FC2ブログ


さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

日常と非日常の合間

今のコロナ禍の時期というのは、はてさて非日常なのか。

自分は今40代半ばで、言ってしまえば氷河期ロスジェネジャスト世代だったりします。
高校生くらいまでは、バブルとかなってたけれど、大学入試のときには試験活動の最中に阪神大震災。大阪在住の自分も、家は無事でしたけど、多少は影響は受けました。
(新幹線で1時間で行ける岡山の大学に、在来線で4時間かけて下見に行ったり)
そして入学の直前にはオウム真理教の地下鉄サリン事件。
ネットが今みたいにない時代ですけど、大学にあったUNIX室では、その頃ちらほら話題になりだしたインターネットが見られたので、サリン事件なんてニュースを見てました。

そして4年たち就職活動するころにはバブルは弾ける。有名な山一證券の破綻を筆頭に、苦労したほうです。
それでも、理系の、しかも研究室の指導が厳しいこともあってか、秋頃には全員決まっていた気がします。私も4年の5月頃には内定をもらっていました。

ただ、仕事に行っても、今度は会社が大変だったというか。入社した年には、グループ全体で5000億の減収減益、2年目は正真正銘の7000億の赤字でした。
「V字」回復やるぞーとスローガンの一方で、現場では「L字」になってまうんちゃうか、とか言ってたものです。

それでも10年ほど経って、リーマンショックにつづいて止めは東北の震災。そのあとリストラもあって、30歳半ばで私も放浪プログラマが始まるわけですが。。。

まぁ、こんな社会との関わりを持ち方をしてしまったら、日常なんて何の意味があるんだろうか?と考えますよね。今は非日常?なんで?こんな人生(とは言っても、私はまだ幸せな方だと思いますが)だと、人生と社会と生命の不安定さなんて、こんなもんじゃないの?と思ったりするんです。

コロナ禍はいつか収束し、やがて「日常」が世間を支配し、多少はシン・ゴジラのラストの如く、爪痕を残し、それと生きる生活が戻ってくる。でも、板子一枚下は地獄。。。

それは「日常」なのかも知れないが、その日常というのは「作られた虚構」にしか感じられないことがあり、それが自分の「違うんじゃないかな・・?」という違和感が、再び自分を鬱の世界に導いていくような、そんな気がしてならないんです。よう知らんけど(台無し


蝿の王

在宅ワークのため通勤しなくて良い分、余暇時間が少しあるから・・というわけでもないですが。
タイトルだけは知っていた「蝿の王」を読みました。一気読み。

さすがに書かれた時代が古いので(1954年)、内容は言われるほどの過激さは(今となっては)体感として感じないのですが、それでも一気に読んでしまうほどには面白い。
(ここでいう「古さ」というのは、今、手塚治虫を読んでも目新しさはないが・・というような意味合いで)

今みたいに、非日常のときに読むにはオススメ。
人間なんて、日常は人間らしくできても、極限状態になるとどうなることやら。

コロナ禍でマスク買い占めしたりしているのを見ていると、あんまり変わらないと思うなぁ。
大人も子供も。


 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなプログラマ。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
時々子供のネタなんかも。

ぜひゆっくりご覧ください。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


04 ≪│2020/05│≫ 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


カテゴリー



リンク



ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード