さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

日本のスイッチ 桜日和版(9/25)

先週は体調がイマイチでした。
そんな感じで、世間の事にもあまり興味がないまさに引きこもり状態でした。
こんなんで復職できるのか・・・不安だなぁ。

体調がよくないと、世間の事にも興味がない状態が続くみたいですね。新聞やブログのチェックもニュースのチェックも殆どできないというか、そんな感じでした。まぁ、今はその「底」を脱したかなーという感じですが。

あと、セレッソ大阪の練習見学に行きました。
新しく購入したレンズの調子なんかもこれで試してみたり。いいなぁさすがに、てな感じでした。(どういう感じだ)

あとは、早く復帰せねば。いろんな事から。

日本のスイッチは、携帯電話で参加する毎日新聞社の企画です。

日本のスイッチの輪についてはatsuさんのB級ニュース批評をご覧ください。

【先週の回答者】 40015人
【わたしと同じ答えの人】17人


問1.
安倍新総裁が誕生、民主・小沢氏との党首討論は
 今から楽しみ
 特に関心なし

うーむ、特に関心ないなぁ。
どこら辺が争点になるのかなどなども大いに謎だし。。。

問2.
安倍夫人昭恵さんめぐるマスコミの盛り上がりは
 つい見ちゃう
○少しげんなり

そんなに言うほど盛り上がってるのかなぁ。
普段テレビ見ないから、よくわかりません。

問3.
タイの政権争うクーデター、十数回目だそうです
 意外な感じ
○そんな覚えも

感覚的には、総裁選と同レベルな感じなのかもw

問4. 
日の丸や君が代を学校で義務付けるかの議論って
 大事なことだ
○少しむなしい

大事なことだけど空しいという風に言えばいいのか・・・。
正直「義務化すべし。以上」しか意見はないのですが。

問5.
米国産にこだわった牛丼の吉野家はイメージを
 上げたと思う
○下げたと思う

普段吉野家に行かないので、よくわかりません。

問6.
コンビニ割りばし、環境意識高めるため有料化は
○支持できる
 ちょっと困る

環境意識を高めるため有料化って嘘をつけ。
中国製の割りばしの値段が上がったから有料化したんじゃないか。
中国にムダな金をやることないぞ。

問7.
やせすぎモデル排除のファッションショーって
○健全でよい
 モデルに同情

モデルってのは均整の取れた体型であるべきだと思うので、やせすぎ・太りすぎ共に排除すべきならすべきと思うし、やせすぎを許容するなら、太りすぎも許容すべきだと思う。

そこで提案。
そういう規格外体型のモデルショーを別に開催すればいいんじゃないかな。痩せ専用・デブ専用みたいな。

問8.
我が家では「救急ばんそうこう」の呼び名は
 ばんそうこう
○他の呼び名

「バンドエイド」はジョンソン・エンド・ジョンソンの登録商標です。
同じようなものに、ホッチキスもありますね。これも登録商標です。

================================================

日本のスイッチの輪」こと「日ス輪」はatsuのB級ニュース批評 atsuさん主宰で行われております。


スポンサーサイト
おきてがみ

日本のスイッチ 桜日和版(9/18)

カメラネタですが、かなり前から発売が噂されながら延期延期できたSIGMAの50-500mmという望遠レンズをやっとこさ入手。いろいろ遊び中です。
でも、こんな望遠レンズだと、家の中で撮影するにしても、たかがしれていて、なんだかなー、ですね。
遠出して写真を撮るにしても、台風が近かったりして、なかなか遠出できて写真が撮れそうなところもないし。

あと、最近は少し読書などをちまちましています。
自分の頭の引き出しというか、そういうのが、出し切って空の状態なのでしょう。「桜日和」に更新したいエントリの多さよりも、いろいろ頭に吸い込むことを優先したい時期のようです。書くよりも読む、出すよりも入れる、そんな感じで、エントリの更新が少しのんびりペースになるかも知れません。

日本のスイッチは、携帯電話で参加する毎日新聞社の企画です。

日本のスイッチの輪についてはatsuさんのB級ニュース批評をご覧ください。

【先週の回答者】 42573人
【わたしと同じ答えの人】207人


問1.
政界引退する竹中さん、政治家として私の評価は
○はい
 いいえ

うーん、どっちかという評価はできなくて、功罪半々だと思うんですけれどもね。
それなりに景気が上向いたのは、評価した方がいいのかなぁ。

問2.
上場もはたした今話題の「ミクシィ」
○登録してます
 縁がない

何気に「日ス輪」コミュニティの管理人までやっています。

問3.
飲酒運転した公務員に、厳しい処分をする動きに
○賛成
 反対

ただ、こういったらなんですが、厳しくしても、事故は減らないと思いますね。
事故を減らすためにどうするか、酒を無くすか、車を無くすか、どちらかしかないと思いますね。無茶言っているんですけどね(笑)

問4. 
居酒屋などのお店に駐車場がついてるのって
 どうかと思う
○問題観じない

私みたいに、下戸だけど居酒屋につきあいで行く人もいますからね。
私の友人衆で飲み会をするときは、絶対電車です。

問5.
ゴジラ松井、ケガから復帰して大活躍している姿に
 ちょっと感動
○別に感慨ない

そりゃないよ。普通にプロとしての仕事しているだけだし。

問6.
高専生殺害容疑の少年、自殺した後の実名報道は
 必要性ある
○しなくていい

実名報道の必要性があるのは、殺害後生存中に必要性を感じますが、生存中匿名→死んだ途端に実名報道ってのは、腑に落ちません。なぜ死んだら名前を出してもいいのか?それが大いに疑問です。

問7.
早実斎藤投手と卓球少女愛ちゃんが同い年って
 変な気分だ
○違和感ない

まぁ別に違和感がないというか、愛ちゃんもいつかは大人になるわけだし

問8.
鼻毛の手入れ、私はしています
○はい
 いいえ

一応鼻毛切りで、手入れしています。

================================================

日本のスイッチの輪」こと「日ス輪」はatsuのB級ニュース批評 atsuさん主宰で行われております。


おきてがみ

オーマイニュースの市民記者規制?

オーマイニュースにて竹島について取材をした芥川慶記者が、アク禁になり、ニュース投稿ができないようになってしまっているようです。

何か思想的な何かがあったりするのでしょうか。ともかく市民メディアも、早々に何かほころびがありそうな予感ですね。


9/15の天声人語

 酒は、百薬の長と言われるほどの効用がある一方で、人を変えてしまう魔力がある。車も、多くの効用がある半面、ハンドルを握ると人が変わると言われるような魔力を備えている。この二つの魔力が重なった時にどれほどの惨禍をもたらすかは、考えなくても分かることだ。

 酒を飲んで運転したために引き起こされる悲惨な事故が絶えない。01年に飲酒運転の罰則が強化され、死亡事故はいったん減ったが、最近は微増の傾向がみえる。

 罰則の重い「危険運転致死傷罪」を逃れるため、事故の後に逃走する者もいる。時間をかせいで、酔いをさまそうということらしい。これなどは、飲酒運転で人を殺傷するかもしれないが構わない、そして被害者がどうなっても構わないという「構わん罪」を二重に犯している。

 運転者本人の自覚が肝心だし、酒を飲ませた側の責任も重い。しかしもう少し広く見れば、いわば普通の人を瞬時に殺人者に変える魔力を持つ車をつくり、売っている側も危機感を持つべきではないか。

 販売台数が世界でトップクラスとか、累積で1億台を売ったといった業績も大事だが、被害者や、人をあやめる運転者をひとりでも減らす手だてをどれだけとってきたのだろう。「飲んだら動かない車」の開発に取り組むメーカーもあるようだが、遅すぎてはいないか。

 「あなたと周囲の人の安全のため、飲酒運転はやめましょう」「飲酒は車を凶器に変えます」「飲酒やめますか。人間やめますか」。こんな「警告」を車体や広告に掲げる時代が来ないとも限らない。



メーカーに勤めている身分で言えば、それは無茶な要求だと思う。
メーカーもそういう甘ったれの為に、飲酒運転を検出する機能なんてものまで作るようだけれど、もういっそ、自分で運転する車をやめて、アクセルもハンドルもなくして、行き先を入力したら勝手に運んでくれる、文字通りの「自動車」を作ったら?という感じです。

今日は短くてスマソ



おきてがみ

中国、そして、台湾

こちらのエントリで書いた2冊の本、やっとこ読み終えました。
林建良氏の「日本よ、こんな中国とつきあえるか?」を読んでいたら、蔡焜燦氏の「台湾人と日本精神」を読んでみたくなって、買ってしまいました。あああああああ、今月も本代だけで赤字がぁ(泣)

日本にとっても、台湾は地政学的にも大切な地域なのは理解できますね。林さんの本と「台湾の声」のメーリングリストを読んでいると、いつも、自分が台湾に対して何かやれることはないか、という気分になります。
その裏で自分の中では、台湾は台湾の利益で動いているのだろうという気持ちもあるので、日本人としては、手放しで応援するのもどうだろうという気もしますが、中国にとってはのど元に突き刺さる棘のような存在でありながら、それでも中共から民主主義の牙城を守ろうとする台湾を、同じ民主主義を奉ずる日本が何もしないのは、はてさて、という気もします。
やはり今の日本は、中国に逆らえないのか?
「義を見てせざるは勇無きなり」ではないですが、このまま何も手を出すことができないまま、何もしないまま中国に飲まれてしまうのを見るしかないのか、気になるところです。
地政学を少しやれば、あの地が中国になってしまうことが日本にとっていかに脅威か、わかりそうなものなんですけれどもね。
例えば、日本は海洋国家です。
台湾が中国に落ちたら、ここを経由してやってくるタンカーなど、どうなるのか・・・・考えたことない人は、考えたことないのだろうな、きっと。

もう一冊、石平氏の「中国人だから見える日中の宿命」も面白かったです。反日デモから始まり、5年間の小泉政権と、靖国問題を総括して語っているのですが、その間の中国政府の対応などを丁寧に分析しています。
面白かったのが、あまり存在感を感じないことで存在感を増していた(笑)前原・前民主党党首の「中国脅威論」についてですね。
前原氏は中国に訪問する前に、中国脅威論を述べたおかげで、訪中しても中国の要人に会うことができず、冷遇されたわけですが、この点を突いて、石平氏は「「靖国問題さえ解決すれば日中問題は解決する」という中共政府の言葉は嘘だ!」と主張します。私もそう思いますね。
その上で、今は靖国問題よりも「中国脅威論」が世界に広がることを明確に中共は一番に恐れている、と指摘します。
この辺りの分析は、納得するものがありました。

あと、林氏、石氏ともに同じ事を述べているのが、中国は自分たちの政権を守るためなら、戦争も辞さないという点。戦争を引き起こせば、リスクの観点から経済的にダメージを受けるわけですが、中国共産党政府が、国内問題で政権維持が難しくなり、戦争することで政権維持できると踏めば、戦争は辞さないというシビアな分析をしていることです。
この辺日本人分かっているのかなー。
もしそういう状況になった場合、例えば、今日まで握手していても、明日にはミサイルが飛んでくるというくらい、突飛な変化をしてもおかしくありません。現に昨年は、呉儀さんとかいう小泉との会談をドタキャンした人がいたじゃないですか。当面、2008年のオリンピックまでは大丈夫でしょうけれど、それも正直分かりませんね。オリンピックと戦争を天秤にかけて、戦争の方に傾けば、躊躇無く戦争するでしょう。そういう国だと思っておいていいと思います。

私自身の願望は、中国は外に膨張せずに「三国志」の時代よろしく、海から東にこず、西は西安(長安)~四川省辺りの枠内で、漢民族同士で軍閥同士で喧嘩してりゃいいのに、と、思ってます。そしたら、台湾は元より、チベット・ウイグルやら内蒙古、満州の人たちも独立して、本来の姿に戻れるのに、と思います。
間違いなく言えるのは、中国の人民の為にも、中国共産党がつぶれるのを待つというよりは、潰さないといけない、と思いますね。そこに策略を張り巡らすくらいのことを、日本政府はやって欲しい気がしますが、無理だろうな、さすがにそれは。北朝鮮すら潰せないんだから

「台湾」で国連加盟申請 陳総統が正式表明

今まで中華民国としてのたびたびの申請を、悉くつぶされる台湾。
名前をアピールするだけでも意味がある、と踏んだのかも知れません。

加油、台湾!

----

「新聞は党の舌」中国、報道統制強化の綱要公布

オリンピックを目前にして、どんどん報道の自由の問題が中国に迫ってくると、焦りも感じるのかもね。
ほんと、オリンピックが先か、共産党がつぶれるのが先か、バブルがはじけるのが先か、かなり緊迫した状況にせまってきたんじゃないかな。

ってのは、私の願望がかなり入っちゃってますね(笑)

おきてがみ

そういえば、自らの国家や民族に固執する右翼系の若者が世界的に増えているという事実も、多少気になるところだが。

2ちゃんねるでネタにされているこの記事。

メンズウェアの胸元 ワンポイントおしゃれに復活

それにしても、マークやエンブレムは本来、軍隊や国家、学校や会社など、何かに帰属することを表す。今、若い女性には「愛されOL」系のモデル、エビちゃん(蛯原友里)が人気だが、これからは男性にとっての理想像も「さわやか正社員」系になるのかもしれない。そういえば、自らの国家や民族に固執する右翼系の若者が世界的に増えているという事実も、多少気になるところだが。



タイトルからは想像できない最後のセンテンス。
エポックの野球板の「消える魔球」並の衝撃です。

----

歴史認識 政治家が語れぬとは

 1972年9月25日、北京の人民大会堂に当時の田中角栄首相を迎えて夕食会が開かれた。歓迎のあいさつに立った周恩来首相はこう述べた。

 「中国人民は、毛沢東主席の教えに従って、ごく少数の軍国主義分子と広範な日本人民とを厳格に区別してきました」

 この歴史的な首相訪中で、日本は中国との関係を正常化した。夕食会の様子はあいさつ文とともに当時の新聞などで報じられた。

 これが34年後の自民党の総裁選で、争点のひとつに浮かび上がってきた。根底にあるのは、日本の近現代史をどうとらえるかという、歴史認識の問題である。

 日本記者クラブでの公開討論会の席で、谷垣禎一財務相がこう述べた。「日中国交正常化をした時に、中国は戦争指導者と一般の日本国民を分けて国民に説明した経緯があった」

 A級戦犯が合祀(ごうし)される靖国神社に小泉首相が参拝することは、この中国側の整理を突き崩してしまった。だから中国政府が強く反発している、という趣旨の指摘だった。

 これに対し、安倍晋三官房長官は「そんな文書は残っていない。国と国とが国交を正常化するのは、交わした文書がすべてなんだろうと思う」と反論した。

 外交とは、水面には見えない交渉が下支えしている。国交正常化の際、中国側はこの理屈で、まだ反日感情の強く残る国民を納得させ、賠償を放棄した。日本はそれに乗って国交回復を実現させた。

 両国の共同文書には入らなかったが、そうした事情で困難な交渉がまとまったことは、広く知られている。

 それを今になって「文書がすべて」と片づけてしまうのは、中国側の苦心に冷や水をかけるものだ。あまりに一方的な議論ではないか。

 安倍氏の発想の根っこにあるのは、あの戦争を侵略戦争と言いたくないという歴史観だろう。

 谷垣氏は、戦争の多面性を認めつつ「中国との関係で侵略戦争であったことははっきりしている」と言う。麻生太郎外相も「満州国建国以来、南京攻略に進んでいったのは侵略と言われてもやむをえない」と語る。これに対して、安倍氏は「歴史認識は歴史家にまかせる」と論争を避けている。

 これはいかにも奇妙な論理だ。私たちは、邪馬台国がどこにあったかという遠い過去を論じているわけではない。今でも多くの人が記憶している20世紀の戦争の評価を問うているのだ。

 確かに、細かい事実の確定は歴史家に任せるべきだろう。しかし、それを全体として評価し、どこが間違ったかを反省し、教訓を現代に生かすのは国民を導く政治家としての責任ではないのか。侵略の被害を受けた国と新たな関係を築くための最も大事な土台でもある。

 20世紀最大の戦争について歴史観を語れぬ首相が世界に通用するはずがない。



だが心配のしすぎではないか・・というのは冗談にしても、先日の社説といい、露骨にアンチ安倍ですね。不偏不党という言葉が笑わせる、という感じです。
もしここで、自衛戦争だった、などと言ったら、大々的に叩くんだろー(笑)
靖国神社に参拝するかしないか、もそうだけど、明言しないという戦略もあるわな。特にこんな揚げ足取りが好きな人たち相手にしていたら。
この朝日の社説読んでたら、麻生さんの言い分を「侵略を認めた!」なんて言い分と思うのも、かなり無理があると思うよ。

 確かに、細かい事実の確定は歴史家に任せるべきだろう。しかし、それを全体として評価し、どこが間違ったかを反省し、教訓を現代に生かすのは国民を導く政治家としての責任ではないのか。侵略の被害を受けた国と新たな関係を築くための最も大事な土台でもある。

 20世紀最大の戦争について歴史観を語れぬ首相が世界に通用するはずがない。



全体として評価する、というのなら、私は、大東亜戦争だけを評価の対象とするべきではないと思うのですがね。日本の国の歴史観を語るというのならば、大きく解釈すれば日本神話時代から続く歴史を語らないと、大東亜戦争時代の周辺だけを語られても、意味がないと思う。朝日新聞がそこだけにこだわる方が不自然ではなかろうか。
まぁ、戦後民主主義だけが正しい日本の歴史と思いたい人には、無理かも知れませんけれどもね、そんな発想。

安倍さんの歴史観らしきものは、くっくりさんのところの過去エントリで、少し確認できます。

----

<民主代表選>小沢氏再選 「打倒安倍」に照準

この記事も、この辺りがすごいね。

 一方、鳩山由紀夫幹事長は党広報戦略本部に対し、安倍氏の祖父・岸信介元首相の研究を指示した。幹部の一人は「安倍氏は岸氏のやったことをすべて肯定したいだけ」と指摘。別の幹部も「岸氏の業績をすべて否定はしないが、A級戦犯容疑者であり、危険な側面もある。安倍氏が政治的に岸氏のDNAを継いでいるのか、検証する必要はある」と述べた。
 安倍氏の主張について菅氏は「歴史認識を含め、従来の自民党からずっと右に寄った『保守亜流』。『保守本流』は民主党だ」と語る。同党は「安倍政権」が伝統的な自民支持層でさえついていけない「右寄り」とアピールすることで、穏健な保守層を取り込む狙い。「岸信介研究」もその延長線上にあるようだ。



お祖父さんが悪人なら、孫も悪人だろう、という決めつけですかねこれは。そういうなら鳩山さんも調べた方がいい気がしますが、少なくとも今の日本で、お祖父さんがA級戦犯だったから云々、なんて言うのは、アナクロという以前に出自に難癖をつけるなんて差別主義者じゃないでしょうかね。

おきてがみ

告知:拉致問題特集番組

mixi経由でblue-jewel様から告知です。

----

拉致問題の特集が組まれます。
9.17から4年を機に、放送されるこの番組には、横田夫妻がスタジオで生出演をなさいます。

横田さん夫妻 時間との戦い(仮題)
9月14日(木)放送予定



北朝鮮が拉致を認めた日朝首脳会談から今月17日で4年。娘の救出を訴え続けた横田めぐみさんの両親、滋さんと早紀江さんはともに70歳を超えた。滋さんは去年末、病気で長期入院を余儀なくされた。早紀江さんも長年の活動の疲労が重なり、体の不調を感じることが多くなった。「拉致問題は残された時間との戦いだ」。横田夫妻は今、同じマンションの住民たちの協力を得て、写真展を開いている。大切にしまってきた家族写真を公開することで、拉致の残酷さを訴え、事態を少しでも前に進めたいという決断だった。写真展は各地に広がり、15万人が会場を訪れた。番組では命を削って活動を続ける横田夫妻の日々を見つめる。
(NO.2295)


スタジオゲスト : 横田 滋さん
    横田 早紀江さん

是非ごらんください。


おきてがみ

大きな声では確かに言えない

大きな声では言えないが:天皇の定年

まぁなんだか余計なお世話じゃないかなぁと思う記事。うん、不敬やんね。わかってるからこんなタイトルつけたんだろうけど。

私の解釈だと、皇族というのは国民ではなく、国民でない以上、国民の義務を負う必要もなく、また同時に国民の権利を行使することもできないのではなかったか、と思うのだけれどどうなんだろう。
なんでもかんでも人権だの、freeっていう意味での自由だのを主張するのもなんだかな。

ともかく、天皇は一時も緊張から解き放されることがありますまい。親王が「天皇になる運命」を知れば、どう思われるのでしょうか。



なんて言っているけれど、私も自分の家の6代目でかつ一人っ子だから言えることだけれど、天皇家には遙かに及ばないながら、私も自分の家の跡継ぎたることを、幼少の頃から自覚させられてきたので、それなりに自覚を持って行動しています。
おそらく(私も含めて)長男として親から躾けられて育てられた人は、そういう「家の維持」についての自覚なり覚悟なりが多少なりあるのではないかと思います。いわんや世界最古の王家・天皇家においてをや。
この文章の執筆をした人は、どういう教育をうけたのか?「家」というものをどう考えているのかわかりませんが、少なくとも天皇系にお生まれになった皇族の男子の方々、特に皇太子殿下においては、この牧太郎なる人物よりは、皇室の維持後継、そして、天皇になるということはどういうことか?という問題には深くお考えであると推察いたします。

そもそも天皇である、というのは、天皇という職業というよりは、天皇系の長という考えをするのが普通ではないしょうか?どこの家にもある「一家の主」と同じです。
一家の主が定年になったから「主になるのをやめた」なんて言える物かどうか疑問です。少なくとも、それを決断するのは天皇陛下ご自身の問題でしょう。

まして

「天皇の定年(退位)」をプレゼントしたい


などというのは、言葉の解釈によっては、今上天皇は天皇として不適である、退位せよ。という意味にもとれるのですが、そう解釈してよろしいのでしょうか?

この文章の中で、数少ない部分で同意できる部分があります。

せめて政府・宮内庁はもっと「天皇の公務」を積極的に情報開示すべきだと思っております。



ですね。これはもっと開示というよりは説明、悪く言えば宣伝をして欲しいという気持ちもあるのです。今の日本人は(私もそうですが)天皇陛下、皇族の方々のご公務について知識が薄い→皇室に対する敬意が薄れているという風に思います。
皇室の方々というのは、きっと、そういうことを喧伝するのを是とされないほど、控えめな方々なのだろうな、と思います。
そういうお気持ちを察しきれないのが今の日本人だとしたら、それはあまりに寂しいことだなぁと思ったりします。

おきてがみ

命を賭ける「覚悟」は欲しい

安倍政権:共産、社民両党が危機感を表明

共産、社民両党は11日、「安倍政権」への危機感をそれぞれ表明した。共産党の市田忠義書記局長は記者会見で、安倍晋三官房長官の主張に関し「憲法を変えてはならないとの考え方が時代錯誤というのは戦後日本の出発点の恐るべき否定で、非常に危険」と批判。

社民党の福島瑞穂党首も安倍氏の著書に触れ「国家に命を投げ出すことが必要などとすさまじい発言をしている。国家による死を再び迎える時代になる」と述べた。



共産党の批判も変やね。
>憲法を変えてはならないとの考え方が時代錯誤というのは戦後日本の出発点の恐るべき否定

じゃぁ今の皇室典範もそのままで、という気分になるけれど、そもそも自民党の党使命なんかにも現行憲法の自主的改正を始めとする独立体制の整備を強力に実行ってあるんだから、今更何を、って感じでしかないね。

社民党の福島さんも「国家に命を投げ出すことが必要などとすさまじい発言をしている。国家による死を再び迎える時代になる」なんて脅しかけているけれど、お前さんみたいに「国家のために命を投げ出す気もない」よりは、ずっとマシだと思うけどね。全ての国民をそれを要求するのも筋違いなのかも知れないけれど、少なくとも、国家の代表はそういう気概を持って貰わないと、少なくとも為政者としては不適格だと思うのだが。

福島瑞穂「国を守るためには死なない」

もっとも「国家に命を投げ出すことが必要などとすさまじい発言をしている。国家による死を再び迎える時代になる」の前半部と後半部がどうにもこうにも必要条件でも十分条件でもつながらん気がするのだが・・。何が言いたいのだろう?ミズポたん。
もっともそれは、ミズポたんを選ぶ有権者にも、その覚悟はいると思うよ。自分たちで選んだ代表なんだからさ。って高槻市民の私が言うのも説得力に欠けるか(泣)

もう一つ。
社民党首 安倍氏との対決強調(1)
社民党首 安倍氏との対決強調(2)

うーむ。

この中で、福島党首は「戦争の被害者にも加害者にもならず、二度と戦争をしないと決めたことが日本の戦後の出発点なのに、安倍官房長官はさきの戦争を侵略戦争だと言い切らない。戦後の平和と暮らしと民主主義を否定する政策をやつぎばやに出し、進んでいくのではないかと、大きな危機感を感じている」と述べました。



「二度と戦争をしないと決めたこと」と「先の戦争を侵略戦争と言い切らない」が繋がらないのだけど・・・。
二度と戦争をしないと決めたら、先の戦争は侵略戦争だと言い切らないといけない決まりがあるのかしら・・・。わからないなぁ。
あと、社民党が「民主主義の否定」を憂えるってのも変な構図だなぁ。社民党ってのは民主主義を憂える政党だったの?社会主義を実現する為の政党じゃなかったの?

----

「テロ監視」街の隅々に 窮屈さ感じる場面も

このどうにも監視カメラうぜーを主張したさがにじみ出るタイトルはいかにも朝日だなぁという感じですが、世の中にはテロリストからの自分の身の安全よりも肖像権の方が大事な、奇特な市民団体もあるものですね。

おきてがみ

日本のスイッチ 桜日和版(9/11)

先週は週末になって、夏風邪をひいてしまっていたようです。熱はないですが、手の節やら足の節やらが痛かったです。
あと寝違えたせいか、首が痛いです。
なんかそこら中痛い。。。(泣)

今週の日本のスイッチは、旭山動物園・小菅園長さんが出題です。
うーん。新宮様が生まれた週に?何か意図を感じるのは気のせい?

日本のスイッチは、携帯電話で参加する毎日新聞社の企画です。

日本のスイッチの輪についてはatsuさんのB級ニュース批評をご覧ください。

【先週の回答者】 40868人
【わたしと同じ答えの人】280人


問1.
今、動物と一緒に生活してる
 はい
○いいえ

してません。

問2.
動物園の動物に、あなたが期待しているのは
 かわいらしさ
○野生のすごさ

普段動物園に行かないのでどっちでも・・・て感じですけれど・・。
でもみたいのは、野生のすごさかな。だから白浜のアドベンチャーワールドなんかは好きだったりします。

問3.
山や森の中で、野生の動物に出くわした体験が
○あります
 ないです

田舎で夜中走ると、鹿やらイノシシやら野犬に遭遇します。

問4. 
動物園は、学術研究や動物保護もやってます
○当然常識です
 忘れてた

まぁあんだけ野生の生物を飼育しているんですから、当然研究はしているでしょうね。

問5.
今までに、生き物のためのお墓を作ったことは
 あります
○ないです

ありません。

問6.
パンダ目当てに、上野動物園まで行った経験が
 あります
○ないです

白浜で見ることができますので。

問7.
夜の動物園では、トラやライオンも活発と聞くと
 ぜひ見たい
○興味わかない

多分私は、動物にそんなに興味がないのでしょうね(苦笑)

問8.
もしゴキブリがスズムシみたいな声で鳴いたら
 好感もてそう
○それでも駆除

そこに躊躇いはございません。

================================================

「日本のスイッチの輪」こと「日ス輪」はatsuのB級ニュース批評 atsuさん主宰で行われております。


おきてがみ

怪しい人たち

先ほど「ザ・ワイド」で小学生相手に「総理大臣になって欲しい有名人」というの聞いて回ってまとめる、というをやっていましたが、一位になったのは爆笑問題の太田光でした。

うーん。単なる小学生の浅知恵と言うべきか、それとも何かが欠落してそういう風になっているのかわかりませんが、なんだかなぁ。
私も適当にみていただけだったので忘れましたが、北野武、所ジョージ、みのもんた、イチロー、王貞治、小泉孝太郎、倖田來未・・・というメンツだったので、まぁ好きな有名人並べただけだろ!という風に考えておいてもいいかも知れません。

それにしても太田がいいとはね。太田総理の番組は見てませんので何を普段主張しているのか知りません。
その主張の是々非々以前に、あのしゃべり方がムカツクんですよ。人を威嚇する態度、朝鮮人の「謝罪と賠償ニダ!」と対してかわらんなーと思って、仮にいいことを言っていたとしても、素直に聞こうという気分にすらなりません。

それでも、それなりにあの番組が続くのは、斜に構えて暴論を強く言えば面白い、と思う人が多いと言うことかな。私にはわかりませんけどね。無茶を無茶と思える人が多い社会はそれでいいのですけれど、そう思えなくなったら、怖いなぁと実感する次第です。

「きっこの日記」 知られたくない?削除部分

削除された日記のログはこちら

きっこの日記は殆ど読んだことないのですよ。過激さが好きな人はそれで楽しみ甲斐があるのかも知れませんが、暴論と毒舌を混同しているような感じで元々好きではないです。昔から殆ど読んだことがありませんでした。そういう意味では太田総理と同様。
私もそんな綺麗な文章を書いているつもりもありませんけれど、暴論と毒舌は似て非なるもの。
口は汚くても「弁える」という言葉を知っている人とそうでない人の文章は本当に紙一重になりますね(笑)

今回の件はどういう経緯で一度出した物を引っ込めたのかわかりませんけれど、一度出した物をなかったことにする、ってのは、言論というか語りをする人間は、やっちゃダメなルールの一つではないでしょうかね。
自主的に「やばい」と思ったにせよ、叩かれて取りやめたにせよ、自身で↓こう述べているように

‥‥そんなワケで、あたしは、自分よりも弱い相手にしか文句を言えないような腰抜けは、死ぬまで黙ってりゃいいと思う。逆に、ふだんから偉そうなことばっか言ってるヤツは、くだらないヤツラのことなんか相手にしないで、安倍の八百長選挙や、キコさまの出産劇に対して、本音の発言をしてみろよ!って言いたい。



っていうのなら、叩かれようがやばいと思おうが、自分で一度は書いた文章を堂々と載せておけばいいと思うのだが、どうもそういうわけではないみたいだ。結局は自分も腰抜けだったってことだろうか。


【斎藤貴男「二極化・格差社会の真相」】

 もはやガマンの限界だ。またしても石原慎太郎・東京都知事の言動を取り上げざるを得ない状況には屈辱すら覚える。我ながら、よくぞここまで耐え続けているものだと思う。
 さる8月31日、2016年五輪の国内候補地に東京都が選ばれた直後の祝賀パーティー。投票の前に福岡市の応援演説を行ったばかりの姜尚中(カンサンジュン)・東京大学教授(政治思想史)について、石原知事は「怪しげな外国人が出てきてね。生意気だ、あいつは」と言い放ったのである。
 よほどの暴言を吐かれた相手でもあるのなら、売り言葉に買い言葉も結構。だが、姜教授の演説は、当然しごく合理的な指摘以外の何物でもありはしなかった。
「金持ちの、金持ちによる、金持ちのためのオリンピックで、世界に勝てますか」「国威発揚のための五輪は否定すべきだ」うんぬん(朝日新聞、フジサンケイビジネスアイから引用)。
 それでも気に入らない私情を、このご仁はこれっぽっちも抑えることができない。最低最悪の差別主義者には、そもそも在日コリアンの存在自体が許せないのだろう。チンピラ小学生以下の精神年齢を平気でさらけ出して恥じない老人の存在は、これはこれで珍しい見せ物でもあるけれど。
 もとより冷静な姜教授がこんなことで目くじらを立てるはずもなかろうが、だからといって放置されていてよいわけがない。曲がりなりにもリーダーを自称する者が、いや、人間の体を身にまとう者が、公の場でああした発言をしてもよいのだという社会通念を、これ以上に定着させてしまうわけにはいかないと考える。くだらな過ぎるゲス野郎の妄言に付き合わされ、それをコラムで取り上げるのは生き恥をさらすようなものだが、仕方がない。
 一部の関係者たちが囁いているような、JOCと東京都との出来レース疑惑はさておくにせよ、福岡市には直前の不幸もあった。飲酒運転の市職員に追突されたRV車が博多湾に転落し3人の子どもが亡くなった事件。ために応援決起集会も自粛せざるを得なかった悲劇を承知していたら、それだけではしたない狂喜乱舞は慎んでみせるのが人の道でもあるだろうに。
 石原知事の支持者に言いたい。あなた方は本気でこの外道に共感しているのか。それはそれで自由だ。だとしたらしかし、もう人間であることをやめた方がいい。衷心から忠告させていただこう。



なんですかこの安物の脅迫文は。これでジャーナリストを名乗ってはいかんでしょうよ(笑)

「怪しげな外国人」が、まぁ社交辞令として行き過ぎかもしれませんけれど、それを糾弾する側がこの文章では、同意を得るのは難しいんじゃないかな?
「最低最悪の差別主義者」「チンピラ小学生以下」「くだらな過ぎるゲス野郎」ってよくこんな言葉思いつくなぁ。それでいてセンスがないというか。
これで同意を得る人が多い、と思う神経構造がわからん。

五輪と「怪しげな日本人」(本多 勝一)

 要するに石原シンタローという「怪しげな日本人」が、れいによって差別言辞をたれ流しているわけだが、問題の本質はこんな差別男にあるのではない。差別男を「首都」の「知事」に「選出」する東京都民の民度にある。



サングラスかけてヅラをして、お前の正体が一番怪しいわ!な本多勝一に言われてもなー。
なんかの冗談ですかねぇ。これ。

というか、まだ生きてたのね。本多さん(笑)



おきてがみ

右や左の旦那様

abusan様のところでネット右翼の分析をしておられました。
うーむ、私は別にポジショントークやそういった物に興味があるわけではありませんけれど、自分の立ち位置はどの辺りにあるか、を時折客観的に見るのは面白い、と思っています。

常々言っていることですが、自分自身が絶対正義だ間違いないない!なんて思い出した途端に間違いははじまってしまうものですから、そういう反芻というのは必要だと思っています。

で、abusan様のところでは、旧来の売国奴的な人たちに対するアンチ派・いわゆるネット右翼について

・保守主義者
・新保守主義者(ネオコンザバティブ)
・新革新主義者(ネオリベラル)

という風に分類しておられます。

私なんかはどの辺りになるのか・・・と、ふと自分が幼少の頃から、どういう考えで来たのか、考えてみました。

「保守主義者」というのは、文字通り、昔からの保守主義でしょう。
それは別段難しいことでなく、日本の伝統を普通に受け入れ、先祖を敬い、自然に敬意を払い、いかにも日本人として生きている人たち。
日の丸・君が代に誰に言われるまでもなく自然にいいなぁと思い、日本の風土四季を愛して、それを残そうとする人たち。
私なんかは、別に過激な右翼でも民族主義者でもなく、自称「ゆるやかな保守」なので、辛うじてこの辺りになるかなと思っております。多くの人はそうなのじゃないかなぁ。

一応小中高と公立高校で、日教組のありがたい左巻き教育を受けて、高校辺りまでは自虐史観をたたき込まれましたが、日の丸・君が代反対!などとやっている教師をみて「何やってるんだか」と冷ややかな目で眺め、日本が悪い一辺倒の歴史に、別段疑いもなければ、真にも受けないというノンポリティカルに近い状態でいたわけですが、なんだかすっきりしないものがあるなぁ・・・という、いわば本能に近いところで疑問を持っていた記憶があります。
そういう意味では、良い意味でひねくれていたのでしょうね。

私が高校時代に一番胡散くさーと思ったのは、政経の教師が弁護士崩れのアカ教師で、この人のおかげでしょうね。この人のおかげで、左の胡散臭さを感じました(この教師のおかげでサヨクになってしまった友人もいますが)。
覚えているのは、この教師と、死刑制度について言い合いしたことがありましたね。今思えば、あれが初めてのポジショントークだったなぁ。

私が決定的に保守主義に目覚めたのは、阪神大震災の時です。
阪神大震災では、いろいろなことに気づきました。mixiで書いたことがある日記を引用しますと、

阪神大震災ってのは、私は19歳、浪人している時に経験した。幸い自宅に被害はなかったのだが、あの経験で、3つ、大きく自分の意識を転換することがあったのを覚えている。

1つは、マスコミに対する不信。
東京をキー局とするテレビ番組の報道は、誰が何人死んだとか、どこで誰が何時間生き埋めになっているか、などと、愚にもつかない、正直見せ物の報道ばかりだった。
筑紫哲也の「まるで温泉場のようだ」発言をはじめ、東京から取材にくる連中がひどかったのは、枚挙に暇がないほどだった。
あの震災の時、一番マスコミの役目を果たしていたのは、被災者にライフライン情報を流したりしていたのは、地元神戸にあるサンテレビくらいなもんだった。
結局、マスコミって何?という一つの疑問を自分の心の中に沸き立たせる好機だったと思う。

2つめは自衛隊への感謝の気持ち。
高校卒業したくらいまで、典型的アカ教師の下で高校を出た私は、それまでは、お花畑に近い感覚をもっていて、自衛隊は違憲だ~とか言いそうな部分があったのだが、あの震災での自衛隊の活動は、テレビでも新聞でも、加えて神戸で自分の目でも見た。その時、自衛隊の人に感謝する気持ちというのは自然に芽生えたものである。
あれを見て「自衛隊はイラネ」なんて言えるのは、よほどお目でたい人じゃないかな。

3つめは、天皇陛下のすごさ。
震災が起きたとき、当然当時の首相(村山富市)もお見舞いというか視察にきたのだが、その後にきた天皇陛下のお見舞いはすごかった。
何せ、仮設住宅や避難所で元気をなくしていた被災者の人も、天皇陛下にお声をかけてもらっただけで、元気を取り戻していくという姿が、テレビを見て確認出来たのだ。
あれは、いかに小泉首相が人気のある時代であったとしても、ああはいかなかっただろう。
地位でもなく名誉でもなく、ただその「存在」だけで、人に生きる勇気を与える。こんな人物は、日本においては天皇陛下ただお一人だとその時悟ったのだ。

もちろん、この時の対応のまずさで、社会党(当時)は信用できない存在だ、と悟ったりもした。

当時の地震の話を目にすると、自分の中では、あれは「国難」だった、と思うのである。



てなことです。ここで、いろいろなことに目が覚めて、自分が日本人ということを改めて認識しました。

さて、その次にある2つめを飛ばして、3つめの「新革新主義者(ネオリベラル)」ですが、これは今のところかなりの少数派ではないでしょうか。とにかくサヨクというと愛国者ですらない。私は左翼といえど愛国者でないと意味がないと思っています。国のためを思う左翼・リベラル、そういう層は必要だと思います。
(個人的に、この人はそういう層かな?と思う人はいます)
今日本は右傾化などと言われていますが、もし今のまま正常な状態に戻った場合、私はひょっとするとここに入ってしまうかも知れませんね。
ただ、人間ってのは単純に右・左にゼロサムで分類できる存在ではないと思うので、ある事象では右、ある事象では左、ということもあると思うのですよ。そういう意味では、何を中心に持ってくるかによって、この層の定義も変わってきそうな気がします。
例えば、麻生太郎氏などは、現状だと右な政治家だと思うのですが、靖国問題では宗教法人格取りやめなど見ていると、リベラル的かな?という感じがしなくもないです。(私はこの考えには賛成できませんが)
その思想が正しいか否かは別にして、この層というのはもっと増えてもいい、否、もっと増えないといけないと思っています。

さて問題は、2つめの「新保守主義者(ネオコンザバティブ)」の層です。
abusanさんとコメント欄でお話した時には、ここは、現在ネット右翼の中心層となっているであろう嫌サヨク/特亜派になるだろうとのことで、私もこれは同意です。
この嫌サヨク/特亜派というのは、恐らく、教育を受けている時は、サヨクの教育を真に受けて育った層なんでしょう。で、それが何かの際にはじけて、目覚めてしまった層ですが、一番この層が、ネット右翼の中では過激な層ではないかと思いますね。サヨクが称するネット右翼はこの層を想定しているのではないでしょうか。例えば小林よしのり作品に触発され、嫌韓流を片手に靖国参拝するような。

ただこの層というのは、右にせよ左にせよ、極端に振れる感じがありますね。
こういう層に属する人たちというのは、ゆるやかな日本人本来の形に近い穏健保守に落ち着いてくれるといいのですが、特に理由もなくアンチサヨク/特亜だけを自分たちの思想の軸にするのは、危険かなぁという気もいたしますね。
例えば幕末で言えば盲目的な攘夷思想なようなものを感じます。

あ、あと、この中にサヨクを入れていませんが、まぁ論ずるまでもありませんね(笑)

特にポジショントークというのをしたいわけではないのですが、たまにはこういう座標軸確認をしてみるのもいいかな、と思い、少し述べてみました。

皆様はいかがですか?

おきてがみ

結局は女系論をやるんかい

昨日はもうただただ慶賀という気分でした。
勢い余ったわけじゃないけれど、病院の帰りに↓の本買って読みました。


特に目新しい何かが得られる、というもんではなかったのですが「嫌韓流」からこっち、保守派の人たちによる漫画での主義主張というのは新しい潮流なのかな。(元々小林よしのりがやってた気もするけれど)

それはともかく、昨日一日考えたことは、昨日親王がお生まれになったことは、今改めて、ここ最近になって、皇室の方々を見直そうという機運が(皇室典範問題に関連して)起こってきたからではなかろうか?それに呼応する形で、秋篠宮家に男児を賜ったのではなかろうか?とひそかに思ったりするわけであります。
つまり、今まで国民が皇室をないがしろにしてきたから、皇統維持に影響を及ぼしにくい女児ばかりが続いていたと。
そういう国民の思いが、今回の男児の誕生に生まれたのではなかろうか?と考えてしまったりもします。

私はエンジニアという仕事柄から、あまり神の思し召しだの、そういう非論理的な物の考え方を主張するのは、本来からするとおかしな物なのかも知れませんが、この世には、科学で説明できない、そして、人知を越えたなにかがあるかもしれないなぁ・・・という畏敬の念というのは、持っていてもいいと思っています。
100%科学で解明できる!なんてのは理科系の人の野望かも知れないけれど、100%科学で解明できたって、そんな世界つまらん。
1%くらい人知で計り知れない事の方がある方がずっとずっと面白い!そう思いました。

ところでテレビや新聞を見ていると、秋篠宮妃殿下出産とほぼ同時に「皇室典範改正問題が!」とかやってたけど、なんだかなぁ。
節操がないんかお前ら。

皇室典範の改正の問題は騒がれた理由として「今のままじゃ皇室に男の子おらんやん、やばいがな」てな理由だったはず。
そして、秋篠宮妃ご懐妊で、沈静化したのは「男児が生まれれば皇位継承にも関係してくる、ちょっと待とうやないか」てな理由だったのではなかったのか。

今回新親王がお生まれになったことで、まさに上のような状況の変化が生まれたのだから、当面はこの問題は棚上げでもいいし、拙速にするものでもない。まだまだまだまだ時間はあるのだから。

もし皇室典範改正派が、真剣に女性天皇・女系天皇を議論したいのなら、秋篠宮妃殿下がご懐妊されようなされまいが、当時から議論を継続すべきではなかったのか。私はそう思うのだが。
(結局慶祝ムードで、空気嫁状態になったから、それ以上議論できなかったのかも知れないが。だとしたら、今の今になって急にまた火がつくのもなんだかな。)

男児が生まれようが女児が生まれようが、結局「改正!改正!」と叫ぶのなら、秋篠宮妃ご懐妊で議論を中断したのは何故か?
これを問うてみたいね。

ちなみに私はこの議論は、私の代においてはどうでもいいです。
とりあえず、次代を担う宮様がお生まれになった。それで十分です。
このままの皇統順位で行けば、新宮様が皇位を継がれるのは30年くらい先の話。その頃には皇族の構成も皇室も変わっているだろうし、私も生きているかどうかわかりませんもの(笑)



おきてがみ

秋篠宮紀子妃殿下ご出産!

chochin03.jpg



紀子さま、男のお子さまご出産

秋篠宮文仁親王殿下(40)と同妃紀子殿下(39)の第3子が6日午前8時27分、東京都港区の愛育病院で誕生された。宮内庁によると、お子さまは親王(男児)で、体重は2558グラム。皇族としては初めてとなる帝王切開でのご出産となったが、母子ともにお元気という。皇室では昭和40年にお生まれになった秋篠宮さま以来、41年ぶりの男子で、天皇、皇后両陛下には皇太子さまの長女、愛子さま(4)に続く4人目の孫。お子さまのご誕生で皇族は皇后さまをはじめ22人となった。
 ご出産の喜びは、すぐに天皇、皇后両陛下に伝えられ、両陛下は非常にお喜びのご様子だったという。



何も言葉がありません。
ただ素直にお慶び申し上げます。


おきてがみ

「ネットサヨク」の気持ち 特定アジアめぐる論争を通じて

一発だけなら誤射じゃないけれど、一本だけなら誤射かもしれないと思っていたあまりに痛々しいニュースが続くオーマイニュース。でもこのニュースは、果たしてニュースと言えるのかどうか。

「ネット右翼」の気持ち

なんですかこの頭の弱い作文は。
私みたいに、市井で無料で責任感もなく(書いている元ソースにそれなりに責任感はありますけれど)ブログならともかく、これはいかんでしょう。ライブドアPJでもこれほどひどくなかったぞ(笑)

これと同じ路線でやるのなら、ネットサヨクについてもやらないとね。

・・・と言い出しっぺな手前、私がやるのが筋ってモンだろう(笑)


ヒロシマ・ナガサキに原爆を落とされた悪逆非道な日本軍に対しては尊敬すべき事などない。
野心と欲望の為の戦いだったけど、なんと言っても我々は戦争に負けたんだもんね。
だから中国・韓国・北朝鮮は日本にいつまでも謝罪と賠償っていってうるんだよ。知らないの?

日中戦争は日本が先に発砲したんだし、太平洋戦争だって真珠湾で不意打ちにしたんだ。
なにせ我々は「アジアを征服する」って野望を持っていたんだから、大陸を侵略するっきゃないよ。
支配しよう相手に悪逆な振る舞いをするってんじゃあ、後から恨まれるのも仕方ないってもんだよね。

A級戦犯なんてのは東京裁判を受け入れたんだからいつまでも罪人なのさ。
ヤツラ赤紙で無辜の民を死地に送り込んでおきながらのうのうと生きていたんだから…。

でも戦後の特定アジアさんとの隷属関係は重要だよ。
アジアへの謝罪と賠償も大事だしね。チベットもウイグルも見て見ぬふり。
だから竹島への韓国軍駐留についてはノーコメント。
天安門で中共政府がやったことについてもね。

僕らはこれからもアジアの中で生きていかなきゃならないんだ。
アジア関係を悪くしたらおしまいさ、戦前の日本みたいになっちゃうぜ。
ほら、アメリカだってロシアだってアジアで覇権を握ろうとしてるだろ?
ウヨクの連中が言う日米安保と民主主義を守る戦いなんてもんで割り切れる簡単なものじゃないんだよ。
弱肉強食の国際政治ってのは厳しいもんなんだよ。
華夷秩序が正義を作るんだ…。
ついでに、中国の核はきれいな核だけどね。

特定アジアのために尽くしてくれた村山政権をリスペクトを捧げるのはあたりまえ。
従軍慰安婦は本当に実在していて、吉田某なんて嘘はついていないし、
南京大虐殺なんて嘘だっていうのなら「南京大虐殺はなかった」っていう証拠を出してみろっての。
「死んでも罪は消えない」のがアジア独特の精神文化ってやつさ。
そこは「罪を償えば元罪人ではなくなる」なんていう日本の法治国家とはワケが違う。

そうそう、けれど「毛沢東」は英雄なんだ中国では。
文革の失敗で殺された推定4000万人なんて、忘れ去られているのさ。
「捨て石」になってくれた林彪なんて人もお気の毒だがしょうがない。
なにしろ中国は毛沢東を絶対とする独裁国家だしね。

時代は変わったんだ、韓国だって。
韓国だって先進国になったんだよ。
戦後、韓流ブームとやらで、今は韓国と日本は仲がいいんだ。日本に植民地支配されて搾取されていた戦前とは違うんだ。
だったら地方参政権を韓国人にあげたって何の問題がある?
公務員法の問題は別として。


知ってる?
「アジア共同体」とはアジアのEUみたいな組織なんだ。
ボクたち地球市民の理想の一歩として、日本を早々に特定アジアに売り渡すことをお誓いしよう…。



おきてがみ

ニュース斜め読み

べつにオーマイニュースウォッチをしているわけじゃないのだけれど、オーマイニュースネタから(笑)

「批判があれば記事を書いてほしい」オーマイニュース鳥越編集長

ブログや2ちゃんねるとは異なるメディアを目指す――というのはかねてからの持論だが、あらためて、実名入りの記事による責任ある参加を求めた。「2ちゃんねるなどで私は韓国人であると書かれていた。祖先をたどれば朝鮮半島からの渡来人である可能性もあるが、現在の国籍は日本であるわけだ。それを『韓国人』と平気で書くのが匿名の文化」だという。

 ITmediaのインタビュー記事(7月10日の記事参照)にも触れた。「2ちゃんねるをごみ溜めといったように書かれたが、一部の書き込みがと言ったつもり。全部がごみためである言ったことはない。ただし、一部の書きこみはひどい。女子アナ関連の板を見たが本当にひどいものだった。レイプ寸前みたいなことが書かれている。これはごみ溜め以外の何物でもない」

 鳥越氏はさらに続ける。「オーマイニュースは韓国が出発点。私を韓国の回し者というのはかまわない。しかし私は竹島について日本の領土だと思っている。それは韓国でオーマイニュースを始めた韓国Ohmynewsの呉連鎬(オー・ヨンホ)さんとも意識が異なる」。ただし、国籍は異なるが「顔を出して物をいう社会の実現に寄与したい」という気持ちにおいては、「オー・ヨンホさんと私、孫正義さんとの間でコンセンサスがあった」




どうでもいいことかも知れませんが、鳥越氏も、自分が韓国人と言われるのはイヤみたいですね(笑)

本人も言っていることですので、今度からは、ぜひ韓国の回し者と呼んであげることにしましょう。

あと例の「ごみ溜め場発言」について

「2ちゃんねるをごみ溜めといったように書かれたが、一部の書き込みがと言ったつもり。全部がごみためである言ったことはない。ただし、一部の書きこみはひどい。女子アナ関連の板を見たが本当にひどいものだった。レイプ寸前みたいなことが書かれている。これはごみ溜め以外の何物でもない」



なんて後出しジャンケン的に逃げを打つのはどうでしょうなぁ。
それなら最初から言えばいいのに。
まぁこんなことを書かれた女子アナ板住人からはおもちゃにされるだけでしょうなぁ(笑)
ゴミためはゴミためで、意地があるでしょう。

それに一部を見て全体を語るのもよろしくありませんな。2ちゃんねるは文字通り「「ハッキング」から「今晩のおかず」までを手広くカバー」しているんですから、全部を見ないと。情報の取捨選択できないと、ネットでの情報活動なんて無理やないでしょうか?

----

靖国争点は「よこしまな人」 安倍氏がむきに

内容もさることながら、このタイトルに頭の悪さが忍ばれます。何このムキになったタイトルの付け方。
「垢ひ彗星も地に墜ちた物だな・・・」という不憫な感想しか出てきませんでした。中身見る価値なし。

----

参院選で「保守の流れ起こす」=平沼氏が民主若手の会合で講演

郵政民営化に反対して自民党を離党した平沼赳夫元経済産業相(無所属)は4日午後、神奈川県箱根町で開かれた民主党の小沢一郎代表を支持する若手議員の会合で講演し「来年の参院選は政局になる可能性が大きい。その時に、日本に根付いた保守の流れを起こしていく」と述べ、参院選後の保守再編を目指す考えを示した。民主党との連携については明言を避けた。 



最近ちょくちょく名前が挙がる平沼氏。
うーん、この人は割合保守本流という感じに近い人なので、ぜひぜひ日本には必要な政治家という気がいたします。
それでいて考えるのは、絶対に民主党とはあわんだろーという印象なのですが、一体どう考えているんでしょうね。民主党の保守派の若手を引き抜いて、保守新党立ち上げとか企んでいるんでしょうか?
郵政民営化である意味自爆特攻をかけた態度からして、今更失う物はない気がするので、民主党に巻き添えを食らわして、あえて火中の栗を拾う覚悟なら、私は応援させていただきます。って言っても、岡山県民じゃないので、選挙で応援はできませんけど(笑)



おきてがみ

だって「無能」なんだもん!

社説:視点 小泉時代考 女性の時代は尻すぼみに終わった

「涙は女性の最大の武器というからね。泣かれるともう、男は太刀打ちできないでしょう」(02年1月、田中真紀子外相の国会答弁をめぐり小泉純一郎首相)

    ◇    ◇

 小泉劇場で人気を博した出し物に「女性戦略」がある。第1幕は女性閣僚の登用だった。小泉政権誕生の立役者だった田中真紀子外相を筆頭に、計5人の女性大臣が第1次内閣に抜てきされた。

 「女性の時代がやってきた」「女性の社会進出に希望を与える」。女性陣からは小泉人事を支持する声が聞かれたが、田中・小泉の蜜月は長く続かなかった。田中外相は10カ月足らずで更迭され、そこに至るやり取りの中で涙ぐむ。ここで小泉首相が思わず口にしたのが「女の涙」発言である。

 化けの皮がはがれた、と思った人もいたはずだ。保守的な自民党の中で「新しい男」を演出してきた首相も、しょせん「古臭い男」にすぎない。そんな舞台裏を示す一言だったからだ。

 それでも、女性活用のプラスイメージには敏感だったのだろう。小泉首相はその後も女性閣僚枠にこだわった。しかし、人材は確保できず、04年9月の第2次改造内閣では2人にまで減った。しかも、専門とは無縁の役職につけた南野知恵子法相がちぐはぐな答弁で非難を浴びる。首相の女性登用が「数合わせ」に過ぎないことを露呈したできごとだ。

 女性戦略は05年9月の総選挙で再び脚光を浴びる。郵政民営化に反対する自民党候補に対し、「刺客」を送り込んだ。その筆頭が小池百合子環境相であり、片山さつき氏、佐藤ゆかり氏といったキャリア女性だった。比例代表名簿の上位に猪口邦子氏ら女性を配する戦術も繰り出した。

 ワイドショー的興味に「女を利用するな」という声はかき消され、結果は小泉首相の大勝利だった。首相は「女性の能力を生かす」というイメージ作りに成功し、有権者の支持も集めたことになる。

 では、その中身はどうだったのか。小池環境相の「クールビズ」は一部の男性の服装を変え、霞が関ではエアコンの冷え過ぎもなくなった。しかし、本来の目的である「温暖化対策」となると心もとない。猪口少子化担当相が、これぞという少子化対策で「負け犬」をうならせたという形跡もない。

 もちろん、男性閣僚や議員が専門能力を生かしているとは限らない。女性だけに期待するのは誤りだ。むしろ、女性登用についても、温暖化や少子化対策に対しても、首相に明確なビジョンがなかったことの表れとみるべきだろう。

 小泉時代に女性の社会進出が目に見えて進んだわけでもない。ここにもビジョンはなかったが、あえて女の足を引っ張ったわけでもない。次期首相には、伝統的家族観へのこだわりより、女性の多様な生き方への支援を期待したい。(論説委員、青野由利)



この社説って、一体どういう方向に向かっている記事なのかよくわからないなぁ。
これは女性閣僚が少ないことの不満なのか、起用した女性閣僚が無能だから不満なのか、それを起用した小泉首相に対して不満なのか、無能でもいいから女性を起用しろっていう主張なのか、なんなのか気持ち悪いなぁ。なんだか最後の最後で全部小泉が悪い!っていう牽強付会な記事に見える。
確かに小泉政権下で現れた女性閣僚って、おもしろいくらいにハズレだったなぁ(笑)でもそれは、その閣僚達自身の問題であって、小泉首相が悪いってのはどうだろ?無関係ではないと思うけれど・・。
それとも、歴代の女性閣僚って、みんなこんなのなのかなぁ。真面目に調べたことないからわかんないけど。

むしろ小泉政権下で死んでいった女性閣僚ってのは、比較的チャンスを貰った方じゃないのかなぁ。「機会」で言えばかなり有利だった気がするけれど、ただ結果がついて来ないんだもの。結果出せない人なんか、クビにせんとしゃーないやん。


もし自分が上司だとしたら、こんな女性の部下は困る。
起用するのはいいとして、成果をそれだけあげるならいいけれど、成果をあげずに更迭したら、泣いたり、挙げ句に「女性差別だ」なんて逆ギレされるくらいなら、最初から泣き言を言わない男を起用する方がずっとずっとマシ。
普通そう思わないかしら?

あと、こう言っちゃなんだけど「女性の多様な生き方への支援を期待したい」なんてこの青野女史は書いているけど、男の私から言わせたらふざけるなって話よ。
男だって多種多様な生き方の為には、自助努力しているわけだ。たとえば、人と違う生き方をしようと思ったら、当然それについて回るであろう苦労は、男性だってあるはず。一例を出すなら、サラリーマンという安定職を選ばずにアーティストだのアスリートだのなった人は、みんな大変な努力をするのが普通でしょう。そこには男女差はないのが普通。

なのに、何故「女性の多様な生き方」だけ支援されないとダメなのか?女性は多様に生きるんだから助けて~なんて甘ちゃんなこと言うなよ、と毒づきたくなるよ。

櫻井よしこさんなんて女性ながら、男性の間に交じって論戦しているけれど、恐らくディベートってのは(科学的に見て論理的に議論をするという行為が)男性の方が有利なんだろうけれど、あの人が「私は女ですから、お手柔らかに議論してください」なんて言ったら、バカにされるでしょうよ。
それだけの話だと思うんだけど。

女性は、泣いて・甘えて・脅して・すかして・媚びて、あらゆる手段を尽くせば、権利が得られる可能性がありますが、男性はどんなことをしても「妊娠」「出産」という女性の特権だけは得ることが出来ません。
ここは是非、これら女性の特権をポジティブに考える人が増えて欲しいと、私は素直に素直にそう思うんですけれどもね。

それとも、この発言って女性差別なのか?

おきてがみ

日本のスイッチ 桜日和版(9/4)

先週はオフ会でした。楽しかったけど疲れた。
まだ喉が痛いです。
先週は、林志玲さんの「日本再發見」のDVD購入しました。うーん、声が甲高いんで子供っぽいって言われるのがよくわかるというか(笑)

あと、最近はビックリマンプロ野球を購入し続けています。阪神はとりあえず藤川投手が出た。あとは金本選手のみ。
パリーグをやたら引くなぁ。

おまけで、mixiで少し書いたネタを紹介。
----
さっきテレビで「週刊えみぃSHOW」を見ていました。
そのなかで、みのもんたと小倉智昭が最近よく似た番組をやってる、という比較をした後、誰かが

「そういえば、みのさんと小倉さんって、被ってますよね」

と発言をしたあと、誰かが、

「どっちがですか?」

とのコメント。
一瞬、場が止まったあと、誰かが

「いえ、キャラが被っている、って意味ですよ」

とフォローしていた。

私はそれを見ながら、家で爆笑でした。

せめてなら「何を被っているんですか?」と聞いて欲しかったけど、さすがにそれはカットだろうなw
----


日本のスイッチは、携帯電話で参加する毎日新聞社の企画です。

日本のスイッチの輪についてはatsuさんのB級ニュース批評をご覧ください。

【先週の回答者】 40020人
【わたしと同じ答えの人】258人


問1.
自民総裁選、安倍氏の出馬会見についての感想は
 新鮮さを感じた
○まあ予想通り

記者会見を直接見たわけではないので特にコメントはないのですが、まぁ予想通りとしか。

問2.
小泉政権が5年半も続いたのはどちらかといえば
 実力だと思う
○運だと思う

どちらか、というよりも、どちらも、だと思うのです。運も実力のうち。
でも、強運に支えられた人、というイメージが強いのも確かなので、こちらにしておきます。

問3.
9月1日の防災の日、何かの訓練に参加しました。
 はい
○いいえ

家でごろごろしていました。

問4. 
そういえば、私は帝王切開で生まれたらしい
 はい
○いいえ

いいえです。

問5.
今後どのコンビニでもお酒が販売可能になります。
 それは便利だ
○現状で十分

酒を飲まない私は別にどうでもいいです。
これ以上飲酒運転が増えないことだけを、切実に願います。

問6.
携帯電話の「良番」が億単位で取引されてるって
○面白い話だ
 ちょっと怖い

こういうサイトですね。いいんじゃないですか。ヤフオクで甲子園のチケットを高額で売買するのと同じで、買う買わないは自由だ~!
良番 is freedom~ 良番 is freedom~
でも違法や思ったら、みんな、買うのやめときや!

問7.
「超ド級」のドは、軍艦の名前が由来です
○知ってた
 知らなかった

こいつですね。当然知っています。

問8.
自分のいびきに驚いて目が覚めたことがある
 はい
○いいえ

いびきかかないんです。そもそも。

================================================

「日本のスイッチの輪」こと「日ス輪」はatsuのB級ニュース批評 atsuさん主宰で行われております。


おきてがみ

日ス輪オフ in 大阪 無事終了

9/2は日本のスイッチの輪のオフ会でした。
メンバーは、だっしーさん(幹事)atsuさんテツさんカミュさん鯖としめじのムニエルさんトーイさん(ゲスト参加)です。

私が参加したのは、19時から梅田のやぐら茶屋での飲み会でした。

前回の東京のときもそうでしたけど、この飲み会でありがたいのは、初対面のメンバーでも、毎日顔あわしているメンバー同然に会話をできることですね。いちいち共通ネタの確認がいらない(ブログやっているので当たり前と言えば当たり前ですけど)。最近旬になっているオーマイニュース辺りから入ったのは覚えているのですが、その後は適当に時事ネタ政治ネタをやってました。

そこで23時くらいまで話したあげく、最後は、atsuさんが「きたぐに」で新潟に向かわれたのをお見送りして、私は帰宅しました。

今度はどこでやるんですかね。

おきてがみ

OFF会のお知らせ

唐突に(でもないですが)OFF会の告知をします。
(9月2日までトップに掲載)

日ス輪オフ会in関西
主宰はだっしーさんです(え

■日時(予定)

 平成18年9月2日(土) 夕刻~夜
 atsuさんが大阪駅23:27分の「きたぐに」に乗車されますので、その時間まで

■場所

 大阪 (梅田が第一候補)

■参加者(予定)

・atsuさん
・だっしーさん
・佐倉純
・テツさん
・カミュさん
・鯖としめじのムニエルさん

 メンバーは基本的に日ス輪で考えていますが、日ス輪メンバー以外の参加もOKです。

■やること

 未定です。

参加希望の方はだっしーさんまたは佐倉宛にご連絡ください。
(連絡等のため、メールアドレスをご連絡いただきますようお願いします)

多くの方のご参加お待ちしております。

おきてがみ

誰がために鐘はなる

小沢民主代表 安倍氏の自民総裁選出馬にらみ著書出版

民主党の小沢一郎代表が1日に出版する「小沢主義-オザワイズム-」(集英社インターナショナル)には、教育現場での「愛国心」押しつけの批判など、安倍晋三官房長官を意識した記述が見受けられる。そもそも出版日は安倍氏の自民党総裁選出馬の正式表明に合わせた形。安倍氏も7月に「美しい国へ」(文春新書)を出版したばかりで、秋以降の国会論戦を先取りする「著書対決」の様相となっている。
 小沢氏の書き下ろし出版は93年の「日本改造計画」以来。今回はリーダー論や政治論をまとめたものだが、冒頭で強調しているのが選挙の重要性。「さまざまな人たちのところに飛び込み、その人たちの抱えている問題を知ること。『ドブ板選挙』こそ民主主義の原点」と説き、「国家意識」を感じさせる安倍氏の著書と一線を画した。
 愛国心は「上から押しつけ、洗脳したところで本物は生まれない」「子供たちが自然に誇らしく思える社会や国家を作ることを忘れた愛国心教育は無意味」と断じ、「自虐的な歴史教育の是正」を掲げた安倍氏の主張とは対照的。秋の臨時国会の最重要法案、教育基本法改正案の審議を前に、著書で前哨戦を展開している。



愛国心ネタ、最近巷でも静かですねぇ。私も書くの久しぶりだわ。

ところで、この中の記事の中で、

>愛国心は「上から押しつけ、洗脳したところで本物は生まれない」「子供たちが自然に誇らしく思える社会や国家を作ることを忘れた愛国心教育は無意味」と断じ、「自虐的な歴史教育の是正」を掲げた安倍氏の主張とは対照的。

とある部分。いやね、私も愛国心の強要なんてホントに下らんし馬鹿馬鹿しいと思うのですよ。自然発生的に生まれるのが吉、ってそりゃそうなんです。
私は本当言うと、そんな変な教育基本法改正なんてしなくても、大丈夫と信じているんです。その代わり「自然発生的に生まれる」為の改革として、安倍さんの「自虐史観の是正」ってのは有効だと思います。
歴史については、何も嘘を教えてまで、美談化する必要はありませんけれど、ことさら自虐的に悪いことばかりずらずら並べられても気持ちが悪いです。マゾかと。
私自身の思いで言えば「悪いこともしたけれど、良いこともした」「歴史や資料の上での「真実」とは別に、本当の「事実」を知りたい」ということに尽きます。

いわゆる「自虐史観」に染まっていて、日本軍は昔アジアに迷惑をかけて、南京で30万人を殺したことにしたい人たちは、どういうビジョンを持ってそういう主張がしたいのか、知りたい気がします。

単なる政治プロパガンダで動いている人は、まだいいです。俺は中国の為に働いているんだという人(日本のマスコミに出てくる中国人御用学者とか)だと、まだいいです。

よくわからないのは、小沢さんみたいな人です。
傍目には中国のために働いてるようにしか見えないのですが、もし違うというのなら、ぜひ、誰の何のために働いているのか、に加え、そのためにどういうプロセスを使うのか?を説明して欲しいものです。

ということで結論ですが

>「子供たちが自然に誇らしく思える社会や国家を作ることを忘れた愛国心教育は無意味」

と主張するのなら、どういう風にすれば「子供たちが自然に誇らしく思える社会や国家」を作ることができるのか?を示していただきたいのです。



おきてがみ

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


08 ≪│2006/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。