さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

相変わらずの10年

最近2冊ばかり本を読みましたので感想を。

が創った「日本


ってのはご存じ日本の国の花でありますが、と言えばぱっと咲いてぱっと散る、という姿を武士の生き様に重ねることがありますが、そういうぱっと咲いてぱっと散るというのは、江戸末期の掛け合わせで生まれたソメイヨシノの咲き方で、むしろヤマザクラなんかはずるずるという咲き方をする・・・てなところから、日本人とについての関わりを少しずつ考察するお話です。
人間の感覚からすると、がきれいだから、日本中に植えた、という考え方をしますが、実は、桜自身が自己の繁栄の為に、人に好まれる姿を選んだ、という発想は、目から鱗でした。つまり人間の美意識を上手く利用して、桜は種を増やしたということですね。
花が蝶などを触媒に受粉するのと同様に、桜は人間の美意識を触媒にして数を増やした、という考え方は、人間も所詮、自然の一部ということを認識させられます。

産経抄 この五年


主に1995~2000年の石井英夫氏の「産経抄」のより抜き版。なんですが、驚くのは、そこに書かれている内容が今読んでも遜色ないことですね。北朝鮮の話、靖国の話、左翼の話。。。。
10年間のコラムを今読んでも古さを感じないというのは、珠玉のコラムということでもあれば、逆を考えたら、10年間大して世の中は進歩していない、ということの証左のような気もしますし、そう考えると、ブログで事件について好き勝手かける時代ってのは、それだけでも大きく変わったのかな?という気もしたり。
いつの時代も、保守というのは、孤高で、進歩人の攻撃に耐えないといけないのですね(笑)


反自公で「誰とでも協力」、参院選で民主の小沢氏

 民主党の小沢一郎代表は20日、テレビ朝日番組に出演し来年夏の参院選での選挙協力について「今の自公政権では国民のためにならない、と考える誰とでも協力する」と述べ、反自公勢力の幅広い結集に改めて意欲を示した。同番組に出演した自民党の加藤紘一元幹事長にも「加藤さんが自公でダメだとおっしゃるなら大歓迎だ」と秋波を送った。



ところで文末の「秋波を送る」ってのは、gooの辞典によるとこういう意味なのですが。
lin.jpg

※写真はモデルの林志玲さんです。

小沢一郎と加藤紘一の関係って、ええっ、そんな関係なんですか。
それとも、小沢一郎って実は女の子なんですか。

そういえば鳩ぽっぽも色目を使ってみたり、加藤紘一も家が燃えてしまってから微妙にモテモテですねw
家が燃えた件について名塚さんが日記でこんな想像をしていますが、あくまで想像であって欲しいモノです。

閑話休題。
小沢一郎ですが、

安倍氏は“イケイケ”人気 小沢氏、高支持に皮肉

 民主党の小沢一郎代表は20日午前のテレビ朝日の番組で、自民党総裁選で高い支持を集めている安倍晋三官房長官について「小泉純一郎首相と共通した人気の要素がある。“イケイケ”という方で、元気のいい言い方が受けているんじゃないか」と皮肉った。
 小沢氏は小泉、安倍両氏には政治理念が不足していると指摘し「もうちょっと日本の国全体のことを考えて思慮深くきちんと言動、判断をしてほしい」と批判。自民党の各派閥が安倍氏支持に傾いている状況について「めちゃくちゃでだらしがない」と述べた。
 菅直人代表代行は安倍氏の米国に対する見方について「(著書などで)あれだけ(米国と戦った)太平洋戦争を肯定するような形まで言ってしまったら、自己矛盾はないのか。首相は親米だが、安倍氏は本当に親米なのか分からない」と指摘した。



安倍長官を政治理念不足と言っていますが、かくいう小沢氏の政治理念ってなんなんでしょうかね。前後の言動を見聞きする限りでは、自民党の足を引っ張ることしか理念がないようですが、それでいいのでしょうか。いいのだろうな、きっと。それでいいんだから、楽な仕事だわな。

民主党にいつも思うこと。それは反対するなら対案を出せ、です。

----
中国「困難な時に対話の努力」 土井社民党名誉党首と会談

中国の唐家●(=王ヘンに旋)国務委員は20日、北京の人民大会堂で同国を訪れた土井たか子社民党名誉党首と会談し、先の小泉純一郎首相の靖国神社参拝を非難しながら、「中国は両国関係が困難な時に中日友好を進め、対話の努力を続けていく」と強調し、今後、交流や対話を強化する方針を明らかにした。



少なくとも小泉首相は「いつでもどうぞ」って言ってるのに・・そんなに会話したけりゃ、さっさと会話したらええがな。
そして、こうやって中国にお参りすることで、間違ったメッセージを発する人たち・・・もういいよ、帰ってこなくて。

----

「区別論」の心

 靖国神社では当日、首相に日の丸を振り、「中国や韓国はムカつく」と感情をむき出しにする若者が目立ったという。こうした姿が、両国の人々のこらえてきた怨みに火をつける恐れは十分ある。首相の「有終の美」は、あってはならぬ「民衆同士の反目」をもたらすかもしれない。



中国の広い心とやらを見せて貰おうか、という気もするのだが、それとは別にいまさら両国の人々の怨みなんて何を言っているのやら。そもそも日本人がなぜ怒っているのか、いまだに理解できないのだろうか。
人それぞれに契機はあろうが(私みたいに親の代からの朝鮮人嫌いは別にして)多くは日韓W杯だったり、変な韓流ブームだったり、アジア杯でのデモ騒ぎだったり、だろうに。今更靖国参拝する・しないで「若者の中国・韓国はムカつく」はどうにも左右できまい。

デジタル・ディバイドのこちら側に住んでいる(つもりの)身として思うのは、若者の多くが怒りを感じるのは、今までみんな隠してきた中国・韓国に関することが少しずつ知られてきて、怒るべき要素を見つけてしまったから、なのだと思うけれど、どうにもその辺がわからないか、わかっていないみたいですな。中日新聞は。

何度も同じ事を書いている気がしますが、やはり、ディジタル・デバイドの向こう側のメディアは、墓場に足を突っ込んでいることを、早々に自覚しないと、えらいことになりますよ、と。




おきてがみ

▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://sakurasakurasakura3.blog53.fc2.com/tb.php/113-85f1c119

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。