエントリーを書いていると…鹿実が、前半1分に先制ゴールを挙げ…ニヤニヤしているsuper_xなわけです。では、日本の新聞社

 首相念頭会見への朝日の社説

首相年頭会見 私たちこそ理解できぬ これほど理解力が足りない人が、内閣総理大臣を続けていたのだろうか。そう思いたくもなるような光景だった。(略)理解できない言論人、知識人とは、新聞の社説も念頭に置いてのことだろう。全国の新聞のほとんどが参拝を....

 産経の戒め

 さて、産経抄が早速アサピーを優しく叱責しました。↓リンク産経抄H18年1月6日以下引用---- 寒いといえば、五日付の「私たちこそ理解できぬ」と題した小泉首相の靖国神社参拝を批判した朝日新聞の社説は、読み返すほどに身震いがくるような内容だった。靖国参拝を批

 政治のリーダー

自民党はポスト小泉に向け、水面下やら水上やら、張本人の首相を他所に、下馬評が飛び交っています。 同時に民主党も代表選を踏まえて、代表に対する牽制球が飛び交っています。 それはそれで大いに結構ですが、見えてこないのが、いったい誰がどんな政策を推し進め...

 共和制は、民主主義は、本当に民主的か

小学生の時「寝たきりのお婆さんをリヤカーに乗せて投票へ行く」ことが挿絵と共に教科書に掲載され奨励されていた。子供心にも「真剣に考え悩んだ挙句の一票と、半分呆けてしまって??

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。