さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

「仕事をしたつもり」読了

読み物としては薄いな~と思いつつ、頭を休めるのに読むのには十分。
要するに「2chまとめサイト」的な読み物なんですよ。
仕事をしたつもり (星海社新書)仕事をしたつもり (星海社新書)
(2011/09/22)
海老原 嗣生

商品詳細を見る


章をザッピングする感じでまとめ。

●質より量が評価される「量の神話」
 たくさん資料を作ったり残業をしたら、仕事をしているように「見られる。」
 ・・僕のようなIT業界では「人月の神話」という名著がありますので、それを想起します。
 とは言っても、未だにIT業界も人月で換算しますね、仕事量を。

 →周りからはどう見えようとも「量よりも質」を置くよう転換する。
  量は誰もわかりやすいから、大量にやれば仕事をしたように見えるけれど、質はわかりにくい。評価されにくい。けど、明らかに大事なのはこちらのはず。

●形にこだわる「ハコモノ思考」
 数字のノルマを設定すると、数字のノルマをこなすことが目的化してしまう。
 ハコモノの最終形が「ビジネスモデル狂」。
 ビジネスモデルは「ハコモノ」であり、大事なのは「コンテンツ」。そこを抑えずに取り入れてもこけるだけ。

●みんなで一緒に考えようという「大義」
 トップダウン組織でお上にもの申すのが閉塞的な組織での「みんなで一緒に考えよう」は手段としては画期的かも知れない。
 でもそれが普遍化してしまうと、逆に「みんなで一緒に考える」ことが目的化し、かえって閉塞感の原因になる。

●業界トップの真似をする「横並び意識」
 業界トップがやっているからウチも・・は、思考停止。
 ライバルがやっていることに限らず、たとえば社内で成功した事例の(何も考えない)水平展開や、ミクロ的には「過去の自分の習慣を惰性で続ける」も含まれる。

 成功経験がある場合「何故成功したか」「他の場面でも適用できるか」を考えずに導入したらダメ。

●安全策と奇策
 安全策と奇策は「熟考していない」点で同じ。
 奇策にも合理的な奇策とそうでないものがあり、前者の奇策を行う。

最後の「安全策と奇策」の話では、実際のエピソードとして写真家の名取洋之助の話があり、その話がこの本での収穫かな。
引用しておきます。(P.206~P.207)

---
 名取がミュンヘンで過ごしていたときに、近くで大火事があり、彼も現場の写真を撮って投稿しました。
 その写真はどんなものだったか?
 美術館の焼け跡で、年老いた芸術家たちが、「自分の作品は大丈夫か?」と悲壮な顔で探しているものだったのです。
 カメラ小僧の多くが、火事で黒焦げになった死体などを投稿したなかで、彼の写真はひときわ編集者の目を引きました。
 なぜなら、彼の作品がいちばん火事の悲惨さを伝えていたからです。
 火事の本質とは、阿鼻叫喚の地獄絵図ではなく、大切なものを失うつらさである。そこに名取は気づいていました。
 そこで目の肥えた編集者はこの写真に最高賞を与え、そのことがきっかけで、彼はウルシュタイン社に採用されることになったのです。
(ウルシュタイン社・・・ドイツの通信社。佐倉註)
---

一応の所備忘録をかねて、メモ書きしてみました。

スポンサーサイト
おきてがみ

プリズムコート

世間の流れを無視して、斜め上を攻めるさくらさんの日記シリーズ。

本当はもう少し前に書きたかったネタなんですが、巷ではバレー日本代表の大会などやっているので、めちゃめちゃ古いゲームを紹介してみようと思いまして。

というのはプレステで発売されていた「プリズムコート」という作品。
プリズムコートプリズムコート
(1998/02/26)
PlayStation

商品詳細を見る


作っているのも富士通パソコンシステムズなんていうゲームハウスとしてはほぼ無名だし、富士通が片手間にやったやっつけギャルゲーという雰囲気がプンプンするんですよね。
まぁ、バレーボールが題材なんで、6人いる部員を育ててチームを育成するとともに、メンバーの誰かと仲良くなって告白されてめでたしめでたし!みたいな。

同じようなスポーツもの+ギャルゲーは、当時は野球を題材にした「プリティリーグ」シリーズとかあったような気もするのですが、あちらはほんとのギャルゲーでした(肝心の野球場面はう~ん。一番打者のセーフティバント・盗塁盗塁、二番のスクイズで楽々1点が定石ってどうよ?なんですが)

ですが「プリズムコート」の方はなかなか気合いが入っています。
攻略本がNTT出版から発売されているのですが、
プリズムコート 公式ガイドプリズムコート 公式ガイド
(1998/02)
不明

商品詳細を見る



この中で開発秘話で語られているところによると、開発時のプログラミングを行ったプログラマーがバレー経験があり、すごくこだわりを持ってこれでもか!という位に作り込んだ、というのがありまして、一応ゲーム内でもパラメータを上げていく育てゲーなんですが、そのパラメータと実際のゲームがメチャクチャわかりやすく育てられていくんですね。

一例ですと、バレーボールの場合、サーブを打つと、初期位置からホーメーションに移動するというシーンはおなじみかと思いますが、そこに移動して相手から返しに対する構えが速くなっていたり、時間差攻撃・フェイントやバックアタック(受ける時はそのフォロー)も目を見張るように成長していくので、ギャルゲーのはずなのに気合い入りすぎの試合シーンがかなり熱くなります。
さらに細かい演出としては、パラメータでは見えない「試合の流れ」などがありまして、たとえば相手に連続してポイントを取られると、テクニカルタイムアウトを取って流れを変える、と言った演出もあるので、試合中もキャラが動いているのをぼーっと見ているだけではないというところで、結構研究しつくした記憶があります。

ちなみに私は、この作品で、セッター役・早苗の声優の演技が好きで、丹下桜さんのファンになりました。丹下桜に「あ・ん・ま・ん」という台詞一部で受けたと聞いております。(下の3分目くらい)


あと余録ですが、この作品、プロデューサーの趣味満開で、ガンダムやエヴァを始め、アニメのパロディネタ満載という隠れた楽しみがあります。
プレイ動画もニコ動で「プリズムコート」タグがあったりしますので、お暇な方は是非~。
http://www.nicovideo.jp/tag/%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%88

おきてがみ

仕事話

いろいろ仕事の話を耳にして、そして悩んでみたり。
悩むというのはまだ幸せな方なのかもしれんなぁ。。。


おきてがみ

イベントは「神様」の努力も大事

就職活動をやってもいるのですが、やはりそういう時期でもたまには息抜きをば。
という感じで、昨日は京都のヒトマナビカフェでビブリオバトルに参加してきました。

今まではあくまで見学&投票担当をやってきたのですが、今回初プレゼン担当。しかもよりによってトップバッターをくじで引き当てるというなかなか難しいポジションでしたが、初参加にして初優勝という名誉を戴きました。二度目以降がプレッシャーになる次第です。

で、自分としては練りに練った作品を選んだ・・というほどでもないのですが、無事に勝利をするとまぁ嬉しいものでありますね。

思うに、こういう一般参加型のイベントでは、非常に難しいところですが「お客様の立場でも盛り上げる心は必要」という風に思う次第です。
映画のように観るだけのものはどうしようもないですが、たとえばコンサートでもアンコールを要求?する拍手についてもおざなりでやるよりは「オーチン・ハラショー!」という叫びに近い気持ちの乗った拍手をするというだけでも、相手に伝わるものと思います。

僕が好きでよくいく、さだまさしさんのコンサートで、フェスティバルホールの記念イベントで、
・1度目のアンコール(←普通は最初のアンコールはお約束ですよね)の曲が素晴らしかったので、緞帳が下りても拍手を続けている。
・アンコールのアンコールで、ギター一本で一曲。
・それも心にしみるので、拍手を続けている→ホールから「全ての曲目が終わりましたので・・」と放送があってもまだ拍手
・3度目のアンコールでさださん登場。歌はないけれどMC挨拶。手を振って退場。緞帳が下りても拍手鳴り止まず。
・4回目舞台袖に出てきて、手を合わせてごめんなさいのポーズ。ホールから「全ての曲目が終わりましたので・・」の放送で観客爆笑。退席始まり。

ということがありました。さださんやスタッフ・ホールの方には迷惑だったかも知れませんが、主催された方にたいする讃辞というのは、こういう風に示すモノだと思います。

---

いろいろなイベントについては参加する時には「行って面白くなかった的」な感想を抱くよりは、大きなイベントでも小さなイベントでも「行く以上、楽しむ。楽しくなくなりそうなら、楽しく盛り上げてやる」という気持ちでイベントは参加するのが面白いですし、絶対楽しめます(笑)


同じく別のある人のアーティストのライブに行った時も経験があるのですが、その人はさだまさしほどトークがうまい人ではなく、MCの中で冗談を言っても微妙な空気が漂うところがあったのですが(しかも大阪なので、笑いに関しては多分アウェーだと思うんですよ)「面白くないですか?」と不安げに言われたりするので拍手で盛り上げたりする、ということもありました。

まぁ「お客様は神様だ」なんて言葉を間違って解釈して「ちっ、つまんねーよ」と思うよりは、「金と時間を払った以上、楽しんでやれ」と思いますし、逆に言えば「お客様は神様」なんだったら、神様の振るまい次第で、いいものもダメなモノも決まるんだ!くらいの感覚を持ってもいいなと思います。

「葉隠」にも「酒席に呼ばれて行って盛り上げて「良い客を呼んだ」とホストに思われるようでなければ、行く価値がない」てなことも言ってますしね。

で、自分自身に関するエピソードも一つ。

私の結婚披露宴の席での話ですが、正直なところ、披露宴ってお客さんは一応主賓の盛り上げに来ているのですが、呼ばれてくるのは親戚だったり初対面だったり会社の上司だったりの混成チームのお客さんを相手にやるというわけで、ホストの立場で考えると、頭を捻るところですよね。
新郎新婦の自分たちは主役で有りながらホストでもある。来て貰う以上、楽しい披露宴にしようというのもあったわけです。

そこで雰囲気作りのためのトップバッターが肝心ということで、先頭のスピーチを誰にするか。

色々考えた結果「憎まれっ子世にはばかる」を地で行くような不良な伯父(とは行ってもホテルのレストランの支配人まで行ったので、経歴では立派な人)にスピーチを頼むことにしました。しゃべりが達者なのですが、底なしの酒好きなので「披露宴で酒飲めないじゃん」とぼやいてました。それでも何度もお願いして話をしてもらいましました。

そのスピーチそのものは無難にまとめていただいたのですが、その伯父がスピーチを終えた後に席に戻る途中で、ガッツポーズをしながら叫んだ一言が忘れられません。

「よっしゃー!飲むぞー!」

これで会場が爆笑になったのは言うまでもありません。同席してた祖母(くだんの伯父の母親ですね)は「何を言い出すかと思った」とヒヤヒヤしたそうですが、僕としてはあの伯父の叫びで場の空気がゆるんだところは、思わず出た一言か、立場上こういう場所になれている伯父の腹芸なのかわかりませんが「ゲストの心得」みたいなものを感じた一瞬でした。

イベントはほんと「客はお金や時間を払って盛り上げる」という大事な仕事があるんですよ。
それだけで、大半のイベントは面白くなりますよ。

おきてがみ

近況など

10月末に仕事で瑕疵が生じたこともあって、元の会社を退職ということに相成りました。
はぁ。。。

そんなこともあってしばらくは仕事は無いので時間はあるけれど、遊んでばかりもいられない、という状態で、お仕事探ししたりちょっと休んでみたり、色々複雑な気分でした。
むぅ。プログラミングの仕事というのもしんどい。。。。

久しぶりに本来の自分のホームページであるさくらのみやの方のデザインの更新。一応ちゃんとしたホームページってのはありまして、もう10年以上続いています。

でもって大昔のタグ手打ちなんて時代に作ってそのまんまなので、なんだか世間ではHTML5とか言っている中で、手作り感溢れるのがいまだに残っているのも、なんだか・・と思いつつ、実用としては全然困らないのでまぁいいかという感じ。シンプルなのも悪くないのであります。

あと、べ、別に隠していたんじゃないんだからね!というわけではありませんが、tumblr別室を正面のサイトからリンクを張ることにしました。正直、私自身の中で一番稼働率の高い媒体がtumblrじゃん!という事情もあったりもしますが(笑)そこはそれとして、こちらの方もぜひご愛顧ください。

おきてがみ

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


10 ≪│2011/11│≫ 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。