さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

広島の空のさだまさし

年が明けて15日経って、興味があって、昨年の紅白歌合戦でさだまさしさんが歌った「広島の空」について検索などしてみました。
というのは、もう一昨年のことになりますが、2004年のコンサートで歌った「遥かなるクリスマス」について、あれを聞いて感動した!というブログを見かけたので、今年の評判はどうか?という感じで、気になったからです。

しかし、というか、吉永小百合の反戦の詩の後の流れで歌うと、どう聞いても「反戦の歌」としてとられてしまうなぁ・・・・という感じで、私としてはすごく不本意だなーという感じでした。すごく恣意的なものを感じるぞNHK。

さだまさしさんは、長崎で毎年8月6日に無料コンサートをやっている。残念ながら今年で終わることになりそうで、それもやむを得ないかなという感じです。どこら辺に理由があるのか?正確なことは私は知りませんが「広島の日に長崎で歌う。それだけでわかる人にはわかるはずだ」というテーマだったように思うのだが、意外に解らなかった人がいるのでは?と思う。単なる反戦コンサートにとられてしまったのではなかろうか・・・と、これは勝手な想像だけど。

このコンサートについて昔書きました。
8/6と言えば夏・長崎から

このコンサートの中で、さだまさしさんは、いつも
「このコンサートの間、ほんの少しの時間だけでいい。今自分が一番大切な人の笑顔を守るために、今自分が何ができるか?それを考えることが、平和を考える足がかりになる」


この言葉を一言一句反芻して気づいたのは「戦争反対」とはさだまさしさんは言わない。つまり、戦争をしない=平和という単純思考でなく、戦争と平和は切り離せないけど、相反するものでもないことをなんとなく悟っているのではないか?ということ。

あと、私は極平凡な一ファンとして思うことですが、さだまさしさんは反戦歌手ではありません。
これはすごく誤解されると困る箇所です。
それについては一度エントリを書きましたので、よろしければご覧ください。
「防人の詩」のライナーノート

特に「防人の詩」を読んだあとに考えたのは、このようなことでした。
・平和を守るためには、どういう気持ちをみなが持つことが大切か?
・平和を守るために現実として困難な場合、どういう対処するか?
こういうテーマがベースにあって、その中で「広島の空」の「繰り返すまじ」であったり「遥かなるクリスマス」の「いっそ世界中が不幸になれと願ってみたり」するのではなかろうか。要するにこの辺りは、さだださし自身が回答を出せないでいるように思える。
だから、決して「戦争をするな」という事は歌にはしないのだと思うのだ。

戦争をしないこと=平和と考えたときに、では戦争をしないと日本の平和が守れないという状況になったら、どうするか?というのがさだまさしさんが自分に永遠に突きつけているテーマのように思う。私だったらどうするか?私はまず一番には、今の日本の景色を風景を。そして世界に誇る文化を守りたいと思うだろうな。。。。

要するに、そういう修身の教育みたいなことを、30年もやってるんだよね。
グレープの「精霊流し」の時代から。

ぜひ、「反戦歌手」さだまさしではなく、「日本を守りたい」保守層の思想教育ソングライターさだまさしさんを、正面から受け入れて聞いて見てください。

以上さだまさしさんの宣伝エントリでした。


スポンサーサイト
おきてがみ

はいはい日本のせい日本のせい

いろいろと解釈はつけません。
ただ読んで笑ってください。

mumuriさま:黄教授の「成果」にマスコミが暴走したのは日本のせい


おきてがみ

誰が為の金儲け

昨年末、みずほ銀行の手違いでジェイコム株が1円で大量に売り出される、という事件がありましたね。株に興味がない方でも覚えておいでかと思いますが。

で、その時に、1円でジェイコム株を買い、20億ほどを稼いだ個人投資家の話が載っているのですが、この記事を読んでなんだか考えてしまいました。

160万円を50億円超に ジェイコム20億男の投資術

もうけても「つらい」

 10分程度の取引で20億円余りもうけたことになる。さぞかし気分が良かっただろうと思うが、

 「もうかっても、損しても精神的にかなりきつい。やっててつらいんです。1回この世界に入ったら、何をしていても株で頭がいっぱいになる。やめたいのに、やめられない」

 何だか悲痛な言葉が返ってきた。

 一生遊んでも暮らしていけるだけのお金を手に入れたのだから、つらいならやめてしまえばいいと普通は思う。だが、そうもいかないらしい。

 「家族からも『やめたら』と言われる。でも、いつでも値動きがある。もうけのチャンスがそこにあるのに、失うこともつらい。出来たはずのことをしなかったことで仕事放棄のような気がしてしまうんです」

 しかも、もうけたお金をほとんど使っていないというのだから、またびっくり。

 「数字が増えていっただけで、あまり実感がありません。この家を買ったくらいで、ほかには使っていないですね」

 億万長者に付き物の高級車やヨットとは無縁らしい。

 株に興味を持った普通の大学生が億万長者になるまで、トントン拍子だった。


ここまで来ると私がいうのもなんだけど、依存症かノイローゼの類なんじゃないか?と思えてくる。
なんというか、株でそういう濡れ手で粟的な儲け方をするのも非難はしないし、それこそ個人の問題なので(私はこういうのをやると多分仕事が手につかないから、性格的にはできないと思っているので手は出しませんが)そういう儲け方もいいんじゃないの?と思う。でも、こんな精神状態になるのなら、決して幸せではないなぁと、客観的に思ってしまう。
で、この話を読んで思ったのは「金儲けは何のためにやるのか?」というすごく根本的な問題。

私なんかは俗物なので「生活の為」か、さもなくば「使うため」と答えてしまいそうだけれど、ここに載っている人のように「数字が増えても実感がない」という禅問答みたいな回答を聞かされると、なんか改めて、はて、金儲けって何の為にやっているのだろう・・という気分になりますね。

私は逆に、こんだけ何かの拍子に儲けてしまったとしたら・・・気楽になって、生活のことを考えなくていいから、かえって仕事がはかどるかも知れないなぁ(笑)


おきてがみ

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


12 ≪│2006/01│≫ 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。