さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

中国の常識は(民主主義)世界の非常識

今日は朝日の天声人語がすごいことになっていると聞いて、読んでみました。

 「夏のあらゆる星座が、われわれにいどみかかるようにして出ている」。司馬遼太郎さんはモンゴルで、満天の星に押しひしがれるような体験をした。「うかつに物を言えば星にとどいて声が星からはね返ってきそうなほどに天が近かった」(街道をゆく・モンゴル紀行)。

 大草原を渡る風、空に浮かぶ雲、果てしない大地。詩人ナツァクドルジがうたう。「広く大いなる荒野原/南のかたをさき守る砂丘の海原/これぞわが生れしふるさと/モンゴルの美しきくに」(田中克彦『草原と革命』晶文社)。

 チンギス・ハンがモンゴル帝国を創設して今年で800年になる。帝国はアジアから欧州にまで版図を広げた。そのころ西に遠征したと思われる兵士が、白樺(しらかば)の樹皮に書き残した望郷の詩がある。「今やときぞ、我とびたたん/我は呼びかく/我が母に、何にもましていとしき母に……今こそ我、故郷に帰らん」

 同じ13世紀、チンギス・ハンの孫フビライは鎌倉時代の日本に遠征軍を送る。文永・弘安の役で、いずれも失敗した。望郷の念を抱きつつ倒れた兵士もあっただろう。

 この元寇の後、北条時宗は鎌倉に円覚寺を開創した。蒙古襲来による死者を、敵味方の区別なく弔うことが建立の一因だという。

 今日、小泉首相がモンゴルに飛び立つ。星空の下で、元寇の時代にも思いをはせてもらいたい。自、他国を問わない弔い方は、現代の追悼のあり方にも示唆を与える。誰であれ、いやしくも一国を代表する人物なら、他国の戦没者の思いにも目を向けるべきだろう。


うーん、結局何が言いたいのだろう?
「敵味方の区別なく弔うことが建立の一因」「他国の戦没者の思いにも目を向けるべきだろう」ってのなら、靖国神社にアメリカ人や中国人の戦没者も祀れ、ってことかなぁ。
それとも「誰であれ、いやしくも一国を代表する人物なら、他国の戦没者の思いにも目を向けるべきだろう」ってのなら、中国の胡錦涛やら韓国のノムたんも、靖国神社にお参りに来いって呼びかけているのかなぁ。
そんなことを、宗主国様に命令して大丈夫?(笑)

こういう中途半端な物を読んで、読者もどうすればいいんだろうなぁ(苦笑)


あと、メタモルフォーゼ・ニッポンさんところでみつけた、この記事は面白かったです。

ネットは中立でありつづけられるか(Hotwired)

中国政府の関係者と話す機会があった。米国がグローバル・インターネット・フリーダム・タスクフォース(GIFT)を設立して中国のネット規制を厳しく糾弾し始めた直後のことである。なぜ米国が中国のネット規制を批判するのか分からないので意見交換をしたいということだった。

彼は、「米国にだって日本にだって、ネットを規制する法律があるだろう。なぜ中国だけ問題になるのか」と聞く。
 私は「いや、日米にはそうした規制はない」と答えた。
「だって米国にはパトリオット法があるじゃないか。全くないわけはないだろう。」
「確かにパトリオット法は、ネットでの通信傍受を認めているが、それは犯罪を犯すおそれがあると疑われている人を対象に傍受を認めているだけで、全てのトラフィックが傍受されているわけではない。」
「政府の批判をしている人がいたら取り締まるのは当然の話だろう。」
「政府の批判をすることは、日本でも米国でも国民の権利だ。表現の自由は憲法で保障されている。あなたの国が小泉首相を批判するように、日本国民が小泉首相を批判するのも自由だ。そんなことを取り締まることはできない。」

彼はどうにも納得できないようだった。国民が政府の批判を放置しておくということが感覚的に受け入れられないらしい。確かに中国では国民が一斉に政府批判を始めたら大混乱に陥り、政府の存在基盤が危うくなるだろう。経済発展を優先させるためには中国政府が安定していなくてはならないという彼の信念も分からなくはない。しかし、私は続けて彼にいった。
「民主主義というのは革命の制度化だ。選挙によって平和的に政権が変わることを認めるものだ。共産党政権の独裁しか認めない中国政治の文脈では理解できないことだろうが、米国は4年ごとに革命をやり、日本は国会の解散があるのでもっと短期間で不定期に革命をやっている。革命のためには自由な言論が必要なんだ。」
(以下略)


う~ん、正直に、これは常識というか、コモンセンスというものがありませんなぁ。
言うなれば天動説を信じる者と地動説を信じる者が天文学の議論をするようなものでしょう。議論するベース自体が出来ているとは思えません。

こういう国を相手に、東アジア共同体なんて、無理も無理も到底無理というべきじゃないかなぁ。

そうそう、今日は、本屋で孔健氏の「中国が永遠に日本を許さない66の理由」
って本を読んだけど、そこに書かれているのは、結局は日本人は中国人を理解できないのが悪い!みたいな論調で、かなりムカムカしました。

日本人が中国人を理解しないといけないのなら、同程度に中国人も日本人を理解するように働きかけるべきじゃないですかね。
少なくとも日本人だけが一方的に譲歩しないといけない理由はないと思うのですけれども。

あと「中国は日本に敵意はないが、日本はアメリカの属州に見える、それが中国には目障りに見える」てなことが書かれてましたが、もしそう見えていて、日本にアメリカからの独立心を持って欲しいと思っているのなら、なおのこと、日本が独立国としての矜恃をもてるように(靖国問題だけでなく)朝日的な連中よりも、日本は軍備を整えてさっさとアメリカと袂を分かつべしという反米保守のような連中の方が役に立つ、と思うのだが。

もしそうじゃないとしたら、朝日的反米リベラルを煽って日本を武装解除させて、やすやす占領、というシナリオしか見えないのだけれどもね。




おきてがみ

▽コメント

 

孔健氏の他の本を読んだことありますが、まったく同じで中国人を理解しない日本人が悪で、日本人を理解しようとしない中国人という自己分析がありませんでした。
中国と日本は、地理的にも文明的にも近いけど、その歴史からこんなにも価値観の違う民族になってしまったんですね。
中国とつきあうときは、異星人とコンタクトする位の気構えでいかねばならないと思います(笑)

 

デザイン変りましたねー(遅
妙に萌えます。謝罪と賠償r(ry
正直、この天声人語は意味わからなかったですね。自国の戦没者すら足蹴にしてる朝日が一体何を言いたいのかと・・・。理解不能ですた。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://sakurasakurasakura3.blog53.fc2.com/tb.php/10-3824174b

 自民党総裁選安部長官の勝利近し、そして小泉首相ご乱心!

 額賀氏、山崎氏他も自民党総裁選立候補を諦めたようで、安部、谷垣、麻生の3氏の争いとなりそうである。 しかし、なし崩しに安部支持が増えてきている。矢張り、勝ち目の無い人には支持も集まらないのが世の常か。 安部さんで時期自民党総裁は決まったようで、韓国...

 中国への譲歩は無駄だ。

「歴史問題を始終強調、永遠に話すべき」 対日外交の重要カードの認識 こりゃまたすごい言葉が出てきましたねぇ。なんか怪しい。なぜ今この時期にこれが出てくるのかも気になるが、報道してるところがミョーに少ないのがもっと気になりますね、朝日新聞さん☆小沢民江沢民

 わーかくなくても ウンザリ♪

 しばらく書かない間に靖国、靖国グダグダ抜かしているヤツラの多いこと多いこと。も

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。