さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

旧いからこそ値打ちのあるもの

今少し話題になっている、皇室典範改正の問題については、あんまりエントリを書いてきませんでした。周囲でいろんな人が書いていることもあるし、一応大事なことには違いないのですが。

しかし、こんなこと言われたら、こう反論するしかないやね。

小泉首相、女系天皇反対に反論

小泉純一郎首相は27日夕、女系天皇を容認する皇室典範改正案への反対論について「女系天皇を認めないということは、仮に愛子さまが天皇になられた場合、そのお子さまが男でも認めないということだ。それを分かって反対しているのか」と反論した。


いわゆる保守系の人達から、一斉にツッコミが入るやろうね。

わかってるから反論してるんや!!

このまま女系天皇が容認されて、愛子内親王が天皇になった時には・・・日本の皇室というのは、本当に終わりかも知れないなぁ。

私が一番納得行く理屈は、竹田恒泰氏の

 女系自体が悪いのではない。たとえば世界最古の木造建築である法隆寺を鉄筋コンクリートで建て替えてしまったら、それはもう法隆寺ではない。鉄筋の寺院があっても構わないが、法隆寺にそれはふさわしくない。同様に、諸外国に女系の王家があるのは構わないが、日本の天皇家にはふさわしくない。


という理屈が一番近いですね。
なんでもかんでも新しくしたらええ、というもんと違うよ。そう思うんだけどね。


スポンサーサイト
おきてがみ

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


12 ≪│2006/01│≫ 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。