さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

1/26-27の日記のようなもの

1/26
この日は風邪気味で自宅待機。
twitterとtumblrでだらだらと遊んでました。

休養の一日です。

1/27
この日は認知療法をやるところでしたが、午後から面倒になんてストレッチに変更。
思うところがあって、身体を動かすことに集中してました。
センターに行くと、昨日休みを受けて、月曜日のリアルなSSTにかなり重たいことを言われて、へこんでいるのか?
みたいなことを質問されてましたが、火曜日のお休みは、むしろそうじゃなくて、トータルパッケージの責任感に耐えられず、でした。

この週はなかなかへヴィな週が続きます。


スポンサーサイト
おきてがみ

1/25の日記のようなもの

1/25。
今日は午後のプログラムはSST(ソーシャル・スキル・トレーニング/対人技能訓練)でした。
その寸劇形式のロールプレイの演目のシナリオ書き+主役でやることに。

朝は少し遅めにセンターに行き着いたんですけれど、なんとか朝のミーティングに間に合いました。
その後は、眠いのを我慢して、先のエントリの下書きを書いてみたり。うーん、昔に比べて毒気が無くなってきたのかなぁ。毒のある文章というよりも、読み手を唸らせる文章を書く方が自分としては理想です。喧嘩を売るだけの文章なら、簡単に書けます(笑)

午後から問題のSST。テーマは「高圧的な態度に出る人から仕事を頼まれた時の断り方」。この演目では、この「高圧的な態度」の役をどなたにお願いするか、とても悩んだのですが、復職センターに適材のスタッフの方がいたので、お願いいたしました。

実際そのシナリオでやってみると、あの手この手で仕事を押しつけてくる人、という役を、職員さんがうまく演じてくださったおかげで、僕としてはかなり心理戦を強いられることになりましたが、心理戦を強いられるくらいでないと、実戦向け訓練になりませんので、頑張ってやりました。ああ、これで一つ山を越えられるといいなぁと思います。

対ストレスってのは、ほんと難しいですよね。降りかかる火の粉の払い方、というのは、きちんと学ばないと、お人好しもほどがある、と言われてしまいました。

僕に戴いたアドバイスとしては、話を積極的に同調しようというのは、協調性の表れだと思いますが、断る場面ではきちんと断らないと、それが仇になるので・・ということと、自分の中で芯を一本通して「ならぬものはならぬ」を壊れたレコード技法でやることも大事だということ、あと、相手の話のペースに自分が引きずられないように気をつけてください、てなことをいただきました。ありがたいことです。

おきてがみ

自称毒舌家

私的な理由から、毒舌と悪口の話を書いてみたいと思います。

事の発端としては、twitterの自称毒舌家が毒舌と称するものを垂れ流しているという現象について、というものですが、こういう存在ってのは、正直なところ、twitterみたいなものが主流になった時代から増えたものではないんですよ。
最近だと、ブログでもそういうところはありますし、昔のホームページの時代からでもそう。
そういう世の中に対して挑発的なことを書いて遊んでいる人達というのがいますよ。昔からそういう存在は。

で、さて毒舌家についてですが。
毒舌って人ってのは、大抵悪口を書くことが毒舌だと単純に思っている人もいます。そんな風に偉そうに物を言われると、恐れ入ってしまうという人もいるのかも知れませんが、単に口が悪いだけでは毒舌家にはなれません。

もっと言えば、口調が上品なだけで辛辣な言葉を吐くだけでも、毒舌家というものにはなれません。上品&辛辣な口調をしていても、内容が伴っていないと、毒舌にはなれません。

そもそも毒舌家というのは「僕に言わせれば」まず「自称毒舌家」なんていうものがありえません。
普通は集団でコミュニケーションを取る中で(ここでいう集団は、最小単位である1対1でいいと思いますが)その中で「お前の言うことは口は悪いけれど、もっともだと思わせる部分がある」という相手からのレッテルを貼られて、初めて「毒舌家」という呼称が成り立つものです。毒舌家というのは、相対的評価で成り立つ物だということです。つまり「あいつは毒舌家だなぁ」と周りから評価されるものだというのが僕の意見です。

では、その相対的評価を成立させるものは何か?となると、おそらく「聴衆のセンスに訴えることができるか」というものになるでしょう。

毒舌家の多くというのは
1.「聴衆の多くがなんとなく思っているけれど口にできないこと」を上手く拾って
2.それを誰でもわかる言葉という形にして、
3.笑いに昇華できる
というカタルシスを提供できる存在で、初めて成り立つ「話芸」です。
(+4.誰も傷つかない、まで到達できるようになれば「神」として称されることでしょう)

この形の芸というのは、一見すると言いっぱなしに見えるのですが、実はそうではありません。

僕の中での「毒舌の師匠」と言えば、今は隠居の身の上岡龍太郎氏に尽きますが、これというのは、まず若い頃に2と3を徹底した鍛え上げた上で、自分の思っていること、すなわち1を開陳するだけで、毒舌家として評価されていたのではないかと思います。
(僕自身は、客観的には、1と2をやろうと思えばできますが、3ができません(笑))

ブログやtwitterなどで、簡単に素人でも意見を発信できるようになると、1をやるだけで毒舌家と自称しているようにも見えます。筒井康隆の持論をベースにした僕の文芸哲学は「表現はすべてオナニー行為」なので、誰が聞いても不快な自称毒舌家のtwitterのつぶやきは「不快なオナニー」でしかありません。(※イメージ画像省略)

そこで「不快なオナニー」以前に、まずは「twitterでのつぶやきそのものが、フォロワーに押しつけるオナニーである」と発想を変えてみます。これはtwitter独特の特性ですね。

よっぽど普段から面白いネタを提供している人や、はじめからオナニー行為そのものにプレミアムがついている有名人を抜きにして、普通の人の「どろりっちなう」的なオナニーなんて、大概面白くないと思います。思いますじゃなくて、おもしろくないです(断言)

なのに、さらにそれに重ねて、それでもなお自分の「不快なオナニーを面白がって押しつける人」というのは存在します。いわゆるtwitter上の自称毒舌家の存在ですね。

過激な物言いで、耳目を集める、という目的の人もいるんでしょうが、その手法は正直飽きられます。もっと過激なオナニーをする奴が出てきたら終わりです。それにそれをやるのなら、よっぽどか2ちゃんねるでコテハンでやった方が、煽りもレベルが高いので、腕を鍛えられるでしょう。
twitterみたいに比較的初心者的な普通のネットユーザーがいるところでやる輩ってのは、チキンなんじゃないかなぁ。要するに本格的に「煽り・煽られ」がメインの2ちゃんねるに入っていく根性なしじゃないの?ということです。

その他で考えられるとなると、自称毒舌家ってのは、そう考えると、前もって「自分は人を楽しませるという気はさらさらないよ」と喧伝しているのと同じということです。
うちは客の注文をイチイチ聞かない!というお店がありますが、あれと同じかと。

しかしこのやり方で商いをするなら、相応のカタルシスがないとだめでしょう。

いや、そういうのがいいっていうお客さんというか、需要はそれなりにあるのかも知れませんので、供給とのバランスは、ある意味一致しているのかも知れません。そうなってくると、世の中にはツンデレ喫茶や、もっと過激なもの(がありましたよね?)もあることを考えると、そういう需要もあるのかなぁ。。。と遠い目をするしかないですね。その点に関しては「語り得ぬものには沈黙」です。

そしてそのやり方が長く広く恒久的に続けられるか?と言うと、正直難しいんじゃないかなぁ。
毒を吐くのが自分のステータス、というのもいいんですけれど、あんまり意味がないアドバイスですが、それでいいんですか?あんたの人生は、という指摘くらいしかできないです。

おきてがみ

勝手にスイッチ さくら日和版(1/25)

明日時間があれば、だっしーさんのモヤモヤ感を勝手に受けて「毒舌と悪口」の私見を載せてみようと思います。
うう。そういうことは昔さんざんやったけれど、久しぶりだなぁ。そういう、少し前なら揉めそうなネタをやるのって。

ということで、スイッチ
----
勝手にスイッチの企画は、atsuさんの出題に回答し、ブログでトラックバックを送ることで参加する企画ですので、ブログの更新ネタに困ったりしている人にもお勧めです。年に何度かオフ会なんかもあります。ぜひ新規でご参加お待ちいたしております。
----


1.自分を捨てた父親に、印税で家を買ってあげた麒麟・田村は
○孝行者だ
 お人好しだ

どっちともとれますね。いいんじゃないでしょうか。「生んでくれたことが最高の幸福だ」と定義すれば、恩返しとしては当たり前かも。麒麟の田村は、運良くそれを「出世払い」ができる境遇にあった、と。

2.江川事件の「空白の一日」のからくりについて
○説明できる
 説明できない

一応野球は好きですので。小林繁さん、僕がタイガースファンになったころのエースでした。合掌。

3.韓国は、北が核を撃とうとしたら先制攻撃するそうです
○頼もしい
 やめろ

勝手にしときなはれ。どっちも口だけ合戦なんだから。

4.バスクリンのメーカーといえば、ツムラだと
○即答できる
 即答できない

一応。

5.貴乃花曰く「日本中の小中学校に土俵を作って相撲を必修にしたい」
 いいですね
○えー、やだ

野球を必修にしてください(笑)

6.神社の敷地が市有地になってることを違憲とした最高裁判決に
○納得できる
 納得できない

当然じゃないでしょうか。
訴えを起こした側の人間がキリスト教系の痛い人だとしても、理屈は正しいです。
順序としては、神社の土地を市有地にした、だと思いますが(たぶん神社の方が古そうなので)そういうねじれは綺麗にしておくべきだと思います。実際大変なんでしょうけれど。

7.「朝令暮改」と「朝三暮四」は、混同しても仕方ないと
○思う
 思わない

実際間違える人は多いと思いますが・・。
それをいろんな意味で批判したり持ち上げたりたたいたりする、いわゆる政局ネタとして拾うことには疑問です。
(これは麻生前総理の漢字ネタの時にも思いましたので)

8.我が家のHDDは、総容量が1TBを
○超えてます
 超えてません

とっくに超えてます。

以上です。



おきてがみ

1/23-24の日記のようなもの

追いつくとまた離されてしまう・・・日記をつけ続けるってのは、エスカレータを逆走するような気分ですね。

1/23。
最近はずっとのどが痛くて、風邪か何かわかりませんが、ずっとのどの奥にイガイガ感が。
ついでに言えば、先日のモヤモヤを引きずっていることもあって、午前中はずっと寝てました。

午後からtwitter+tumblrでお遊び。遊びながら、勝手ながらだっしーさんのモヤモヤらしきものを勝手に分析して、ちょっとした文章を考えました。下地を明日にでも書いておいて、エントリにしてみようかと思います。

午後からどうしてものどの痛さが気になるので、再び耳鼻科に。抗生物質とかもらいました。なんなんだろう。。。この感覚。待合の時間の間に、切込隊長氏の「ネットビジネスの終わり」を読んでました。意外にさくさく読めるな~という感じ。

夜は温泉に行きました。高槻の近所の温泉です。元旦にも行きましたが。
でも少し湯につかっている時間が短かったのか、微妙に身体の芯が冷えが残った感じが。サウナ入れば良かったかな、と。帰りにブックオフでCDを買って帰りました。

1/24。
朝9時頃起床。嫁さんの要望で、京都の山奥をふらふらドライブをすることに。
10時半頃家を出て亀岡方面に。亀岡では並河にあるラーメン屋「来来亭」に。来来亭は、ここか野洲本店が一番おいしい!と勝手に思っておりますw

ついでそのまま、北上して、27号線沿いに、道の駅「和」に到達。道の駅好きとしては、ここは結構特産品とかも売ってて良かったかな。猪肉と鹿肉を売っていたので、鹿肉の刺身を買って帰りました。

そしてさらに北上して綾部に。ここでは道すがら立っていた「あやべ温泉」の幟に惹かれて、あやべ温泉に行ってきました。入ったときはそんなに熱くは感じなかったんですが、上がってからホカホカしていて、今日みたいに真冬なのに、汗がじんわりと出てきました。今日はサウナは忘れませんでしたよ!
この時は、温泉に入る予定がこの日のドライブではなかったので、温泉道具を持って行かなかったのですが(タオル類は店で購入)うちらが出かけるときは、温泉道具は使う・使わないは別にしても、持って行くべきだなぁと実感しました。

そんな感じで晩まで放浪。
日曜の晩方に放浪なんて、鬱になる前の僕では考えられなかったんですが、最近はその辺りの意識の変化を自分でも実感する次第です。
月曜日をいやぁぁぁぁぁ・・と思うくらいなら、日曜日を充実!これは復職センターにいた人と話すことによって得られた答えですが、こっちの考え方の方が明らかに「お得」ですね。

おきてがみ

1/22の日記のようなもの

追いついたと思ったら、また離れました・・。昨日はのどが痛いため。。。ご容赦ください。
昨日にかぎらず、今日も本来は早めに布団に入る予定だったのですが。。。

1/22。気分転換にいつもと違うルートで出所しました、が、混雑で最悪。あうあ~。
センターにて読書。いつもと変えて、「白銀の城姫」というライトノベルを読む。ラノベがんばって読みたいのを増やしたいなぁ。
昔の富士見ファンタジア世代からすると、すごく軽いよ、って感じに。

午後から認知療法のプログラム。
でもすでにテーマがリアルすぎて、みんな適応思考がでず、若干gdgd感のある演習になりました。うぎゃー。

問題発生の時は、プログラムを終わったときに全員からの感想。
認知諜報はテーブルについた人は、新たな適応思考を挙手をしながら考えていたわけで、僕なんかは議事進行のためにいろいろ意見を言ったんですので、その最後の方にかなり「アグレッシブ」というような感想をいだきました。
その直後に、別の利用者のKさんて方が臨機応変利かせて事なきをえましたが、触発状態で、どきどきです。

おきてがみ

第888回「折り紙で何が折れますか?」

こんにちは!トラックバックテーマ担当の加瀬です! 今日のテーマは「折り紙で何が折れますか?」です。 縄跳びやけん玉やあや取り…。私たちが子供の頃は、素朴な遊びに、楽しさがありました。皆さんは子供の頃、どんな遊びをされていましたか私は、折り紙を折るのが好きだったんですが、その割には折り目を付けたり、複雑な折り方をするのが苦手で鶴を折れるようになったのは、なんと二十歳を超えてからでしたあじさい、パクパ...
FC2 トラックバックテーマ:「折り紙で何が折れますか?」



指先が下手な僕がやると、いつも自分の心がへし折れます。

おきてがみ

1/19-20の日記のようなもの

やっとリアルタイムに追いつくことになりそうです。

1/20。
この日は通院でしたので、いつもと違う経路で通院。まっすぐ復職センターに通うのに比べて遠回りなので、ちょっとばかり時間がかかりました。

本当は駅から病院まで歩きたかったんですが、診療予約時間に微妙に間に合いそうにないこともありバスをちょっとだけ利用。それはまぁいいにしても、病院で薬待ち一時間には参りました。
そこから復職センターに移動。着いたのは昼前でした。

センターについた時には、なんでも最近私に似た別の人がいる、というので話題になってました。えーそうなのか。まだ話したことないけど、どこかでそんな機会があるのかも。

午後からはトータルパッケージという簡易事務作業。今回は日報の仕事計算。どんどん複雑になっていくんですが、ノーミスでクリアできたので、とりあえず安堵。基本は自分の肯定なので、素直に喜んでおきます。やったね☆(違)

ここで話をしていたことですが、最近は自分がセンターでのいろんな話の情報源みたいになっていることがあるんですねぇ。自分がいわゆる情報のハブ化しているという実感はなかったんですが。。。基本的にネタ師なのは、昔からだったりしますけどね。ただそのセンスが受け入れられるかどうかだけで・・。
会社に戻ってからそれがやれるのか・・・不安がよぎったりします。

1/21。曇天でした。
朝はラッシュ時出所。混んでますね~という感じですが、頑張っていきました。たまにはこういうのにも慣れておかないと。

午前中は趣味半分の小説書き。書いては消しでなかなか進まない。
風邪気味なこともあってぼんやりという感じもありますが・・。長編をやめて、短編を一度勢いで書いて、それから仕切り直した方がいいんだろうか?

午後からこの日は特にプログラムがなかったので、ぼーっと読書をしていました。
「脳に悪い7つの習慣」ところどころにいいことが書いてあります。

そんなことをしていると、SSTの資料作成の依頼が。ロールプレイというか、寸劇用の台本を書くというのをやってました。台本を書いているうちに、なんか自分の中で収拾がつかないというか、会社の中で、自分が苦手としている人やそういう状況を思い出して、一人で落ち込んでました。うーむ、これはどこかで整理しないとダメなんだろうな。
思い立ったが吉日とばかり、メモだけしておいて、早めにやるべきでしょうね。

センターが終わってから、既にセンターを卒業されて、復職されている方などが面談でこられていたので、喫茶店でお茶をしました。人間、意外に引き出しを隠し持っていたり、あるいは、自分の悩み?についても

「まず言葉で発する」

これが大事なんだなと思いました。ブログに最近、自分の心の中を書き始めたのは、そんなことも影響しています。ブログのタイトルを「とはずがたり」とかに変えようかな(笑)

おきてがみ

1/18-19の日記のようなもの。「現象学入門」感想

政治ネタにツッコミつつ、振り返り日記とよくわからない状態が続いてますw
政治ネタ・・検察やりすぎ!って意見もあるけれど、どうなんでしょ?すごく無責任ですが、政治なんて検察みたいな存在も含めての権力闘争でしょ?と思ったり。
もう一つ、外国人参政権の問題もありますが、これについては勝手に推理ではないですが、もう民主党で法案を出して通すだけ、って段階になって、尽力した小沢がどこからかの手によって、タイミングよく検察の手で葬られようとしているのかも、なんて、陰謀論好きの人たちに受けそうなシナリオを考えてみました。

「狡兎死して 走狗烹らる」

という言葉を思い出すのは、私だけだといいんですけどね。

1/18。
午後からキャリア演習という自分の今までのキャリアを振り返る・・という演習を行う予定が途中で変わって、グループミーティングというお題を決めて行うディスカッションに参加しました。

テーマは「ワーク・ライフ・バランスについて」でしたが、正直、自分自身でもこの言葉の定義を正確に把握していなかったこともあって、あらぬ方向に議論が行ってしまってました。なんていうか正直グループミーティングと言いつつ、挙手までして話をしているのって自分だけだった。

元々他のメンバーの時でも、積極的に話をしていた口なんで、いいのはいいんですが・・・。
僕一人だけ話ししても、全然ミーティングにならんやん!

とは言っても、こういうのは慣れ度もあるので、まだまだかなぁ。
話の得意そうな人を見つけて、育てて、とすれば、いいのかも。

1/19。
風邪かどうかわかりませんが、朝から扁桃腺が痛くて目が覚めました。元々扁桃腺は肥大気味っていうか、自分の身体の弱点なんで、気をつけていたんですが。
風邪だったら長引かせたくないので(しかも、復職センターは今年は基本皆勤賞なので)薬だけ貰いに行こうと、耳鼻科に。診察で1時間近く待ちましたが、結構人気がある上に腕のいい先生なので、仕方ないですね。

午後から復職センターで、メンタルトレーニング。この日やったのは、筋弛緩法と自律訓練法でしたが、これは結構受け入れられるようになったかな。

夜は自宅で「現象学入門」読み終えました。



現象学は復職センターの中の人と話をしているときに聞いた分野ですが、物の見方としては興味深い部分がありますね。哲学ってのは、物の見方、すなわち「俺に言わせれば」の学問だと思いますが、現象学の中では、いわゆるエポケーの概念、暫定的に主観をあくまで優先した上での物の正確な見方(もっとも、それ以前に現象学では、正しい状態とはなんぞや?みたいな問いかけもありますが)を追究する辺りの、エッセンスは十分くみ取れたかな、と思います。

この続編になると、竹田青嗣現象学、とでも言うべき物(=エロスについて)になるのかなぁ。
物は「見えている」のではなくて「見ている」。
この意識の違いがわかれば、個人的には大いに得るものがあったのかなと思います。

おきてがみ

1/16-17の日記のようなもの。および国会の印象について

一応政治ネタブログをやっている端くれとして述べてみますが、今日から始まった国会はひどかったみたいですね。
消極的な自民支持派というか、ゆるゆる保守派としては支持するところもないですが・・・与野党が入れ替わっても、国会って終始揚げ足取りなんですよね。国会でこんなことやっていながら、若者が政治に興味が無い、なんて言っても説得力ないですよ。案外若い人は真面目に政治やれよ、って感じで冷淡に眺めているのでは?と思いますね。どっちも揚げ足取りみたいな真似というか。
同じ若者が興味を持たないのなら、真面目に政治をやるべきなんじゃないの?と思います。もちろんマスコミは腐ってますけれど。
今はテレビ的なやり方が主流でしょうけれど、岡田斗司夫さんが言うところの「テレビにありがたみを感じない世代」すなわち、今の20代以下には、全く通じない手法というか、今やっていることは、いずれ批判される時が来るんだと思いますね。上手く言えませんが。もっとも将来のことなんて、どうでもいいんでしょう。
tumblrで流れていた意見ですが、JALの企業年金問題における、OBと現職の構図。即ち「もらえる物もらえるなら現役がどうなんてもいいや」というOBの意見は、今後の高齢化社会における高齢者の意見ととらえても問題ないでしょう。JALの事は、そのまま社会そのものにも適用できそうです。あれは一つの日本の未来像だと思います。

では日記。

1/16。この日は結局のところ、何かもやもやしたものを引きずっていたのを解消すべく、午後からですが、買い物に出かけました。もやもやの発散というのは考えたりもしますが、大きく出費をできない時ってのは困るんですが、本屋さんでこういう時には、週刊アスキーを買うってのが、懐がさほど痛まないストレス発散出費に向いている!という事に気づきました。週刊アスキーのファンの方ごめんなさい。でも時々読みたくなるんですよ。唐沢なをきの漫画とか面白いし。ほんと、コストパフォーマンスがいい雑誌だと思います。

1/17。この日は阪神大震災の日です。15年前のくだんのことは、やはり忘れられません。17日になると思い出します。必然的に。
午後から嫁さんとなんばパークスに買い物に行きました。もやもや発散の事もあって、買い物をしたというのもありますが、昼食でいいものを少し張り込んで食べてみたり、そんなことで話をしてみるだけで気分転換にもなりますね。
少し健康の事も考えて・・・というわけではないですが、万歩計を買いました。最近の万歩計はすごいですね。昔は万歩計というと、ベルトや腰回りにつけて・・というイメージがあったんですが、最近のはポケットに入れていたり、ストラップで首からぶら下げていても、ちゃんと計測できるようになっているんですね。3000円くらいしましたが、実際使ってみると、意地でも一万歩歩こう、なんてことは思いませんが、一歩一歩に対する意識というのは違うので、これはとてもで大事なことじゃないかと思いました。あと、メモパッドを買ったり。少し前にも書いたのですが、ROHDIAのNo.11のメモ帳に使えるカバーを探していたのですが、適当なのがあった、というところでしょうか。
晩方には、少し嫁さんの実家に顔出ししました。自分が今抱えているようなもやもや感を話をしてすっきりした、ってところでしょうか。大事です。人と話をするのは。でもいつも思ってしまいますが、嫁さんの実家に行くと、なかなか話をすることが思いつかないことがあって、まだまだ自分の至らなさを思い知りますね。



おきてがみ

1/12-15の日記のようなもの

まとめていくよ~

1/12。この日は雨天でした。雨天になると復職センターに来る人は目に見えて少ないです(笑)雨天は、晴れの人でも憂鬱になりますものね。
午前中はセンターのアシスタントさんと面談。僕の面談は、相談というよりも、基本馬鹿話が多いです。しかも、他の人は週末に面談を希望する中で、週明けという、時間に取っているせいか、アシスタントさんが時間が余っているせいかいつもダラダラ馬鹿話してます。お笑いについて議論してみたり。カウンセリングなんだろうか?
午後からこの日はSST。対人技能訓練です。最初はオブザーバー参加で、他の人が寸劇をしているのを意見していだけなんですが、時間が余ったととかで、急遽SSTの主役に指名されて、参加することに。
いきなり回ってきたこともあってか、緊張なんてする暇もなく、舞台設定も慌てて作ったのですが、却ってそれが奏功したのか「見事な演技」と後日賞賛されることに。そこは素直に喜んでおくことにします。
ちなみに僕が設定した舞台設定は「休職期間で仕事にブランクができて、それを埋めるために、後輩に資料などの説明をしてもらうときにどうするか?」というものだったのですが、僕としては丁寧に教えてもらおうと下手に話しかけていたのですが、後輩に対してその口調だと卑屈に見えてしまい、却って気を遣われる、という意見があり、自分では気づかなかった視点なので、すごく参考になりました。

1/13。この日から徐々に早めの出所に。しんどいけれど、実際の仕事に行くことになると、これ以上早い出社になるので、ペースを徐々に上げていかないと、という感じ。
ただ、復職センターに出所はできたものの、作業というか、いつも復職センターでは、ノートパソコンを持って行って趣味で小説を書いたり日記のまとめをしたりしているんですが、どうにも乗り気になれず、近所の文房具屋に許可をもらった上で、買い物に行きました。芯がくるくる回るクルトガとか買ったんですけど、なんかいまいち・・・。
ただこの日は、自主作業でやっている小説書きはダメダメだったんですが、他の利用者さんで、おもしろい話相手をする女の子とかいたので、まぁ一つ変化があって良かったかなぁ、という感じ。たまにはこういう変化もないと。

1/14。先日から少し早め。自宅を8時自宅出発ですが、復職して仕事に戻ると、もっと早い時間だしなぁ。まだまだです。
午前中はセンター内で、ちょっと雑談をしたことが契機で、また新たな人脈を広げるとともに、別の悩みを抱えることに。頼むから、カウンセラーじゃない僕に、人間関係の悩みというか、そういうのを持ってこないでください(泣)僕自身が何しに行っているのかわからなくなってきそうです。

1/15。なんとか8時自宅出発をキープ。よしよし、しんどいけれど、これくらいの負荷は大丈夫。でも、電車の中でマナーの悪い客がいて一人でイライラ。認知療法的には、こんなことでイライラする必要はない・・・ってことですよね。勝手に自分がイライラしているわけで。うまく消化しないと。まぁ復職センターについて、他の人と話をしていると、有耶無耶になった部分もあるんですが。。。
この日は、フォローアップといって、既にここのプログラムを終了して、復職している方々の月一のミーティングで、いわゆる、再発防止のための集まりですよね。そこで、以前僕と話をしていた人なんかと雑談をしていたりすると、結局のところ、自主作業とかでやろうとしてた用事なんて、ほとんどできずに。まぁそれ以上に、実際に復職している人の経験を聞く方が、今の自分には大事です。先達はあらまほしきことなり。
夜はその方々と飲み会でした。と言っても、僕自身は全然酒が飲めないんで、ウーロン茶でお話に参加してただけですが、少しモヤモヤが晴れて良かったかなぁ。そんな中で真夜中になって、だっしーさんの電話相談なんかを受けてしまったので(しかも睡眠薬を飲んだ後・・)変なことを口走っていたりなんかしないか、とても不安です。

おきてがみ

近況というか、復職センターって何してるの?

休みに書こうと思っていた復職センターのお話。

最近ずっと書いている復職センターの話など少し書いてみますが、僕がここでそう呼んでいる施設についてですが、簡単に説明しておきます。
僕の場合は鬱で再三の休職→復職をくりかえすような状態なので、主治医の勧めもあって、高齢者障害者雇用支援機構というところで、今は復職のためのプログラムに参加しての、復職に向けての活動をしているところです。
主な業務は、障害者の雇用支援ということですが、最近はいわゆるメンタル系の休職者に対しての復職支援というのも行われていて、いわゆる精神障害者という扱いになりますが、復職に必要な、生活環境の改善や、復職に当たっての各種訓練などを行ったりしています。
段階を経て、最初は生活環境の整備からはじめて、慣れてくると、このセンターへの通所、ついで、様々な技能訓練があって、最後は復職という段階になります。
様々な技能というところでは、鬱病で休職に至る経緯や、主に多いストレスに対する考え方やマネジメントの仕方などを講習で学び、また集団プログラムになると、複数の休職して通所しているメンバーと、訓練を行うことになります。

訓練の主なメニューとしては
・グループミーティング・・・文字通りの、あるお題に対してのディスカッション。
・集団認知療法・・・まず認知療法とは?なんですが、僕の解釈言えば、ある事象に対して自分自身に発生する思考(認知)には、ある傾向を示すバイアスがかかっており、そのバイアスを適切な物に置き換えることで、思考をより普通の物にする→ストレス軽減を目指す、というものです。たとえば、自分に自信がない人ってのは、どんな事象にも悲観的に物を考えてストレス化してしまいますが、それを適切な思考に置き換えることで、ストレスを軽減することを目指すことになります。それを集団で行うことによって、より多くの「適切な思考」を形成しようとするものです。
・トータルパッケージ・・・事務作業の訓練です。間違い探しをしたり伝票計算したりとか。センターでは蛇蝎のごとく嫌われている(一部愛好者もいる)訓練。順調な時はいいんですが、ミスをした時の落ち込み度が高いプログラム(笑)
・SST(ソーシャル・スキル・トレーニング)・・・対人技能訓練と言いまして、自分が苦手とする職場での場面などを舞台設定して行う寸劇形式の訓練。話し方や対応の仕方などを客観的にオブザーバーから意見をもらって、適切な技能を習得する訓練です。
・メンタルトレーニング・・・いわゆるメントレ。メンタル面を鍛えることによって、精神統一でも自己暗示でもいいんですが、そんな感じ。怪しい何か、ではないと思う(笑)

そんなことをプログラムで消化して、また生活リズムや仕事をする身体作り、体力作りなども含めて、スムーズに復職しようというための施設で、今はそれに取り組んでいるところです。

おきてがみ

勝手にスイッチ さくら日和版(1/18)

相棒ツアーの日記を書いた後に、1/12-15分を書こうとしたら、操作ミスで書きかけのデータが消えてしまったぁ~~~~。
ショックです。やる気なくした(笑)今日はやめ。

ということで、スイッチ
----
勝手にスイッチの企画は、atsuさんの出題に回答し、ブログでトラックバックを送ることで参加する企画ですので、ブログの更新ネタに困ったりしている人にもお勧めです。年に何度かオフ会なんかもあります。ぜひ新規でご参加お待ちいたしております。
----


1.中国は、インド洋における日本の補給活動を引き継ぐと
○思う
 思わない

最近はいろんなところに貢献活動に名乗り挙げていますから、十分考え得ることです。

2.産経新聞が、木嶋佳苗を実名報道に切り替えました
 ついにきたか
○とっくに興味ないわ

というか、誰でしたっけ?

3.さくらやが、2月いっぱいで全店閉鎖です
 ショック
○ショックでない

関西にはありませんからね。さくらや。

4.グーグルやヤフーが、今後中国で取るべき道は
 一刻も早い撤退
○検閲をやめ事業を継続

岡田斗司夫さんがトークショウの中で「中国の市場規模を考えると、新大陸を発見した時の状況に等しい」と述べておられました。地球に残された最後のフロンティア?だと思いますが、今までの常識が通じない世界でもあります。
新大陸というよりは、異星人の方が近いのかなぁ。中国とその政府。

5.田の中勇さんと聞けば、すぐに「あの声」が
○思い浮かぶ
 思い浮かばない

「おい鬼太郎!」ですね。合掌。

6.PS3を介して地デジが録画できる機器が、3月に発売です
 欲しい
○いらない

PS3持ってませんですし。

7.検察が、小沢逮捕に踏み込むのは
 時間の問題
○容易ではない

僕は、トカゲのしっぽ切りで終わるのではないか?と予想しています。
そうなったら、保守派の人たちは、民主主義の終わりだ!とか言いそうですが、そもそも民主主義なんてこの国にはないのでは?と言うのが、最近の僕のぼんやりとした感覚です。

8.気づくと、同じメロディーが頭の中で無限ループしてることが
○よくあります
 あまりないです

洗脳ソングってやつですね。割合あります。

【追加スイッチ】
Q.「私は○○病患者です」と言えるほど好きな声の声優さんが
○います
 いません

僕は丹下桜さんですかねぇ。重病ではなく、しかも、演じているキャラの声というよりは、むしろ「歌手・丹下桜」のファンです。
というわけで、マニアック?ってほどではないにしても語りますよ!
ファンになったのがそもそもが、プレステの「プリズムコート」というバレーゲームですが、正直、ここからしてかなりマニアックです。なのにゲームは結構リアル。その中ではファンの間でも時々語られる「あ・ん・ま・ん」の名シーンでやられてしまいました。
その後は、丹下桜のCDを買いましたねぇ。今でも公式サイトでは、時々新譜の告知がされるので、買っています。このたびのラブプラスで、ツンデレ凛子の役での復活は狂喜乱舞です。(でもラブプラスは買ってないけどw)

丹下桜でおすすめなのは「BeMyself」



同じくライブ版。ファンがこえぇぇよw


合いの手に入る声を聴くたびに、この声が出せるのは卑怯としか思えない「Let's Party!!」


わたしのえがおさがしにいこう。卑怯すぎる!この声!



・・・etcで、CDだけで半分以上は持っているんじゃないかなぁ。。アニメとかゲーム作品はあんまり知らないけれど・・・。

以上です。



おきてがみ

1/10-11の日記のようなもの

1/10。
田舎から従妹が遊びにくるという予定になっていたので、さぁ、どこか行くかって話になってたんですが。
高槻という土地に住んでいると、とりあえず他所からきたお客さんは、京都にでも行ったらええやん、ってことで、しょっちゅう京都行くんですが、京都も奥が深いというか、どこに行くか、って話になる。
初めての人なら、金閣寺とか清水寺とか、あるいは桜や紅葉の時期なら嵐山、ってのあるんですが、いつもとは趣向を変えてみよう、と思った時に、なんでも正月に、ドラマの相棒スペシャルで、京都が舞台だったのを踏まえて、じゃぁロケ地を巡るってのをやってみるかぁ、みたいな簡単なノリで、やってみました「相棒正月SP京都ロケツアー地巡り」

公式ブログの京都ロケの記事を元に、巡るところを、以下の5カ所に定めました。
・六角堂
・華頂短大前
・石塀小路
・JR京都駅
・宝ヶ池公園
そんな感じで、前の晩にルートを決定して、嫁さんと従妹をつれて出発しました。

まずは、ルートの都合上、一番離れている宝ヶ池公園です。
車で自宅を9時頃出発。京都には10時半頃到着し、まずは上賀茂神社のそばを抜けて宝ヶ池公園へ。宝ヶ池公園は京都市内でも北の方になりますね。
公園の駐車場に車を止めようとしたんですが、なんでも当日マラソン大会をやっていて、駐車場が一杯に!(と言っても、20台くらいの小さな駐車場だったんですが・・)少し離れたところにある運動公園の駐車場に止めて、少し歩くことに。

宝ヶ池公園は、宝ヶ池をぐるっと回るように作られた公園なので、この時期は寒い寒い。風が吹けば吹きさらしで、ぐるぐる回りながら、公式ブログに載っている写真の位置はどこだろう?と言いながら10分くらいあるいていたでしょうか?入り口からだいたい真反対のところで、どうもそれらしきところ発見!
最後のシーンでノートパソコンが捨てられたのはこのあたりかなぁ?と思って写真撮りました。

E-3 + ZuikoDigital 14-54mm/F2.8-3.5

そこで、なんだかうまくワイヤーの上に乗っかっている器用な鴨を発見。遊び半分に撮る。

E-3 + ZuikoDigital 50-200mm/F2.8-3.5 SWD

一つ目をクリアということで、次の目的地に向けて、車で移動しました。

2つめの目的地は六角堂。場所で言えば京都のほぼ中心の烏丸御池になります。車で10分ほど移動して、御池の地下駐車場に車を止めて、六角堂に移動しました。御池通からは、姉小路通、三条通、六角通とまさしく「昨日・京・奈良、飛鳥・明後日。」の歌詞通りに、六角通りにて六角堂を発見。

E-3 + ZuikoDigital 14-54mm/F2.8-3.5

六角堂の上に止まっているびっしりと止まっている鳩に、3人して「なんだこりゃ!」とか言いながら見ていました。何かここは鳩の名所なんでしょうか?

E-3 + ZuikoDigital 14-54mm/F2.8-3.5

ここの売店では「鳩みくじ」なるものが売られていたので、引いてみました。僕一人「吉」で、嫁さんと従妹が「大吉」。個人的には、吉で良いことにしておきますw

そのあと、六角堂の向かいにある金高刃物店で、母へのお土産ということで、和裁をしている母親のために糸切りばさみを購入しました。実際触ってみたのですが、感触が軽くてかなりびっくりです。
そのあと昼食を烏丸御池の近くで食べた後、地下鉄で移動することに。だって祇園方面に車で移動すると、混んでるのわかってるし~。

ということで、3カ所目は、華頂短大前の一本橋。
まずは地下鉄で東山の駅に移動。目標の華頂短大は、駅から少し歩いて5分もせずにつく、が、肝心の一本橋が見つからない。
僕自身はどれかわからないので、嫁さんや従妹の意見を元に白川沿いを探すうちに、知恩院の前にある華頂道の橋から白川の上流の方の景色↓

E-3 + ZuikoDigital 14-54mm/F2.8-3.5

を見たところで、ドラマをじっくり見ていた嫁さんと従妹の二人が「ここで右京さんが!」などと盛り上がりだしたので、おお、ここなんだ!ということで、写真に撮りました。
ちなみにこの細い一本橋は「行者橋」という名前がついています。

嫁さんと従妹の二人が「右京さんごっこ」なんてものをやりはじめたので、嫁さんの方を撮ってみました。

E-3 + ZuikoDigital 14-54mm/F2.8-3.5

これで3つめクリアです。

4つめは石塀小路。場所は高台寺の近くなので、知恩院からは歩いて行けます。一度知恩院の表に出て、東大路通を南下。まだ初詣客が多い八坂神社をスルーし(正確に言えば、この日は十日戎の日でもありましたので)清水寺方面に。
八坂神社の脇の坂道を上って、地図を頼りにふらふら歩いていると、石塀小路の案内を示す小さな看板がありました。
「え?こんな細いの?」という感じで、民家の脇道みたいなところを入っていくと、ありましたよ。石の路地。

E-3 + ZuikoDigital 14-54mm/F2.8-3.5


E-3 + ZuikoDigital 14-54mm/F2.8-3.5

こういうシーンは京都のドラマとか見ているとよくありますよね。舞妓さんが歩いていたり(笑)
「相棒」の中では右京さんと神戸くんが全力疾走するシーンがありましたが、実際のここでは「静かに」という張り紙があったので、右京さんごっこは自重。それでも、その雰囲気を味わうのは十分でした。


E-3 + ZuikoDigital 14-54mm/F2.8-3.5

石塀小路で写真を撮ったあと、祇園に戻り、四条通のお店で買い物をした後、そろそろ疲れも出てきたので、最終目的地に行こう、ということで、タクシーで烏丸御池に戻り、車を出したあと、最終目的地の京都駅へ。
京都駅では、ドラマの中で、駅のカフェでお茶をするというシーンがありましたので、それを実現すべく、駅前の駐車場に車を止めた後、八条口から京都駅に入りました。
ドラマのシーンを思い出しながら、確か伊勢丹方面にあるな・・と想像しつつ、伊勢丹の中に入り、そこからカフェを探すことにすると、ありました!2階にある英國屋です。
英國屋では、カフェは室内とテラスが選べるのですが、この日というか冬場に吹きさらしのテラスをあえて選び「相棒SP」の中で、右京さん、神戸くん、たまきさんの3人が談話するシーンに使われたテーブルは、どれだ?と言いつつ店内に。
ところが案内されたのが、かなり奥の方で、ドラマのシーンとは違う席に「いやこれじゃない!」「別の席だ!」などと嫁さんと従妹が話をしていたら、おそらくドラマで使われた席?とおぼしき場所が空いたので、みんなで荷物をもって、ダッシュ!という迷惑な客と化しながら、目標全5カ所を終えたところで、僕は英國屋のオリジナルティーを飲みながら、ああ、こういうアホな遊びにつきあうのもおもしろいなぁ・・・と思いながら、旅?を締めくくりました。愛でたし・・・なのか?

E-3 + ZuikoDigital 14-54mm/F2.8-3.5


1/11。
先日の京都ツアーの余波もあってか、ぐったりだったので、嫁さん・従妹と近所のアニメイトで買い物をしました。
親戚が揃いもそろってオタクなんだから、しょうがないぜ全く。

おきてがみ

1/9の日記のようなもの

だんだん積み残しが溜まってきた。。。ひぃぃぃ。

1/9。センターお休みでした。
夜から、嫁さん、だっしーさん+彼女さんと「岡田斗司夫 ひとり夜話 vol.5」に参加する為に、車でふらふらとなんば方面に出かけました。
3時半くらいから出かけて4時頃ついて、駐車場を探したんですが、なんば周辺で駐車料金に上限のある駐車場を探すことに。堺筋に隣接するくらいのところに止めていたんですが、夜8時を過ぎると上限から時間制になるというのを、なんか自分で納得がいかず、会場のあるくいだおれビルの周辺をぐるぐる歩き回ることに。
結局安そうなところを見つけて歩き回っていると、なんと丸一日止めても1000円というところを見つけたので、そこに再度入れ直して、今度は嫁さん待ち。
ところが、7時の開演に間に合うように来るはずがなかなか来ず、一人でネットカフェで時間をつぶしてました。ところが職場を出たという連絡がなかなか来ず、ちょっと焦りました。
結局嫁さんが着たのは、7時を少しオーバーしてから、なので、冒頭を見逃す感じになってしまいましたが、ほぼトークの全体を見ることができた感じなので、良かったです。

トークショウの中身は丁寧に書こうかとも思ったんですが・・・こういうのが苦手で困るんですよねぇ。。。
質疑応答が今回は多く、その中で印象に残った話を書くと、
・ブログってのは、自分のパターンを早く見つけたらいいよ。
 ・・・ブログ書きの隅っこの自分としてはとても耳が痛いところです。政治ネタやってもいいんですが、どんどん口が悪くなる感じで微妙です。哲学を追究するべきかな。。。
・物を見る視点は、カメラのフレームに喩えて、もっとひいたり寄ったりしてみると、いろんな物が見えてくる。
 ・・・写真を趣味の端くれにしている身としては、とてもわかりやすい比喩です。
・平和→混乱→カオス→平和の物語で語られると、人の心は大きく動く。
 ・・・大抵のドラマはこのパターンで語られています。王道パターンですね。
・昔は「SF作家」が作ったイメージを「映像作家」が映像化し、それを観た「技術屋」やが物を作っていた。サイバーパンク以降それができなくなった。
 ・・・エンジニアは、どんどん仕事が困難になっていきますね。夢の創造者も兼ねないといけなくなってくるので。
・アニメはもうこれからしんどくなるんじゃないかなぁ。
 ・・・テレビ業界の中でも、アニメ業界はさらに先鋭化している、というのが岡田さんの見方です。将来はそんなにないだろう、というか、アニメ業界の現状が、テレビ業界全体の未来だ、と。
・面白いブログは3秒見ればわかる!
 ・・・うちのブログは・・そう言われるように頑張ります!
・男はレディコミを、女は少年漫画を読むべし!
 ・・・お互いがお互いの異性に求めている理想はかなり違う、という話ですね。

そんなお話を聞いたあと、会場を出て、ファミレスで夜中までだっしーさん達と話をしてきました。
二人して、岡田さんのノート術(僕は我流ですが)を実践していて、それのお互いのすりあわせみたいなことをやったりしていました。(この内容はお互いにネタ帳みたいな部分があるので、ブログでは非公開で(笑))

おきてがみ

1/6-8の日記のようなもの

手書きの日記から、備忘録代わりに記載しておきますね~。

1/6。この日は午後からプログラムがない、という一日なので、丸一日読書を基本にしてました。
読んだのは「セルフ・アサーショントレーニング」と「アイデアのつくり方」
一応amazonでご紹介などしておきます。





前者の本はアサーティブな思考をはぐくむための本で、アサーティブってのはなんぞや?ってのはリンク先のwikipediaで詳細な話は載っていますが、受け身のアサーティブ傾向が自分にはあるというのが、わかってきたので、ここを改善することを目標にやっていこうと思っています。
僕がこういう傾向、すなわち自分の意思表明の意識が薄い点については、僕の場合は、自分の育ってきた環境で「きみはわがままになる」と言われ続けたことに関係していると思います。
あとは父親のアルコール依存症との問題で、自分の意見を上手く表現できなかった、すなわち、親の顔色を見る子供になってしまい、自分の意志を殺すことで生き残る、いわゆるアダルトチルドレンの状態になっていたことなどから、感情表現が下手になったのだなぁ、というのを、最近になって気がついてきたことがわかってきたこと、これなんかは大きかったですね。くだんの本については、そういう自分の意志表現方法について、カルテを作ることで、攻撃的か、受動的か、適切か、を診断し、修正していくという役割の本です。自分にとってはとても興味深いです。

後者の本は、単にアイデアを出す方法について、最低限の本が書かれている、いわゆる名著の類だと思います。手法はシンプル、ただ実践は難しい。でも挑む価値がある本です。

復職センターで面白かったので、amazonの中古ですが、即買いしました。書棚を飾る本にします(笑)

1/7。通院でした。復職の話とかはまだ出ませんでしたが、だいぶ主治医と話すことが多くなって来たかなぁと思います。
病院に行く途中で野良猫がいました。守口の病院のそばは不思議に昔から多いです。なんででしょうか?ともかくまた見つけたら、運良く撮れれば写真を撮りたいところです。
この日は、午後から嫁さんと用事があったので、復職支援センターは午前中に少しだけ顔を出して、帰りました。高槻の書店とアニメイトで本を買いました。





「35歳からのリアル」はまだ未読ですが、「珈琲時間」は読みました。うーん、短編集ですが、話全般がぬるいかな。イマイチ。面白そうな話もところどころではあるんですが・・・ブックオフ行きですねぇこれは。

1/8。小説をセンターで書こうとしたんですが、センターでのプログラムであるSSTの資料作成に時間と費やすことになりました。まぁそういうこともありますね。
午後から「復職について」というテーマで話し合いました。復職4回目というありがたくない無駄なキャリアをこんな形で活かすことになるとは。。。という感じですが、議事進行に貢献できたようなので、よしにします。
(こういう内容って、本来はプライベートに属することにもなってアレなので、難しいですね)

おきてがみ

勝手にスイッチ さくら日和版(1/11)

日記をきちんと書くつもりでいたんですが、ちょっと遅れてますね。
1/6の分からどこかで書こうとは思うのですが、リアル生活がちょっと忙しかったもので・・。
今日も復職支援センターから帰宅後、少し寝ていました。

とりあえずスイッチ
----
勝手にスイッチの企画は、atsuさんの出題に回答し、ブログでトラックバックを送ることで参加する企画ですので、ブログの更新ネタに困ったりしている人にもお勧めです。年に何度かオフ会なんかもあります。ぜひ新規でご参加お待ちいたしております。
----


1.辻元清美が、昨秋の宮中茶会に来ていたようです
○国会議員だからいても不思議じゃない
 社民党の分際で生意気

一応法律的には、前者です。忌々しいことですが。

2.JALとANAが、機内での新聞配布サービスを取りやめました
 えー、そんな
○別に構わん

というか飛行機自体あんまり乗らないので。

3.阿久根市長が、防災無線を使ってマスコミ批判をしました
 その発想はなかったわw
○とんでもない行為

やっぱりとんでもない行為の部類だと思うなぁ。批判のためなら手段を選ばないっていうのなら、暗殺されても文句を言うなよ、ってことにもなりますし。

4.この世に、広島と長崎の両方で被爆した人がいたことを
○知っていた
 知らなかった

正確には被ですね、というツッコミはともかく。
逆に、運良く免れた人もいるはず・・と想像もします。

5.今年が普及元年だという3Dテレビに
 興味ある
○興味ない

個人的には興味はないのですが、エンジニアの端くれとしては興味があります。しかも本職だし。

6.もし私がホームレスで、国からただで2万円もらったら
 それを元に仕事を探す
○とんずらこく

もちろんじゃないですか。それをわかってて政府はあんなことをしたんでしょ?
無駄遣いは景気対策に一番有効なんですよ。

7.「ガンブラーウイルス」という字面を見ると、ガンプラを連想
 してしまう
○しません

そこまでガノタではないです。

8.成人式に、留め袖を着てきた同級生が
 いました
○いません(または行ってないので知らん)

さすがにいなかったんじゃないかなぁ?既婚だったりDQNだったりはいましたが。

以上です。

おきてがみ

1/3~5の日記のようなもの

さて遅れている日記の追加です。とりあえず1/5まで。

1/3。嫁さんの実家に新年の挨拶に行きました。一張羅の大島を羽織って挨拶に行ってきました。気合いを入れた一年にしたい、というのもありましたが、せっかくいい大島を持っているのに、普段着物を着る機会がないので、こういうときくらいは身につけないと、という気持ちもありました。
でも、というか、義姉夫妻と甥っ子(8歳・4歳)が同時に嫁さんの実家に挨拶に来ていて、こっちが一張羅を身につけていようが何しようが、ケーキをつまんで生クリームのついた手で近寄ってくるので恐怖です(笑)
もっとも甥っ子たちが来るのがわかっていて着物を着ていったんですから、僕には弁解の余地はないんですが、いやぁ、子供ってのはいい意味でも悪い意味でも、邪心がないですね。まぁ基本的に、親ばかではなく叔父ばかなんでしょうけれど。
子供を見ていて思ったのは、少し見ない間に、大人になっていくなぁ、ということです。8歳の甥っ子は、少し見ない間に、会話のキャッチボールのレベルがあがってましたし、4歳の方もよくしゃべったり、こちらの言うことをかなり理解するようになってました。子供は成長が早いというのは、よく話では聞きますが、実感を改めてする次第です。

1/4。この日は今行っている復職支援センターの始業日でした。こちらもまた、お役所ですね。
復職支援センターの話は、ブログでこんな風に日記を書いている以上、どこかできちんとしないと書かないといけないかなぁと思っていたりします。うーむ、時間が必要なので週末に改めてきちんと書きますかねぇ。。。
年明けには新しく入ってくる人なんかもいて、結構迎え入れる側の人間としても緊張するところがあったんですが、まだ正直わからないというか。野村監督の言葉じゃないですが「先入観は悪。固定観念は罪」という言葉を肝に銘じて行きたいところです。
当日は担当のカウンセラーさんと特にテーマを決めずにお話。手元のメモでは「自分の気持ちを言語化しよう」「苦手な人とのつきあい方を考える」「復職したときの過ごし方を確認する」てなことを話したみたいです。2番目のテーマは、いわゆる鬱の人に限らず、みんなのテーマでもありますよね。いわゆる鈍感力が強い方がいいのだろうか?と思ったりもしますが、敏感なセンサーが働くのが本能のような鬱の人たちから見れば、苦手と感じる人がいる、が、それをどうしたらよいか?を考えないといけないんだろう、と思っています。いや、実際そうなんですよね。
あえてハイレベルにゴールを設けるなら、こういう人をどう無意識に操るか、なんて考えてみたりして(笑)

1/5。午後からメンタルトレーニングという、自己暗示の講習がありました。講習としては前半にα波がどうのとか副交感神経やセロトニンの分泌と能力の関係についての説明がありました。最近の研究で出てきている話ですが、いわゆる腹式呼吸や集中のさせ方で、セロトニンが分泌されて、副交感神経が活発になり、集中力がアップするというようなお話です。詳しくは専門書などがありますので・・そちらで。

そのあと、講師の先生から「じゃぁ、実践してみますか」とのお言葉。
え?何?と思っているうちに、僕を含めた5人を指定し、
「このうちの一人を、指2本を使って4人で持ち上げるということをあげてみましょう!」との説明が。
え?そんなのできるの?とか、何かの眉唾ものの超能力か?みたいな感じで、内心疑いつつ、僕は持ち上げる側の方に選ばれたので、指をカンチョーのポーズに組んで待ってました。
「じゃぁまず、笑いましょうか!」という講師の女の先生の声が。で、笑うんですよ、無理にでも(笑)笑い女じゃないですが「わーっはははははは」てな感じで笑い声をあげてました。大の大人がですよ。

で、気分がほぐれたところで
「私はできる!持ち上げられる!」
と叫んでイメージトレーニングをします。ここで確かに恥が顔を出す部分もないではないんですが、そこをこらえるのがこの講習の醍醐味!と割り切って、それこそ神にでも祈る気分で声を出してみます。
そして、構え。大人4人で、指先だけで大人を持ち上げる!というのをやります。座っている人一人に対して、二人が後ろから脇の下に、二人が前から膝の下に指をいれて「せーの!」

結果から言えば、少しあがった!という程度だったんですがw
それでも、そういうイメージトレーニングをやった後にやるのと、やらずにやるのとでは、体感する重さが違う、というのは、正直ありました。
でも完全に持ち上がらないのは、僕の「信仰心」の足りなさに由来するのかもしれませんねぇ。まだまだ修行が足りん!と思った次第です。

これを非科学的とか宗教的と考えるよりも、そういうこともあるんだなぁ。。。と肯定して考える方が、これはおもしろいですね。言うなれば「心頭滅却すれば火もまた涼し」。むしろ、自分が考えて、見て、識っている世界がすべて、と思う方が、よほどか思い上がりというものです。

おきてがみ

1/1-2の日記のようなもの

正月休みの間は、なんていうか、日記をサボっていたわけですが、日記どころか人生をサボってるような状態でしたですよ。もう食って寝ての典型的寝正月。元日は朝起きてからほんと、ほぼトイレ以外に身体を動かす、ということすらしないくらいにひどい状態でした。夜に家族を連れて近所の温泉に行ったくらいですかねぇ。温泉と行ってもスーパー銭湯みたいな感じのものでしたが。。。
それも普段以上に混雑していて(まぁ温泉なんてどこもそうかも知れませんが。。。)それ以上に僕を悩ませたのは駐車場で見かけた運転の下手な車でしょうか。よく休日ドライバーなんて言葉もあって、僕も仕事で車は乗らないので休日ドライバーですが、あれはなんていうんでしょう。。。大型連休ドライバーとでも言えばいいんでしょうか?あまりに駐車が下手過ぎて動画を撮りたかったくらいです。おかげで駐車場が車がすっと入れられずいらいらすることこの上なしでした。

翌2日は、近所の野見神社に初詣に行きました。そこで写真など。
小さい神社なんですが、お参りするには神社の外の道にまで人があふれるくらいに、結構たくさん参拝の人がいました。

E-3 + ZuikoDigital 14-54mm/F2.8-3.5

ついで、むしろ初詣よりもこっちがメインミッションの初撮り。高槻市駅で阪急です。

E-3 + ZuikoDigital 50-200mm/F2.8-3.5 SWD

9300系の何気に昨年落成・走り始めたばかりの9308F第9編成。

E-3 + ZuikoDigital 50-200mm/F2.8-3.5 SWD

9300系の9300F(第1編成)。最近マイクロエースで、Nゲージで商品化された情報で知ったのですが、第1編成だけヘッドライト周りの装飾が違うんですよね。あと、古いのでまだ方向幕が幕式でLED化されていなかったり。

E-3 + ZuikoDigital 50-200mm/F2.8-3.5 SWD

LED化って見た目はきれいだろうしメンテナンスの面からして好都合なんでしょうけれど、鉄道撮りからしたら少し寂しかったりしますね。
1つめはシャッター速度が速くなると、LED表示が不完全にしか写らず、表示が切れてしまうことがあること。
2つめは、これは僕だけの好みかも知れませんが、方向幕が幕式の時は、あれが終着駅などでくるくると回って次の行き先を表示するまでの間を眺めているのが好きだったりするのですが、そこで見ていると意外な表示が収納されていて喫驚する、なんていう楽しみがないことです。
まぁこんなのが好きだなんていう人は僕だけ・・・と思っていたら、こういうソフトまで作ってしまう人がいるので、世の中広いものです。

そして最後は、9300系ツーショットですが、初詣バージョンに加えて七福神バージョンです。阪急の正月はこんなのもあったりしますね。あと、さくら・天神祭・祇園祭・もみじ、と、それぞれの時期にヘッドマークが掲出されるので、毎度毎度、地味に収集していたりします。

E-3 + ZuikoDigital 50-200mm/F2.8-3.5 SWD

時間がなくなったので、1/3,4の日記は明日に持ち越します。m(__)m

おきてがみ

勝手にスイッチ さくら日和版(1/4)

2010年版の勝手にスイッチは今回が最初ですね。スイッチの皆様、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

今年に入ってからの日記のようなものは、別エントリで記載の予定です。
----
勝手にスイッチの企画は、atsuさんの出題に回答し、ブログでトラックバックを送ることで参加する企画ですので、ブログの更新ネタに困ったりしている人にもお勧めです。年に何度かオフ会なんかもあります。ぜひ新規でご参加お待ちいたしております。
----


1.前原国交相が、「羽田新幹線構想」をぶち上げました
 それは便利そう
○そんなのいらない

なんでもかんでも繋ごう!という前原氏の発想はよくわからない時があります。
羽田ハブ空港化についても、ハブ空港の意味合いをよくわかっていないとしか思えないのですが・・・。

2.死刑が執行されない場合、金川被告は本気で法相を訴えると
 思う
○思わない

それはないでしょうよ。弁護士が止めるでしょ。

3.桜井幸子が、突然芸能界を引退しちゃいました
 残念だ
○残念でない

正直、どうでもいいです。

4.英国人の麻薬運び人を躊躇なく死刑にした中国を
○支持できる
 支持できない

あくまで、本物だったなら、という前提ですが。
中国の麻薬に対する拒否反応はアヘン戦争の経緯などを考えれば理解できます。

5.自分の子供が、暴力団関係者からお年玉をもらったら
○「よかったね、ちゃんとお礼をしなさい」と言う
 「こんなものは受け取れません」と返す

僕は暴力団という存在は、それなりに評価していたりもしますよ。
最近、義弟から「北斗の拳」を借りて読んでいるんですが、秩序安寧のためには、ラオウの存在は意味があるという考え方です。

6.小沢が言い出した、普天間を下地島・伊江島へ移転する案は
○悪くない
 とんでもない

「国外移転」しか主張しない社民党よりは、遙かにマシです。反対するなら対案を出せ。

7.元日から、違法ファイルのDLも違法になりました
 困る
○困らない

普段ニコニコ動画とか見ないので。。。でも実際取り締まりは難しいでしょう。「立ち小便禁止」などと同じで。

8.この年末年始、私がいたところは
 雪が積もりました
○雪が積もってません

大阪から出ていないので、一度も雪にはあわずです。

以上です。

おきてがみ

あけましておめでとうございます



今年もよろしくお願いします。

おきてがみ

twitterとtumblrはじめました

宣伝がてら紹介しますが
twitter



tumblr

を始めました。

日々のネタでブログに書くほどでもないかなーとか、他の人のブログやtumblrの記事なんかをスクラップ的に使っているので、面白そうだとおもったら、こちらも見ていただければ幸いです。

おきてがみ

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


12 ≪│2010/01│≫ 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。