さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

機械には向かない職業

最近は時間が無い上に書きたいこともないというか、書こう書こうと思っても、メモを忘れていたりとか、メモを取っててももう1ヶ月以上も昔だとか、まぁ時間がないのを言い訳に色々サボってたりしますね。

いや、純粋に仕事が忙しいというか、久しぶりに商品としてエンドユーザーに流れる、いわゆるBtoC商品のファームウェアの開発なんてをやってますが(それまでは割合社内ツール作りだったりってことも多かったので、コンシューマに載るブツを作ったのは久しぶり)まぁ胃が痛くなること。

コンシューマを想定した場合だとマニュアルに載っているレベルではなくて、そんな奴はおらんやろ~的なことまでテストだったり確認をするので、実際に作られるプログラムに対して、バグなどの発生率に対する(言い換えれば品質に関する)要求はメチャクチャ高いものがあります。

もっともだからと言って泣き言なんてのは、一介のプログラマがぐちぐち言ってもしょうがないですが(実際に自分の商品に対しての知識不足から来るバグってのもありますし)この辺りの、特に組み込み系開発ってのは難しさがありますが面白さでもありますね。

マジな話をしてしまった。

今後プログラマってのはどうなっていくのかわかりませんが、メンテナンス専門SEとでもいう人達は現れそうな気はしますね。

黎明期にガシガシすげぇ人達がコーディングしてくみ上げたものをメンテナンスする。

メンテナンスって言っても単に配管が壊れたら交換するだけ、ってレベルじゃなくて、情報系のシステムはシステムという完成形であると同時に、時代の要請によって変化をしなければいけない、絶対にゴールというものがないという性質があります。

うん、このメンテナンスができるというのができれば、山のように書かれたC言語とJava言語の世界でも生きていけるかな?と気楽なことも考えたりしますが、やっぱり、エンジニアの仕事は、事務作業を機械化に推し進める一方で、生身の人間の仕事の何割かを奪っているような気がしてなりません。

でも、でも思うのは、やっぱり最後に回帰するのは「アナログの世界」なんですよね。

僕はデジカメの開発を担当している某氏と話をした時に、露出も絞りもシャッター速度も顔認識も笑顔のタイミングでシャッターを決めることができても、構図だけは人間じゃないとできない、と言っておりました。つまり、カメラマンという職業が腕を発揮できる根本のところは絶対に残るわけですよね。

自分の仕事に限らず、どんな仕事でもそういう人間ではなければできないところってあると思うのですが、その分、本当に女衒みたいにモノを右から左に受け流すだけのことをやっている人は、本当に辛い時代になるのかも知れませんね。

スポンサーサイト
おきてがみ

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


05 ≪│2012/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。