さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

12/31の日記のようなもの

29日、30日とサボってますが、家でぐだぐだしていました。
29日は嫁さんの友人宅にて、その夫妻他と忘年会。なんということはなく楽しんできました。
30日は終始家でぐだぐだ。24時間のうち、20時間ほど寝てた感じです。

31日になって、なんとか家を出て動こうという感じというか、甥っ子向けにお年玉を買ってきました。
甥っ子二人に対して、シンケンジャーのおもちゃ。まだまだこんなもんで楽しめるんですよねぇ。
どんどん歳があがってくると、何を買うのがいいのか、難しくなってきそうです。

その後、江坂の東急ハンズに移動。東急ハンズでは、アロマ関係のグッズを見たかったのですが、あんまりスペースがなく残念。
文具コーナーでは、ここでは初めてRHODIAのNo.10というのを見つけました。普段はNo.11を使っているんですが、さすがにその半分のサイズ(5.2cm×7.4cm)となると小さすぎですね。使い道が思い浮かばないです。
嫁さんの買い物が多かったので、その合間に紛れ込ますような感じで、電動ミルを買っていただきました。
普段は手動のミルを使ってはいるんですが、早く飲みたい時ってのもありますので、買ってみました。

これで挽いたコーヒーを飲みながら、今年は終わりかな。

それでは、皆様よいお年を。

スポンサーサイト
おきてがみ

勝手にスイッチ さくら日和版(12/28)

先週は自分のブログ書きのてこ入れも兼ねて、毎日(あるいは隔日)くらいの感覚で、書いてみました。
うーん、毎日文章を書くとなると、さすがに難しいですねぇ。
今行っている復職支援施設のネタって言っても、書けるネタばかりとは限りませんし。あんまり特定できるようなことを書いてもまずいわけで。

で、その合間を縫うとなると、やはり床屋政談っぽくなってしまうのかなぁ。
でも最近の政治ネタはあんまりおもしろくないというか、ツッコミをするのも面倒な、という感じ(ツッコミどころしか見あたらないというか)。それでも地道に続けているほかのブログを見ると、頭が下がる思いです。
かと言って、自分がやりたいような「思索の行き着く果て」を追究するのもおもしろいのですが、そんな大きな命題の行き着く果てなんてものが頭に思い浮かぶのは、せいぜいが年に数度・・・。365日更新するのには向いていないというか。
となると、日記っぽくなってしまいます。

日記っぽいこととなると、今日は復職支援センターの御用納め?でしたので、センターに通所している他の方数名と忘年会をしてきました。正直、1年前の自分を振り返ってみて、今こうしているなんてことは想像つきませんでした。
今年に関して言えば、3月頃体調崩して休職→自宅療養→復職支援センターに通う、となかなか変化の多い年でした。
ただセンターで出会った人というのは、このタイミングで自分が復職支援センターに行ったことに意味があったのだ、と前向きに肯定して、将来の自分の人生につなげて行きたいところです。病気のことを率直に相談できる人が、何人もいるというのは、幸せなことかも知れない。この年の自分はそういう意味で、人生のターニングポイントにしたい、そう思います。
正確に言えば、これがターニングポイントになるかどうかは、今後の自分の人生の送り方次第ということですね。

帰宅時に高槻市駅で撮った阪急9300系。初詣仕様です。

RICOH R7

---

そうそう、mixiでtwitterの認知度みたいなアンケートをやってましたが、僕の中では、twitterはアカウントを一応持ってつらつら眺めていますが、発言ってほとんどしないですね。APIを使ってtumblrでリブログしたものをtwitterを使って流しているという感じ。床屋政談を元祖とする僕のスタイルではこっちの方が肌にあいます。

twitterそのものについてですが、だっしーさんと少し話をしたことがあるんですが、正直「つぶやきを垂れ流す」という行為がもったいない感じがしています。つぶやきとはいえ思索の一部、と考えると、それを熟成して形にして流したいんですよね。ところがそういう思索の断片を整理して形にして流すというのは、本来のブログやホームページのようなものになってしまい、つぶやきのように不完全なものをだらだら流すというのは、相反する行為といえます。

twitterについてはどう進化するのか、もう進化の極みというところにあるのか、まだわかりませんが、自分の中では既に「過去のメディア」という感覚があります。もっと言えば肌に合わないというか。
twitterが思索のインスタントカップ麺だとするなら、僕の場合は鶏ガラを三日三晩熟成して出汁を作るラーメン屋のやり方という感じです。思想や思索に対するアプローチが完全に違うんですよ。

----
勝手にスイッチの企画は、atsuさんの出題に回答し、ブログでトラックバックを送ることで参加する企画ですので、ブログの更新ネタに困ったりしている人にもお勧めです。年に何度かオフ会なんかもあります。ぜひ新規でご参加お待ちいたしております。
----


1.最近、牛丼店がこぞって値下げ合戦をしてますが
 とてもよいこと
○デフレが進むのでイクナイ

物にはおしなべて適正価格というものがある、と言ったのは、松下幸之助でした。

2.珍しく高視聴率だったTBSドラマ「JIN -仁-」を
 見てました
○見てませんでした

ドラマって基本的に観ないので。

3.パンクブーブーなんてコンビ、正直知らんかった
○はい
 いいえ

お笑いどころかテレビすら最近は怪しいですので。。。

4.日経新聞は、来年1月から一部160円になります
 高杉
○妥当だ

そんなにぼったくりとは思わないですけどねぇ。

5.石川遼は、無理して大学に行かなくてもいいと
○思う
 思わない

正直、どっちでもいいです。

6.男性教師が、受け持ちの女子生徒とコンサートに出かけるのは
 セーフ
○アウト

どういう気持ちで行ったのか、ではないでしょうか。
卒業してから逆のパターンに近い形で、行ったことはあります。

7.気象庁は、来春から桜の開花予想を取りやめます
○なんか寂しい
 民間任せで十分

まぁどうでもいいかなぁ、これも。

8.「吐血」と「喀血」の違いを
 説明できる
○説明できない

ごめんなさい、不勉強で説明できません。

以上です。
スイッチは今年はこれで終わりですね。ブログはたぶん31日まで書いていると思います。

おきてがみ

12/26の日記のようなもの

本日は終始自宅の片付け。車を検査に持って行って、家で本や資料の整理など。
友人が昔書いたりした小説を見つけて読んでみたりしてみました。そういうニヤニヤ感も含めて、楽しんでました。こういうことがあるから、書いた文章・思いついた思索、そういうものは残しておかないといけないわけですね(笑)

政治のことはなんかツッコミどころがありすぎてなんていうか・・・。
鳩山政権について言えば、野球にたとえれば、もう二軍落ちしてもいいレベルでしょう。もっとも短期間で成果を出すってのは難しいにしても、何一つ成果が期待できるようなものとは思えず。政治の要諦の一つが利益の再配分ってのにあったとしても、子供手当一つとってもあの有様なのはどうしたものか・・という感じです。
そして、サラリーマンである身には何一つと言っていいほど恩恵がありません(笑)

サラリーマンってのはこの国ではサイレントマジョリティーだと思うんですが、やはりサイレントなのがダメなのかも知れませんねぇ。そういえばマスコミの使う表現に「世のため苦労を耐え忍んで働くサラリーマン」というステレオタイプな表現がありますが、あの表現にサラリーマン自身が縛られているってことはないですかねぇ?もっとサイレントではなくてノイジーな存在になるべき、なのかも知れませんが、今の世の中は、サラリーマンなどを「真面目に」やっている人ほど、大きな声を挙げにくい存在なのかも。僕みたいにブログで自分の頭の中を発信していこう、と、そういう手段を持っている人は、まだ恵まれている方なのかも知れませんね。

夜は家族を連れて京都にラーメンを食べに行っていました。細麺が主流の博多ラーメンが好きで、冬になったら行きたくなります。これは美味。替え玉までしてきました。帰りに事故にあった車を見かけました。昨日の火事といい、師走故の事故でしょうか?気をつけねば、であります。

おきてがみ

12/25の日記のようなもの

昨晩は時間がなかったので、さぼってしまいました。

24日って言っても特に何もないですねぇ。別に俺は仏教徒だからとかそんなくだらないことを言うわけではないんですが、いやなんか普通に終わってました。世間ではそんなに盛り上がっているんでしょうか?
クリスマスとは無関係にケーキが食べたかったんですが、たぶん高そうだとかそんな理由でやめました。
それ以前に、今行ってる復職施設の人の要望で、日本橋のメイド喫茶に行ってました。e-maid。日本橋でここ以上に普通の店はないような気がします(笑)
それでも、一緒に行った人は、まぁ喜んでいただけたみたいで、なによりでした。

復職施設ではアサーション関係の本を読んでました。はぁ。アサーションっていうとなんだか難しそうですけど、相互理解というか相互承認とでも言えばいいんでしょうか。
会話をするときに、たとえば、一方的に自分の言いたいことを言う人ってのは、コミュニケーションがうまくとれない人、というのは比較的簡単に「コミュニケーション能力に問題あり」ととられますが、逆に自分の感情を押し殺すというか、相手に嫌われまいとして自分を殺すタイプの人も、アサーションの観点からは問題あり、なんですね。言わないことでストレスをためる、自分のやりたいことを押し殺すことで、それがストレスになる。
で、どちらかと言えば自分はその傾向があるということもなんとなくわかってきました。
いい意味で、結構言いたいようにやる、自己主張するというのは大事なんですよね。

まぁブログも同じような側面がありますねぇ。先日は岡田斗司夫さんのトークショウで、おもしろいブログを書くには感情をある程度は出す、という話があったんですが、ブログに限らず、普通の会話でもそういう面はあるというわけです。


今日はなんだか寝不足ってのもあって、ほぼ一日、ぼんやりしてました。
復職支援施設でも仮眠をとったり午後からの課題も少しぼーっとしてみたり。
しかも僕がテーマ設定したのになんだか申し訳ないなって感じです。

昼休みには、ふと思い出してプラズマクラスターとナノイーのどっちが優れているか?ってそんなもの、江原啓之と細木数子のどっちがレベル上か?みたいな議論わかるか!みたいなたとえば話をしたりしてました。
ところで、この二人ってのは、実際どっちが上か(あるいは異質のものだから、どっちが上とか下とか言うものではないのかな?)、それとも、お互いがお互いを見かけたときに「むむむ、できるな、こやつ」みたいな会話があるのかなぁ。たとえば優れた格闘家同士って、一瞥すればお互いの力量みたいなものってのは、戦わなくてもわかる、と思うんですが、それに似たものって、あの世界もあるのかなぁ?と思ったりするわけですよ。
それは別にして、プラズマクラスターとナノイーの違いは私にもよくわかってません。

うーん、こんな一日もあるかなぁ。

と、家に帰ってぼんやり読書でもしようか・・と思って風呂上がりにのんびりしていたら、向かいの家の数軒隣で火事が発生!消防車2台が来る騒ぎになってしまい、なんか慌ただしい週末になってしまいました。
怖いよ、火事。誰も大怪我したりした人はいなかったようで、それだけが安心でした。でも、年末のこの季節は火事の季節でもありますね。皆様お気をつけください。

おきてがみ

12/23の日記みたいなもの

年賀状刷りでほとんど今日一日終わりました。と言っても数時間の作業だったんですが。
時間がないので、超間に合わせですが、ご勘弁ください。

飽きるかもしれないけれど、新聞の引用とか抜きにして、文字通り日記的に「今日思ったこと」を書いてみようと思います。これが日課になればいいなぁ。

・今日考えたこと。
「2012年になって人類全滅するとしたら、どうしますか?」みたいなことをやってたんですが、そういう死に方をするとしたら従容と死の道に付くというか、そんな気がします。

「もし運命があなたを苦しめるのなら、その苦しみを引き受けることに、二つとない何かを成し遂げる、たった一度の可能性がある。人間が生きることには、常に、どんな状況にも意味がある。苦しむことにも意味があるのだ。だから人生に期待するのはやめて、人生から自分が何を期待されているかを考えよう」
ヴィクトール・フランクルという小説家のお言葉だそうです。フランクル氏はユダヤ人で、ナチスによって収容所に入れられ、後に生還を果たしますが、収容所にいる頃に、そういうことを口にして、生きる意味、すなわち「希望」を持ち続けたようです。絶望はやはり「死に至る病」なんですね。

8月頃から、思いついたことをとっさにノートのとるという、歳時記ならぬ「瞬時記」をやっていて、最近2冊目に入りました。
これがためになるのかどうかわかりませんが、ここからたまに思い出して、ここに書くという形で、ブログのネタにしてみようかなぁ(笑)希望があれば・・というか、定期的な読者がどれくらいおられるのでしょうか?(汗)

おきてがみ

酒井冬雪著「理系男子を100%夢中にさせる本」を読みました。

ちまちまとブログ書きを再開・・・。

というわけで、最近読んだ本の感想を備忘録代わりに。
酒井冬雪さんの「理系男子を100%夢中にさせる本」を読みました。



酒井さん自身は「理系のための恋愛論」という名物コラムを長いことやっている方なので、いわゆる昨今の「理系男子」ブーム以前から理系男子とその恋愛についてのいわばオーソリティみたいなものだと思います。
最初に見たのは、バブルの頃に書かれた「バカゲット」という本ですが、バブル全盛の折にも、理系男子を「浮気とは無縁の安全パイの、旦那向けには超優良物件」と紹介されていたのを覚えています。(理系男子でも、器用な人は浮気をするんですけどねw)

今回の書は、そういう理系男子を狙う女性向けに書かれた本。いわば理系くんとつきあうための注意点、そして本気で結婚を狙う為の心得などを書かれています。

バカゲットでもそうですけれど、この人の文章のいいところは、良いことばかりを書かない。ちゃんと良い点・ダメな点を併記して、努力すべき点についても書かれています。一般論になりますが、理系くんにコミュニケーション能力の高さを期待してはダメ、とか。そういう傾向を踏まえた上で、こうすれば高確率でゲットできますよ!と示してくれている点で、理系のための恋愛論もそうですが、理系男子・理系男子を狙う女性への、上手く行って欲しいという愛情をいつも感じます。

ただ酒井教(というほど読んでいるわけではないですが)信者としては、今まで積み重ねたものの焼き直しという感じもあって、少々もの足りない部分もありますが、婚活女性には、酒井さんの本は鉄板でお薦めです。

おきてがみ

勝手にスイッチ さくら日和版(12/21)

スイッチの総本山のatsuさんのブログを、問題を貰いに行くために閲覧したんですが、先週はおもしろいことをしていたんですね。
僕はこの手の参加ものに関してのレポートってのを作る能力がないので、ダメダメです。勉強不足です。

そんな僕は、先週のスイッチは、諸事情(体調不良)などがあってお休みさせていただきました。ご覧いただいている皆様にはご迷惑おかけしました。

今週は、19日に、だっしーさんと岡田斗司夫ひとり夜話 vol.4を見に行きました。
今回のお題は三題「本棚について」「ゲームについて」「ノート術について」
前回のようにレポート提出はないので、レポートは書きませんが、かと言ってatsuさんのように面白レポートを書ける自信もないので、端折ります(笑)いや、それじゃだめなんだろうな。書かないとうまくならないよなぁ。。。

----
勝手にスイッチの企画は、atsuさんの出題に回答し、ブログでトラックバックを送ることで参加する企画ですので、ブログの更新ネタに困ったりしている人にもお勧めです。年に何度かオフ会なんかもあります。ぜひ新規でご参加お待ちいたしております。
----


1.ウェンディーズが、年内に全店舗閉鎖です
 残念だ
○どうでもいい

普段使ったことがないので、本当にどうでもいいです。

2.英国の次期王位が、一代飛ばしてウィリアム王子に移る可能性は
○あると思う
 ないと思う

日本の堅苦しい制度よりは、ありそうですよね。

3.「1カ月ルール」の存在を、私は以前から知ってました
 はい
○いいえ

初めて知りました。

4.日本有数の痴漢電車、埼京線に防犯カメラがつきます
○ぜひ他路線にも
 やめてほしい

現状だと、これにロジックで反論する術はありません。

5.今時、徹夜して並んでまでゲームを買う人の
○気持ちわかる
 気持ちわからない

ほしい人ってのは、そういうもんじゃないの?と思いますが。。。
その情熱は、わかりますよ。ただ、自分がゲームにそれほど思い入れがないというだけのことでして。

6.スーザン・ボイルさんの動画を、YouTubeで見たことが
 あります
○ないです

誰でしたっけ?

7.片山右京は、登山家でもあったようです
 知ってました
○知らなかった

初めて知りました。それにしても、こんなことを聞いてしまうTBSってどうなの?と思いました。

8.「鍵」は、閉めるもの? それとも掛けるもの?
 前者
○後者

かけますね。

以上です。

おきてがみ

岡田斗司夫 ひとり夜話vol.3感想のようなもの

11/23岡田斗司夫さんの「ひとり夜会 Vol.3」のまとめです。
トークショウの内容をさらっとまとめながら記述していきますね。
罫線で引用した部分は、岡田斗司夫さんよりいただいたトークショウのレジュメを自分の言葉で書き直したものです。


●頭がいいとはどういうことか?

 僕の解釈ですが、頭良いってのは、確かにモテないですね。すごーいとか学生の頃に言われた記憶がありますが、それが即ち幸福に直結したことは、微々たるものでしかない(笑)
 ここでも感想として理屈民族の一部として理屈を捏ねますが、自分の意見を忌憚なく隙を見せないように口上を述べたところで、誰も正直面白がってくれません。いわゆる「ツッコミどころ」の無い文章になってしまうと、アンチ理屈民族や非理屈民族からは、反感こそ持たれても共感は得られません(笑)
 その理由は的確なところはわかりませんが、正直いうと、理屈民族は頭が良いぞ、という意識が透けてみえるからかも知れません。
 少し前に、だっしーさんに紹介されて読んだ香西秀信先生の書物の中に「高校野球の優勝チームはパレードをしてまで地元を挙げて讃えるが、東大に合格した合格者を地元を挙げてパレードまでするような事はしない。なぜなら、前者には「野球ができたところでそんなに偉くないし」と自分を納得させられるが、後者に対しては「勉強できなくても偉くないし」と簡単には否定できない。だから、簡単に自分を納得させられるから、前者は諸手を挙げて賞賛できるが、後者は賞賛できないのだ」みたいな文章があり、得心した覚えがあります。すなわち、理屈民族としては、アンチ理屈民族や非理屈民族のルサンチマンをもろに受けざるを得ない立場にあるというわけですね。

●話術の腕を上げるには

 上手く話すにはシンガーソングライターになれ、というわけで、僕の解釈ですが、自身は小説を書くという趣味がありますので、これには結構共感できる場所が多いです。小説で違うのは、作詞・作曲・ライブの比喩はだいたい似ていますが、作曲、すなわち感情のカミングアウトは小説には不要です。作中の人物のカミングアウトにならないとダメで、作者の感情のカミングアウトは小説ではNGです(笑)あと「記述ではなく描写せよ」とも言いますね。
 小説と違ってブログというかエッセイについては、自分の感情の吐露というか、僕はもっと派手に、いっそ「中二病炸裂」でもいいと思います。論理的にツッコミとか入れられる場合もありますが、そういう伏線は事前にある程度予期した上で、豪快に「決めうち」をするのも、理屈民族が好きそうな、哲学的あるいは床屋政談的なブログ(=うちのブログ)としては良いかと思います。
最近は哲学書を読むことが趣味で多いのですが「ニーチェは哲学界の島本和彦」「ニーチェは中二病」とか言い続けていたら、結構共感する人がいたりしました。いや、もちろん本職の哲学者の方からしたら「それは極論だ!」とか反論がありそうですが、あえてここは、ブレーンストーミングの場だ!少しでも「確かに言われてみれば・・」と思う人がいたら俺の勝ち!と言うことにします(笑)

●恋愛の経済学

 岡田さんのトークでは、もっと経済価値換算して考えれば?という感じでした。僕自身としては、これとは同じではないですけれど、純愛みたいなものや一夫一婦なんてもはや笑止という感じで、たとえば「収入5000万の男性」は「収入1000万円の男性と結婚した女性」5人と結婚してもいいんじゃね?みたいなことをmixiで語ったことがあります。岡田さんほど丁寧に資料を作ったりはしていませんが、もはや一夫一婦制度というものを「動物の本能として」破壊というか疑ってかかるべきかも知れません。
話はずれますが、そもそもが純愛や清い恋愛みたいなものが美化されるのは、もっと人間ってのは種の保存に対して貪欲で、一夫多妻的に交配していくのが自然だから、逆に純愛みたいなものが困難とされるから、美化されるのでは?と思っています。ってそこで終わってしまいそうなんですが(笑)正直なところ、これからとなっては恋愛は金銭的価値で換算して、そこからどう社会に適合した形で発展させていくか、というのは大事な問題となるかも知れません。少し前、テレビで若者のルームシェアの話を見ましたが、恋愛という形を介在させてはいませんが、恋愛という形を捨ててでも「疑似家族」という考え方は若者には案外簡単に受け入れられるような気がします。
こんなことを書いていて思ったのが、恋愛というのは、もっと余裕がないとできない行為なのかも知れません。今は正直言って、未来に希望がそんなにあるわけでもないし、終身雇用もないような時代だと、自らが生きるだけで精一杯というか。僕はロスジェネ世代ですが、それより下の世代になって終身雇用?何それ?の世代になると「自分が生きるのに必死なのに、恋愛とか言われてもなー」という風に感じるのが、むしろ当たり前なのかも知れません。少なくとも、一昔前に見られたような「恋愛至上主義」的な時代というのは、そう簡単には来ないでしょう、という風に思います。
最後の「婆や」云々については、お一人様のオーソリティの上野智鶴子も「これからは世代を超えた連帯が大事よ!」みたいなことを言っていて、共通性を感じる部分もあって興味深いです。

●人生の意味を今夜教えます

哲学的なお話ということで、僕自身は一番興味深く聞いたところです。
聞いていてすぐに浮かんだのは「ヒトはヒト文明の介在者」というお話で「なぜ文明はヒトを下位構造として選んだのだろうか?」ということでした。文明が生き物だとしたら、ヒトを文明の媒介として選んだ(あるいは寄生されることを受け入れた)のはなぜか?でしたが、二つほど自己レスを思いつきました。
一つめは、ヒトが知能を高く持った為に、その生き方が楽であることに気づいてしまって、人間から文明を嗅ぎ分けて寄生している?という考えです。文明に依存するのが楽だと人間が気づいてしまった、と。
二つめは、ヒトに限らず、全ての動物にも文明の媒介となる可能性があるのではないか?ということです。たとえば犬がワンワン泣いてコミュニケーションを取ったり、イルカが水中で輪っかを作ったりするのも、つたないながら「イヌ文明」「イルカ文明」の媒介を演じているのか知れません。そう考えると、たとえば間寛平師匠が猿の真似をするのは「サル文明」の媒介役をやっているとか考えて見ると面白いかも知れません。

ついで沸いた疑問は、ヒト文明が生物だとすると、ヒト(意識)とヒト文明はどちらが先に発生したのだろうか?ということです。人間個体で考えるなら、人間の意識と細胞個体とどちらが先にできるのだろうか?みたいな問題なんでしょうか。そんな鶏と卵みたいな議論はとても難しい問題かも知れません。

その他に思い出したのが、昔読んだ「桜が創った「日本」」という本の話で、ソメイヨシノは自身の交配で種を残すことができない。その代わり実は日本人の「美意識」を種の保存に使っているのではないか?という仮説が紹介されていまして、人間が桜を美しい!と思うからそこら中に植える(=種の繁栄)と思っているけれど、そうじゃなくて、種の繁栄の為に「桜自身の意志で」人間がそこら中に増やしたくなるように「桜自身の意志で」花をつけている、という解釈なんですが、これを読んだときは自分の中では「ぞぞぞぞ・・・」とでも言うような背中が寒くなるような感じを持ったのを覚えています。
そう考えると、ヒトや動物と言ったものに限らず、植物も、雑草のように勝手に生えるものは別にして、美しい花をつける植物は、自身の生命力が弱い代わりに、知恵を使って、人間の美意識に寄生(もっと言えば、ヒト文明のコモンセンスとしての「美しい」という感情に寄生)し、美意識を利用して種を繁栄ているのかな?と思ったりしました。

もっともそこまで実際何かに「操られている」というわけではないと思うのですが、所詮人間も全てのものを支配できるわけではなくて、何かの上に生かされている・・・そういう意味での、人類の良い意味での「限界」のようなものも感じますね。

以上、雑感などなど交えながら、下手なりに頑張っていろいろ書いてみました。
全然足りないことだらけですが、まずは書いてみよう!と思い、頑張って書いてみました。
まずは、スタートですね、これは。

おきてがみ

勝手にスイッチ さくら日和(12/7)

先週は疲れたせいか普段よりスローペースで。結構大変だったのは週末の2次会。もうね。アホかとばかかと。
これはこれで面白いので、話のするべきだなw
----
勝手にスイッチの企画は、atsuさんの出題に回答し、ブログでトラックバックを送ることで参加する企画ですので、ブログの更新ネタに困ったりしている人にもお勧めです。年に何度かオフ会なんかもあります。ぜひ新規でご参加お待ちいたしております。
----


1.ゴルフ場のカートを、運転したことが
 あります
○ないです

ゴルフ場に行ったことすらないなぁ。

2.内外タイムス(現リアルスポーツ)なんて、読んだこともなかった
 はい
○いいえ

ネットの配信記事を読む程度。。。かな。

3.五輪を目指せるスポーツ選手は、国がしっかり支援すべきと
○思う
 思わない

それには、ちゃんとした選手が出る、ってのは当然の条件ですが。

4.キャバ嬢たちが、待遇改善を求めて労組を作ったそうです
 理解できる
○そんなに待遇悪いならやめれば?

これはむしろビジネスチャンスと見ました。

5.この際、由紀夫を排除するために邦夫を道連れにしても
○よい
 よくない

国の為にはしかたありません。

6.新しい変換ソフト「Google 日本語入力」を、私は
 導入済みです
○未導入です

結構鬼畜に変換してくれるので、かえって評判悪そうです。

7.米国の怒りと社民党の怒り、首相がより恐れているのは
 前者
○後者

難しいな・・・まだ前者については、怒っていることすら認識できていないんじゃないでしょうか?

8.私は、既に来年用の年賀状を
○買いました
 買ってません

あとはデータだ。

以上

おきてがみ

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


11 ≪│2009/12│≫ 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。