さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

ウンコジャーナリストは流されてください

そういえば、小泉首相が靖国参拝すれば強硬な態度を取る、とか、宣戦布告だ、とか言っていた国があったような気がするのが気のせいでしょうか。

銃撃は露政権の対日強硬路線変更を象徴

おおぅ、もしかして、強硬な態度を取るってのは、ロシアのことだったのか!?

というよりも、この事件、久しぶりに、あ、領土問題って北方にもあったのだった、ということを久しぶりに思い出したのですが(あかんがな)どうもこの事件はよくわからないことだらけです。
密漁船?スパイ?いろいろ情報が飛び交っていますが、現状確実に言えることは、

・警告射撃ではなく、狙撃だろう。
・何かを知っていたであろう船長はともかく、何もわからずに拿捕された船員が気の毒

くらいではないでしょうか。

まぁ事実はどこにあるかはともかく今回くらいのロシアの強硬なやり口ってのは、普通国境を接する国同士なら、普通でしょうな。(それがいいとか良くないとかいう議論は別にして)
望む望まざるを別にして、そういう局面と接触することを恐れてはいけません。どうせ国同士の外交なんて、ヤクザの出入りと同じなんだし。
外務省の皆様、その他役人の皆様、国民の為に頑張ってください。

----



分祀でも靖国参拝容認せず 韓国政府が内部確認と報道

韓国自ら、伏せている「ジョーカー」をめくった形ですけれど、これで国内の(いわゆる)分祀論者はどうするつもりなんでしょうか?いきなりはしごはずされた格好になってますが。

----

【靖国】専門家「A級戦犯の位牌を別の場所に移すだろう」

専門家って・・・本当に、靖国神社に位牌があると思っているのかなぁ。
勉強しなおせとしかいいようがないや。
正しい知識をもって批判してくれないと、反論のしようもないじゃないか(笑)

----

『異論排除』強まる一方 首相参拝の日 『批判派』加藤紘氏実家炎上


もっとも全文クソなんですが。
最近は異論排除なんですか?むしろネットの言論では、異論排除よりも、いろんな意見が交換されて、むしろ言論自体は活発になっているように推察します。この辺がディジタル・デバイドの彼岸にいる人たちなんでしょうな。もういいよ。ちょうどお盆だし。そのまま冥土に旅立ってくれませんか。

■ネットに顕著 差別的な言説

 そうした傾向は、インターネット上の世界に一層顕著だと岡留氏は指摘する。そこではハト派的な意見に対し、タカ派的な書き込みを殺到させ駆逐したり、相手を差別的な言説で攻撃する暴力的な「異論排除」のパターンがあふれている。

 ただ、そんな寒々とした光景はネット世界にとどまらないとみるのは、ジャーナリストの斎藤貴男氏だ。

 斎藤氏は今回の事件を目の当たりにして「頭に来るから火を付けてしまえと。そういうことができてしまう空気が、この国にはっきりあると思った」と語る。

 「世間の人々もこういう事態を予想していた部分がある。実際に事件が起きても、みんなりつ然とはしていない。『このぐらいは仕方がない』とか『加藤氏も言い過ぎた』と受け止める空気があるのでは」

 さらに事件の真相や犯人の動機とは別に、今回の事件が社会に与える委縮効果を次のように懸念する。

 「やはり、言論にかかわる人々は『表現に気を付けなくては』と思うようになってゆくのではないか」



はぁ?
こんなことがあろうとなかろうと「言論にかかわる人々は表現に気をつけなくては」いけないのじゃないの?
この斉藤さんって人は、ジャーナリストという仕事をどう考えているの?アホじゃないの?

確かに言論や表現の自由という言葉はあるけれど、責任を伴っての自由というのは、自由主義世界の価値観じゃ常識でしょう。

表現をする人間が命を狙われるってのは正常ではないのかも知れないけれど、自分の命をかけるくらいの気持ちでジャーナリストやってるのじゃないの?
間違っても言論テロをほめるわけではないけれど、書く側には、命をかける程度の覚悟は必要だろ、と思うのだが。
それとも、この斉藤って奴は、自分の書いた文章に命を賭けるほどの責任はない、ってことなのかな。まぁその程度で、どんな程度のジャーナリズムか、底が知れる気がするがね。

こういうウンコ垂れ流しジャーナリストは、いつか淘汰されるよ。
いや、されてくれないと。
そうじゃないと、日本の未来は暗すぎる。



おきてがみ

▽コメント

 

>斎藤氏は今回の事件を目の当たりにして「頭に来るから火を付けてしまえと。そういうことができてしまう空気が、この国にはっきりあると思った」と語る。

「頭にくるから火炎瓶投げちゃえと。そういうことができてしまう空気が、この国にはっきりあると思った」 と語った人はなぜかいませんね。

 

>uratatsu様

昔はゲバ棒もって暴れている人がこの国にもいたような気がしたのですが、あれは別の日本の話なんでしょうか(笑)

 

言論を暴力で封じようとする輩は右にも左にもいるのに、右がやった暴力だけを取り上げたのが東京新聞特報と朝日社説。
その点、産経の社説はきちんと両方の例を取り上げてましたね。好感が持てます。

 

ああ、あの斉藤貴男ですか┐(´ー`)┌
札付きのサヨクですな。佐高信と並び称せられる
自称ジャーナリストですな( ´,_ゝ`) プ

こういう奴の駄文を載せるとは流石は
倒京新聞=虫日新聞ですなwww
こんなウンコ新聞さっさと廃刊してしまえ!

 

TBありがとうございます。
そもそも大多数を占める左翼的マスコミは言論の暴力を認識しているのでしょうか?
日経の富田メモスクープにしても、全国紙の一面トップで報じてしまえば、仮に後々「誤報」だったとしても、さらに訂正記事を出したにしても、誤報がそのまま一人歩きしてしまいます。
従軍慰安婦も教科書も南京もすべてそうです。

お説の通り、「自由」には大きな「責任」が伴うことを肝に銘じてほしい。それがジャーナリズムの最低限のモラルでしょう。

 

>atsuさん
右であれ左であれ、暴力での言論テロはよくはありませんね。

>abusan様
さすが、サヨクウオッチャーだけありますね。斉藤さんという人の正体について、初めて知りました。

>小龍景光様
コメントありがとうございます。
今の左翼一辺倒の言論こそ、まずはなんとかしないといけないですよね。もちろん暴力はダメですけどもね(^^;

 初めまして

 まだあの「元奇形左翼便所雑誌編集長」が野放しになってるんですか?あれだけ根拠の無い誹謗中傷を書き並べておいて、それでいて言論のリスクを背負わない輩がこうも偉そうなことを言えるんでしょうか?こんな言論界の汚物がこともあろうに保守系雑誌の「WILL」のレギュラー執筆陣という事実には呆れてモノも言えませんでした。こんなのが保守系雑誌とは聞いて呆れます。他の執筆陣は文句のつけようも無いのに、たった一つの、しかし大汚点で買う気も起きません。

 

>KY様
それはあれですか、岡留氏のことですか?

 

佐倉様

斉藤貴男は辛椒玉を擁護する事を書いてましたので
ハッキリ覚えてますよ。こやつの反日は筋金入りで
本当に殺意すら覚えます凸(`、´メ)

まあ、こやつが浮上してくることは2度と無い事を
信じたいですが・・・・・

 ようやく…

靖国参拝で見て来たことをアップしました。
自分の表現力がないのが悔やまれます(反省)
まさに参拝もしないマスゴミだらけでした。

 

>abusan様
まぁ東京新聞でこういう文章書いているうちは大丈夫じゃないかと(苦笑)

>Babi Kaoru様
コメントありがとうございます。
当日の靖国は、ひどかったみたいですね。
マスコミの場所取りがひどく、一般の参拝者が、あっけに取られていた、という話を耳にしました。
あそこはただの神社、なんですけどね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://sakurasakurasakura3.blog53.fc2.com/tb.php/110-f7bde061

 ノ・ムヒョンさんGJ!

分祀でも靖国参拝容認せず 韓国政府が内部確認と報道さすがに見境無く突っ走る方ですね~まさに絶好のタイミングで良いことを言ってくれました。おかげで国内の分祀論者にも冷水を浴びせてくれることになるでしょう。考えてみれば韓国という国は実に気の毒な歴史を持ってい

 宗教観だとか文化風習だとか

 なるべく毎日更新するようにしたいとは思っているのですが、生活が不規則なもんでなかなか思うように行かないのが残念なところ。まぁ毎日更新しないからって誰が困るって訳でもなく、単なる自己満足の問題なんですがw

 お詫び

ふー、今日も泳いだなあ(^^)v 今日は各紙が「テロは許すまじ」との社説でした。

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。