さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

鬱はつらいよ

心の病、30代に集中…年々、深刻化 「働き過ぎ」危険、企業の対応急務

ご存じの方は多いでしょうけれど、私もこの対象に入ってます。わはは。

最近の話ですけれど、通院しているところから貰っている薬を変えようとしたのですよ。
確かに鬱の負担は軽くなって生活は楽になったけど、仕事をしようという気分にならない。
薬の種類にもよるみたいですが、よく効く薬というのは、よく効くんですけど、効き過ぎるというか。私の場合は、プレッシャーに対する精神的な負担が軽減されてはいるんですけど、感情の起伏も押さえられるという感じ。だから、イライラも少ないけれど、やる気も出ない、という感じ。

んなもんで、薬を少し軽くしようとしたんですね。
具体的には、パキシル10mg/dayからトレドミン25mg/dayにしたのですが、トレドミンにした途端、吐き気・目眩・耳鳴りが起きている間ずっと止まらず、という状態が続いていました。
ああ、なんだろうこの症状。車酔いかブランコ酔いしたらこんな感じ。
もしくはジェットコースター酔い。永遠に治らない二日酔い、でもいい。

パキシル時代は、まだやる気が起きないだけで、それ以外は日常弊害が無かったのですが、トレドミンになってから、まっすぐ歩いたり、自転車に乗ったりもできず、資料用の読書をしようにも、活字を見ると周りの風景がぐるぐる回り出す状態。
ネットで資料集め&ブログ執筆なんて言わずもがな。
月曜の日本のスイッチは辛うじてまともですが、「斧声燭影、千古の疑」なんて、自分で読んでも少し微妙です(^^;

そんな日が続いていましたが、昨日の夜に、その気持ち悪さからくるイライラが昂じて、かなり「困った人」になってました(^^;ごめんなさい家族の皆様、特に嫁さんm(__)m

実際に言えば、本当は薬に頼りたくないのですが、頼ってしまう現実。
否、頼らないと、起きて飯食って寝るという赤ん坊並のことすらままならない生活。ああ、これじゃ麻薬中患患者と同じやん!というジレンマがあるのですが、果たして難しいものです。

最近はさすがに、鬱は誰でもなる病気、という認識があるので、少しは理解されているのかなぁ。(過度にそれを主張する気もないけれど)
ただ、最後の最後は気合いの問題だとしても、気合いだけで治る、なんて言われると、反発したくなります。
寝ても起きても朝から晩まで二日酔い、っていう状況は、経験しないとわかりませんよ、こればっかりは。
気合いで治すにしても、限度っちゅうもんがあります。

(今日のエントリも微妙に変ですね。ごめんなさい。明日以降頑張ります)

注意:人によっては、パキシル→トレドミンに移っても、そういう症状が出ない人があるようです。結局個人差があるのですね。私の場合は、どっちかがあわない、というのが実情でしょうが。。。



スポンサーサイト
おきてがみ

斧声燭影、千古の疑

どうでもいいようなそうでないようなことですが、オーマイニュース日本語版が創刊しました。
まぁ、ブロガーの新しいネタ元になるだけでしょう。

私のような保守系(右翼系)ブログ書きがネタにするのはそういう毒電波発信基地な部分なので、そういう右・左を避けて極力中立なところにいて、でも的確なネットウォッチをしている玄倉川さんあたりが扱ってくれることを楽しみにしています。

----

「軍命令は創作」初証言 渡嘉敷島集団自決 元琉球政府の照屋昇雄さん

私の周りでは散々取り上げられていて、今更感のあるニュース。
でも凄く大事なことですね、これは。
これを鵜呑みにしてしまうことは「軍命令」を鵜呑みにしてしまうことになるわけですが、こういう証言が出てきたことは、記憶に留めておくべきでしょう。否、もっとも最近では「軍による自決強要」じたいが怪しまれていたので、それを補足する形で、大きな証言というべきでしょう。
今となっていろいろなしがらみから解放されて、戦争時代を歴史の一片として検証すべき時代が近づいてきたのでしょうか。
今回の件が、その先駆けだとしたら、とても良いことです。

しかし、こういう記事が出ても、日本軍は悪逆非道にしたい人はいるんでしょうね。

私個人としては、昔の日本軍が悪逆非道かそうでないか、はさして重要でなく、事実はどうだったのかを真摯に知りたいだけです。そのために、多くの判断材料が欲しいだけです。多くの人はそうではないのか?と思いますし、イデオロギーにコテコテに凝り固まっている人でない限り、歴史を振り返る人は、そういう観点でないといけないと思います。

少し本題とずれていますが、今エントリのタイトルにつけた「斧声燭影、千古の疑」というのは、中国史上最大の謎とも言われている事件の話ですが、得てして先入観にとらわれて、歴史を検証すると、危ういかな、というのをこの話は教えてくれてます。

でも、犯人は弟だと思いますけど(笑)

----
複数店で飲酒し暴走 福岡3幼児死亡事故

朝からテレビでこのネタがたくさんやっていたので見ていましたが。

朝の「スパモニ」ですら、某鳥越さんでも「追突した酔っぱらいが悪い」って言っていたのに、一部のテレビで見ていると「歩道側の欄干の強度が足りないのはいかがなものか」みたいなコメントしていた。

(゚Д゚)ハァ?

これも昨日のエントリと同じで、作る側にそこまで求めるのは無理があろうさ。
車道と歩道の段差は40センチ、歩道の幅は4メートル。その歩道の側から100キロの車に追突された車が転落するというのを事前に想定するのがかなり難しいのじゃないのだろうか?
(結果から事件を見れば、確かに不幸な事件だとは思うけれど)
そこまで作ったもんの責任にされたらちょっと辛いのぅ。メーカーの側の人間から見たら。

金に糸目もつけず安全なものを、と、もし私が言われたら、んじゃ「ミサイルが飛んできても、人工衛星が事故で落ちて来ても、飛行機が墜落してもつぶれない橋」ってのを作ったらええんかい!と反論してしまいそうだ。
でも、そこまでしたら、経費のムダ使いとか言うんだろー。

決して、これは、橋を造った人間を過度に弁護しているのではなく、人間の作る物である以上、その人知を越えた事態ってのは起こりうる、というのは、想定しておかないといけない、ということが言いたいのだ。
そんなことまで作る側のせいにされてたまるか。
(この事故を教訓に、車が渡る橋である以上、強度は確保すべき問い基準を設けるのも、一つのフェールセーフだろうし。その分コストはあがるだろうけれど、文句言うなよ。)

まぁ私みたいに、酒を飲まない(飲めない)人間からしたら、飲酒運転なんぞしてる時点で、殺人未遂と同等だと思うのだがね。
普通に考えて、非難するべきは、やはりそこだろう。



おきてがみ

日本のスイッチ 桜日和版(8/28)

先週から抗うつ剤の種類が変わったんですが、まだ身体に馴染まないのか、以前飲んでいた薬の禁断症状かよくわかりませんが、目眩のような感覚が抜けずにいて気持ち悪いです。
首を振ったり身体を動かす度に、頭の中にミシッとした感覚があったり、シャワシャワてな感じで耳鳴りがしたりぼーっとしたり。
うーん、前の薬の方がいいのかなぁ。だけど、前の薬は前の薬で、朝起きられないてな症状もあったり。

まだ仕事や休みを貰えているので、このシャワシャワした感覚さえなければ、仕事に差し障りはなさそうなんだけれど。

日本のスイッチは、携帯電話で参加する毎日新聞社の企画です。

日本のスイッチの輪についてはatsuさんのB級ニュース批評をご覧ください。

【先週の回答者】 39910人
【わたしと同じ答えの人】65人


問1.
総裁選に向けた安倍さんの「自主憲法制定」論は
○支持できる
 ちょっと引く

自民党ってのは、自主憲法制定を目指して作られた政党ではありませんでしたっけ?
それが目的ではないにしても党の使命の中にも

わが党は右の理念と立場に立って、国民大衆と相携え、第一、国民道義の確立と教育の改革 第二、政官界の刷新 第三、経済自立の達成 第四、福祉社会の建設 第五、平和外交の積極的展開 第六、現行憲法の自主的改正を始めとする独立体制の整備を強力に実行し、もって、国民の負託に応えんとするものである。


とありますね。
従って自民党を支持することは改憲を支持することにもなると思いますよ。

問2.
「業務用」シュレッダーで、幼児に配慮した設計は
 不可欠だ
○必須ではない

昨日のエントリでも書きましたが、そういう言い回しでのメーカー攻撃はお門違いです。
世の中は幼児中心に動いているわけじゃないぞ。
もしこの言い分が通るなら、悉く全ての人の配慮をした設計が必要になるやん。
「幼児が間違って車を動かさないように設計した自動車」「幼児が誤って火傷しないようにするシステムのガスコンロ」とか。馬鹿馬鹿しい話。


問3.
太陽系の惑星、望遠鏡を使って実施に見たことが
 あると思う
○記憶にない

月は天体望遠鏡で見たことがあるんですけどねー。
惑星は・・・記憶にないなぁ。木星とか土星なんかは、見てみたいんですけど。

問4. 
CDの販売低迷で、米タワーレコード破たんって
 想像ついてた
○そこまでとは

これも音楽のダウンロード販売が主流になっているということでしょうか。

問5.
北京の8年後、東京か福岡に五輪が来る可能性は
 たぶんゼロ
○希望はある

低いとは思いますが、ゼロではないでしょう。
北京と争って撃沈した大阪よりは可能性高そうです。
福岡がもし国内で名乗りを上げた途端、釜山あたりが共催を申し込んできたりして(笑)日韓W杯の悪夢再び。

問6.
早実の斉藤投手、「ハンカチ王子」の愛称は
 親しみわく
○やめてあげて

私だったらなんかイヤです。
まぁ本人がイヤでないといいのですが。

問7.
消費者金融を使うと、自動的に生命保険加入って
 ひどすぎる話
○理由はわかる

いい話とは思わないけれど、担保に取りたくなる気持ちはわかります。
昔読んだ漫画の「ブラックジャック」の台詞じゃないけれど、命が惜しければいくらでも金を積めるはず、というのと同様に、そんなに金がいるのなら、命賭けられるか?というのと等価だと考えます。
それでもハンコをつくかどうかは、本人次第。

問8.
そういえば、今年はセミの鳴き声が小さい気が
 する
○しない

例年と同じ気がします。
そもそもあんまり外を出歩かないし。

================================================

「日本のスイッチの輪」こと「日ス輪」はatsuのB級ニュース批評 atsuさん主宰で行われております。


おきてがみ

ものづくりの意地

最近は2冊ほど、中国関係の本を読んでいます。
1冊は石平氏の「中国人だから見える日中の宿命」


石平氏は時折雑誌「正論」なんかでも書いている学者の人ですが、昨年の中国での反日デモの分析などは、なかなか秀逸です。
御用学者ではない中国人の学者さんというのは珍しいので、注目の一人です。

もう1冊は、林建良氏の「日本よ、こんな中国とつきあえるか?」


林建良氏は「台湾の声」というメーリングリスト(私も定期購読しています)の運営をしている台湾の医師の人ですが、この方の日本と中国の比較も、実体験に基づいた話をされているので面白いです。

石平氏の視点は、中国を政府というマクロから切り込む感じで、林建良氏の視点は、自分の持つ日本観、中国観と言うミクロの観点から切り開く感じで、対称的な視点でスタートしていくのですが、なかなか面白いです。
併読しているので、時々、話がごちゃごちゃになります(泣)

----
三次元測定器を不正輸出 ミツトヨ社長ら逮捕
ミツトヨ輸出規制逃れ「偽装ソフトと専門チーム」

最近のニュースで一番びっくらこいたのが、この「ミツトヨ」のニュース。昨日今日の事じゃないので仕方ないとはいえ、ヤマハと言い、ほんと・・・。

私は半導体の開発をしているので、会社で輸出などを行う時には、かなり厳しい基準の書類を書きます(私はそんな書類作成を担当するほど偉い役目ではないので書いたことはありませんが)いわゆるプロジェクトリーダーという人は、この辺り神経を使いますね。
あまり意識しませんが、どんなものでも軍事に転用されるというのは、常々意識しないといけないことですが、今回の「ミツトヨ」の件で一番許されないのは、

≪低性能を演出した「ココム」≫

 バブル崩壊で売り上げが激減したミツトヨは、平成4年3月期決算で初の赤字決算に陥り、4期連続で赤字を計上した。
 危機打開のため、同年11月、輸出管理担当だった常務の筑後英世容疑者(66)をトップに海外に活路を見いだすためのプロジェクトチームを発足させた。
 この年、イランへ測定器を輸出をしようと旧通産省に申請したが、高性能を理由に不許可となった。これを機に、技術系と営業系の幹部の間で、性能を偽る不正輸出が議論され始めた。やがて、プロジェクトは不正輸出のための「秘密会議」の性格を帯びる。
 当時、海外事業本部長だった副会長の高辻乗雄容疑者(71)らは「何が何でも売ってしまえ。売っちゃえ」と指示。「違法では」との声を「会社の方針」として押し切ったという。

 そこで発案されたのが数値改竄(かいざん)ソフトウエアの独自開発。測定器を輸出規制水準以下の低性能と偽る工作のため、このソフトを組み込んだ新機種を7年から輸出した。
 ソフトは、実際の性能に関係なく水準以下のデータが表示されるもので、かつての「対共産圏輸出調整委員会」の名称を取って「COCOM(ココム)」と、隠語で呼んでいた。国内向けと同性能の規制水準以上の測定器に「ココム」を組み込んだうえ、海外向けに国内とは別名称の「ビヨンド・エイペックス」と付けて偽装、規制をすり抜けていた。
 公安部が押収した4000台近くのデータを分析したところ、9割以上が「ココム」で偽装されていたという。



という辺りでしょう。知らずに売った物が軍事転用されていた、ならまだしも、ダメとわかっているものを売るためにデータを改ざんした、なんてのは、エンジニアの端くれとしても到底許し難いものです。
データの改ざんなんてのは、どういう理由であれ、厳禁です。
まさに死ねばいいのにと思いました。

----

シュレッダー問題で大山社長が会見「2歳児操作想定せず」

最近ちょくちょく話題になっているシュレッダー問題。
これも私のような作る側の人間の立場で言えば「使う方の責任は?」と言いたくなる。
確かに、メーカーも100%責任が無い、とは言わないけれど、100%責任がメーカーにある、とも言えないと思う。まして業務用シュレッダーで子供が事故を起こすなんて、想定するのに無理があるのではなかろうか。
否、シュレッダーとはいえ「刃物だ」という認識を周囲の大人は持つべきだろう。
使うときは子供がいないことを確かめる、使わないときは電源を切る、コンセントから抜く、子供の手の届かないところにおく、などは常識中の常識じゃなかろうか。

最近になってやたら報道されるシュレッダー事故の記事を見ると、事故が起きた子供の親はその常識がないのじゃないのか?と言いたくもなる。子を持つ親なら、気に留めるべきだろう。
こんなもの、パチンコに熱中して、車に子供放置して死なす親が、子供が死んだのは炎天下に放置すると車内が暑くなる車が悪い!って言っているようで、気分が悪い。

そんなものまでメーカーのせいにされてたまるかよ。

ただ、エンジニア、そしてものづくりに携わる人ってのは、こういう時には意地があるから、絶対に「指を詰めたら安全装置が働くシュレッダー」ってのを考え出すね。
私がシュレッダーのメーカーに勤めてたら、絶対作るよ。意地でも作ってやるよ。
そして、その「意地」がきっと、日本のものづくり文化を支えている気がする。大いに誇るべきこと、そして、感謝すべきことだよ、これは。



おきてがみ

多分社民党の方がいらない

TBSドラマ「セーラー服と機関銃」

企画意図のページを読んでいるとこんな文言が並んでいます。

政治、病院、学校、家庭…世の中には目を覆う不正や犯罪が溢れています。
しかし一番の問題は、そこに怒りを表さない私たちかも知れません。
そんな煮え切らない現実に、この物語は熱いメッセージを投げかけます。
許せないことに対して、怒りを叫ぶことの大切さ。



その通り!捏造・印象操作をするTBSはよくない!という怒りを叫ぶことの大切さを感じたあなた!
ぜひこちらへどうぞ。

最後のシーンでNEWS23に乱入して、筑紫哲也あたりに機関銃を乱射してくれないかなぁ。そういうオチだったら、見てもいい(笑)

----

社民党が動画サイト 福島党首の対談など配信

 社民党は23日、活字離れが進む若者層をターゲットに動画配信サイト「SHAMIN―TV」を開設した。第1弾として教育基本法改定や医療制度改革をめぐる福島党首の対談や、欧州発の教育問題リポートなどを配信。毎月1、2回更新する。

 サイトの主題歌にはイタリア歌曲「オー・ソレ・ミーオ(私の太陽)」を採用。「平和憲法って、もう必要ないですか」などの字幕が流れる。福島党首は「雇用問題や憲法問題を取り上げたい」と話している。



これはこちらで見ることができます。
でも、正直なところ、平和憲法じゃなくて、社民党がもう必要ないと思う。

あと、元記事だけど

>活字離れが進む若者層をターゲットに

って、かなり若者をバカにしてる気もするなぁ。活字って言っても、何も紙の書物だけじゃない。ネットもブログも2ちゃんねるも、立派な活字だと思うのだけれどどうだろう?
そういう意味では、むしろ紙の媒体しか認めない人たちに比べて、若者の方が活字を活用している気がするがなー。本旨と離れるけど、AA(アスキーアート)なんて活字をビジュアルに再構成して新しい文化を創った、という意味では、かなり画期的だと思うのだけれどなぁ。

そういえば、福島瑞穂と言えば、炎上したヴィーナスブログには再登場・反論しないのかな。管理人のロゼッタさんは誠意のある人なので、頑張って欲しいのですが。

----

福島社民党首「首相の方が百万倍まし」 安倍長官を批判

なんですか、この「100万倍まし」っていうマヌケな表現は(笑)
これで政党の党首っていうのだからどうしたものか、という気分になりますが、もっとも隣の飯島酋長に比べたら、まだ大統領だのという国の顔をやろうというわけではありませんので、マシかも知れませんけど、しかし。。。これでいいのか?ホントに。

飯島酋長は別にして、この人を見ていると「御輿は軽くてバカがいい」という言葉を思い出してしまうんよな。



おきてがみ

麻生氏出馬

麻生外相 きょう出馬表明 「次」見据え 2位死守

                 , -、/ ̄ヽ   __
            __(  しヘ 弋/ )\
            /ー'    \    └ヘ\
         └ヵ              |\
        / ̄\             〕 \
        └┐         _   -―-\  ヽー、
        ┌┘        ,.   /  ヽ \ 了   ト ∠ム / ヽ
        廴     /   /       ヽ`つ  ∨Y   ̄〕マ7_
         r┘   /              |  |└┐ | |  rヘ´ \ j!   _
         `つ   ./            |  |  | | 〔. ||<_ム__>  ̄__
         〔_ .′           |  | || |i `)|| 〔 ヘ\ <
           ヽ| | :  |  |    |  | ||  レハ 弋 |r= 、r┘ | \ `
            | | |  |||    |  川ィチレ,_| ({ヘ參〉)  !   \
            | | |  |⊥从_| /j//ィi´うハ「| |广7_ハ   ヽ アリスゲームが始まるのよ
             \\ヽ7了7ヾ     ゞ- '| |∨/   \  \
               \| ヽ ゞン       | | ∨     \  \
                 | ∧    ` . -    __| ハヘ      \  \
                 | l| >_    / j / ̄ヽ.マ_     \  \
                 /∧|/   __ア=ミく入`マ" ̄ ̄ /        \
              // ヘ   /-ゞ參r' _≧ \ ̄/___〉         \
          ___/∠ ヽ_\イ   `T1く, ―‐  ∨  ヘ,__
          \   _...ニニニ>    」 K_,/ ̄ヽ 〉¬   \_
             ̄  _/ __〔  /  | ゝィ厂ト  Ⅴ | |  廴 厂 ヽ
            <二、≦二._ヽイ    |  「 广ヽ.ノ |/   \   /


私は安倍さんよりも、麻生さんの方が、次期の総理には向いていると思っているんですが、あの安倍さんの圧倒的な支持率の前には、今回はさすがに難しいかも知れません。丁々発止のやりとり、となると、麻生さんの方が向いている気がしますが・・・まぁわかりませんね。安倍さんも総理になると、人が変わるかも知れませんが。

でも、出る以上は、ベストを尽くして欲しいところです。

個人的にはこのAAが面白かったw

       .ィ/~~~' 、 口のきき方に気をつけなさい
     、_/ /  ̄`ヽ}      ピシィ!
     ,》@ i(ノ())))      彡  ∧∧
     ||ヽ# ⊿`ノ| ||  (⌒ヽ∧ / 中\∩
     || 〈iミ'介'ミi〉 ヽ _ノ <  >#)八´ )/
     ≦ ,f//__ヽヽ     ミ Vつ >   /
     テ `~~じソ~~   

そういえば昨日は報ステとNEWS23と出ていましたね。NEWS23の方を見ていましたが、なんだか出がらしみたいでイマイチでした。あれは筑紫哲也が出がらしみたいなもんだったからかな。
むしろ報道ステーションの加藤工作員とのやりとりが面白かったみたいですね(笑)
テキストはこちら

麻生氏の外務省職員2000人増計画というのは↓
<外務省>10年間で定員2000人増を政府などへ働きかけ
ですが、本当に真面目に仕事してくれるのなら、2000人増は別にいいと思うのですよ。
加藤工作員のように、単に経費削減だけが目的か、中国に利するためが目的で反対しているのかよくわからない人はともかく、選択と集中というのも一つの戦略ですので、この理屈から言っても、外交力UPというのは、戦略として悪くないと思います。
もちろん、まじめに働くなら、の話ね。



おまけ

[チョ・インソンのファンミ] 「日本を旅行したが、誰も自分に気づかなかった」

チョ・インソンが何者かわかりませんが、下の台詞がなかなか素敵だったので載せてみます。

また「この前、4泊5日のスケジュールで日本にリュックサック旅行(一人旅)に来て、地下鉄に乗って市内を見物しました。日本語ができなくて地下鉄の駅を乗り過ごしたり、何時間も無条件に歩いたりしました。市内を歩きましたが、誰も私に気づく人がいなくて、とても寂しかったです。今日はどうしてこのように多くの方が集まったのか、理解できないです



それはあれだ、多分主催者が集めたサクうわなにをするやめr…qwせdrftgyふじk



おきてがみ

サヨクの残滓・・なんて綺麗な言い方はしません。

abusan様のところで取り上げられていたオーマイニュースネタが面白かったので、便乗してみます。

いやすごいわ、オーマイニュース。
8/17日付けで靖国ネタを取り上げたエントリがなされていますが、このどうにもこうにも左な人が嫌々やってみました、的なエントリが載っていました。

まぁこのエントリの是々非々はともかくコメント欄が面白いですね。
なんですかこの極左なコメントは(笑)
ブログをやっている身分として思うことですが、ブログもオーマイニュースもメディアとして見たときに、みなさまのコメント(反応)でメディアというものが成長をするものだとしたら、こんな反応しかつかないとしたら、前途はかなり不安(ヲチャー的にはかなり期待)と言えるでしょう。

国のために命をささげた人を祭るのは当然というが、それならば、当時の、政治的合理性はもちろん、軍事的合理性さえも完全に無視した病理的な統治の実態にさかのぼって問題にしながら、それに対する個人の国への働きというものを評価するべきであって、国のために忠誠を尽くしたひとたちなのだからとにかく参拝しましょう、では、なんら建設的な未来につながらない。
もちろん、非戦を誓うことにもならない。
非戦を誓うならば、当時の軍事的非合理性から、現場に即して問題にするべきです。
また、いまだに公開していない資料なども、日本政府みずから、完全に公開するべきです。


私個人としては、ヤスクニなど参拝のみならず、その存在そのものに反対です。
最大の理由は、国民をして自分の甘さをごまかすための、格好の材料にしかならないからです。

政府を信用して、国民として統治権に従った---いかなる圧制状態であったとしても、個人が理性ある個人であるかぎり、自己自身に対する責任というものは、自己以外が持つことは決してありえ無いという、個人主義の第一則が、これほどの経済大国を謳歌した(つまり物を考える余裕は十二分にあったはずの)日本にはいまだに確立されていない。
国との間を、ビジネスライクな関係に徹底できない、甘さがある。


ハッキリ言って国も企業、というのが私の立場。

対外的に言うとすれば、ヤスクニは商売の邪魔、で十分だと思う。
それを政府に面と向かって言えない経済人も、へぼですねえ。

投稿者 野良猫 : 2006年08月17日 19:09



>当時の、政治的合理性はもちろん、軍事的合理性さえも完全に無視した病理的な統治の実態にさかのぼって問題に

って何を言っているのかさっぱりわかりませんが、列強時代の天皇を中心にした国の在り方がまずいということが言いたいのでしょうか。
しかしながら、あの時代、江戸時代の幕藩体制から、明治政府による近代国家を形成するのに、あの形がベストだったのではないか、と思いますが・・・後世の人間が前世の人間をこういう形で非難するのは、歴史についての敬意のなさを感じてしまいます。
軍事的合理性というのは何を指しているのか、よくわかりませんし。
そもそも、靖国神社にお参りしている人で、そこを問題にしている人がどれほどいるのでしょうか。
多くの人は「日本の為に亡くなられた人の慰霊」だと思うんですけれど。

>政府を信用して、国民として統治権に従った---いかなる圧制状態であったとしても、個人が理性ある個人であるかぎり、自己自身に対する責任というものは、自己以外が持つことは決してありえ無いという、個人主義の第一則が、これほどの経済大国を謳歌した(つまり物を考える余裕は十二分にあったはずの)日本にはいまだに確立されていない。
国との間を、ビジネスライクな関係に徹底できない、甘さがある。

そうですね。まずは日本が自分の国を自分で守るという「自己自身に対する責任というものは、自己以外が持つことは決してありえ無いという、個人主義の第一則」を実施しましょうよ。軍備増強賛成、核武装賛成(笑)

>ハッキリ言って国も企業、というのが私の立場。

その理論で言わせれば、中国みたいな不良債権山積みだったり、北朝鮮のように国民という「従業員」を虐待しているようなモラルハザードを犯しているような企業など、つきあい方を考えるべきでは?という気がしますがね。

国=企業なら、企業はもうけるためなら何をやってもいいの?企業としての倫理を犯してもいいと?魂を売り渡してもいいと。
どうもそういう思考のようですね。

国は別に経済のみだけで成り立っているわけではないでしょう。人はパンのみにて生きるにあらず、という言葉が聖書にありますが、それは国にも言えることではないかな。
それが企業なら社訓だろうし、国なら国の理念があると思うのですが。


木舟氏の視点からは、靖国神社がオーム真理教の100万倍もの人々を殺したカルト宗教であるという視点が完全に抜け落ちている。
オーム真理教の宗教施設に、オーム真理教の犠牲者を弔うために参拝するに等しい行為が、なぜ「平和を祈念する」行為になるのか理解しがたい。
私は、日本人なので、殺した相手を祭るという日本の伝統に反し、殺した側だけを祭っている靖国神社には参拝しない。
靖国には、広島・長崎や東京大空襲の犠牲者も祭られていない。木船氏は、靖国を参拝することで、死者を差別しているのである。

投稿者 佐原伸 : 2006年08月18日 21:26




>木舟氏の視点からは、靖国神社がオーム真理教の100万倍もの人々を殺したカルト宗教であるという視点が完全に抜け落ちている。

少なくとも靖国神社が先の戦争を指導したわけではありませんし、靖国神社には、先の戦争の戦死者のみを祀っているわけではありません。

>オーム真理教の宗教施設に、オーム真理教の犠牲者を弔うために参拝するに等しい行為が、なぜ「平和を祈念する」行為になるのか理解しがたい。

別に「平和を祈念する」のが目的の場所ではありませんからね。
これに関しては、小泉首相の宣伝の仕方がまずいという風には感じますね。この元記事を書いた木舟氏も勘違いしている点だと思いますが。
まぁ「理解しがたい」と言ったところで、元々そういう目的の場所ではないのですから、永遠に理解できないでしょうな。独りよがりの思考実験の狭間で彷徨い続けてください、というしかありません(苦笑)

それ以前に、国と国との戦いで命を落とした者の行動と、テロリストの行動を同一視すること自体が変です。

オウム真理教の行動を批判するとしたら、比較対象とすべきは、9.11同時多発テロのアルカイダのやり口あたりと比較するべきでしょう。アルカイダを絶賛したイスラム教徒を批判しろと思うのですけれどもね。

もっと日本が関連するテロと言えば、伊藤博文暗殺の安重根を賛美する韓国の方が適切かも知れません。
韓国なんて、安重根義士記念館なんてものまで作ってるで。あれこそテロリスト賛美でしかないと思うのだけれど、非難しないのね。

>靖国には、広島・長崎や東京大空襲の犠牲者も祭られていない。木船氏は、靖国を参拝することで、死者を差別しているのである。

それは日本の神社というものを理解していない証拠じゃないでしょうか。
靖国神社は戦死者の慰霊・顕彰を目的とした場所ですからね。
あと、死者に対する差別ってのも変な表現だなぁ。死者に人格を認めろとか、そういう方向にいつか舵を切りそうで楽しみな人材ですね(笑)


犠牲者の上に平和をと言うが、無知な指導者に煽られ引きずられた戦争がなければ、もっと早く繁栄と平和が訪れたはず。
平和のために戦死者は必要ではない。

先入観を排し、歴史的事実も調べた上で訪れなければ靖国と他の神社との違いも分からないのでは。

投稿者 辻 隆 : 2006年08月21日 12:22



>犠牲者の上に平和をと言うが、無知な指導者に煽られ引きずられた戦争がなければ、もっと早く繁栄と平和が訪れたはず。
平和のために戦死者は必要ではない。

これもまた無知な発言ですなー。
そういう時代を経なければ、今頃東南アジアはヨーロッパの植民地のままだったかも、という想像はつかないのかな。つかないのだろうな。

先の戦争だけじゃありませんが、戦争にせよどんなことにせよ、功と罪を一面からしか見ることができない人は、歴史を語ってはいけません。
先の戦争では、その戦争を行った結果、どういう功があったか、罪があったか、を複眼的に語らねばなりますまい。

こんな人に

>先入観を排し、歴史的事実も調べた上で訪れなければ靖国と他の神社との違いも分からないのでは。

なんて言われても、笑止にしかすぎません。
まぁその調子で、戦争の歴史についても靖国神社の歴史についても、真摯に調べて欲しい気がいたします。

なんでも鳥越編集長は、2ちゃんねるを指して「ゴミため場」と発言したようですが、だとしたら、オーマイニュースは例えるならサヨクの残滓ですかね。否、残滓なんていう文学的表現よりも、

giren1.gifあえて言おう、チンカスであると!

の方が適切かも知れません。
(画像はとりかごさんとこから拝借)

ただゴミため場は、探せばその中から宝が見つかる可能性がありますが、チンカスはチンカス以外にレゾンデートルがないような気がします。



おきてがみ

日本のスイッチ 桜日和版(8/21)

FC2のブログのジャンル:ブログの項目のスレッドテーマに日本のスイッチの輪をこっそり追加してみました。

その他今週はネタがないので、昨日も紹介しました本2冊を紹介してお茶を濁します(^^;








日本のスイッチは、携帯電話で参加する毎日新聞社の企画です。

日本のスイッチの輪についてはatsuさんのB級ニュース批評をご覧ください。

【先週の回答者】 36825人
【わたしと同じ答えの人】1070人


問1.
10年後、靖国神社のあり方は今と変わっている気が
 する
○しない

どういう設問なのかイマイチ不明です。
私としては、変わっていて欲しくないという希望的観測です。
ただ、正確には、本来の目的は英霊を顕彰する施設なんですよね。慰霊する施設ではなくて。

問2.
ジョンベネちゃん事件、容疑者めぐる過熱報道に
○食傷気味です
 興味しんしん

食傷もクソも元々興味がありません。
そんなことより、加藤議員宅炎上について、実は収賄疑惑の証拠隠滅じゃないの?という疑惑の方をやってください。

問3.
子供のころ、雷のせいでよく停電していた記憶が
 あります
○ないです

よく電気の使いすぎでブレーカーを落とした記憶ならありますが。

問4. 
太陽系の惑星が、一気に三つは増えるかも
○何かうれしい
 私と関係ない

理系の端くれとしては、ちょっと嬉しいです。
でも正確には、「三つは増える」って表現は変だなぁ。
もともとこの3つの惑星は存在していたけど、未発見だけだったわけで、別に急に増えるわけではないのだけれどなぁ。

問5.
夏の甲子園大会、今年は好試合が多かった印象が
 あった
○特にない

智弁和歌山対帝京の8点取って5点取り替えしてのサヨナラ勝ち、なんてすごい試合でした。
決勝も好カードですね。

問6.
皇族の海外静養、実は皇太子一家が初めてだって
○知っていた
 知らなかった

当然ではないですか。
ちなみに設問の文章「ご静養」「皇太子殿下ご一家」と書くのが正しいのでは?なんかイヤン。

問7.
VHSビデオが生誕30周年、あなたの家では
○まだ使ってる
 もう引退した

両親が使っているので、まだまだ現役です。
ちなみに私はDVDプレーヤーというものを買ったことがなく、いきなりHDD搭載DVDレコーダーを購入しました。なので、いまだに現役です。16万くらいしました。独身の頃にボーナスはたいて買った逸品ですが、HDDの容量が40GBしかないので、少し窮屈さを感じています。

問8.
私にとって、カップのアイスを2,3個食べるのは
○楽勝だ
 まず不可能

かき氷ならともかく、カップのアイスなら、できると思います。

================================================

日本のスイッチの輪」こと「日ス輪」はatsuのB級ニュース批評 atsuさん主宰で行われております。

この記事に点数をつける


おきてがみ

甲子園は熱かった!横浜文化会館は寒かった...

延長十五回で引き分け再試合 夏の高校野球決勝

いやぁこれ見ていましたが、いい勝負でした。
やはり真剣勝負には、素直にいい物を感じます。
月曜の再試合、ぜひどちらも頑張ってください。

あんまり関係ないけど、これ置いておきますね...
http://www.youtube.com/watch?v=4QqICREfSow



おきてがみ

相変わらずの10年

最近2冊ばかり本を読みましたので感想を。

が創った「日本


ってのはご存じ日本の国の花でありますが、と言えばぱっと咲いてぱっと散る、という姿を武士の生き様に重ねることがありますが、そういうぱっと咲いてぱっと散るというのは、江戸末期の掛け合わせで生まれたソメイヨシノの咲き方で、むしろヤマザクラなんかはずるずるという咲き方をする・・・てなところから、日本人とについての関わりを少しずつ考察するお話です。
人間の感覚からすると、がきれいだから、日本中に植えた、という考え方をしますが、実は、桜自身が自己の繁栄の為に、人に好まれる姿を選んだ、という発想は、目から鱗でした。つまり人間の美意識を上手く利用して、桜は種を増やしたということですね。
花が蝶などを触媒に受粉するのと同様に、桜は人間の美意識を触媒にして数を増やした、という考え方は、人間も所詮、自然の一部ということを認識させられます。

産経抄 この五年


主に1995~2000年の石井英夫氏の「産経抄」のより抜き版。なんですが、驚くのは、そこに書かれている内容が今読んでも遜色ないことですね。北朝鮮の話、靖国の話、左翼の話。。。。
10年間のコラムを今読んでも古さを感じないというのは、珠玉のコラムということでもあれば、逆を考えたら、10年間大して世の中は進歩していない、ということの証左のような気もしますし、そう考えると、ブログで事件について好き勝手かける時代ってのは、それだけでも大きく変わったのかな?という気もしたり。
いつの時代も、保守というのは、孤高で、進歩人の攻撃に耐えないといけないのですね(笑)


反自公で「誰とでも協力」、参院選で民主の小沢氏

 民主党の小沢一郎代表は20日、テレビ朝日番組に出演し来年夏の参院選での選挙協力について「今の自公政権では国民のためにならない、と考える誰とでも協力する」と述べ、反自公勢力の幅広い結集に改めて意欲を示した。同番組に出演した自民党の加藤紘一元幹事長にも「加藤さんが自公でダメだとおっしゃるなら大歓迎だ」と秋波を送った。



ところで文末の「秋波を送る」ってのは、gooの辞典によるとこういう意味なのですが。
lin.jpg

※写真はモデルの林志玲さんです。

小沢一郎と加藤紘一の関係って、ええっ、そんな関係なんですか。
それとも、小沢一郎って実は女の子なんですか。

そういえば鳩ぽっぽも色目を使ってみたり、加藤紘一も家が燃えてしまってから微妙にモテモテですねw
家が燃えた件について名塚さんが日記でこんな想像をしていますが、あくまで想像であって欲しいモノです。

閑話休題。
小沢一郎ですが、

安倍氏は“イケイケ”人気 小沢氏、高支持に皮肉

 民主党の小沢一郎代表は20日午前のテレビ朝日の番組で、自民党総裁選で高い支持を集めている安倍晋三官房長官について「小泉純一郎首相と共通した人気の要素がある。“イケイケ”という方で、元気のいい言い方が受けているんじゃないか」と皮肉った。
 小沢氏は小泉、安倍両氏には政治理念が不足していると指摘し「もうちょっと日本の国全体のことを考えて思慮深くきちんと言動、判断をしてほしい」と批判。自民党の各派閥が安倍氏支持に傾いている状況について「めちゃくちゃでだらしがない」と述べた。
 菅直人代表代行は安倍氏の米国に対する見方について「(著書などで)あれだけ(米国と戦った)太平洋戦争を肯定するような形まで言ってしまったら、自己矛盾はないのか。首相は親米だが、安倍氏は本当に親米なのか分からない」と指摘した。



安倍長官を政治理念不足と言っていますが、かくいう小沢氏の政治理念ってなんなんでしょうかね。前後の言動を見聞きする限りでは、自民党の足を引っ張ることしか理念がないようですが、それでいいのでしょうか。いいのだろうな、きっと。それでいいんだから、楽な仕事だわな。

民主党にいつも思うこと。それは反対するなら対案を出せ、です。

----
中国「困難な時に対話の努力」 土井社民党名誉党首と会談

中国の唐家●(=王ヘンに旋)国務委員は20日、北京の人民大会堂で同国を訪れた土井たか子社民党名誉党首と会談し、先の小泉純一郎首相の靖国神社参拝を非難しながら、「中国は両国関係が困難な時に中日友好を進め、対話の努力を続けていく」と強調し、今後、交流や対話を強化する方針を明らかにした。



少なくとも小泉首相は「いつでもどうぞ」って言ってるのに・・そんなに会話したけりゃ、さっさと会話したらええがな。
そして、こうやって中国にお参りすることで、間違ったメッセージを発する人たち・・・もういいよ、帰ってこなくて。

----

「区別論」の心

 靖国神社では当日、首相に日の丸を振り、「中国や韓国はムカつく」と感情をむき出しにする若者が目立ったという。こうした姿が、両国の人々のこらえてきた怨みに火をつける恐れは十分ある。首相の「有終の美」は、あってはならぬ「民衆同士の反目」をもたらすかもしれない。



中国の広い心とやらを見せて貰おうか、という気もするのだが、それとは別にいまさら両国の人々の怨みなんて何を言っているのやら。そもそも日本人がなぜ怒っているのか、いまだに理解できないのだろうか。
人それぞれに契機はあろうが(私みたいに親の代からの朝鮮人嫌いは別にして)多くは日韓W杯だったり、変な韓流ブームだったり、アジア杯でのデモ騒ぎだったり、だろうに。今更靖国参拝する・しないで「若者の中国・韓国はムカつく」はどうにも左右できまい。

デジタル・ディバイドのこちら側に住んでいる(つもりの)身として思うのは、若者の多くが怒りを感じるのは、今までみんな隠してきた中国・韓国に関することが少しずつ知られてきて、怒るべき要素を見つけてしまったから、なのだと思うけれど、どうにもその辺がわからないか、わかっていないみたいですな。中日新聞は。

何度も同じ事を書いている気がしますが、やはり、ディジタル・デバイドの向こう側のメディアは、墓場に足を突っ込んでいることを、早々に自覚しないと、えらいことになりますよ、と。




おきてがみ

盧武鉉曰く「なんで人気ないのかわかりません」

日本のニュースは靖国後はジョンベネちゃんくらいしかないな。
なんでみんなあんなにジョンベネちゃんネタ好きなんだろう?そんなに毎日やるほど大事な事件か?




盧武鉉大統領 「ブッシュ大統領は私が好きなの」 [08/18]

安保問題と関連し、盧大統領はブッシュ米大統領との対話に難しさをうちあけたが「個人的にブッシュ大統領は私が好きだ
と言う表現をしていると文化日報は伝えた。



えー。どこまでこうも強気で断言できるのだろう?
自信というよりはストーカーじゃないのか(笑)



ちなみに↓こういう記事もありまして。
なぜ訪米する盧大統領はクロフォード牧場に招待されないの?

盧大統領が来月米国を訪問する。クロフォード牧場に招かれない理由は? 

 「私の個人的な考えでは、盧大統領は(ブッシュ米大統領が所有する)クロフォード牧場に当然招かれなければならないと思う。オーストラリアのジョン・ハワード首相、英国のトニー・ブレア首相など、クロフォード牧場に招かれた指導者は、過去1年以内に自国で“米国との同盟関係が重要だ”と強調している。この違いが牧場に招かれるかどうかを左右している」



要するに、アメリカから韓国同盟国と見られていないってことなのにね。
この指摘気づいていないのかなー。




盧大統領「私が何を間違ったのか分からない」

わかっていたら、今みたいな支持率にはなっていないよね(笑)
というか、全部今までのネタだと思っていたら、マジボケなのかw

もっとも日本人の一部(某巨大掲示板に生息する人たち)では、絶大な人気を誇っていますけどね。
絶対大統領辞めたあとは、日本で芸人デビューするべきだな。ノムタンは。




映画『日本沈没』は排他的民族主義に訴え、韓国・北朝鮮を「悪しき隣人」と描写。軍事大国化の肯定も [08/05]

災難を乗り越える過程で、韓国人の立場からすると拒否感を感じざるをえない場面が何ヶ所かある。まずアメリカなど周辺諸国を裏切り者扱いし、「結局信じられるのは我々日本人だけ」という民族主義的メッセージを掲げる。特に韓国北朝鮮は、日本人難民に不法入国者というレッテルを貼って追放する「悪しき隣人」として描写されている。韓国の実際の反日デモの様子などもドキュメンタリー式で編集して見せている。そのため、映画を見る観客には反日デモが、日本の戦争責任と謝罪を求めるものではなく韓国人の集団利己主義の表現として映る。



元々はその設定だけで面白がって、韓国国内で上映することになったものの、朝鮮人が悪し様に描かれていると知って焦っているようです。
というか、内容を見て上映するかどうか決めろよ!
どうみても、日本沈没というタイトルとプロットだけで上映しようと決めたとしか思えん。

もしそれを見越して、そういう描写を差し入れたのなら、樋口監督も壮大な釣り師だなーと思うのだけど、そうではないみたいですな。

まぁ私は、どういう結末であろうと、私は見る気がしませんなぁ。日本以外全部沈没も興味ないけれど(笑)

自分自身がそれを見る見ないは別にして、日本人自ら日本沈没なんて設定をできてしまうのは、良くも悪くも日本人らしいなーと思ってしまいます。
朝鮮人にはこういう設定は100%無理。これはよくも悪くも文化の違いかね。



「親日派」財産の調査開始 没収・国有化へ韓国政府

これは「親の因果が子に報い」る、民主主義では到底想像もつかない、親日派財産没収法ですね。本気でやるのか韓国。
もっとも、これを突き詰めていくと、韓国政府自体が日本からの賠償金を国民に還元せず、ちゃっかり経済再生に使っちゃってるんだから、韓国政府が一番この法律の対象になるんじゃないの?と思ったりするのですが(笑)




ロシアで高まる日本批判 密漁で大きな利益と報道

イズベスチヤは「日本政府は南クリール(北方領土)を自国の領土と思っているので、国境侵犯をしてはいけないと国民に説明できない」と解説した。



その通りですが何か?
っちゅうかさっさと返せよ露助め。

ビザなし交流 仲野議員ら参加中止 根室の漁船銃撃、理由に

間の悪い時にこういうことが起きるもんなんだなぁと思いつつ、これは参加を中止するのが正しいのか参加するべきなのか、私にはわからない。
ただ記事の中に

 一方、前原誠司(前民主党代表)、土屋品子(自民、埼玉13区)の両衆院議員は予定通り参加する。前原氏は「地元の代表が参加しないのは分からないわけではない。ただ、ロシアは強硬になっている。参加しなければ、ビザなし交流自体がなくなる恐れがあり、領土問題の解決を遅らせる」と話している。



という意味がよくわからないなー。この理屈を裏返すと、ビザ無し交流を進めることが領土問題解決になるということになるのだけど、そういう密約なり公算なりあるのかなぁ。この辺、詳しく聞いてみたい気がする。それともこれも、政権取らないと教えてあげないよ、なのかな。


今回の銃撃戦のおかげで、ちょっと沈黙していた北方領土ネタが久しぶりにわき出しそうね。ロシアにしたら、それこそ触れたくないネタに触れてしまったんじゃないかな。せっかく竹島・尖閣諸島に目を逸らしてたのにねー。

私は韓国はアホ、中国は狡猾、北朝鮮はキチガイなら、ロシアは野蛮という見方なので、端から信用などしていない(それについては中韓も同様)が、まだ中国・韓国にくらべて交渉はできる相手だと思うのだ。
少なくともロシアは、中国や韓国のように反日がアイデンティティの国ではないと思う。世界全体を視野に入れた上での日本を見ているはずなので、中国・韓国・北朝鮮よりもまだ交渉の余地はあろう。

まぁ竹島もそうだけど、北方領土はいい加減どんな形でもいいから、決着つけねばなるまいて。一戦交える覚悟を持つのか。あきらめるのか。
うやむやなままこのまま永遠に行きたい・・って思いが政府にはあるのかも知れないけれど、それはその思いと同時に、今回のような事件が永遠に起きることを道民に強いるということでもあるわけだ。
一つあきらめるという選択肢もいれて、何かしら動きを起こさねばなるまいて。
来るべき安倍政権の時代に解決できるかどうかは不透明だけれど、その準備くらいはして欲しいものだな。

案外この問題については、ムネオが活躍するかも知れんぜw



おきてがみ

読売如きが

北朝鮮が地下核実験準備か-米ABCテレビ

このニュースはさして話題になっていない気がするけれど、まだまだ推測の域を出ないのかな。
もし本当なら、かなり重要な気もするのだがなぁ。
少なくとも、小泉総理の靖国参拝なんぞ比較にならんくらい、大事でしょうよ。
平和運動とか社民党とか、核兵器反対を主張する団体は、さっさと抗議声明出せよ。


まぁそのこととは別に、今更北朝鮮に理性など求めて無駄ですし、6カ国協議をやろうとやるまいと、核開発は止めないだろうし。日本人としては、核の1発や2発は撃ち込まれることは直近の脅威として、覚悟しなければなりますまいて。

もっとも別の意味で脅威なのは、地下核実験って、うまくやらないと放射能汚染とか、そういう二次災害を引き起こすんじゃないの?ってことで、偏西風に乗ってチェルノブイリ再来みたいな事態になるのだけは勘弁して欲しいなぁ。
自分の所に向けられるかも知れない核の実験の失敗で、その放射能を浴びるなんて、ある意味テロやないかこれは。シャレにならんで。謝罪と賠償を(略


戦争起きたら「率先して戦う」 日本41% 中国14% 韓国10%

現実的に戦争の脅威が少なからずある中で、こういう志があるのは心強いことじゃないかしら。なんでもかんでも反戦な人たちは、きっとこういう記事を読むと、軍靴の足音が聞こえたり、偏狭なナショナリズムを感じたりと、なかなか独自な感受性を発揮してくれるんだろうけれど、自分の国を自分たちで護ろう!というナショナリズムというかパトリオティズムそのものは別段悪いことじゃない。むしろ今までの日本が、それがなさすぎだったわけでしょう。

前にも紹介した、太田文雄氏の「情報」と国家戦略の中にある一文、

筆者が米国の駐在武官であった時、新日米防衛協力のための指針、いわゆるガイドラインが策定されましたが、その時ワシントンにいて強烈に感じたのが、日米間の情報ギャップでした。
 即ち、日本の新聞は毎日ガイドラインの記事が、一面トップで報じられ、ほとんどの日本人が、事実を正確に把握していましたが、米国の新聞がガイドラインを報じることはまれであり、したがってほとんどのアメリカ人は「日本が集団的自衛権を行使できない」などと思っていません。もし周辺地域で戦いが起こったときには、当然同盟国である日本は米国と一緒になって戦ってくれるものと信じています。
 それ故一番怖いのは、現実に周辺有事で米兵が血を流しているときに、日本が「集団的自衛権は行使できない」といって、傍観するようなことがアメリカのテレビで報じられたら、その時こそアメリカの世論は「こんな不誠実な国との同盟など破棄してしまえ」という声が大勢を占めることは確実です。記述の通り、同盟は相互の信頼関係が基盤となって成り立っているからです。



という部分は真剣に考えるべきです。そりゃそうだろう。日本人が日本を護るために真剣に戦ってこそ、アメリカ他民主主義国は守ってやろうという気分になろうってもんです。それが普通の感覚ではないでしょうか。

----

8/15の読売社説でも取り上げていましたが、最近読売新聞は、先の大東亜戦争を指して「昭和戦争」と名付けようとしているみたいですね。

なんですかこの朝日並のプロパガンダは。

たかだか昭和期の前半20年までに起きたことをして、昭和戦争なんて名付けられても、若者には通用しませんって。
どうせ定着せずに空振りで終わりそうですが。

それにしても言論機関ってのは、世論を形成するってのがよほど美酒なのか快感なんでしょうな。思い上がりも甚だしい。
世論なんてものは、文字通り世の中から出てくるもんであって、たかが一新聞社如きが動かせるものではあるまい。
もしこの「昭和戦争」呼称運動(?)で、本当にそういう呼び名が定着してしまったら、そのプロパガンダ性にこそ、読売は警戒しなければなるまい、と思う。当然でしょ。一新聞社如きの言説で世論が動いてしまったら、それこそ全体主義の前兆と考えるべきだろう。

朝日辺りは、常に、言論機関がそういう方向に動くことを警戒する発言をしているのだから、今回の読売の行動をこそ掣肘するべきじゃなかろうか。



おきてがみ

ウンコジャーナリストは流されてください

そういえば、小泉首相が靖国参拝すれば強硬な態度を取る、とか、宣戦布告だ、とか言っていた国があったような気がするのが気のせいでしょうか。

銃撃は露政権の対日強硬路線変更を象徴

おおぅ、もしかして、強硬な態度を取るってのは、ロシアのことだったのか!?

というよりも、この事件、久しぶりに、あ、領土問題って北方にもあったのだった、ということを久しぶりに思い出したのですが(あかんがな)どうもこの事件はよくわからないことだらけです。
密漁船?スパイ?いろいろ情報が飛び交っていますが、現状確実に言えることは、

・警告射撃ではなく、狙撃だろう。
・何かを知っていたであろう船長はともかく、何もわからずに拿捕された船員が気の毒

くらいではないでしょうか。

まぁ事実はどこにあるかはともかく今回くらいのロシアの強硬なやり口ってのは、普通国境を接する国同士なら、普通でしょうな。(それがいいとか良くないとかいう議論は別にして)
望む望まざるを別にして、そういう局面と接触することを恐れてはいけません。どうせ国同士の外交なんて、ヤクザの出入りと同じなんだし。
外務省の皆様、その他役人の皆様、国民の為に頑張ってください。

----



分祀でも靖国参拝容認せず 韓国政府が内部確認と報道

韓国自ら、伏せている「ジョーカー」をめくった形ですけれど、これで国内の(いわゆる)分祀論者はどうするつもりなんでしょうか?いきなりはしごはずされた格好になってますが。

----

【靖国】専門家「A級戦犯の位牌を別の場所に移すだろう」

専門家って・・・本当に、靖国神社に位牌があると思っているのかなぁ。
勉強しなおせとしかいいようがないや。
正しい知識をもって批判してくれないと、反論のしようもないじゃないか(笑)

----

『異論排除』強まる一方 首相参拝の日 『批判派』加藤紘氏実家炎上


もっとも全文クソなんですが。
最近は異論排除なんですか?むしろネットの言論では、異論排除よりも、いろんな意見が交換されて、むしろ言論自体は活発になっているように推察します。この辺がディジタル・デバイドの彼岸にいる人たちなんでしょうな。もういいよ。ちょうどお盆だし。そのまま冥土に旅立ってくれませんか。

■ネットに顕著 差別的な言説

 そうした傾向は、インターネット上の世界に一層顕著だと岡留氏は指摘する。そこではハト派的な意見に対し、タカ派的な書き込みを殺到させ駆逐したり、相手を差別的な言説で攻撃する暴力的な「異論排除」のパターンがあふれている。

 ただ、そんな寒々とした光景はネット世界にとどまらないとみるのは、ジャーナリストの斎藤貴男氏だ。

 斎藤氏は今回の事件を目の当たりにして「頭に来るから火を付けてしまえと。そういうことができてしまう空気が、この国にはっきりあると思った」と語る。

 「世間の人々もこういう事態を予想していた部分がある。実際に事件が起きても、みんなりつ然とはしていない。『このぐらいは仕方がない』とか『加藤氏も言い過ぎた』と受け止める空気があるのでは」

 さらに事件の真相や犯人の動機とは別に、今回の事件が社会に与える委縮効果を次のように懸念する。

 「やはり、言論にかかわる人々は『表現に気を付けなくては』と思うようになってゆくのではないか」



はぁ?
こんなことがあろうとなかろうと「言論にかかわる人々は表現に気をつけなくては」いけないのじゃないの?
この斉藤さんって人は、ジャーナリストという仕事をどう考えているの?アホじゃないの?

確かに言論や表現の自由という言葉はあるけれど、責任を伴っての自由というのは、自由主義世界の価値観じゃ常識でしょう。

表現をする人間が命を狙われるってのは正常ではないのかも知れないけれど、自分の命をかけるくらいの気持ちでジャーナリストやってるのじゃないの?
間違っても言論テロをほめるわけではないけれど、書く側には、命をかける程度の覚悟は必要だろ、と思うのだが。
それとも、この斉藤って奴は、自分の書いた文章に命を賭けるほどの責任はない、ってことなのかな。まぁその程度で、どんな程度のジャーナリズムか、底が知れる気がするがね。

こういうウンコ垂れ流しジャーナリストは、いつか淘汰されるよ。
いや、されてくれないと。
そうじゃないと、日本の未来は暗すぎる。



おきてがみ

16日の朝

今日は各紙の社説のチェックから始めてみましたが、まぁどこもかしこも靖国ですね。

8・15靖国参拝 国の姿勢示した小泉首相(産経)
靖国参拝 耳をふさぎ、目を閉ざし(朝日)
[首相靖国参拝]「『心の問題』だけではすまない」(読売)
8・15首相参拝 こんな騒ぎはもうたくさん(毎日)
ひとりよがりの小泉首相靖国参拝(8/16)(日経)

この中でタイトルで一番イタイのは毎日のそれじゃないかな。
「こんな騒ぎはもうたくさん」って、どの口が言うか!一番騒いでるのはマスコミじゃないかと小一時間(略
すごいベタなんだけど、このタイトルが一番のけぞりました(笑)

次の首相を争う自民党総裁選の候補者たちは、この置きみやげから逃げられない。国内でも、国際社会でも通用するきちんとした回答を用意しておくべきだ。来年もまたこんな騒ぎを繰り返すのは、もううんざりだ。



もし本気でマスコミの人間がそう考えているのなら、マスコミ自身の側から、「首相が8月15日に静かに参拝するためには、どうすればいいか」という提言をぜひして欲しい。できるわけないだろうけどな(笑)
まずそれができない以上、この問題を真剣に解決なんて絶対にできないだろう。おそらくそれはマスコミが自身の非を認める形になるから、絶対にできないだろうけれど。

昨日はテレビで見ていると、なぜかコリアンタウンでインタビューってのをよくやってて、なんでわざわざそこに行く?と思いつつみていたのだけれど、そこでインタビューを受けている朝鮮人達の方が「ああ、小泉さん?好きにしたら?」みたいな感じで、思った以上にクールでした。
そうだよ、それが普通の感覚だよ、と思いました。
マスコミ一人異常に盛り上がり過ぎ。

これって、亀田のタイトル戦の時のTBSを見ているようだ。

----

中国「強烈に抗議」に「見当違い」宮本大使反論

声明では「中日関係の政治的基礎を破壊した」と非難する一方で、「日本各界の有識者が政治的障害を取り除き、一日も早く中日関係を正常な発展軌道に戻すことに力を注ぐと信じる」と強調。「ポスト小泉」の最有力候補である安倍晋三官房長官が今後、参拝しにくい環境を作り出す姿勢をにじませた。
 これに対し、宮本大使は李外相から「国際正義への挑戦」と言われたことに「全くの見当違いと言わざるを得ず、受け入れられない」と反論。靖国問題を理由に首脳会談を拒否している中国側に強い不満を表明した。



わははは。正論だ正論。
中国にしろ韓国にしろ、猛烈に抗議とやらをするけれど、日本の側から見たら「軍国主義なんて妄想相手に、何むきになってんの?m9(^Д^)プギャー」くらいに思っておけばいいと思います。

----

韓国「国民感情損傷」中国「人類の良識を踏みにじった」

小泉純一郎日本首相の8.15靖国参拝に対してアジア各国が非難した。

政府は15日「小泉首相が国際社会の繰り返された憂慮と反対にもかかわらず、ナショナリズム的姿勢で靖国神社を参拝し、韓日関係を梗塞させて北東アジア地域内友好協力関係を破損させた」という声明を発表した。

柳明桓(ユ・ミョンファン)外交通商部第1次官は海外出張中の潘基文長官の代わりにこの日、大島正太郎在韓日本大使を外交部庁舎に呼んで「小泉首相の神社参拝は韓国民の感情を深く傷つけるもの」と抗議した。

盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領はこの日、光復節祝辞で「日本が過去に対して心より反省するのなら独島(トクト、日本名竹島)、歴史教科書、神社参拝、日本軍慰安婦問題解決のために実質的な措置をしなければならない」と述べた。

李肇星中国外交部長もこの日午前、宮本雄二駐中日本大使を外交部と呼んで「強い憤慨と糾弾の意」を伝えた。中国外交部は小泉の参拝直後に声明を出して「これは国際社会の定義に対する挑戦と同時に、人類の良識を踏みにじる行為」と批判した。

シンガポール政府は「小泉首相の参拝強行は中国と韓国、そして他のアジア国々の強い反発を催すもので、東南アジアと東アジアの関係強化と協力に役に立たないこと」と遺憾の意を示した。

台湾外交部スポークスマンは「日本は歴史を直視して東アジアの平和と安定を進めるのに努力しなければならない」と注文した。

香港では反日団体会員入り通り行進をといえばで日本を批判した。

一方、外交部のある関係者は「中央情報部の金大中(キム・デジュン)前大統領拉致事件(1973年)、在日韓国人文世光(ムン・セグァン)の陸英修(ユク・ヨンス)女史殺害事件(74年)、日本の歴史教科書歪曲事件(82年)などで韓日関係が悪くなったことが何度かあったが、最近のように突破口を見つけにくいことはなかった」と言った。

彼は2001年小泉首相の登場以後、問題がさらにおかしくなったと指摘した。小泉はその年、光復節を2日前に控え靖国神社を参拝、98年、金大中前大統領と小渕恵三元首相が一緒に作った「21世紀の新しい韓日パートナーシップ共同宣言」に水を差した。以後、小泉首相は毎年1回ずつ靖国を訪れている。




これ、この文章を、20年先までくらい残しておいて、昨日の小泉首相の参拝を生で見たことがない人に読ませて「この日小泉首相がやったことを想像して絵を描いてみよ」という問題を出してみたい。
昨日も書いたけど、単に一人のおっちゃんが神社にお参りしただけなんだけどなー。

----

実家全焼の加藤氏「どんな状況でも発言していく」

昨日ネットで作業をしていてびっくりしたのがこの加藤家炎上ニュース。
炎上と聞いてブログのコメント欄の話かと思ったら、ホントに炎上したのか!と思ってしまいました。

もっとも、どんな思想信条であれ、こういう行為が褒められたモノではないのですけれどね。

犯人には極刑で臨むべし。



おきてがみ

ただの一人のおっちゃんの参拝

こんな暑苦しいネタがいやな方はこちらのエントリをお勧め。

1155595315810.jpg


小泉首相が靖国神社参拝 終戦記念日に初

朝起きたらテレビでやってるんだものー。わはは。
んもう、朝からヘリまで飛ばして、暑い中ご苦労様!マスゴミ諸君!という気分でした。

結局このレポートの最中は、いろんなチャンネルをくるくる回しながら見てました。つまらん。非常につまらん。どこもかしこも中国韓国の反発必至、だって。だからどうした。

首相官邸での記者会見で

中国が怒ってるから靖国行くな?意見の食い違いはいくつかあるだろ
中国が反対してるから常任理事国入りあきらめるか?意見の食い違いはいくつかあるだろ?



てな趣旨の発言がスキップされたみたいですね。こんな大事な話を。

ところでテレビを見ていたら、革新派だかの人たちがマイクロバスから抗議のために降りてこようとするところを、一般参拝客に傘で叩かれて追い返されたりしてたね(笑)
傘で叩くという行為はともかく、革新派が一般客に追い返されるなんて、えらく時代が変わったもんやねぇ。
あの映像を生で見たときが一番爆笑でした。youtubeでもjpgでもいいから、どこかに画像落ちてないかな。




おきてがみ

美人のお話

seesaaから移転して参りました。
というわけでFC2最初のエントリです。

いつもは政治ネタをやっているのですが、15日はどうせ暑苦しいネタになるので、今日は意趣返しで、ちょっと違う話でもしようかと思います。

男がホレる女、女が好きな女

名塚さんの掲示板で、こんなネタが取り上げられていたので、ちょっと浮世離れにいいなぁと思って取り上げてみました。

その時代その時代で美人の定義というのは違うでしょうから、永遠の美人なんて人はもちろんいませんし、調査する年代によって回答も違うでしょうから、この結果をもって誰が一位かなんてのは、あだ花にしか過ぎないでしょうけれど、でも自分にとっての一位は?というのを考えるのは面白いので、考えて見ました。

私もそんなにテレビも見ないし芸能人にそんなに詳しいわけではないですけれど、まぁわかる範囲の人はいます。
例えば、仲間由紀恵が美人だ、ってのはわかりますねー。でもそれは男視点なんでしょうね。清楚な感じがいいのでしょうか。
女性からの評価が高いのも、男に媚びない感じに見えるところがいいのかなーと思ったりしています。

そんな感じで私もツラツラと名前を出せる人がいますが、それでも適当に列挙してみようと思います。

真っ先に美人で思い浮かぶのは、南野陽子さんです。
今はもう一線のアイドルというのには遠くなりましたが、15年くらい前に私が中学生の頃に初めて見たときは呆然としてしまったのを覚えて居ます。
今39歳ですが、そうは見えません。ドラマをチェックしたり、舞台を見に行ったりすることはないですけれど、雑誌なんかで出ていると、読んでしまいます(^^;
nanno01.jpg



ブログ書きを初めてから、名塚さんところで知った人で、外せないのが、台湾の林志玲(リン・チーリン)さん。この人は文句なしにきれいですね。関西弁では美人を褒める言葉で「別嬪さん」という言い方がありますが、文字通りの別嬪さんです。日本のファンの方のサイト。
日本語に堪能で、日台親善大使などもされておられます。
lzl19.jpg


特に林志玲さんを見ていて感じるのは、台湾の人なのに、日本人的な美人だなーということを感じますね。台湾でトップモデルで、日本でデビューしてもトップになれるだろうけれど、世界ではトップには多分なれない。そういう不思議な感じを感じます。

うーん、こんな偉そうなことを書くのもあれだけど、今の日本の主流になっている「美人」と比べると、林志玲さんに持つ感情ってのは、今の日本では少ない、昔風の正統派和風美人の姿をそこに見てしまうのからかなぁ。

今の日本で美人と言われている人は、西洋風な人が多い気がするけれど、松島菜々子さんや仲間由紀恵さんにしてもそうだけど、元祖和風美女という感じがこの人には見てとれる。

よくよく考えると、台湾の林志玲さんにそれを感じるってのも変な話ではあるけれど、少し前の日本人が、外国を見て憧れて西洋風な美がもてはやされる中で、外国から来た和風美女を目の当たりにすることで、日本独自の美意識が再確認されるきっかけになるということはないかなぁ。
日本人としては、自分たちの美意識が誤りでは無かったと、嬉しい気分になるけれどもね。

実例で言えば、西洋風なファッションに憧れた日本人だけど、外国人が着物を絶賛することで、独自の文化である和服の良さを再確認したように(最近は浴衣が流行ってますね。もっともあれは、本来寝間着ですが)今度は、人の美そのものにおいても、それを見いだすように。

恐らく自分の中では、林志玲さんの中に、既にそういう日本的美人の姿を認めているのだろうな。
だから、きっと、素直に美しいと思えるのだと思う。




おきてがみ

日本のスイッチ 桜日和版(8/14)

ここ最近からですが、ブログルポというものをはじめてみました。
ただ、少しブログを更新するときに一手間も二手間もかかるのが、面倒です。

お盆は帰省ついでに出雲大社から境港と車で走ってきました。

日本のスイッチは、携帯電話で参加する毎日新聞社の企画です。

日本のスイッチの輪についてはatsuさんのB級ニュース批評をご覧ください。

【先週の回答者】 40843人
【わたしと同じ答えの人】546人


問1.
英の旅客機爆破テロ、実行直前での計画阻止に
 ひとまず安心
○楽観できない

むしろ、これは、始まりの始まりと考えるべきではないでしょうかね。
世界の戦争の主力は、テロになるということを示唆している気がしてなりません。

問2.
オシム・ジャパンの初陣を見て、ジーコに未練は
 ある
○ない

元々未練自体がないです。

問3.
警察が公費で、捜査協力つのる懸賞金を制度化へ
○時代の流れだ
 懸賞に頼るな

懸賞に頼って欲しくないのですけれど、事件が少しでもよい方向に解決するのなら、やむを得ないかなと思います。

問4. 
うちの近所のコンビニの店員さんは外国人だ
 はい
○いいえ

こういう設問が出ると言うことは、首都圏では、外国人が多いのでしょうか?
大阪では見たことありませんね。
例外があるとしたら、通名を使っている人が(略

問5.
ベイルートは「中東のパリ」と呼ばれてるって
 知ってた
○知らなかった

どういう理由でそう呼ばれているのでしょうか?

問6.
店員をボコボコ殴っていいバーが中国で人気とか
 発散できそう
○自分には無理

こういう文化が、自分にはまず受け入れられません。

問7.
靖国神社、私は機会があれば参拝したい気持ちが
○ある
 ない

もう参拝したことがあります。

問8.
海水浴、やむを得ず海の中で用をたすのって
○有罪
 無罪

やっぱだめでしょ。

================================================

「日本のスイッチの輪」こと「日ス輪」はatsuのB級ニュース批評 atsuさん主宰で行われております。

この記事に点数をつける


おきてがみ

靖国狂想曲

11日晩から田舎に帰ってました。
先刻大阪に帰ってきました。

ろうそく手に「靖国神社への参拝反対」

 小泉純一郎首相の靖国神社参拝に反対する日本と韓国、台湾の遺族や市民が11日、首相官邸前などで抗議集会を開き、ろうそくの灯をかざしながらデモ行進をした。「平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動」として、終戦記念日の15日まで毎日、集会やデモをする。

 参院議員会館で開いた集会であいさつした韓国の国会議員金希宣さん(62)は「生きている間は強制徴用され、死んでからは魂を靖国に縛り付けられている」と語り、韓国人戦死者の分祀(ぶんし)を訴えた。

 首相官邸前では約100人が集まり「強制合祀(ごうし)反対」などとシュプレヒコールを上げ、小泉首相が靖国参拝をしないよう求める要請書を内閣府に提出。その後、東京・霞が関周辺で、ろうそくを手にした約150人が「小泉首相は靖国参拝をやめろ」などと訴えながら、デモ行進した。


HPがこちらにあるのですが、なんだかなー、悪趣味な宗教にしか見えないなー。

ここの人たちも、そんなに靖国神社が嫌ならば、参拝しなければいいだけです。アンチ靖国教でも作って拝んでおけばいいのです。参拝に行きたいという人を止める権利は誰にもありません。
行きたくない人が集まってアンチ靖国教を作っても、それを弾圧する権利もありません。
それが、日本における信教の自由ではないですか。

そんなに、あの九段下に霊魂を入れたくないと思っているのなら、あそこに霊魂などいないと主張する宗教を作ればいいのに。
やれ分祠だ廃祠だ心の問題だ!とキチガイみたいに騒ぐ有様・・・・普通に心静かにお参りしたい人達以上に、靖国神社に愛情を持っているとしか思えません(かなり歪んだ愛情ですが)

数学の世界では、ユークリッド幾何学という分野(普通の人がならう幾何学と言えばこちら)と、ユークリッド幾何学に疑問を投げかける形で成立する非ユークリッド幾何学というものがありますが、非ユークリッド幾何学はユークリッド幾何学を否定する形ではじまった学問ですが、ユークリッド幾何学が正しくないと非ユークリッド幾何学も正しくなくなるという関連性を持っています。

なんだかそれと同じで、アンチ靖国派の人たちが騒ぎ立てれば立てるほど、信教の自由という言葉と遠ざかっていっているように感じます。
そしてそこに見るのは、アンチ靖国の強制の押しつけ。
結局奴らが常に叫ぶ、日の丸・君が代の強制、愛国心の強制と同じ事を、別の事柄でやっているに相違ありません。己の姿を見てから言え!


自分は正しい日本人だ!と思っている、賛成派の人たちがとるべき行動は一つ。何を騒ぎ立てようと、心静かにお参りをすること。これだけです。


市民団体とウリ党議員、靖国参拝阻止に向け活動

【東京11日聯合】小泉純一郎首相の靖国神社参拝阻止に向け、韓国の市民団体と国会議員らが11日、東京でそれぞれの日程を開始した。
 「靖国反対共同行動韓国委員会」所属の市民団体会員ら約150人は同日、首相官邸の前に集まり参拝反対を訴えた。その後は霞ヶ関に移動しろうそくを点しての集会を開催した。一行は小泉首相の参拝が予想される15日まで、東京全域を回り集会を行い、首相をはじめとする日本の政治家の参拝計画に対し強く抗議する計画だ。

 一方、与党・開かれたウリ党所属の金希宣(キム・ヒソン)、柳基洪(ユ・ギホン)、林鐘仁(イム・ジョンイン)、文学振(ムン・ハクチン)ら議員10人は同日、参議院議員会館で記者会見を行った。また、靖国神社に合祀(ごうし)されているA級戦犯の分祀(ぶんし)など47項目の公開質疑書を手渡すとともに、靖国神社付属の遊就館を視察した。

 議員らは声明を通じ「公約は守られるべきとして参拝を公言している小泉首相の発言は、韓国と中国をはじめとするすべての国に対する宣戦布告だ」と主張し、参拝中止とともに靖国神社の解体と平和的な追悼施設の建設を訴えた。


よーし、明後日になったら戦争しちゃうぞー(笑)というのはともかく、だとしたら、小泉首相は首相になった時点で「韓国と中国をはじめとするすべての国に対する宣戦布告」を宣言していたということなんですかね?(笑)笑わせるな。
もっとも、それが為に韓国が宣戦布告とみなして、日本にミサイルでも撃ち込んでくれないかなぁ?そうしたらば、日本も堂々と北朝鮮もろとも始末できるのに。
結局なにもできないチキンなんでしょうに。

まーこんなバカなネタを、日本のマスコミが無視しているだけ、まだマシかな。
こんなのまで朝日とかで報道してたら、もう本気で日本の新聞じゃないな、と言いたいところですが。


菅氏、首相の靖国参拝意向を批判

15日に参拝濃厚になるまで沈黙し、ほぼ確定した段階で「待ってました!」と批判する人。アホちゃうか。結局太陽がないと月の輝きがないのと同じ、アンチ小泉の人も、小泉首相が無いと生きていけないのかね。

 自民党内に靖国神社の「国営化」論が浮上していることに関しては「自民党にこのこじれた問題を解決する能力はない」と指摘し、靖国問題の解決には政権交代が不可欠との考えを強調した。


民主党だったら解決できるって?どうやって?

こういう狂信的な連中のやることを見ていて思うのは、こういう連中がいるから、戦争はなくならないな、ということ。
本当に本気で「戦争反対の為なら、戦争も辞さず」という気がしますね。
結局極左も極右も同根。偏りがある思想ってのは見ていて気持ち悪いです。
自分は真ん中だというつもりはありませんけれど、こういう極端さは、右であれ左であれ、気持ち悪いです。

あー。あと2日、早く静かにならんかなー。
オフ会ですでに靖国神社に行っているので、さすがに今年はもう参拝しませんが、行けたら、護国神社にいこうかな。近所にあるので。




おきてがみ

靖国狂想曲

11日晩から田舎に帰ってました。
先刻大阪に帰ってきました。

ろうそく手に「靖国神社への参拝反対」

 小泉純一郎首相の靖国神社参拝に反対する日本と韓国、台湾の遺族や市民が11日、首相官邸前などで抗議集会を開き、ろうそくの灯をかざしながらデモ行進をした。「平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動」として、終戦記念日の15日まで毎日、集会やデモをする。

 参院議員会館で開いた集会であいさつした韓国の国会議員金希宣さん(62)は「生きている間は強制徴用され、死んでからは魂を靖国に縛り付けられている」と語り、韓国人戦死者の分祀(ぶんし)を訴えた。

 首相官邸前では約100人が集まり「強制合祀(ごうし)反対」などとシュプレヒコールを上げ、小泉首相が靖国参拝をしないよう求める要請書を内閣府に提出。その後、東京・霞が関周辺で、ろうそくを手にした約150人が「小泉首相は靖国参拝をやめろ」などと訴えながら、デモ行進した。


HPがこちらにあるのですが、なんだかなー、悪趣味な宗教にしか見えないなー。

ここの人たちも、そんなに靖国神社が嫌ならば、参拝しなければいいだけです。アンチ靖国教でも作って拝んでおけばいいのです。参拝に行きたいという人を止める権利は誰にもありません。
行きたくない人が集まってアンチ靖国教を作っても、それを弾圧する権利もありません。
それが、日本における信教の自由ではないですか。

そんなに、あの九段下に霊魂を入れたくないと思っているのなら、あそこに霊魂などいないと主張する宗教を作ればいいのに。
やれ分祠だ廃祠だ心の問題だ!とキチガイみたいに騒ぐ有様・・・・普通に心静かにお参りしたい人達以上に、靖国神社に愛情を持っているとしか思えません(かなり歪んだ愛情ですが)

数学の世界では、ユークリッド幾何学という分野(普通の人がならう幾何学と言えばこちら)と、ユークリッド幾何学に疑問を投げかける形で成立する非ユークリッド幾何学というものがありますが、非ユークリッド幾何学はユークリッド幾何学を否定する形ではじまった学問ですが、ユークリッド幾何学が正しくないと非ユークリッド幾何学も正しくなくなるという関連性を持っています。

なんだかそれと同じで、アンチ靖国派の人たちが騒ぎ立てれば立てるほど、信教の自由という言葉と遠ざかっていっているように感じます。
そしてそこに見るのは、アンチ靖国の強制の押しつけ。
結局奴らが常に叫ぶ、日の丸・君が代の強制、愛国心の強制と同じ事を、別の事柄でやっているに相違ありません。己の姿を見てから言え!


自分は正しい日本人だ!と思っている、賛成派の人たちがとるべき行動は一つ。何を騒ぎ立てようと、心静かにお参りをすること。これだけです。


市民団体とウリ党議員、靖国参拝阻止に向け活動

【東京11日聯合】小泉純一郎首相の靖国神社参拝阻止に向け、韓国の市民団体と国会議員らが11日、東京でそれぞれの日程を開始した。
 「靖国反対共同行動韓国委員会」所属の市民団体会員ら約150人は同日、首相官邸の前に集まり参拝反対を訴えた。その後は霞ヶ関に移動しろうそくを点しての集会を開催した。一行は小泉首相の参拝が予想される15日まで、東京全域を回り集会を行い、首相をはじめとする日本の政治家の参拝計画に対し強く抗議する計画だ。

 一方、与党・開かれたウリ党所属の金希宣(キム・ヒソン)、柳基洪(ユ・ギホン)、林鐘仁(イム・ジョンイン)、文学振(ムン・ハクチン)ら議員10人は同日、参議院議員会館で記者会見を行った。また、靖国神社に合祀(ごうし)されているA級戦犯の分祀(ぶんし)など47項目の公開質疑書を手渡すとともに、靖国神社付属の遊就館を視察した。

 議員らは声明を通じ「公約は守られるべきとして参拝を公言している小泉首相の発言は、韓国と中国をはじめとするすべての国に対する宣戦布告だ」と主張し、参拝中止とともに靖国神社の解体と平和的な追悼施設の建設を訴えた。


よーし、明後日になったら戦争しちゃうぞー(笑)というのはともかく、だとしたら、小泉首相は首相になった時点で「韓国と中国をはじめとするすべての国に対する宣戦布告」を宣言していたということなんですかね?(笑)笑わせるな。
もっとも、それが為に韓国が宣戦布告とみなして、日本にミサイルでも撃ち込んでくれないかなぁ?そうしたらば、日本も堂々と北朝鮮もろとも始末できるのに。
結局なにもできないチキンなんでしょうに。

まーこんなバカなネタを、日本のマスコミが無視しているだけ、まだマシかな。
こんなのまで朝日とかで報道してたら、もう本気で日本の新聞じゃないな、と言いたいところですが。


菅氏、首相の靖国参拝意向を批判

15日に参拝濃厚になるまで沈黙し、ほぼ確定した段階で「待ってました!」と批判する人。アホちゃうか。結局太陽がないと月の輝きがないのと同じ、アンチ小泉の人も、小泉首相が無いと生きていけないのかね。

 自民党内に靖国神社の「国営化」論が浮上していることに関しては「自民党にこのこじれた問題を解決する能力はない」と指摘し、靖国問題の解決には政権交代が不可欠との考えを強調した。


民主党だったら解決できるって?どうやって?

こういう狂信的な連中のやることを見ていて思うのは、こういう連中がいるから、戦争はなくならないな、ということ。
本当に本気で「戦争反対の為なら、戦争も辞さず」という気がしますね。
結局極左も極右も同根。偏りがある思想ってのは見ていて気持ち悪いです。
自分は真ん中だというつもりはありませんけれど、こういう極端さは、右であれ左であれ、気持ち悪いです。

あー。あと2日、早く静かにならんかなー。
オフ会ですでに靖国神社に行っているので、さすがに今年はもう参拝しませんが、行けたら、護国神社にいこうかな。近所にあるので。




おきてがみ

靖国問題より面白い韓国の統帥権問題

海外旅行大丈夫? 航空機テロ未遂、厳しいチェック「仕方ない」

イギリスでテロ未遂が起きた関係で、少しピリピリしているようですね。
夏休みに海外に行かれます方、お気をつけ下さい。

こういう時に、手榴弾のモデルを持ち込んだりなど、日本人が下らん平和ボケした騒ぎを起こさないことをひたすら願います(苦笑)

----

「歴史問題を始終強調、永遠に話すべき」 対日外交の重要カードの認識

江沢民のこの台詞を読んだ時には、ああ、ダメだこりゃ、という気分になりました。
もう一度戦争するしかないのかもね。日本と中国は。
「靖国に参拝しなければ問題は起きない」
「遺棄兵器を片付ければ(以下略」
「ガス田で譲歩すれば(以下略」
「謝罪と賠償をすれば(以下略」....etcetc
を述べた奴、表に出ろ



----

首相の靖国参拝、継続を…自民中堅・若手が提言

 自民党の中堅・若手議員約130人がつくる「平和を願い真の国益を考え靖国参拝を支持する若手国会議員の会」(会長・今津寛衆院議員)は11日、国会内で総会を開き、歴代首相が継続して靖国神社を参拝するよう求める提言をまとめた。

 首相の参拝については、「国民を代表する立場で継続して参拝するよう求める」とし、「ポスト小泉」にも参拝を求める姿勢を打ち出した。ただ、時期、形式は、「首相自身の判断に委ねるべきだ」として、終戦記念日の参拝にはこだわらない考えを示した。

 また、靖国神社の非宗教法人化に対し、「靖国の形骸(けいがい)化につながりかねない。神社側も望んでいない現状では、困難と言わざるを得ない」と反対した。A級戦犯分祀(ぶんし)についても、「『戦犯』と一般の戦没者を差別し、『A級』と『B、C級』を差別する合理的な理由を見いだすことは困難だ」とした。

(2006年8月11日14時21分 読売新聞)


A級戦犯分祀(ぶんし)についても、「『戦犯』と一般の戦没者を差別し、『A級』と『B、C級』を差別する合理的な理由を見いだすことは困難だ」とした。

なかなか見識のある発言ですが、一体誰なんでしょう。
この議論はもっとして欲しいです。A級戦犯とは何か?これを理解せずに(いわゆる)A級戦犯の(いわゆる)分祀は意味を為しません。
もう少し言えば、分祠という言葉の使われ方も議論して欲しかったなぁ。
分祠とは、カット&ペーストではなくてコピー&ペーストなんだと、いつになったら理解してくれるんだ?

----

在韓米軍さらに削減へ 2万人規模も

最近は日本国内の新聞は靖国ネタで盛り上がっていますが、韓国ヲチャー的には、統帥権問題が面白いと思います。
というより、日本の国安全という観点では、私の嫁の実家にいる犬に似たツラのオッサン↓
2006_inu.jpg
が靖国神社に行くか行かないか、ということで揉めるよりは、ずっとこっちの方が大事な問題だと思うのですが。

流れを言えば、現在韓国では、軍事行動時の統帥権について、在韓米軍が持っているわけですが(これは日本もほぼ同じはず)それを2012年返上予定から2009年に繰り上げるというお話です。

どういうことかと言えば、韓国で軍事行動を起こすことになった場合、今までの場合だと、日本における日米安保と同様、米軍が主導し国防を行うというものですが、統帥権返上ということは、朝鮮半島で何か起きてもお前ら勝手にせい!という通牒なんですね。

ついでに、韓国は国家予算が10兆円なんですが、今回に在韓米軍の削減で5兆円の軍事負担が求められているというお話で、この状況でF-15Kを購入しようという素敵な思考にはまっています。

もちろんこれは安保・同盟に大きく影響する問題で、国防に関する人たちなんかはえらく困惑しているようですが、心情左翼的なノムたんはアメリカの傘下に入ることをいやがることを国防より優先してしまっているので、突っ走っています。

まぁヲチ的にはここでニヤニヤ笑っていればいいのですが、日本人としては真面目に考えて、シャレにならない点があります。

一つは、本当に韓国が赤化してしまっても困るという点です。あんな国でも日本の盾くらいにはなりますから、せめて民主主義国?というメンツだけでも守って貰わないと困ります。
もう一つは、この心情左翼的ノムたんの韓国における在韓米軍削減というのを、日本に置き換えて考えてみた時です。

日本人でも、在日米軍の基地に反対する、ノムたんと同レベルの無責任なメンタリティの人たちが居ますが、今の韓国の在韓米軍削減という現実を見て、在日米軍を追い出すという自分たちの行為の未来を重ねて見いだすことが出来ないとダメですし、そのレポートをしないといけないと思うのです。

ぜひ、在日米軍基地に、盲目的に反対だけする人たちは、これからの韓国がどうなるのか、しっかり自分たちの目で見て欲しい気がしますね。

でもきっと北朝鮮・中国の軍事侵攻がおきて韓国が併合されたら、韓国を守らず、そして、今まで北朝鮮を刺激した日本とアメリカが悪いことになるんだろうな(笑)





おきてがみ

中国の常識は(民主主義)世界の非常識

今日は朝日の天声人語がすごいことになっていると聞いて、読んでみました。

 「夏のあらゆる星座が、われわれにいどみかかるようにして出ている」。司馬遼太郎さんはモンゴルで、満天の星に押しひしがれるような体験をした。「うかつに物を言えば星にとどいて声が星からはね返ってきそうなほどに天が近かった」(街道をゆく・モンゴル紀行)。

 大草原を渡る風、空に浮かぶ雲、果てしない大地。詩人ナツァクドルジがうたう。「広く大いなる荒野原/南のかたをさき守る砂丘の海原/これぞわが生れしふるさと/モンゴルの美しきくに」(田中克彦『草原と革命』晶文社)。

 チンギス・ハンがモンゴル帝国を創設して今年で800年になる。帝国はアジアから欧州にまで版図を広げた。そのころ西に遠征したと思われる兵士が、白樺(しらかば)の樹皮に書き残した望郷の詩がある。「今やときぞ、我とびたたん/我は呼びかく/我が母に、何にもましていとしき母に……今こそ我、故郷に帰らん」

 同じ13世紀、チンギス・ハンの孫フビライは鎌倉時代の日本に遠征軍を送る。文永・弘安の役で、いずれも失敗した。望郷の念を抱きつつ倒れた兵士もあっただろう。

 この元寇の後、北条時宗は鎌倉に円覚寺を開創した。蒙古襲来による死者を、敵味方の区別なく弔うことが建立の一因だという。

 今日、小泉首相がモンゴルに飛び立つ。星空の下で、元寇の時代にも思いをはせてもらいたい。自、他国を問わない弔い方は、現代の追悼のあり方にも示唆を与える。誰であれ、いやしくも一国を代表する人物なら、他国の戦没者の思いにも目を向けるべきだろう。


うーん、結局何が言いたいのだろう?
「敵味方の区別なく弔うことが建立の一因」「他国の戦没者の思いにも目を向けるべきだろう」ってのなら、靖国神社にアメリカ人や中国人の戦没者も祀れ、ってことかなぁ。
それとも「誰であれ、いやしくも一国を代表する人物なら、他国の戦没者の思いにも目を向けるべきだろう」ってのなら、中国の胡錦涛やら韓国のノムたんも、靖国神社にお参りに来いって呼びかけているのかなぁ。
そんなことを、宗主国様に命令して大丈夫?(笑)

こういう中途半端な物を読んで、読者もどうすればいいんだろうなぁ(苦笑)


あと、メタモルフォーゼ・ニッポンさんところでみつけた、この記事は面白かったです。

ネットは中立でありつづけられるか(Hotwired)

中国政府の関係者と話す機会があった。米国がグローバル・インターネット・フリーダム・タスクフォース(GIFT)を設立して中国のネット規制を厳しく糾弾し始めた直後のことである。なぜ米国が中国のネット規制を批判するのか分からないので意見交換をしたいということだった。

彼は、「米国にだって日本にだって、ネットを規制する法律があるだろう。なぜ中国だけ問題になるのか」と聞く。
 私は「いや、日米にはそうした規制はない」と答えた。
「だって米国にはパトリオット法があるじゃないか。全くないわけはないだろう。」
「確かにパトリオット法は、ネットでの通信傍受を認めているが、それは犯罪を犯すおそれがあると疑われている人を対象に傍受を認めているだけで、全てのトラフィックが傍受されているわけではない。」
「政府の批判をしている人がいたら取り締まるのは当然の話だろう。」
「政府の批判をすることは、日本でも米国でも国民の権利だ。表現の自由は憲法で保障されている。あなたの国が小泉首相を批判するように、日本国民が小泉首相を批判するのも自由だ。そんなことを取り締まることはできない。」

彼はどうにも納得できないようだった。国民が政府の批判を放置しておくということが感覚的に受け入れられないらしい。確かに中国では国民が一斉に政府批判を始めたら大混乱に陥り、政府の存在基盤が危うくなるだろう。経済発展を優先させるためには中国政府が安定していなくてはならないという彼の信念も分からなくはない。しかし、私は続けて彼にいった。
「民主主義というのは革命の制度化だ。選挙によって平和的に政権が変わることを認めるものだ。共産党政権の独裁しか認めない中国政治の文脈では理解できないことだろうが、米国は4年ごとに革命をやり、日本は国会の解散があるのでもっと短期間で不定期に革命をやっている。革命のためには自由な言論が必要なんだ。」
(以下略)


う~ん、正直に、これは常識というか、コモンセンスというものがありませんなぁ。
言うなれば天動説を信じる者と地動説を信じる者が天文学の議論をするようなものでしょう。議論するベース自体が出来ているとは思えません。

こういう国を相手に、東アジア共同体なんて、無理も無理も到底無理というべきじゃないかなぁ。

そうそう、今日は、本屋で孔健氏の「中国が永遠に日本を許さない66の理由」
って本を読んだけど、そこに書かれているのは、結局は日本人は中国人を理解できないのが悪い!みたいな論調で、かなりムカムカしました。

日本人が中国人を理解しないといけないのなら、同程度に中国人も日本人を理解するように働きかけるべきじゃないですかね。
少なくとも日本人だけが一方的に譲歩しないといけない理由はないと思うのですけれども。

あと「中国は日本に敵意はないが、日本はアメリカの属州に見える、それが中国には目障りに見える」てなことが書かれてましたが、もしそう見えていて、日本にアメリカからの独立心を持って欲しいと思っているのなら、なおのこと、日本が独立国としての矜恃をもてるように(靖国問題だけでなく)朝日的な連中よりも、日本は軍備を整えてさっさとアメリカと袂を分かつべしという反米保守のような連中の方が役に立つ、と思うのだが。

もしそうじゃないとしたら、朝日的反米リベラルを煽って日本を武装解除させて、やすやす占領、というシナリオしか見えないのだけれどもね。




おきてがみ

日本の夏、戦争の夏

ずっと日本で生きていて、そして、この年齢になって政治のことなんかを語り出すと思うのは、つくづく、日本の8月は戦争の月なんだなぁと思います。
そりゃぁまぁ当たり前と言えば当たり前ですね。広島・長崎と2発の原爆、そして15日の終戦。否が応でも戦争のことを考えないといけないよう宿命づけられている気がします。

私は小さい頃からアマノジャクでしたので、この時期になって散々語られる、戦争のお話が嫌いでした。陰鬱とした気分にしかならないのですよ。対馬丸火垂るの墓・・・。

小さい頃、そういう映画を繰り返し見せられる自分が嫌で嫌でしょうがありませんでした。
この疑問が解けるようになるのは大人になってからです。以前、防人の詩のライナーノート紹介をしたのですが、その中でさださんが語っている台詞に答えがある気がします。
つまり「戦争はいけません」ではなく「なぜ戦争がだめなのか?」

本能的に、小さい頃の自分はそういう疑問を持っていたのではなかったかなぁ。今はそう思っています。

そして、自分が小さい頃、その問いに真正面から答えてくれる大人がいなかった。そのモヤモヤ感が、ずっと今まできたのでしょうね。

この年になって、大人になって、周りの大人のことが見えるようになって、朧気ながら「戦争はダメだよ」と言う大人はたくさんいるけれど「なぜ戦争がダメなのか」をちゃんと答えられる大人がいないのではないか?という事に気づいてしまいました。

なぜ戦争はダメなのか。
悲惨だからだめなのか。
悲惨だからダメというのが人類普遍の真理だとしたら、戦争なんて誰だってダメだと思うはず。
でも実際に、世界で戦争がなくなることはない。
じゃぁなぜ戦争はなくならないのか。

こう考えると、戦争はダメだ、という前提条件の決め打ちに問題があるのでは?と思うしかありません。

でも、実際日本でこの議論をしようとすると、前に進まないこと進まないこと。
戦争はダメだ悲惨だよくないことだ教え子を戦場に送るな二度と過ちは繰り返さない・・・・の繰り返し繰り返し。だから戦後61年経っても、同じような戦争教育しかできないのでしょうね。

私も、個人の思いで言えば、戦争はやらないにこしたことはないと思います。戦場になぞ行きたくありません。
でも、だから絶対戦争はダメだ、と断言はできません。
したくないからやらない、というのもまた、大人の態度とも言えません。
したくないけどやらざるを得ない時、というのを頭に入れた上で、覚悟しないといけないのも、大人の態度だと思うからです。



「靖国、自主解散し特殊法人に」 麻生外相私見

麻生外相の発言はこちらで読むことができますが・・・。
私の中にはいろいろな思いが去来します。
例えば政治から靖国の問題を遠ざけたいという思いは読み取れます。
でもそれが為に宗教法人を取り消す・・というのも、本末転倒というか、劇薬というか、痛し痒しというか、そんな気がしたりもしています。

私としては、日本人がこのネタで騒ぐのが間違い、と思ったりしています。かくいう私も何度もエントリにしていますが、自分の言いたいことを端的に言えば「分祀は無理。以上」しか感想はなく、後は同じ事のリピートライトをしているに過ぎなかったりします。



【主張】広島平和宣言 「北の核」への警告がない

カウンターとまでは言いませんが、正論です。
今の日本にとって大事なのは、過去の被爆体験以上に、現在進行形で進む北朝鮮による核開発の方が切実な問題です。
(ここだけの話、先日のさださんのコンサートで、北朝鮮ネタにふれてくれなかったのは、不満でした)
やはり、片手落ちと言われても仕方ないでしょうね。



靖国8・15参拝で首相「公約は守るべき」明言

さて、民主党は、どういう反対論を展開してきますかね。
先の安倍長官の4月の参拝については、「(参拝が)自分の信念なり考え方であるなら、何も隠れて行くことはない。堂々と公にして行動すべきだ」と言っていたのですから、今度の小泉首相の参拝には、堂々としていて立派だ、というコメントが欲しいところです。




おきてがみ

日本のスイッチ 桜日和版(8/7)

先週は既報通り「夏・長崎から」ファイナルに参加の為に、長崎に行っていました。
atsuさんからの情報ですが、産経抄でも取り上げられていたようです。

コンサートに15年間のうちに9度行った身から言わせてもらえれば、このコンサートについて「平和祈念」したコンサートではない、という産経抄の記述にかみついている人がいますが、このコンサートの中身を「平和を祈ろう!」というコンサートだと勘違いしている人が多いことです。
このコンサートのメインテーマは「平和を考える入り口の為にあるコンサート」なので単に盲目的に「平和を祈るコンサート」ではありません。
そこらへんを誤解する人が多いから、さださんは「政治的・思想的な集まりではない」と何度も言い続けたのだと思います。

このコンサートの中で言い続けてきた台詞

「みなさんの大切な人の笑顔を思い出してください。そして、それを守るために、自分に何ができるか?それを考えることが、平和を考える足がかりになる」

この言葉の意味を考えて欲しいものです。


それはそうと、このコンサートが終わったあと、長崎市内のホテルで、F1を見ていると、純正ホンダマシンが優勝し、表彰台で君が代が流れているではありませんか!嬉しかった。こんな嬉しいことはないです。なんでも39年ぶりだそうで。
この日はいい1日でした。

日本のスイッチは、携帯電話で参加する毎日新聞社の企画です。

日本のスイッチの輪についてはatsuさんのB級ニュース批評をご覧ください。

【先週の回答者】 40983人
【わたしと同じ答えの人】802人


問1.
長野知事選、田中県政への審判は私にとって
○予想通り
 意外だった

特に根拠はないけれど、予想通り。
私は部外者なので適当なことを言いますけれど、脱ダムしか印象にありません。
でも、脱ダムも大事だけど、必要なダムってのもあるんじゃないのかしら?
確かに無駄な公共事業や自然破壊はダメだけど、必要なものも廃止したりしてもダメなんじゃなかろうか、と。
今年、長野が水害に見舞われているのは、決してこのことと無縁ではない気もするのだが・・・はてさて。

問2.
プール監視員は、全員が訓練されてるって印象を
 実は持っていた
○別になかった

まぁ、バイトの兄ちゃんだしね。
でも、泳げない監視員がいるのは、びっくりしたなぁ。

問3.
亀田選手、あの判定での王座獲得は今後の成長に
 結びつくかも
○マイナスだ

現状のままだと、マイナスでしょう。
でも、災い転じて福と為す。別に応援はしていないけど、せいぜい頑張ってください。

問4. 
腹に据えかねてテレビ局に抗議の電話をしたこと
 あります
○ありません

メル突ならしたことあります。

問5.
食べても太らなくなる「ワクチン」が出来るかも
○実用化に期待
 ちょっと怖い

不安なのもあるのですが、素直に期待します。

問6.
ガソリンがリッター140円突破、今後の影響を
○心配してます
 気にしてない

次第に物流の費用上昇→物価上昇というコースが見えるのですが・・・。

問7.
これからの季節、お寺や仏壇の線香のにおいって
○実は好きです
 好きじゃない

ええ、好きですがなにか?

問8.
「流しそうめん」って、実際に食べたことが
 あると思う
○ないです

そもそもそうめんが好きじゃないです。

================================================

「日本のスイッチの輪」こと「日ス輪」はatsuのB級ニュース批評 atsuさん主宰で行われております。

この記事に点数をつける


おきてがみ

「夏・長崎から」ファイナル行ってました

CA260077.JPG

今更ですが、8/5の夜から夜行バスで長崎まで行ってきました。
さだまさしさんのコンサートに行くためです。

このコンサートは夕方4時半開演だったのですが、私は朝7時から長崎の稲佐山で順番待ちをしましたが、もうすでに2000人ほど先客がいました。

暑かった~。
写真は午後3時頃、入場の順番待ちしている人たちを撮ったものです(会場の写真はちょっと著作権的に問題ありそうなので)

で、今しがた帰阪し、自宅で日記を書いているところです。

このコンサートは、私が今みたいに右翼かぶれになるずっと昔、16年前の第4回(雲仙にて開催)から参加、以来行ったり休んだりしながら、今年で全9回参加しました。
あの頃高校2年だった私も、今は30を越えて嫁さんももらい、学生時代一緒に行った友人も、東京で職を持ち家を持ち、今は嫁さん+子持ちになって頑張ってます。
そんな長い時間をさださんは頑張ってこられました。
まずはお疲れ様、ですね。

さださんがこのコンサートの中でいつも言っていること、それは、政治的な集まり、思想・信条・主義・主張の為の集まりではないことを主張しておられました。
しかし、10年目のピースソフィア運動あたりから、少しずつ、さださんの思惑とずれて、政治的、思想・信条・主義・主張的な色が強くなってしまったんじゃないかなーと思ったりしています。
だから、今回の20回目を終止符としたのかも知れません。
なんて、適当なこと言ってますけど(笑)

それはともかく、さださんが、このコンサートの中で、昔から必ずいう言葉があります。

「みなさんの大切な人の笑顔を思い出してください。そして、それを守るために、自分に何ができるか?それを考えることが、平和を考える足がかりになる」

これは昔から、このコンサートの度に考えます。
どうか、みなさまの平和をお祈りいたします。

追記:
来年は、長崎の日(8/9)に、広島でコンサートをやるみたいです。
ぜひ、興味のあります方は、ご参加を。

この記事に点数をつける



おきてがみ

旅行にいってきます。

本日夜から、さだまさしの「夏・長崎から」をみるため、長崎に旅行に行ってきます。
帰阪は7日午後の予定です。
(携帯でコメントのチェック、トラックバックの承認はできますので、ご遠慮なくお願いします)


おまけ:
間違い探しです↓(元ネタはこちら
20060804175842-1.jpg

ヒント:エッシャーの滝の絵


おきてがみ

杜撰で嘆かわしい朝日の社説

靖国参拝 嘆かわしい首相の論法

 靖国神社参拝にこだわり続けた5年間の、小泉首相なりの最終答案ということなのか。それにしては、なんともお粗末と言うほかない。

 3日付で配信された小泉内閣メールマガジンで、首相は年に1度の参拝に改めて意欲を示した。

 そのなかで「私の靖国参拝を批判しているマスコミや有識者、一部の国」に、こう反論している。「戦没者に対して、敬意と感謝の気持ちを表すことはよいことなのか、悪いことなのか」

 悪いなどとは言っていない。私たちを含め、首相の靖国参拝に反対、あるいは慎重な考えを持つ人々を、あたかも戦没者の追悼そのものに反対するかのようにすり替えるのはやめてもらいたい。

 首相はこうも述べている。「私を批判するマスコミや識者の意見を突き詰めていくと、中国が反対しているから靖国参拝はやめた方がいい、中国の嫌がることはしない方がいいということになる」

 これもはなはだしい曲解である。

 日本がかつて侵略し、植民地支配した中国や韓国がA級戦犯を合祀(ごうし)した靖国神社への首相の参拝に反発している。その思いにどう応えるかは、靖国問題を考えるうえで欠かすことのできない視点だ。

 ただ、それは私たちが参拝に反対する理由のひとつに過ぎない。首相の論法はそれを無理やり中国に限定し、「中国なにするものぞ」という人々の気分と結びつけようとする。偏狭なナショナリズムをあおるかのような言動は、一国の首相として何よりも避けるべきことだ。

 その半面、首相が語ろうとしないことがある。あの戦争を計画・実行し、多くの日本国民を死なせ、アジアの人々に多大な犠牲を強いた指導者を祀(まつ)る神社に、首相が参拝することの意味である。

 戦争の過ちと責任を認め、その過去と決別することが、戦後日本の再出発の原点だ。国を代表する首相の靖国参拝は、その原点を揺るがせてしまう。だから、私たちは反対しているのである。

 昭和天皇がA級戦犯の合祀に不快感を抱き、それが原因で参拝をやめたという側近の記録が明らかになった。国民統合の象徴として、自らの行動の重みを考えてのことだったのだろう。もとより中国などが反発する前の決断だった。

 国政の最高責任者である首相には、さらに慎重な判断が求められる。

 憲法に関する首相の強引な解釈もいただけない。憲法20条の政教分離原則は素通りして、19条の思想・良心の自由を引き合いに、こう主張した。「どのようなかたちで哀悼の誠を捧(ささ)げるのか、これは個人の自由だと思う」

 19条の規定は、国家権力からの個人の自由を保障するためのものだ。国家権力をもつ首相が何をやろうと自由、ということを定めた規定ではない。

 こんなずさんな論法で、6度目の参拝に踏み切ろうというのだろうか。15日の終戦記念日に行くとも取りざたされるが、私たちはもちろん反対である。


つまらん社説だなぁ。ここまで杜撰でお粗末な社説もないよ。

 首相はこうも述べている。「私を批判するマスコミや識者の意見を突き詰めていくと、中国が反対しているから靖国参拝はやめた方がいい、中国の嫌がることはしない方がいいということになる」

 これもはなはだしい曲解である。

 日本がかつて侵略し、植民地支配した中国や韓国がA級戦犯を合祀(ごうし)した靖国神社への首相の参拝に反発している。その思いにどう応えるかは、靖国問題を考えるうえで欠かすことのできない視点だ。

 ただ、それは私たちが参拝に反対する理由のひとつに過ぎない。首相の論法はそれを無理やり中国に限定し、「中国なにするものぞ」という人々の気分と結びつけようとする。偏狭なナショナリズムをあおるかのような言動は、一国の首相として何よりも避けるべきことだ。


どう読んでも中国がダメっていうからダメ、に見えるのだけど。
私個人の思いだけれど、偏狭なナショナリズムとやらを煽るのと、中国に屈服するのとの二者択一なら、偏狭なナショナリズムを煽る方が、国としては、まだましな方だろう。誰が自ら国を進んで差し出すのが健全と思うのか。

戦争をするとかしないとか、そういう問題以前に、ナショナリズム・パトリオティズム自体はある程度は必要だろうと思う。少なくとも私にとっては、自分が矜恃をもてる何かを持つことは、誇らしいことだし、それが日本の国土なり歴史なり文化なら、なおのことだ。

今回の社説を読んでいて、一番頭に来たのはここ。

 その半面、首相が語ろうとしないことがある。あの戦争を計画・実行し、多くの日本国民を死なせ、アジアの人々に多大な犠牲を強いた指導者を祀(まつ)る神社に、首相が参拝することの意味である。

戦争の過ちと責任を認め、その過去と決別することが、戦後日本の再出発の原点だ。国を代表する首相の靖国参拝は、その原点を揺るがせてしまう。だから、私たちは反対しているのである。


今の日本は有史で言えば、古事記・日本書紀の時代からずっと続いてきた上に成り立っている。それは歴史に限らず、文化でも風土でも同じ事。

その延長線上に、先の大東亜戦争もあるのだ。
先の戦争については、いい点・悪い点含めて、受け止めなければ行けないというのが多くの人の認識ではないだろうか。

それを「戦争の過ちと責任を認め、その過去と決別することが、戦後日本の再出発の原点だ」とはどういうことだ。

私には、これは「都合の悪い歴史は無かったことにする」と言っているように聞こえる。これこそ日本人が自分たちの歴史に対しての責任放棄と言われても仕方ないだろう。
日本人に対して、そこまで無責任な存在になれと言っているのか?朝日は。

正論Ex.02で対談していた、在日朝鮮人でプロレスラーの前田日明さんの台詞

 日本のやった戦争に問題があったのは確かだけれど、当時の日本人にしたら、煩悶、苦悩を重ねた末にやらざるをえないと覚悟を決めてやったわけでしょう。男子に生まれ、徴兵されたら、否でも応でも闘うしかない。なかにははっきり嫌だと思っていた人もいただろうけれども、一応は「お国のため」という大義名分で自分を納得させたはずでしょう。 そういうそういうギリギリのところで国とか公に殉じた精神、心根を汲まなくて、全部あの戦争は侵略だったみたいにして断罪するのはそれこそ卑怯だと思います。敗北と言う結果が分かっていて、まるで時間のカンニングペーパーを見て答案を書いているようなものじゃないですか。カンニングペーパーを使って、当時の人たちの行動を批評するのじゃなくて侮辱する。そういう人たちの書いたもの、言っていることというのは、もう本当に嫌ですね。しかも、自分は日本の罪を認めています、悔いていますという、自分一人だけを良心の高みに置いているような感覚がたまらない。


という台詞をお送りしたくなる。

まったくこんな杜撰で嘆かわしい論法で歴史を語ろうってんだから、まったくもって笑わせるわ。




おきてがみ

TBS放送免許剥奪陳情署名バナーのご紹介

徒然なるままに@甲斐田新町さまで、TBS放送免許剥奪陳情署名バナーというものを作られているようですので、ブログのお持ちの方で賛意を示される方々は、ぜひご利用下さい。

署名の数がリアルタイムで表示されます。

こんな感じで表示されます。(他にもバナーはあるみたいです)
TBS放送免許剥奪陳情署名

おまけ。
TBS.jpg





おきてがみ

情報を大切にしない軍人なんて大嫌いだ!

すんません、今「ゲド戦記」のテルーの「命を大切にしない奴なんて~」のCMが流れてたので、ついw

映画版はグダグダみたいですね。
でも、あれは間違いなく原作の方が面白いと思う。最初の「影との戦い」から読まないとわからないよ、きっと。


話かわって、政治ネタにはあんまり興味がないし、本も読まないし、政治的にはノンポリで、でも皇后陛下は「おきれいだから」という理由だけで皇室ファンの私の母が、最近、あまりにニュースで靖国靖国というので、靖国神社に行ってみたいなどと言い始めました。

どうも我が家の右傾化がはじまっているようです(笑)

遺族会、分祀問題検討は総裁選後に判断

日本遺族会は2日の正副会長会議で、会長の古賀誠元自民党幹事長が5月に提案した靖国神社に合祀(ごうし)されたA級戦犯の分祀(ぶんし)問題について、その検討の是非も含め9月の自民党総裁選後に協議することを決めた。小泉純一郎首相の靖国参拝による中国、韓国との関係悪化を受け、総裁選では靖国問題が争点に浮上しており、この時期の議論は好ましくないと判断した。
 会議では、古賀氏が「この問題を総裁選に絡める気持ちは一切ない。議論は総裁選が終わってからでいい」と述べ、ほかの出席者も了承。昭和天皇が靖国神社のA級戦犯合祀に不快感を示したとされるメモも話題にならなかったという。
 森田次夫専務理事は会議後、遺族会の一部で分祀問題に関する検討会の設置が浮上していることについて「総裁選後にあらためて話し合う」と記者団に説明。現時点で遺族会は分祀の検討の是非を含め、白紙の立場であることを強調した。
 A級戦犯の分祀は、靖国神社が宗教上の理由で拒否しており、遺族会も「靖国神社が決めることだ」と、見解の表明を避けてきた。


古賀氏ってなんで遺族会の会長やってるの?
というか、こんな奴が遺族会会長でいいのか?
よくわからないなぁ。。。

もっとも、もう散々言っていることだけど、分祀分祀って、分祀ってのはコピー&ペーストであってカット&ペーストじゃないって、分かって言っているんだろうなぁ。同じ事何度も言うのって、疲れてくるよ。
ついでに、靖国神社も「無理」って言っているんだから、もう終わりじゃないこの議論。

1等海曹が海自内部情報持ち出す、上海に無断渡航も

海上自衛隊上対馬警備所の1等海曹(45)が、無届けで中国・上海への渡航を繰り返したうえ、持ち出し禁止の内部情報をCDにコピーして自宅官舎に保管していたことが1日、明らかになった。

上海への渡航目的は、日本人向けカラオケ店に勤めていた中国人女性に会うためで、このカラオケ店は、在上海日本総領事館員自殺問題で登場した中国人女性が勤めていた店だった。1等海曹は海自の調査に中国側への情報提供を否定しているが、警察当局は情報漏えいの可能性もあると見て、1等海曹と女性の交際の実態などについて捜査を進めている。


なんなんですかこの亀田興毅並のアホは。武士の風上にもおけぬ。

日本人ってのは、どうしてこうもゾルゲの時代から、情報管理って甘いんでしょう?私みたいなド素人でも、孫子を一度読んだだけで、戦争に情報管理がいかに重要かを簡単に理解したのに、なんで軍人たるものがそれについて甘いのか理解できません。

もし私が軍の上官で、こういうことをする部下がいたら即銃殺にします。
厳しいかも知れませんが、私が戦の指揮官だったら、それくらい、情報には気を遣いますし、逆に情報を得るためだったら、どんな手でも使うでしょう。

古今の戦争の分析をすると、情報を入手するか否かで決まった戦いというのはたくさんあります。それは戦略レベル、戦術レベル共に同じです。

日本の戦争で言えば、珠玉なのは、桶狭間の戦いでしょう。
今川軍は織田軍が攻めてこないと思いこんでいた。織田軍は密偵を放って、今川軍の陣の位置を把握していた。そこを雨天に紛れて隠密行動をとり、数倍の敵を今川軍を撃破したということからみて、敵の情報を正確に知り、味方の情報を敵に与えなかったことが勝因と言えるでしょう。

この他にも、情報戦での勝利が戦争の勝利になる例はたくさんありますね。

ちなみに、桶狭間の戦いでは、敵将・今川義元を討ち取ったのは毛利新助という人で、論功行賞では一番に恩賞をもらうと言われていたのですが、織田信長が論功行賞で一番に挙げたのは、今川軍の位置を把握する役を務めた、情報機関の梁田政綱という人物だったことは、付け加えるべきでしょう。

戦争にとっては、情報が大事というのが、よくわかる話だと思います。


おきてがみ

世論を動かすなんて、思い上がりも甚だし

ええい、週末野球とサッカーの観戦に時間を取られてしまっている間に、こんな記事が出ていたとは、なんたる不覚。

というわけで、2日も出遅れていますが、中日新聞のコラム。

鎮魂の夏と総裁選と

週のはじめに考える

 長梅雨がやっと明けるかと思えば目前に鎮魂の八月。「靖国」がまた騒々しい。逆に政権党の総裁選は低調ムードで、はや消化試合の趣。なんて、アンバランスな。

 皇居に近い千鳥ケ淵の戦没者墓苑を訪ねました。「拡充」話がひょっとして本物になるか、とも思って。

 人影まばらな六角堂。献花台で白菊を一本、手向けてきました。

 納められているのは遺族の元に戻れない戦没者三十五万人余の遺骨。太平洋戦争で海外にあって命を落とした二百四十万人の一部です。

 お堀に沿う緑陰を少し歩けば靖国神社。並行して走る一方通行の狭い車道はタクシーの絶好の“休憩所”になっていました。

 静寂こそがふさわしい
 毎年八月十五日、武道館での追悼式に先立って歴代首相はたいてい参っています。小泉さんも。なにかと大騒ぎになる靖国とは違って、静かにつつましやかに慰霊の儀式が営まれます。もちろん、無宗教で。

 墓苑拡充話は、三十代の女性記者が七月十八日付本紙政治面に書いていますから重複は避けます。

 この話、自民党の中から出てきました。意図はもう一つはっきりしませんが、にっちもさっちもいかなくなった靖国問題と、たぶん無関係ではないのがミソ。

 墓苑拡充で外国要人も献花できる国立の追悼施設にと期待する人もいれば、靖国がないがしろにされると反発する人もいるようで、結論は簡単に出そうにない。それが残念ではありますが、靖国問題解決の一案であるなら、自民党の「良心」の表れと、いい方に取っておきましょう。

 私たちはこう考えてきました。鎮魂・慰霊には、やはり静寂な場こそふさわしい、と。今も、です。

 靖国神社だって、本来は静寂を旨としたはずでしょうに、自ら騒がしい場にしてしまった。昭和天皇の発言メモにあるように、一宮司による「A級戦犯合祀(ごうし)」によってです。

 「争点にしない」の欺瞞
 ここ数年でいえば、騒ぎにしたのは小泉さん。「信教の自由」とか、「心の問題だ」とか「個人の自由」とか、弁解もいよいよ、聞くに堪えない荒っぽさで、あきれます。

 国の最高責任者がこれでは本当に困るのですが、そんな小泉スタイルを面白がったり、支持してしまう、世間の空気があったのを、認めないわけにもいきません。

 人気取りで妙なナショナリズムをあおった方も悪いが、その術中にはまって拍手した方も悪い。といっても私たち、そこにストップをかけるには、とうとう至らなかった。

 そして、日本と中国や韓国とのどうしようもない関係悪化。アジアだけでなく欧米にも右傾ニッポンへの警戒感が芽生えかねない状況に。ジャーナリズムとしての非力を、厳しく自省している次第です。

 ようやく世論調査で「首相の靖国参拝避けるべし」が間違いなく多数派となっても、小泉さんはその言動からすると、参拝を強行する気のようです。「十五日」は一度も果たしていない“公約”でしたし。

 だいたい取り巻きに、諫(いさ)められる人がいないのです。情けないことに皆さん、言っても聞かないと、さじを投げてしまっている。以前はいましたよね、中曽根康弘首相のときの官房長官、後藤田正晴さんとか。

 現官房長官の安倍晋三さんは靖国問題を何と言っているか。「一国の指導者がその国のために殉じた人に尊崇の念を表するのは、どこの国でもすることだ」。一般論でのすり替えです。参拝するか、と問われて、するしないを言うつもりはないと、答えにもならない答え。

 ポスト小泉の自民党総裁選へ最強候補と見られている人が、靖国を争点から外そうとしているのです。一方でホットなテーマを、こっちでは触れずにすり抜ける。これを欺瞞(ぎまん)と言わずして、何と言うべきでしょうか。

 さて、あと五十日ほどで結論の出る総裁選の話。外交姿勢で「アンチ小泉」の呼び声高く、世論調査でもそこそこ期待のあった福田康夫さんが土俵にも上がらないものだから、始まる前からしらけ気味です。

 福田さんのおっしゃるには、出れば国論が二分するとか。官房長官当時の懇談会がまとめた無宗教の国立追悼施設造営を「是」とした原則的立場は、一体どこへ行ったのやら。

 「靖国参拝を控える」と、ようやく立候補表明した谷垣禎一さんが言いました。でも、控えた後はどうする。控えておけば靖国問題は自然消滅と、お考えか。語尾不明。

 吉田茂さんの時代の人で最近再評価の著しい白洲次郎さんの言葉を借りれば、大事なのは「プリンシプル(原則)」。政権を目指す人たちにぜひ、かみしめてほしいことです。

 核心避けぬ議論をぜひ
 原則を欠く政策論争など、聞くに値しません。近隣外交も日米同盟も財政再建も社会保障でも。まずは基本の考え方を明らかに、そして懸案処理の方策と段取りを示すこと。

 そうでないと、次の首相が日本をどこへ導くか、国民は判断するすべがありません。戦没者も安らかに眠っておれなくなってしまいます。


ツッコミどころ満載で素敵過ぎます。特に名塚さんが鬼のようにツッコミを入れてくださっているので、もう丸投げ!(笑)

人気取りで妙なナショナリズムをあおった方も悪いが、その術中にはまって拍手した方も悪い。といっても私たち、そこにストップをかけるには、とうとう至らなかった。


って、ツッコミを入れるのも野暮ですが、いつからマスコミは扇動屋さんになったのですか?
報道というのは、事実を事実として包み隠さずわかりやすく読者に伝えるのが使命なのではないですか?
確かにナショナリズムを扇動するのも良いことではありませんが、それをストップをかけるという姿勢も、余計なことでしょう。烏滸がましいという気がします。

昔々、情報伝達手段が少ない時代には、情報を売り物にする新聞やマスコミは確かに人々を啓蒙しよう!などという使命があったのかも知れませんが、今や既にその役割は、ネットに取って変わられつつあるのが実情ではないでしょうか?
また、マスコミの中で、そういうマスコミの役割のシフトに敏感なところは、たとえば産経新聞のizaのように、双方向性を積極的に活用してこれからのマスコミのあり方を模索する形になるのではないでしょうか?

たまたま今まで、新聞・テレビなどのマスコミの宣伝力が力を持っていましたが、昔々から、情報の伝達手段として一番力があったのは、個人による口コミということを忘れてはいけません。それはいわゆるコマーシャルなどの商品紹介に限らず、うわさ話の類でもそうでした。

だとすると、今のようなネットでブログなどで自由に情報が発信できる時代というのは、口コミの力を誰でも自由に全世界に発信できるようになったことになります。
こんな時代になっても、マスコミだけが国民を啓蒙しよう、なんて、烏滸がましいというものです。
真に啓蒙する気があるのなら、マスコミの人たちは、ネットの声と真摯に対さないと、負けますよ。

そして、日本と中国や韓国とのどうしようもない関係悪化。アジアだけでなく欧米にも右傾ニッポンへの警戒感が芽生えかねない状況に。ジャーナリズムとしての非力を、厳しく自省している次第です。


どこから見て右傾化しているのか?と問いかけたくなりますが、虫酸が走るのは、ジャーナリズムは公正中立という仮面をかぶっていることでしょうか。

私自身の考えで言えば、ジャーナリズムが公正中立なんてこれっぽっちも信じていません。人間である以上自分が中立だ正義だ真ん中だ間違いないぞ!なんて自分自身で主張する人間なんて、むしろ全然信用できません。
拙ブログの冒頭に掲げた「葉隠」の一節

不義を嫌うて義を立つる事成りがたきものなり。然れども、義を立つるを至極と思ひ、一向に義を立つる故に却って誤り多きものなり。義より上に道はあるなり。これを見つる事容易に成りがたし。
(不義を嫌って正義を通すのは確かに難しい。しかし、正義を通すことだけを一番良いと信じ込みひたすら正義を口にすることが、かえって誤りの元となる。なぜなら、正義や不義を越えたところに、物事の真実はあり、それを見つけるのは容易ではないからだ)

は、まさにこれを諫めた言葉です。

私の考えからしたら、嘘をついてでも「私は公正だ」と称するよりも、正直に「私は右だ」「私は左だ」と称する方が、ずっと信用できる存在に見えます。
日本人の性質を考えると、日本人ってのは人を疑うことに長けていないでしょうから、嘘をつく正義と、正直な悪だと、前者の方が一見まともに見えてしまうだけに、タチが悪そうな気がします。

むしろ、ジャーナリズムも、そういう立場でモノを言う方が、信用を得やすいのではないですか?まだ、現状の「アカ日」だの「朝鮮日報」だのと言われている方が、カミングアウトするよりもメリットが大きいということなんでしょうか?私には、今はいいけど、ボディブローのように後々に信を失う気がします。

そういういろいろなことをまとめた上で考えると、赤旗や聖教新聞や国民新聞なんか、朝日に比べるとずっとずっと信用できますね。自分で記事の取捨選択ができるもの。

----

にっぽんに思う:/2 日本版「オーマイニュース」 匿名の中傷に危機感

日本版オーマイニュースはどう見ても成功する要素はないし、そういう意味では期待しておらず、むしろ別の意味で期待しているわけですが(笑)
(これが成功するくらいなら、ライブドアPJやJANJANがとっくに成功していると思う)
そもそも、批判と中傷の区別が付かない段階で、言論に携わるべきではないと思う。オーマイニュース準備ブログには、結構建設的な批判もあるのだが。

編集長の鳥越俊太郎さん(66)は「戦争を知らない若い世代が、経済発展した韓国に違和感を覚え、過去にあった差別意識を再生産した。ネットという匿名の場に、ネガティブな感情が噴出している。書き込み可能な読者の登録制は、当初からの予定通り」と語る。


このかなり勘違いした韓国分析はどうなんでしょう?
私なんかは経済云々なんて興味が持てない、小学生の頃からチョン公は嫌いでしたよ。
なぜ若者が嫌韓になるか、については、mumurさんがばっさり切り捨ててました。
私のように関西で生まれ育ち、同級生に朝鮮人が居た環境ではない場合、こういう分析が的確でしょうね。

このオーマイニュースについては、今日の産経の「断」で大月隆寛氏が書いていましたが、いやはや、ほんと、度胸があるね。

オーマイニュース開店準備ブログには、タイトルに「タブーに挑戦する新メディア」と大言壮語なうたい文句があるのですが、やってもらおうか、という気がします。
ぜひ、部落問題と朝鮮人問題と創価学会の問題、これらのタブーについて、チャレンジしてください。その3つが出来たら、とりあえず褒めてやろう。


おきてがみ

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


07 ≪│2006/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。