さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

不敬罪!という古い言葉で片付けてもいいけども。

寛仁さま 発言はもう控えては

最近の朝日は飛ばしてますね。一昨日といい昨日といい今日といい。

まぁ全体としてなんだかおかしな論調やなーってのは、河野洋平の顔を見て「悪代官面してるなー」とツッコムのと同じくらい野暮だと思うので、そこはあえてスルーします。

皇太子妃の雅子さまが体調を崩したときに、私たちは社説で、心のうちを率直に語ったらどうかと主張した。
しかし、今回の一連の寛仁さまの発言は、皇族として守るべき一線を超えているように思う。


なぜ雅子妃殿下に「心のうちを語れ」と、自分のお気持ちを語ることを進める割に、三笠宮殿下が皇室の後継問題を主張するのはダメなんだろう?私にはその根拠がわかりません。
いずれにせよ、朝日に指図される謂われはないと思うのですが。

堂々とダブルスタンダードを主張する朝日新聞ステキ。惚れそう。

しかし、天皇制をどのようなかたちで続けるかは国の基本にかかわることで、政治とは切り離せない。まして、いまは政府が皇室典範の改正案を出そうとしている時期である。


他の人はどう考えているかわからないけれど、私は皇室の問題は国の問題であるという部分はあるけれど、まず天皇家の家すなわちプライベートな問題というのも無視できないと思う。
天皇家の跡取りを誰にするか?という問題に天皇家が口出しできない、としたら、そういう片手落ちな決まりに従って決まった天皇なんて、私にとっては大して価値があるように思えないなぁ。
もっとも、最終的に誰が継ぐか?という問題は別の問題としてあるだろうけれど「身内は意見すら口にするな」などというのはどうだろう。わたしゃ少なくとも、そんなことは恐れ多くていえないねぇ。朝日の社長を誰がするか?と株主でも読者でもない産経読者の私がああしろこうしろと言えないのと同じで。
「いまは政府が皇室典範の改正案を出そうとしている時期である」から黙っとけ!ってのが朝日の主張なんだろうけど「政府が皇室典範の改正案を出そうとしている時期」まで黙ってた、という考えはないのだろうか?

 たとえ寛仁さまにその意図がなくても発言が政治的に利用される恐れがある。それだけ皇族の影響力は大きいのだ。


いくら政治的に利用される可能性があり、皇族の言葉の影響が重かろうと大きかろうと、今の日本で事を決めるのは「国民の総意」なのだから。三笠宮殿下の述べている言葉は、一つの「国を正す道」を示しているに過ぎず、それに従うか従わないかは、国民の側に選ぶ権利がある。
天皇陛下であろうが皇族の方々であろうが、その発する言葉の重みというのは、その程度なのに。

極端なこと言えば、天皇陛下が「朝日新聞はいらんことばかりするから新聞発行する権利なし。逝ってよし!」と述べられたところで、朝日をつぶす権利は天皇陛下にはないのだから。

そういう権利に甘んじている朝日が「余計なことしゃべるな」と言論の自由を封鎖するような言論統制並のことを主張する憲法違反の方が、私にはずっとずっと重い罪だと思うんだけど。いがかかな?


おきてがみ

▽コメント

 

拙ブログでも取り上げさせて頂きました。
(゚⊿゚)さんに言わせれば
「やるなと言われればやりたくなるのが人情」
って所ですなあ。殿下も罪作りなことをされる(嘘)
こうやって反天皇勢力に自爆を誘うのですからね。
イラチな私としては一気に叩き潰して欲しいところ
ですが、憲法上、真綿で首を絞める方法しか取れ
ないようですなあ(笑)

 

「天皇制」ではなく「皇室制度」でしょ。
「天皇制」はサヨ出自じゃなかったっけ。

 

『キノの旅』というアニメの中に国を挙げてのお祭りで「猫踊り」を踊っている国が出てきます。
実はこの国、以前自分たちの王様を追放した時に「王国の歴史」も一緒に葬ってしまったので、新しい「伝統」を持とうと、旅人が来る度に色々な「伝統」とそれにまつわる「行事」を試しているのでした。
今回の朝日の社説を読んで思い出したのがこのエピソード。
朝日が本当に望んでいるのは「天皇制」の廃止、だけどそれをストレートに言ったら総スカンを食ってしまうので、こんな身悶えしながらの「猫踊り」となったと思っています。

 

寛仁殿下が発言を控えるのは当然でしょう。そんなことは常識です。国民に支えられているのですから。それが現憲法下における皇族の節度です。どんな政治的発言もしてはならいのです。言論の自由とは、権力に対して使う言葉です。

 

>むーみんさま
なんだかむーみんさんが皇族を支えておられるような発言ですね。
何を根拠にそういうのか、示していただきたいもんです。
ぜひ議論しましょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://sakurasakurasakura3.blog53.fc2.com/tb.php/134-f04e5d94

 【朝日社説】言論統制ですか?

 今日も朝日は面白い社説を書いてます。

 朝日新聞 皇族軽視は控えては

寛仁さま 発言はもう控えては(朝日社説) 皇位継承のあり方をめぐり、天皇陛下のいとこにあたる寛仁(ともひと)さまの発言が相次いでいる。 昨年、会長を務める福祉団体の機関誌に随筆を寄稿したのに続き、月刊誌「文芸春秋」などでインタビューに応じた。さらに産経

 朝日新聞が遂に一線を越える、「皇族は黙れ」

寛仁さま 発言はもう控えては(朝日新聞)

 拝啓 プリンス様

当然偉いんでしょうね?皇太子様って。 前から疑問だらけだが、どうも日本の天皇制度

 産経GJ!! 【主張】「言論封じ」こそ控えては

昨日の朝ピー新聞の斜説には正直度肝を抜かれました。{/hiyob_hat/}■【斜説】寛仁さま 発言はもう控えてはいやいや、言論を糧としている新聞社が、皇族の言論を封じようとする文章を、「社説」として書いてくるとは一体どういうことなんやろか?と。今までもさんざん朝ピー

 ■当事者の発言を制する「報道機関」とは

<div class="divtxt">朝日新聞様は、とうとう、自分の馘を締める言動にでなさったみたいですね。自分の意に添わない発言を制しようとなさるとは。朝日新聞も、ここまで落ちました...

 正直、何故こんなに急ぎたがるのかわからない

皇室典範改正「皇室の意向聞いたはず」…小泉首相 今国会での皇室典範改正…麻生、谷垣氏らが慎重意見 皇室典範改正、反対派会合出席自粛を…森前首相が要請 皇室典範改正案、慎重審議求め与野党173人が署名 (以上、いずれも讀賣新聞) 小泉に如何なる思惑があるのか知.

 超えてはならぬ一線を朝日は越えた

何事にも超えてはならぬ一線というものがある。靖国問題、歴史教科諸問題、歴史認識、中国&朝鮮との外交といった様々な問題において朝日は反日的な論陣をはってきたが、朝日新聞は本日の社説でとうとう超えてはならぬ一線を越えた。平成18年2月2日の朝日新聞の社説は歴.

 紀子さんに三人目! 秋篠宮の乱か

いやぁ、こういう展開になるとはねぇ!  紀子さんが三人目を妊娠しました。果たして

 紀子さんと雅子さんとジェンダー

誰もが驚いた三人目の政治的?妊娠で、久し振りに紀子さんが脚光を浴びています。朝日は朝刊の一面に「笑顔やわらか」という言葉を添えて写真を載せていましたが、こうしないと読者のニーズに答えられないんでしょうかね・・・。それにしても、久々にとっくりと見た紀子さんの

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。