さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

具痴

親父が酒を飲みながら、一昨年に自殺した叔父の名前に続けて「迎えにきてくれ~」と叫んでおる。
最近ずっとこの有様だ。

僕自身が正気を保つのも楽じゃない。

スポンサーサイト
おきてがみ

ニーチェ読みのニーチェ知らず(1)

なんかまとまったら書きますわ、と良いながら全然書く間がなくて、なんだか恐縮ですが、最近思ったことなどをメモ書きに。
もっと面白く書けたらいいんだけどねぇ。

ここ最近の活動はFacebookだったりtumblrだったりでブログで匿名で書くことが少ないというか、そもそもブログの投稿欄を開くのがめんどくさいぞ、的な状況だったりもして、さらにはFC2をやめてgoogleのBloggerの方が、Android使いとしては都合がいいんじゃないかとか考えたりもしています。いや本当に。

とか言いつつ自分が使っているLife TouchはAndroid端末でありながら、標準でFC2に投稿するアプリも載っているので、気楽にかいて載せる的には良いかなと思ったりもしているのです。

さてそんな感じですが、まとまってから書くよりも、書いてみたらまとまるかも、的な感じで最近考えたことなど書いてみます
いつもそうなんですが、ブログを長期開けた時に再開するときってのは、最初何を書くかが悩ましいんですよね。

ここ最近の考えていることは、ニーチェ読みからはじまって宗教の問題。
最近ことに宗教の話を考えることが何故か多く、今みたいな時代だと宗教はいい意味で精神安定剤になるというか、メンタルヘルスに通う人(私も含めて)ってのが増えて来たのは、宗教が勢力を伸ばすチャンスなのかもね、ということを思ったりもしたんですね。
だから、宗教でもやるか!とかそういう話ではないのですが(笑)

ずっとニーチェの本は、最初に「善悪の彼岸」を読み出してから「道徳の系譜」・「悦ばしき知識」「権力への意志」「反キリスト者」と来て俄然面白くなってきました。

哲学書の中では、多分かなり異端な書物だと思います。特にニーチェという人の文章の書き方が寓意であったり、アフォリズムであったりという形式を取るので、論文を長々と読まされるというイメージのある世界に比べると、僕の印象では読みやすい、という印象です。一つ一つの章立てが短いという印象もあるんですよね。
だから「がっつり思想を読みたい」とか、大学で論文で使って起承転結で書かれた物を「書物」と考える人だと、逆に断片的で読みづらいのかも知れませんが、僕としては「考えるな、感じろ」の書という印象があります。

僕自身がここに手を出した経緯というのは、ずっとさかのぼること、大本は「葉隠」にいたります。
ニーチェに比べると「葉隠」はマイナーな書物ですし、内容はせいぜいが「武士道は死ぬことと見つけたり」と言う程度の人が多いです。ツァラトゥストラもそうですが「神は死んだ」と言ったり、どうも思想家は死に急ぎが多いです。

さて、葉隠の話ですが、葉隠がどういう書かというのはざっとwikipedia先生にお任せするとして、内容の中で興味を引かれたところを少しだけ紹介しておきます。

葉隠は新渡戸稲造がでっちあげた(ぉぃ)西洋かぶれの「武士道」なんか話にならない以前に、もっと荒削りながら「武士の生き方」を説いた超実践的自己啓発書だというのが僕の偏見での意見です。
うーん、葉隠を「武士道向けに書かれた自己啓発書」なんて解釈はあんまりした人はいないだろうなぁ。
自己啓発書と言っても「武士道は死ぬことと見つけたり」の一文を持ってそんなこと言っているわけじゃありません。昨今の自己啓発書でも「仕事に狂い死にしろ」なんてのも、まぁ希にはあるかも知れませんが、アホ抜かせ程度で相手をされないと思うんですね。

葉隠の面白いところは、そういうかなり高度に「武士とはかくあるべき」という高いところも話していながら、超実践的なことも言っています。酒の飲み方の作法、恋愛の仕方の作法など。
特に恋愛の仕方の作法に出てくる

「逢ひてからは恋の丈が低し。一生忍んで思ひ死にする事こそ、恋の本意なれ」

なんて僕の中では至高の名言と感じます。古文の勉強の復習ですが「~することこそなれ」という係り結び
が用いられ居るほど強い語気で記されているところに注目です。

まぁそれはともかく、そんな「武士向け自己啓発書」の葉隠の中には「死」について考えるシーンがあります。
「結局の所どんな功名を上げたところで、最後には墓に入ってしまう。この世は所詮は幻。自分もからくり人形のようなものよ」
この一文は、後世の人間から見ればニヒリズムにとりつかれたシーンとして解釈され、如何に生きるかを考え続けた挙げ句に「如何に生を完結するか」と考えて、三島由紀夫が割腹自殺を図ったというのは、ことさらに悲劇的であったというしかありません。

・・・で、えーと、本編のニーチェのお話でしたっけ?
そうそう、やっとニヒリズムというキーワードが出てきたところで、次回に続きそうです。

おきてがみ

落合博満「采配」読了

とりあえずリハビリで、本のレビューから。
元ネタはブクレコに載せましたので、もしよろしければ、そちらのフォローなどもよろしくお願いします。

采配采配
(2011/11/17)
落合博満

商品詳細を見る


中日ドラゴンズに、球団史に燦然とした栄光をもたらした落合監督の書。
野球に限らず、指導者の観点でチームを勝利に導くためにこらした多くの、まさにタイトル通りの采配についての微に入り細に入りの解説がのっています。

ちなみに野村克也氏とも同じく、二人で野球の話を始め出すとオタクのごとく話こむため、いつまで経っても野球談義が終わらないとのころ。
それでも二人の指導方法が全く同じではなく、野村監督の代名詞たりID野球については違う見解を示していたりもし、落合監督独特の野球観・人生観・仕事観が見え隠れします。

ただ両者に通じることで共通していることでは「先入観は成長の妨げ」という姿勢からか、選手生命・指導者時代を通じて「学ぶ」「変化する」ということを常に続けてきたこと。
プロの世界の厳しさをどちらもこういう形で表現しています。
野村氏に関しては、余裕が生まれてきたのか、人間的に丸みが出てきたのか愛嬌を感じさせますが、落合氏に関しては、真面目なのかどうにも負のイメージが強いですが「勝負に勝つ」ということに、どんな些細なことも見逃さない。まさに職人的な求道者としての姿勢は、大いに学ぶところはあります。
そして落合氏の言葉で言えば、真理は常にシンプルである、という言葉の意味も含蓄のあるものとなって浮き上がってきます。

文章も読みやすいので、ご一読あれ。
僕は阪神ファンで煮え湯を飲まされた方だけど(笑)偉大な指揮官にはそれ相応の経緯を表すことは恥にはならんですよ。

おきてがみ

やっといろいろ落ち着きました

去年末からいろいろ仕事関係もですし、それ以外のことも含めていろいろありましたので大変でしたですが、なんだかやっとこさ落ち着いた感じです。
って、なんかぼんやりとした日記だなぁ。

ちゃんとしたこと、そして思索に耽って書きためたことを、ちょっとずつ書いてみようと思うのです。


おきてがみ

あけましておめでとうございます

2010_平成24年年賀状

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

昨年は私生活が色々大変でしたので(今年も大変になる予定ですが)
ブログですが、相変わらず「思いついたことをまとめたブログ」の本質にもどって、ちまちま書いていこうと思います。
どうぞよろしくお願いします。

おきてがみ

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


12 ≪│2012/01│≫ 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。