さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

高野山・・・までは行かず

先週の、思いつき鉄道旅行ですが・・・。

今回は南海電車が乗りたい・・というよりも、電車で高野山に行きたい!という感じでいろいろ思案していましたもので、赴いてきました。

高槻からは阪急→堺筋線と懐かしいリワーク時代のコースをたどりながら、終点の天下茶屋で南海電車に。

昔はなんばから直通で高野山行きなんて出てましたが、最近は橋本で一度乗り換えるんですねぇ。
以前は実家が高野線沿いだったので縁のある線でしたが、改めて乗ってみて思ったこと。

・子供の頃はすご~く遠いと思っていた河内長野駅が無茶苦茶近いこと(少なくとも高槻~大阪よりは、天下茶屋~河内長野の方が近く感じた)
・三日市町以南がすごく開拓されていたこと。
・橋本以南が高野線に乗っていて一番面白い!と思ったこと。

せっかくカメラ持っていたんだから、橋本駅でいろいろ撮りたかったんですが、天下茶屋から乗ってきた急行で、高野山行きの普通に乗り換えが2分しかなく・・しかもそれを逃すと30分後とかになるので、あんまり写真は撮れず!でした。

でもって橋本から先が高野線の本領?発揮というか、まぁすごい山の中を走っていて、ほとんど登山鉄道ですね。

2010_PA236269.jpg


よくぞこんなところに80年前に切り開いて作ったなぁ・・と感心します。

天下茶屋~橋本までは、距離にして40キロを40分くらいで走りますが、橋本~極楽橋間は20キロくらいの距離を40分以上かけて走るので、かなり険阻な山岳路線という感じです。

そんな感じでうねうね登山路線とトンネルをいくらか越えて極楽橋に、天下茶屋を出てから約1時間半ほどでした。

ここでは極楽橋からケーブルカーで普通は高野山まで登るんですが、今回はそれが目的じゃないので、極楽橋駅で下車。
ここまで乗ってきた客は100人くらいはいたんですが、ほとんどケーブルカー直行で、極楽橋でわざわざ降りたのは僕の他には山登りの格好をした老夫婦の3人だけ(笑)

2010_PA236260.jpg

ほとんど降りる人いない改札口。

2010_PA236263.jpg

いわゆる「極楽橋」はこれのことですね。

ここから先の高野山までは行かず!というか、ケーブルカーが往復だけで結構お金かかるってのもあったんですが、なにせ本数が1時間に2本とかですので、下手に乗ってしまうと、極楽橋~高野山を往復するだけで1時間かかる・・というのもあって、ここで引き返すことにしました。

帰りはさすがに特急↓で帰りました。。。

2010_PA236267.jpg

画面いっぱいになっちゃってますが、これ以上は駅の端っこだったので、引けなかったもんで。。。レンズの広角一杯です。

おまけ:
南海と言えばこいつは撮っておかないと、てな感じで。

2010_PA236273.jpg

ラピートも登場してからそこそこ年数立つんですが、いまだに存在感大かつ飽きさせないデザインですね。

スポンサーサイト
おきてがみ

DiSC理論なんてどうですか?

昨日の話なんですけれど、研修だったんですよ。

DiSC理論に基づいた自分の性格分析と他者の分析と対策を学ぶ、というSSTだか認知行動療法あたりでやりそうな内容でした。

DiSC理論では、
D(引率型)、i(感情型)、S(安定型),C(慎重)の4つのタイプに性格分けをするんですが、自分がどのタイプかってのを簡単に試験するんですよ。

自分としてはSC系に出ると思っていたのですが、出てきた結果はD型。どうみてもリーダー気質じゃん!ですよ。

こういう研修でリーダー扱いされると大変というか、ロールプレイをやったり、決め毎をやるときには、常に一番に手をあげることごが多くなりますね。必然敵に(笑)

リワークのSSTによく似た内容で。興味深い内容でした。

おきてがみ

失敗ノート

ここ一週間ほどは最近買ったwiiで遊んでいて多忙でありました。
久しぶりにコード書き。そしてなんていうか、何でも屋状態。
スペシャリストを極めるのも大事だけど「プログラムを書く」という一点だけでゼネラリストを極めるというのも面白かったりするのかも。

他の人は実現しようとする機能があって、それを実現するためにプログラミングをしたり、という感じなんだろうけれど、プログラミングそのものを極めるという行為も一つ面白いんだろうけれどな。

3連休はあんまり休んだという感じはせず。
ほとんど出かけもしなかったけれど、気持ちも「何かしないと!」と思いまくられた感であんまり休めなかったような。

あと、仕事では「失敗ノート」を作るという発想が面白かった。
何の本で読んだのかなぁ。立ち読みでちらちらと読んだ本で見かけたけれど。

おきてがみ

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


09 ≪│2010/10│≫ 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。