さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

岡目八目で見る日本のマスコミ

さてなんと言いましょうか。宗主国様からご神託をいただきましたよ(笑)

日本に報道規制を要求 中国「対中批判多すぎ」

日本のマスコミって大変やなー。こういうご神託をいただく羽目になったのは、おそらく昨年末の上海総領事の職員の自殺事件発覚が遠因なんでしょうが。。。今の日本のマスコミを見渡して「対中批判が多すぎ!」と宗主国様に文句を言われていますが、日本人の多くから見て、中国の肩を持つような偏向報道の多さに「どこの国のマスコミなんだ!」と小突かれもしているわけで。いずれにせよご苦労様と思います。
ただ私などはその辺冷酷だったりするので「真実を正しく報道するのがマスコミの職務なら、批判に晒される覚悟はできているはず」と思い切り突き放したくなります。周りがぎゃーぎゃー騒ごうが、何を報道しなければいけないか?を取捨選択できて、その為に一命を賭すこともできるくらいなのが、プロのマスメディアの仕事だと私は勝手に思っております。
そんなわけでこれからも中国の圧力と、日本の視聴者からの批判に頑張って耐えて下さい。
これからのマスコミの役割ってのは、そういう「火遊び」の気分でやっていては、ダメになってしまいますよ、と私は思ったりします。昔はそれでよかったかも知れないけどもさ。

それはそうと、先の韓国のES細胞偽造論文がらみの報道は楽しかったですね。私めは別に楽韓派ではありませんが、楽しませてもらいました。楽韓派ならびに韓国ウオッチャーの皆様は相当楽しめたのではないでしょうか?
しかしながら、あれは他人事、海の向こうの話なので、楽しめるものでもありますが、日本でも靖国問題なんてのが絡むと、あれと同じ様相を呈しているのではないか?と思うのであります。
昨年の秋の例大祭における小泉首相の靖国参拝なんて、なんと言いましょう。私もニュース記事なんかで観ている限りでは、大山鳴動という言葉そのものなのではなかったかと思います。
元々靖国問題なんてのは「踊らされている」という意味では、ES細胞論文のそれと大して変わらないと思うのですよ。ただ韓国のES細胞論文は、科学的に「No」なので、万人が「No」と理解しやすいのに比べて、日本の靖国問題は「Yes」か「No」かを客観的に決める基準がないから難しいように思われているだけのことで、そこに決着をつけるのは、日本人自身が持つ「軸」のぶれなさにしかないと思います。

そこで思うのは、日本のマスコミがそれ(=「軸」)を持っていないから、ああいう醜態を晒すことになるのだろうなぁ、ということでしょうか。
私みたいな門外漢でも、そういうことを感じるくらいに、報道する人達の姿勢を今は問われている時代なんだけど、その場所に身を置いているマスコミ関係の人はあんまり気がついていないみたいですけれどもね。岡目八目とはまさにこのことかな。

日中対話 政治家の姿を見たい

 協議のなかで、日本のメディアが中国の否定的な面ばかりを報じると中国側が不満を示した。「良い報道がなされるよう中国はメディアを指導している。日本政府も指導すべきだ」と述べたという。


 日本の一部のメディアに、眉をひそめるような感情的な中国攻撃があるのは事実だ。もっと前向きな報道が増えるよう良好な関係にすべきだというなら大賛成だが、政府がメディアを「指導」することは民主国家では許されない。

 中国でも環境汚染などで当局を批判する報道が出てきた。自由な言論は民主主義の根幹であることを改めて指摘しておきたい。


さすがに宗主国様のご神託でも、言論の自由(=自分たちの言論の自由)の制限は受け入れらないってか?その一方で、中国攻撃するマスコミを非難する辺り、なんとか自分たちの忠誠を疑われないような高度な処世術と言えましょう。

しかし、感情的な中国攻撃をしているメディアって、一体どこの誰なんだろうなぁ。
ぜひ、ずばりと言いきって欲しかった。そしたら、また祭りになって楽しかったのに。


スポンサーサイト
おきてがみ

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


12 ≪│2006/01│≫ 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。